相互リンク先の更新情報!

【おっぱい】真夏のナンパはやめられねえ~【告白体験談】

夏休みは浮かれた気分になって、たいした理由も無く家出したり、物欲しそうな顔付きでフラフラと繁華街をうろつくバカ女が増える季節です。

この前もそういうバカ女を食ってやろうと、暑さに耐えながらストリートナンパを敢行。

そんで一人でウロチョロしてるタレントの乙葉タイプの美形ギャルをゲット!

女が「涼しいとこ行こうよ」とか言うんで、直ぐにホテルへ連れ込んでオマンコしてやりました。

部屋に入ると立ったままディープキスをして、お互いの唇をブチュブチュとむさぼり合って、舌をベロベロと絡ませ合いました。

キスが大好きな僕は、あっという間にチンボビンビンになってしまいました。

そんでニヤニヤ笑いながら「チンボ見せてやるよ、チンボ」とか言って、靴下だけ履いたままパンツを脱いでチンボ丸出しになって、女に黒ずんだチン長22センチのスーパーデカマラナイスチンボを見せ付けてやりました。

女は「えっ?」とか言って目を丸くしていました。

「どうよ、オレのチンボは?こんなデカマラ初めて見たろ?」と言うと、女は「うん…オジサンてスッゴイ…」とか言って目をトロ~ンとさせていました。

そんで女の服を脱がすと、僕の目の前でものすごい巨乳がプルルン!っと弾けるように揺れました。

驚いてバストサイズを聞くと、なんと90センチオーバー!

乳輪もいやらしい焦げ茶色で、直径5、6センチ位のデカさで、見ているだけで鼻血が垂れそうなエロさでした。

こんな女が声をかけりゃ簡単に釣れる。

これだから真夏のナンパはやめられねえ~。

そんでシャワーを浴びてサッパリしてからベッドに戻ってオマンコ開始!


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月8日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【おっぱい】台湾主張時【告白体験談】

台湾出張時・・・

土日は休みな為、金曜の夜、ディスコとやらにでかけた。

AM3時、帰ろうとすると、日本語の片言を話す2人組女の子(台湾人)と出合った。

二人とも25歳みたい。

その内一人が深田恭子似でぽっちゃり系だった。

いつのまにかディスコの中で、彼女と1:1となった。

彼女と話そうとしたが、うるさかったので、コーヒーでも飲みに行こうよ?

と彼女が話しかけ、外に出た。

彼女は日本人向けのスナックで働いていて、日本語がちょっと話せるみたい。

コーヒー屋さんに行くとか言ってたが、保齢球場(ボーリング場)にタクシーで行った。

ボーリングは一人5ゲーム(1ゲーム200円くらい)playして、靴代もゲーム代も払ってくれた。

スコアーは彼女170up(5ゲームとも)で私は150そこそこだった。

(ボーリングには結構自信あったのに・・・)

娯楽がディスコかボーリングぐらいしか無い為、週3ぐらいで行くらしい。彼女はうまかった。

その後、隣接するゲーセンでカーレース、エアーホッケー、バスケットなどして楽しんだ。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年2月8日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【おっぱい】息子の嫁3【告白体験談】

