相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】サレ同士 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


俺の今の嫁は元嫁の浮気相手の婚約者。

良くあるサレ同士の結婚てやつだ。

俺と元嫁は同い年で、お互い違う高校だったがいろいろあってから付き合いだした。

今の嫁は元嫁の幼馴染。

だからお互い面識はあったし、元嫁の家に行った時もよく遊びに来てたから仲も良かった。

俺と元嫁は同じ大学に行き、卒業して1年後に結婚。

籍は付き合った記念日に入れたけど、俺の仕事の都合で式はちょっと先になってた。

そんな時期に今嫁から呼び出し。

何だと思って地元のファミレス行ったら元嫁が今嫁の婚約者と浮気してる、との衝撃通告。

当然信じられないと言う俺に今嫁が小さな袋を差し出す。

中身は元嫁が知らない男と笑いながら腕組んでる写真が数枚、それとメールのやり取りや写メのデータが入っているというSDカード。

写真には2人でホテルに入って行くやつもあった。

俺はもう頭真っ白。

今嫁は呆然とする俺に「俺ちゃん、ごめんね…」と泣きながら謝った。

いつからかは分からないけど、気がついたら俺も泣いてた。




それなりに客も入ってるファミレスで2人して泣いた。

今思い出すと格好悪いと笑えるが、あの時は人生で一番悲しい涙を流してたと思う。

元嫁と2人で籍を入れに行って、1ヶ月もたってない日の事だった。

今嫁と別れて死人のような足取りで家路についた。

籍入れてからは元嫁のアパートに引っ越してたが(俺の家より嫁ん所の方が広い上に駅も近かった)、とても元嫁には会えないと思ったので仕方なく実家に帰った。(実家は会社のすぐ近く)

