相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】中3の妹に「てっきり、フェラしてるのかと思ってドキドキしちゃった」・・ 【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


高2の夏、大雨にあってA子を家で雨宿りさせた。

俺はTシャツとトランクスに着替えたけど、

A子はバスタオルを巻いて佇んでいた。

裸の肩が丸出しで恥ずかしかったから、

俺は気を紛らわせるためにA子とゲームをしていた。

A子「雨、やまないね。ゲームも飽きたし…」

「そうだな」と、窓際に干してある

A子のブラウスとスカート、ブラとパンツを眺めながら言った。



A子「ねぇ、…チンコ見せてよ」

おれ「ばかっ、彼女でもないA子に見せるわけ無いじゃん」

A子「だって…中学で一緒になったときから、○男のこと好きだったんだも」

おれは納得して、A子の眼前にチンコさらけ出した。

A子「うはっ、かわいいっ、私だけのチンコよね」

息吹が俺のものを勃起させた。




A子「いゃん、こんなに大きくして」

いじりながら言った。

そのとき、ドアが開いて、妹が。



妹「A子先輩来てるんだって?あっ、ごめん…」

とっさに、A子の後頭部を引き寄せ、

チンコ見せてたのばれないようにした。

俺「なんか用か?うっ…」

A子の口の中にチンコ入っていた。

妹「A子先輩、バスタオルだけだから、なんか…その…してたのかなって」

俺「ずぶ濡れだから、雨宿りさせてたんだよ。ほらっ」

A子の着てたもの干してるのを指さした。



妹「へぇー、バスタオルの中はスッポンポンなんだ」

言われて気づいた。一気にチンコ硬くなった。

妹「なんでA子先輩の頭押さえてるの?」

俺「失恋したって言うから、なでなでして慰めてるんだ」

「ウッ」とA子が声を漏らした。口の中が苦しくなったらしい。

妹「カワイソー、兄貴やさしくね。部屋に帰るわ」

妹は「てっきり、フェラしてるのかと思ってドキドキしちゃった」

と言い残してドアを閉めた。

あいつ、中3のくせに…



出典:みんなのエッチ体験

リンク:


告白体験談関連タグ

|||

【フェラチオ】中3の妹に「てっきり、フェラしてるのかと思ってドキドキしちゃった」・・ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