その後、嫁は私の家に泊まりにくると擦り寄ってきては「おとうさん、ちんぽ元気?」などとからかうようになった。

嫁もしたたかなもので、私にやられてからは恥ずかしげもなく堂々と上半身裸で部屋をうろついたりしている。

それを見て私のちんぽは巨大化したマラに変身し、嫁は巨マラをしゃぶる習慣となっていた。ある日嫁が

「そういえば前に、おとうさん私の乳盗み飲みしたでしょ?本当は知ってたんだからね・・・変態・・・」

と言いながらも嫁は私の巨マラをしゃぶっている。

「恭子さんもひどいよな。息子がいながら・・・こんなことして・・・」

「おとうさんが私を犯したんでしょ?犯した罪は重いんだから・・・・」と口の中でちんぽをこねくりまわしている。

「君こそ変態だよ。精子まで丸呑みしてさ」嫁は負けじと

「おとうさんこそ子供が飲む乳を全部吸い尽くしたくせに・・・・」と双方口では負けない。私は生意気な嫁にカツを

入れるべくちんぽを引き抜き嫁をベランダ越しに立たせ、窓を開けた。

「おとうさん何?どうするの?」と不安げだが「あんたをはずかしめてやる!大きな顔して外歩けなくしてやる!」と

うそぶきながらバックで巨マラを打ち込んだ。あえぎ声が徐々に大きくなる。デカ乳を大きく揺れて外からも丸見え

状態だ。嫁は「おとうさん許して・・それだけは許して・・・」と言うから窓だけは閉めて声が漏れないようにした。

「親に向かって逆らうなど10年はやい!お仕置きしてやる!」と嫁に吐き捨て私は嫁のデカ尻めがけてひたすらピストン

を繰り返した。巨マラ全体は中には入りきらないが、今回は全てを入れてやると意気込みあへあへ状態を嫁に巨マラを


告白体験談関連タグ

||||||

2014年2月7日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【おっぱい】24歳F【告白体験談】

毎日サイトで出会いを探している45歳です。

9月5日はサイトで出会った24歳と待ち合わせる。

自分でポチャ系とと言っていたが、足はスマートなタイプだった。

顔はやや古風なタイプで美人とはいいがたいが、条件がホ別市呉でエッチ2回だから

まあいいか。

ラブホに行く途中、ふざけてTシャツの上から乳首をツンツンして気持ちいい?と

聞くと、笑ってウンと答える。

部屋に入りキスすると積極的に舌を入れてくる。

服を脱がせると俗にいう上半身ポチャタイプで、ベットに押し倒しFカップの胸を

攻めると感じている。

アソコを触るともう濡れていた。

指を入れてかき回すと、声を上げて感じている。

フェラしてと言うと、ウンと答えて咥えてくれる。

しばらく舐めさせてから、M字開脚させて生でハメる。

ガンガンと突くとアンアンと感じている。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年2月7日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【おっぱい】人妻のおっぱいが好き【告白体験談】

僕は人妻の乳が大好きで、買い物中は人妻を乳を物色して歩いている。夏場はシーズンとして最高だ。

特に乳児を持つ人妻の薄着姿での巨乳ぶりは最高のご馳走だ。

30代くらいの人妻が子供を抱えて歩いている。巨乳を震わせながら。

ちんぽがフル勃起する。僕はトイレへ駆け込み即オナニーして精子を出す。最高の瞬間だ。

なにせ人妻というのは本当にエロいオーラが出ていて、後ろから乳を揉みたくなる衝動に駆られる。

特に巨乳の妻はいやらしく感じる。

ある日、買い物を済ませ駐車場で授乳している妻がいた。僕はこのチャンスを見て犯罪覚悟でドアを開けて

人妻を犯してしまった。

僕はフルチンになり人妻に襲いかかった。巨大な乳を揉み、乳を吸った。おいしかった。パンツを脱がせ

チンポを突っ込んだ。ヌルヌルして最高に気持ちよかった。僕は中だしして去った。

僕はその人妻が町内の人だと後から知ってしまった。

僕を見ると強烈な目つきで僕を睨む。

でもしょうがない。僕は人妻を犯してしまったのだから。

また、あの人を犯してみようかな~?

告白体験談関連タグ

|||||

2014年2月6日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【おっぱい】社員旅行の思い出【告白体験談】

自分が入社してから4年目の社員旅行のときの出来事です。

夜9時ころ宴会も終わり2次会を開催する時にいつも参加する事務員のりつ

子さんがいないのに気づきました。

りつ子さんは24才で小柄ながら制服の上からでも容易に想像できる位の

ナイスバディの持ち主でどっちかといえば男好きのする顔立ちの為、寮生の

間では夜のおかずの一番人気でした。

来年の春挙式し寿退社する予定で今回が最後の社員旅行でした。

付き合いもいい方だったので不思議でしたがコンパニオンもいたのでそんな

事も忘れ盛り上がっていました。

11時頃2次会も終わり皆酔った勢いで3次会を始めましたが自分は眠かった

のもあり行く振りをして部屋にバックレました。

部屋につき煙草を吸っていると部屋の電話が鳴りばれたかな?と思い言い訳

を考えながらでると以外にも電話の主は課長でした。

部屋にすぐ来いとの事だったので眠いのにと思いながら渋々いきドアをノッ

クし扉が開くと課長が自分の腕を掴み速攻で玄関内に引きいれました。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月6日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【おっぱい】ただ愛した人のために 3章【告白体験談】

