相互リンク先の更新情報!

【乱交・王様ゲーム】N美とSと俺の秘密の生活 【告白体験談】

カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談
tag:


大学時代の思い出です。

俺は4年間京都で大学生活を過ごしました。 毎日同級生達と大学生活を楽しんでいましたが、その中でも特に気が合っていたのは、SとN美でした。 Sは真面目で優しいタイプ、N美は明るくボーイッシュなタイプ。

3人とも田舎出身でアパート暮しだったし本当に気が合ったから、ほとんど毎日顔を合わせていて色んなところにも行った。

お酒は強い方では無かったけど皆楽しくなる方で、3人でよく飲んだ。 いつも仕切るのはN美で、黙って従うのはS、2人の性格が逆だったら良いのにとよく話してた。



そんな生活が少し変わったのは3年になった4月だった。 その日Sはバイトだったと思うけど俺の部屋でN美と2人で飲みながら話してたら、N美が「雄二は私のこと女だと思ってる?」と聞いてきた。 N美はボーイッシュだけど顔はかなり美人、細いけど出るとこは出ててスタイルはバツグン、一緒にいると周りから羨望の目で見られるくらい。

俺が「N美は男に産まれた方が良かったのでは?」と言うと、N美は「本当に雄二は女心が分らないんだから、私だって女になりたい。初めては雄二と決めてるんだから」と告白。 その日N美と結ばれたが、Sのことが少し頭を過ぎった。



それから3人の関係は少し変わった。 俺はN美と2人だけで会うことが増え、3人で会って分かれた後またN美と会ったりした。 そんな時はSに申し訳ないような気がしてた。



N美と関係が出来て1月ほど経った夜、Sが来た。 そしてSに俺のことがずっと好きだったと告白された。 N美とのことは構わないけど、俺とあまり会えなくなったことが辛いと言うのだ。 SはN美と背は同じくらいで男の中では小柄なほう、普段は意識して無かったけど顔や性格は普通の女の子よりずっと可愛い。 Sに告白されて俺にも感じるものがあった。 N美を抱くときSが頭を過ぎるのは俺もSのことを好きな気持ちがあったんだと。 泣きながら抱きついてきたSに、俺も抱きかえし熱いキスをした。 初めての経験だったけど、燃え上がって最後はSの中で逝ってしまった。 Sは改めて見ると本当に可愛い顔をしてた、色白で女性的な体つきだけど男性自身は普通の大きさで射精もした。 女との経験もあったようだけど、男を好きになったのは俺が始めてだと言ってた。



Sとの関係が始まって2週間くらいしてから、SとN美が一緒に来た。 俺はSとの肉体関係をN美に知られるのが嫌で、別々に合うようにしていたので3人一緒になるのは久し振りだった。

そこでN美が言ったことは衝撃的だったけど少しほっとした、これで好きなSとN美に隠し事をしなくて済むようになったと。 俺とSの関係を気付いたN美はSを訪ねて、相談のうえ男と女の関係を持ったということです(多分N美に逆らえなかったのでは)。 それで、3人とも隠すことは何も無いのだから、元通り仲良く大学生活を楽しもうということになった。






久し振りに3人でビールを飲み、正直に3人のセックスの話もした。 最初に服を脱いだのはやっぱりN美だった。 それから俺もSも脱いで、互いに裸を見せ合い触りあいました。 N美が決めた順番で入れあい、まず俺がN美に挿入、次にSがN美に挿入、次に俺がSに挿入した。 N美は俺とSの行為を素敵と言ったが、かなり興奮したようで、次にSがN美に挿入したとき激しく逝ってしまった、Sも同時に果てた。 ビールを飲み直してからの順番は覚えてないが、とにかく3人の新しい生活はスタートした。

それからは3人で旅行したり、楽しい学生生活を過ごした、愛情と体力と時間があったので飽きることなく快楽を追及した。

N美も俺もアナルにされても感じるようになったし、N美に2人同時に前後から入れたり、お尻で3人が繋がったり考えられることは全部した気がする。 



楽しい3人一緒の生活に終わりが近づいた、就職だ。 俺は最初に名古屋の大企業に就職が決まった、Sは成績が良くて東京で公務員になることになった。 N美は成績も容姿も良かったので、どこでも行けたが、なかなか決めなかった。 最後に東京の小さな会社に決めたが、本当は3人一緒の生活を続けたかったようだ。 3人一緒がダメなら、どちらかの近くにしようと考えて悩んだようだ。  Sの方が生活も安定するだろうし、N美の言うことは何でも聞いてくれるし、その方がN美にとって幸せだろうと俺も思った。 

3人で最後の日の快楽を貪ったあと、俺はN美に感謝と激励の言葉を述べたあと聞いてみた、俺とSのどっちの身体が良かったか。 N美はどっちもすごかったから、悩みに悩んだと。 雄二は逞しくて激しく逝かされるけど、Sの優しくて微妙なところも良い、どっちが良いか分からないと。 そういえば、Sとの方が深く逝っていたかな、キスも多くしていたような気もするし少し妬けた。 最後にN美と熱いキスを交わした、SともキスをしたがSの涙が心に残った。



