相互リンク先の更新情報!

【友達】どうせ 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


「話って何?」

「イギリスに行くことになったんだ」

「えっ」

「いつ帰ってこられるかわからないけど、待っていてもらえるかな」

「……ええ、ずっと待っているから」

本当は離れたくないのだが、仕方なくユミはそう応える。



ユミとシンジは、付き合って二年になる。

二人の仲は良かったが、ユミがシンジにぞっこんで、包容力のあるシンジは

ことあるごとにそれに付き合ってあげているようにも見えた。

さらに、高校生と社会人ということもあり、周囲には二人の関係をよく思わない者もいた。



  シンジがイギリスに行ってから、一週間後。

「シンジ君がいないと寂しいよ。あれから何の連絡もないし」

「忘れちゃいなよ、そんな冷たい男」




「きっと忙しいんだよ。毎日休憩時間に愚痴ってごめんね、ユキ」

「いいんだよ。幼なじみじゃん。でも、本当に大事に想ってる人なら、

 親に反対されてでも側にいるべきだと思うけどな。

 高校生ならバイトでもして、独り暮らしもできるんだし」

「……そうだよね」

所詮それほどの想いだったのだろうか。ユミはため息をつく。



 シンジがイギリスに行ってから、一年後。

「もう、ずっと待ってたんだよ」

「ごめんな、ユミ」

「どうして、何の連絡もくれなかったの?」

「携帯の調子が悪くて」

「私がどれだけ不安だったと思ってるの?」

「悪かったよ。どうしても外せない用事があったんだ」

「大体、今日は――」

膨れっ面のユミの前に、小さな箱が差し出される。

「付き合ってちょうど一年の記念日でしょ。これ買うのに手間取ってたの」

「覚えてたの?……ありがとう」

二人は手を繋いで、街の方へ歩き出した。

「怒ったりしてごめんね」

「いや、30分も遅刻した俺が悪いんだ。金欠で、事前に用意できなくてさ。

 給料が入る今日しか、プレゼントを買えなかったから」



 シンジがイギリスに行ってから二週間後、初めてユミにエアメールが届いた。

しかし、その頃には、ユミのシンジへの想いは冷めていた。

女って結構したたかだよな。

まあ、男がいない隙につけこんでアプローチした俺も俺だけど。

でも、こちとら、お前が生まれる前からずっとユミのことを想ってるんだ。

俺の想いの方が勝って当然だろ?

「残念だったな、シンジ君」

「ユキ、何か言った?」

「いや、なんでもない」

ユキナリは、笑顔で答える。





出典:2ch

リンク:2ch


告白体験談関連タグ


【友達】どうせ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