「どっ、どっちがえっちな顔してるんだっ!!」と反論はしてみたものの、していなかったとは決して言える自信は無かった。「あれ、私もしてるの?えっちな顔」と瑛は不思議そうに首を傾げながら言った。どうも雰囲気が和んでしまい、互いに酔いも程々に覚めたので自分はそそくさと瑛の部屋を出て自宅へ帰った。それ以上は理性が保ちそうに無かった。いや、仮に保たなかったとしても自分からは何も手を出さなかっただろう。そんな恋愛感情的[スキ]が無い相手を抱いていいのだろうか?その場の空気に流されて、本能の赴くままに押し倒して良かったのだろうか?「だぁあああもうッ!何なんだよ、クソッ!!」自宅の玄関に立つと、そんな疑問という後悔と先ほどの瑛の顔が頭の中の思考回路を破壊してゆく。「とにかく寝て忘れてしまおう。あのときの瑛は酔ってたんだッ。」そう独り言を呟き、現実から目を背ける様に眠りへと堕ちて行った。ー翌日、目が覚めると瑛が横で寝ていた。そして軽く寝とぼけた頭が状況整理を始めた。窓の鍵は閉まっている。瑛は寝てる。特に変わらない見慣れた部屋が視界に広がっている。これまた見慣れた自分の裸姿が視界に広がっていた。「!!!!!」

告白体験談関連タグ

||||||

2014年2月5日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【おっぱい】セフレになったY子【告白体験談】

俺の友達にスケベな女の子がいる。

お互い仕事が終わり、その子(Y)と飲みに行った時の事。

帰りにタクシー乗り場まで行く途中にラブホの前を通った時

Y「おぉ!ラブホ!寄って行きます?w」

俺「はぁ!?マジか!?」

Y「冗談ですよw」

冗談ぽく言っているが、まんざらでは無さそうなので強引に手を引いてラブホへ入ったら

案の定、Yは抵抗する事無く付いてきた。

ここでお互いのスペック

Y 25歳独身彼氏無し 色白で巨乳(Eカプ) ドM 教師

俺 30歳既婚 普通の♂ どっちかって言うとS 会社員

部屋に入るなりシャワーも浴びずにYを脱がし巨乳で遊ぶ。

Y「イヤ・・・シャワー・・」

イヤと言っているが全然抵抗しないY

そのままスーツパンツを膝まで下げてパンツの上から触ると熱くてジメジメしている。


告白体験談関連タグ

||||||||

2014年2月5日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【おっぱい】酔ったら【告白体験談】

彼女は酔ったらエロくなるんです。

飲み会の時は必ず迎えに行きます。心配ってのもあるけど、酔った彼女とのHはいつも以上に燃えるんですよ。

どうなるかと言うと、まずはキス魔になります。車に乗ってくるなりオレの顔中キスしまくりの、舐めまくりで運転が大変です。走ってる途中は止めてもらって、信号で止まると襲い掛かってきます。

そんなこんなでホテルへ到着。すぐにベッドへ押し倒し、服をひっぺがします。今度はオレが彼女を体中舐めまくり、彼女は喘ぎまくりでアソコは濡れ濡れに。「早く入れて~」って言ってる彼女の腕を縛ってベッドに固定します。その状態でまた暫くいろんな所を舐めます。

そろそろ2人とも我慢の限界なのでグチョグチョのアソコに突っ込みます。彼女は喘いでると言うよりはほとんど叫んでます。パンパン突きまくり、Fカップの胸を揉みまくり、舐めまくり・・・

こんな時は永くもちません。10分くらいでオレの限界がきました。最後にスパートかけて彼女がイッたのを確認して、オレも放出!お口に放出!!彼女は満足そうにゴックンしてくれます。

まぁ、これで収まるワケもなくこの後3発、合計4発発射してしまいましいた。あ、全部お口にです。



彼女が酔うといつもこんな感じのHになります。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年2月4日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【おっぱい】みんなグル【告白体験談】

俺  マサキ 36歳 独身 会社員

彼女 マミ  20歳 独身 同じ会社の事務



2ヶ月前 会社の休憩室で 彼女から告白された。

俺「どうしたの?」

マミ「あの・・・ 彼女と別れたって聞いたから・・・ その・・ あの・・ 」と普段明るい彼女がモジモジ言う。

俺「? 」

マミ「マサキさんっ! 突然ですけど 私と付き合ってくださいっ!! 」と明るく彼女が言う。

俺「えっ!?! 俺?? 」冗談かと思った。

マミ「ダメですか?? ずっと好きだったんですっ! 」

俺「俺のどこがいいわけ?? こんなオッサンが。」

マミ「オッサンじゃないですよ! 全然若いし 優しいし 頼れるし 」正直うれしかったのだが、

娘ほど(娘はいませんけどね)も離れた年の子と付き合うのもなんだなぁとおもって その場では、

俺「 ありがとう! 考えとくよ! 」なんて強がってみた。

なんていわれてからしばらく彼女と話すのを避けていた。正直迷っていた。コレでイイのか?って。


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年2月4日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談
1 / 1412345...10...最後 »

このページの先頭へ