相互リンク先の更新情報!

【泥酔状態】全く覚えがない、あねさん 【告白体験談】

カテゴリー:泥酔状態での告白体験談
tag:


昨日部署の新年会だったよ。予算の関係で一次会のみ。

で、適当に二次会に流れたのだがあねさん的なアラサー女子が異様にハイテンション。

勝手にガンガン飲んで途中からうとうと。

で、お開きの時になりおれ的には三次会のオールでカラオケに行きたかったのだが運悪くあねさんと方向同じで送っていくことに。

タクシーの中であねさん、むくりと復活。なのはいいが超エロモード。

「おれくん、彼女いるの〜?」

「今はいませんよ」

「じゃあ、たまってるよね〜おねーさんが相手してあげよっか?」(おいおい)

「あねさん酔っ払ってますねー。」

「おれくんならあとくされなさそうだし〜」(なぜ?)

なんていいながらおれのモノを擦り始めた。



「ちょ、ちょっと」

もちろんそんなことされたらモノはおっきしちまう。

「おれくん、結構いいモノ持ってるねー」(勘弁して下さい運ちゃんに丸聞こえ、ミラーでチラチラ見てます)




「おねーさん最近してないんだよねー」

このタクシーに乗ってる恥ずかしさに耐えられないのもあったが、結局あねさんのマンションに連れ込まれた。



ちなみにおれくんと呼ばれてるが俺は26、あねさんとはそう違わない。

あねさんは美人系、よく言えば江角をショートにした感じ?まあ、怖い系の美人って感じかな。



部屋に連れ込まれはしたがあねさんの本意がわからんので、とりあえずあねさんの様子を見る。

部屋はさっぱりしたあねさんらしく、きちんと整理されててすっきりした感じ。

リビングの入り口で突っ立ってると

「何してるの?早くしようよ」とキス

もうこうなれば後には引けないか、とこっちもあねさんの舌を吸いつつお互い立ったままお互いの服を脱がせ合う。

ちょっと映画みたいだな、と思ったりw

さすがにガーターなどは着けてなかったが黒の高級そうな下着だった。



お互い裸にしてそのままベッドになだれ込む。さすがに全裸は寒かったw

あねさんはすぐにフェラに入る。風俗ほど上手くはないがフェラが好きって感じですごく丁寧な舐め。

「ああ、やっぱりおれくんのすごく大きいよ〜」

「こんな大きいの初めて。入るかな?」なんてうれしいこといいながら舐めてくれてる。

こちらも攻めようかとも思ったが、なんか気持ちいいのでそのままの流れに任せる。

「もう欲しくなっちゃった。入れていい?」とこちらの返事も聞かすにおれの上に。



あねさんはおれのをあてがいゆっくり腰を沈める。フェラするだけで十分すぎるほど濡れてるあねさんのはスムーズにおれの侵入を許した。

「ああ〜っ大きい〜っ!!」っと悲鳴みたいな声。

「硬いよ、すごいよ〜っ!!」とガンガン腰を使い始めるあねさん。

しばらくすると

「ああ〜っダメダメ、もうダメ〜っ、逝っちゃう〜っ!!」と案外ベタな感じでぐたっとなる。

こっちは結構もうちょっとってとこだったので構わず下から突き上げる。

「ダメ、ダメ、あうう…」って感じのあねさん。

しばらくするとこちらも出そうになったのでフル加速で突きあげ。

すると「ああ〜っダメダメ、もうダメ〜っ、逝っちゃう〜っ!!」とほとんど同じ口調であねさん逝ったw

でこちらもフィニッシュ。おそろしいことに中出し。というかこちらも結構酔っててギリギリの理性働かず。



あねさんのセリフばかりですが、実際こんな感じ。一息ついたとこで

「二人だけの秘密だよ」と

それからもう一戦求められ、爆睡。



で、今朝になってちょっとびっくりした顔で

「ねえ、なんでおれくんがここにいるの?」ですと。

二人だけの秘密ってのはだれとなんじゃ!と思ったw



朝、なんとない気配を感じて起きるとあねさんが半身を起こしてこちらを見てました。でそのセリフ。

昨日のあねさん積極的な行動を詳しく教えると

「全く覚えがない」だそうですw



「起きたら知らない人が隣で寝てたってよくあるんですか?」

「こんなこと初めてだよ…やばいよ」ですと



話しを聞くとおれのこと気に入ってはいたみたい。

おれのこと好き→泥酔ではじける→昨晩の行動、という流れですかね。

でも会社では見せない可愛さにちょっとドキっとしました。

お互い裸だし流れでもう一戦仕掛けようとしましたが

「付き合ってない人とは無理だよ」と拒否

とりあえず会社の人には秘密で付き合ってみようか?という流れになりました。

早速これからランチデートの待ち合わせに向かってるとこです

携帯から失礼しました



いや、普通に付き合えばエッチできるとは思いますが、昨日の乱れっぷりは酔わせないと無理かもw

とりあえずおれが付き合った中では断トツの美人ではあるので年上は初めてですが楽しんでみますよ。

しかしおれが教える前にアドレス知ってたのは微妙でしたが。

もしかして半分は嵌められてたかも?



いやプライベートでお洒落してきたあねさん、マジで奇麗。

気も効くしすごい楽しい。

でも「付き合うとその人しか見えなくなって世話焼きすぎてしまいにウザくなられて別れる」

らしいのでこれからですな。



昨日もあねさんとお泊りしたおれくんが通りますよ



昨日はまた飲んでお泊りでした(泥酔ではなく)

またあねさんちに泊まろうと思ったのですが

「ちらかってて恥ずかしいから今日はだめ」だそうです。

昨日は連れ込んだくせに!

仕方ないので遥かに散らかってるうちに。

まあ正式にお付き合いすることが決定しました。



昨日半日、今日半日とあねさんと過ごして年上なのに何でこんなに可愛いいの?と思いましたよ。

でも仕事場でも頭の回転速いのはわかってるのでこちらの好みそうなタイプを演じてるのかもしれませんね。



でも昨日飲んでた時に「昨日のエッチで出来ちゃったらどうしよう?」

って真顔で聞かれたので

「もちろんあねさんを嫁にします」と即答。

するとあねさん、ぽろぽろと。

可愛いのは演技じゃないと信じることにします。



今日はこれからあねさんが夕食作ってくれるとのことでお呼ばれです。

多分そのあとはお泊りでしょう。

そろそろスレ違いになってきましたね〜w



出典:泥酔女をお持ち帰り まとめ

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||

【泥酔状態】全く覚えがない、あねさん 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月15日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

このページの先頭へ