以上で大学時代の思い出は終わりです。



<後日談>

大学時代のことは過去として忘れ仕事に励んでいたけど、1年ほど後に東京出張がありSとN美に久し振りに会うことになった。 SとN美は一緒に暮らしていました。 

二人のマンションで鍋料理を食べながら色々話したが、お互いの仕事の話が中心だった。 N美はショートカットのままだったが少し女らしくなったような感じ、Sは以前と変わってなかった。 お酒を飲みながらN美に今日抱いて良いか聞いたら、きっぱりと拒否、もうあの頃には戻れないよと。 1年以上も前のことだから俺も忘れないとダメだなと思っていたら、N美が今日はSを抱いてあげて、まだ雄二が忘れられないみたいだからと言った。 俺はSを見たが、Sは下を向いて何も言わなかった。 結局俺は風呂を浴び布団を敷いた部屋に入ったが、そのあと暫くしてSが来た。 Sは黙って俺の唇を求め、それから俺の物を弄り口に含んだ。 昔の感覚が甦り俺は夢中になりSを抱いたが、暫くしてN美が入ってきて、今日だけ私もと言って加わってきた。 それからは昔を思い出し3人で一日半セックスの限りを尽くした。 最後にN美はこれでお仕舞いと言って、俺の尻に血が出るほど噛み付いた。



俺は帰りの新幹線で痛い尻を擦りながら、また出張の時には寄ろうと考えていた。 その後SとN美からメールがあった。

Sはまた来て欲しいと。 N美とは気心もあっているし仲は良いけど、俺のいない生活は今一つ盛り上がらなかったみたい。 今日はN美の以前の姿も見れたし、自分も本当に気持ちよくて明日からの元気が涌いてきたと。

N美からは、久し振りに昔のセックスを味わってまだ身体に余韻が残っていると。 最後は気が狂いそうになって噛み付いたけど大丈夫かなゴメン、またねと。 



1月後にN美から連絡があり、週末に2人で名古屋に遊びに来た。 新しいことをするから楽しみにと言われていたが、名古屋駅に2人を迎えてびっくり、

SとN美はお互い逆の服装だった。 N美のスーツの胸はよく見れば少し張り出してたけど、それ以外は2人とも違和感が無く完璧だった。 特にSが綺麗なことに驚いていると、N美が俺にS素敵でしょと言ってきた。 Sの女装はN美の提案だったが、俺に綺麗だと言われ恥かしそうに喜んでいた。 正直その場でキスしたい衝動に駆られた。



アパートに着く前、N美は俺に言った。 忘れようとしてたのに1月前に俺がまた火を着けたと、それから色々考えたことを。

部屋に入ってSが服を脱いだが、下着も女性用で色っぽかった。 N美がSを連れて買い揃えたらしい。

その後N美がバッグから取り出したのは、ぺ二バンというやつ、知ってはいたけど実物を見るのは初めてだった。 元々俺たちはオモチャ類は使ったことが無いし、また不要だった。

N美はぺニバンを自分に着けSに挿入するプレーを見せてくれた、Sは俺に見られ恥かしそうにしていたが喘いでいた。 途中でN美はぺニバンを抜き、次に俺に入れてきた。 Sの生身の方が気持ち良いかなと思ったが、おっぱいを揺らせながら興奮して腰を振るN美に俺も興奮してた。

その後は3人で全ての愛情を吐き出した。 3人が1つに繋がるのは、N美の前後にSと俺が同時挿入するのが2通り、N美に挿入しているSに俺が挿入するのが2通り、N美に俺が挿入してSが後からが2通りで全部で6通りだった。 N美のぺニバンで4通り増えた、Sと俺がしてる時に後からN美が挿入するのが2通り、ぺニバンを挿入しているN美の後に挿入するのが2通り。 入れ代り立ち代り順番は変わったが、3人が1つに繋がることで、俺たちは最高に満足や幸せを感じた。



N美は、俺のいないSとのセックスは盛り上がりに欠けるし、俺の代わりにSにしてあげようとぺニバンを思い付いたようで、結果は大成功だったようです。

ぺニバンで喘ぐSを見て、女装させようという気持ちが涌いたらしい。

その後俺たちは定期的に東京・名古屋を行き来した。 Sは俺と会うときはいつも女装、N美の化粧や香水も使って、ますます磨きがかかった。



<現況>

いま俺は二人の子持ち、妻はN美。 あれからN美が妊娠し仕事を止めて名古屋に来て俺の籍に入った。 N美は大学の時から毎朝ピルを飲んでいたのに、何故か子供を欲しくなったようだ、Sの籍に入れば良いのにSと話して俺のとこに来た。 Sも暫くして名古屋転勤が適い、俺とN美の近くに移ってきた。

今でも俺たちは一心同体で仲が良い、子供はSのことをN美の友達のお姉さんだと思っている。 子供中心の生活になったが、週末はSが俺のとこに来て一緒に暮らしてるし、俺も週に1〜2度会社帰りにSの所に寄っている。 時々俺が子供の面倒を見てN美がSのとこに行くことも、バッグにはぺニバンを入れて。 あと5ヵ月くらいで俺たちの3人目の子が生まれる、俺たちは大学のとき出会えて良かったと心から思う。





出典:経験談

リンク:経験談


告白体験談関連タグ

||||||||

【乱交・王様ゲーム】N美とSと俺の秘密の生活 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談

このページの先頭へ