両親は何かあったのかと聞いて来たが、本当のこと話せる訳も無く、喧嘩して家に入れてもらえないからこっちに帰ってきたと適当な事言って誤魔化した。

その間元嫁からメールが何通か来てたが読む気にもなれず電源も切った。

大学1年まで使ってた自分の部屋へ行き、何をする訳でもなくただボーッと座ってた。

そして再びあの写真を眺めた。

信じたくない。

信じられない。

それでもその写真ははっきりと俺を裏切った元嫁の姿を写していた。

写真の笑顔は俺が何年も見続けてきた元嫁の顔と同じものだった。

それが無性にやるせない気持ちにさせ、俺は何もかもがどうでも良くなっていた。

すると、部屋に布団を抱えた妹が入ってきた。

俺の部屋にあったベッドは俺が一人暮らしする時に一緒に捨ててしまった為、来客用の布団をわざわざ持って来てくれたのだ。

妹は俺より2つ年下で、この時はまだ実家で暮らしてた。

「おにぃ布団持ってきたで」

「ありがとう」

「喧嘩したんやって?w」

「おう…」

「はよ謝って仲直りしいやw」

「おう…」

「…何泣いてんの」

俺24にもなって妹の前で泣いてたw

仲直り…無理そうなんだ妹よorz

「どうしたんよ」

「何でもない」

「連絡も無しに急に帰って来て、部屋で1人で泣いてて、何でもない訳ないやんか」

「………」

「おにぃどうしたん?元嫁さんと喧嘩しただけなん?」

いろいろ一方的に質問攻めに遭ったが俺は何も言えなかった。

悔しくて、悲しくて、情けなくて。

俺は妹に全部話した。

元嫁の浮気のこと。

写真のこと。

SDカードのこと。

本当に幸せになれると思ってたこと。

本当に好きだったこと。

それが式を挙げる前に崩れてしまったこと。

泣きながら話した。

思春期過ぎてから妹の前で泣いたのは初めてだった。

妹はずっとうんうん言いながら聞いてくれた。

一通り話し終えると沈黙が続いた。

すると突然妹は立ち上がり、部屋を出て行った。

しかしすぐに部屋に戻って来た。

妹の手には俺が以前買ってやったノートPCといくつかのアダプタが抱えられていた。

「おにぃ、とりあえずSD見てみよ」

コード類を繋ぎ、PCを起動させて中身を確認しようとする妹。

「ちょっと待って。やっぱり怖いわ…」

「でも確認はしなアカンやん」

「せやけど…」

全く駄目駄目な兄貴ですわ。

「じゃあウチが先に見るわ。おにぃはちょっとお風呂でも入ってきたら?顔ひどいでw」

「ん、じゃあそうさせてもらうわ」

妹を残し、自分の部屋を出て風呂場に向かった。

両親はもう寝てるみたいだった。

俺は少し冷めた湯船につかりながらいろんな事を思い出した。

付き合い始めた時のこと。

初めてデートした時のこと。

初めて元嫁を抱いた時のこと。

大学受かって泣きながら喜んだこと。

プロポーズした時に泣いて喜んでくれたこと。

それらが思い出されては消えて行き、また思い出されては消えて行った。

それと同時に、この冷めた風呂の様に俺の気持ちも冷めて行く様な不思議な感覚に浸った。

少し長めの風呂から上がり、妹に借りたジャージを着て自分の部屋へ向かった。

恐る恐る部屋に入ると、妹はあまり見た事の無い真剣な表情をしていた。

妹は俺が部屋に入ると俺の目を見つめて言った。

「おにぃ、おにぃはまだコレ見いひん方が良いと思う。元嫁さん最低やわ」

その一言は、SDに写真よりも凄い秘密が保存されている事を示していた。

「ウチなら耐えられへん。こんなん酷すぎるわ」

妹はそう言って泣き出した。

「俺は大丈夫やから。お前に心配かけてごめんな」

そう言って妹の頭を撫でた。

妹はまだ泣いていた。

それから妹を部屋へ返し、自分の部屋でSDの中身を確認した。

まあ妹の反応から予想してた通り、たくさんの羽目鳥画像が保存されてた。

メールは一番古いので去年の夏頃。

内容から察するに、無理矢理って訳ではなさそう。

お互い同意の上って感じ。

羽目鳥も「興奮した」とか送ってやがる。

全部見終わる頃には朝の5時を回ってた。

俺はもう元嫁を信じられなかった。

愛していくのは無理だと思った。

1度の過ちだから許そうとも思った。

けどもう無理だった。

俺はその朝、実家から出勤した。

妹には「親父とおかんには俺から離すから、お前は黙っててくれ」と言っておいた。

その日、離婚届けと共にアパートに帰った。

家に着くなり元嫁は泣きながら俺の胸を叩きまくった。

「どこ行ってたんよ」とか「帰れへんならメールくらいしてや」とか「寂しかった」とか言いながら。

ふざけた事ぬかすな、と思いながらも無言で部屋にあがり、引越しの時に持ってきたスーツケースに俺の荷物を詰めていった。

元嫁はギャーギャー泣きながら何かわめいていたが無視。

一通り荷詰めし終わると、テーブルにSDのコピー(会社で新しいSDにーした)と俺の記入欄が全て埋まった離婚届を叩きつけ「離婚するから書いといて」と言って家を出た。

元嫁は泣き崩れててかわいそうとも思ったが同情はしなかった。

結婚生活1ヶ月ももたずに別居が決定。

俺の中では離婚も決定。

その日も実家に帰り、さすがに2日続けて帰ってきた俺をおかしいと思った両親に全てを打ち明け、離婚する旨を伝えた。

親父は「弁護士は知り合い頼んだるから任せとけ」と言ってくれ、おかんは辛そうな表情を浮かべながらも「おかえり」と言ってくれた。

もう泣かないと決めてたが、おかんの言葉に泣いた。

その日、今嫁に離婚することになった旨を伝え、知らせてくれてありがとうと礼を言った。

今嫁は婚約者が泣きすがり状態で話にならないと言っていたので、お互いの両親も呼び、慰謝料とか今後の事も含めてハッキリさせようという事になった。

今嫁は「ごめんね」とまた謝った。

数日後の土曜日、元嫁の実家に俺、俺の両親と妹、元嫁、元嫁両親、今嫁、今嫁父、婚約者兼間男、その両親が大集合。

んで実にグダグダな話し合い。

まず俺と今嫁が浮気の事実を通告。

俺は元嫁と離婚、間男と元嫁に慰謝料請求。

今嫁は間男と婚約解消、間男と元嫁に慰謝料請求。

間男は誤解だ、と訳の分からない事を泣きながら必死こいて弁明。

元嫁は離婚は許してと土下座しながら号泣。

元嫁母はただ泣くばかり。

元嫁父は泣く元嫁母を支えながら唇をかみ締める。

間男が事実を認めようとしないので、「証拠をお見せします」とPCを取り出しSDをセット…という所で間男が俺に掴みかかる。

それを俺親父と間男父が取り押さえる。

間男は間男父に横っ面殴られて吹っ飛んでた。

ここでよく聞くような間男両親や元嫁両親が慰謝料や離婚に非協力的、みたいな感じは全くなく、2組とも凄い協力的だったと言うかむしろすべてこちらの言うとおりにしますみたいな感じだった。

結局その場で元嫁は両親に説得されながら離婚届を書いた。

記入してる時も何回も何回も俺を見てヒックヒック言っては涙を拭ってた。

間男には俺と今嫁に土下座させ、2度と俺たちに関わらないという念書も書かせ、テープにも記録した。

間男両親は最初から最後までずっと頭を下げてた。

こんな出来た両親からなんでこんな屑が生まれたんだと本気で思った。

と同時にこの両親を不憫に思った。

ここに居る、元嫁と間男を除く全員が被害者なんだと改めて元嫁に怒りを感じた。

その後、俺と今嫁の元に間男と元嫁名義の慰謝料が支払われた。

結婚生活も1ヶ月なかったし、何百万もの慰謝料は求めなかったけど、間男名義の慰謝料は要求した金額よりもかなり多いものだった。

さすがに受け取れないと連絡しようとしたが、もう既に行方が分からなくなっていた。

元嫁は一歩も外に出ようとせず、1日中泣き続ける毎日を送っていたらしい。

自分が浮気しといて私が被害者みたいな振る舞いに嫌気がさしてた。

しばらくして元嫁も両親と一緒に地元を離れたみたい。

そんなこんなで結婚して何の幸せも感じる事無く×1に。

そして今嫁。

自分も婚約者に裏切られてるのに何かと俺を気遣い、何度も飲みに誘ってくれた。

その度に「今は辛いし悔しいけど、いつかこの出来事が笑い話になるくらい良い人見つけて幸せなろな」と言ってくれた。

酔ってるのもあったのか、俺はこの言葉で毎回毎回泣いていた。

それからも何度か会うようになって、今嫁から告白され付き合うことに。

最初は複雑だったが、俺も何度も接する内に気にはなっていたのでそんな不安もすぐに無くなった。

それから2年経った辺りで今嫁と結婚。

最初は周りに反対されると思ってたけど、俺の両親も喜んでくれた。

今嫁父も「お前なら安心や」と言ってくれた。

そして前は出来なかった結婚式。

今回はキッチリ上げることが出来た。

一番印象に残ってるのはなぜか妹が一番号泣してたこと。

確かに妹には離婚騒動の時やその後のこと、今嫁のことでもずいぶん世話になったからかな。

妹には感謝してる。

もちろん両親にも。

でもやっぱ一番は今嫁かな。

こいつのお陰で今、こうして幸せな生活送れてる訳だし。

来月の18日は今嫁の予定日。

ヘタレな俺ももうすぐ父親です。

いつか子供に俺たち夫婦のこの話を聞かせてやりたいと思ってる。

「あの時は辛いし悔しかったけど、今はあの出来事が笑い話になるくらい今嫁と幸せにやってます」



出典:元嫁と間男の

リンク:その後は知らない。


告白体験談関連タグ

|||

【寝取られ】サレ同士 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