相互リンク先の更新情報!

【スカトロ】一部の人にはご褒美だったんだろうか・・・ 【告白体験談】

私は夫婦で小さい食堂を経営しているのですが

今日、店のトイレに入ったら、ウンチ流してませんでした。



うわぁ・・と思いながら流して用を足しながら



「まったく、誰がこんな!」と思っていたら、



「そう言えば、私の前に入っていたのは20代の笑顔の可愛い女の子だったな」



と思い出しました。



お嫁さんにもそのことを伝えると



「近頃は、勝手に流してくれるトイレがあるらしいから、

いつもの癖でそのまま出ちゃったんじゃない?息子の高校でも時々ウンチ見かけたらしいよ」


告白体験談関連タグ

|

2015年4月17日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

【スカトロ】「大島優子さんのウニが食べたいです」 【告白体験談】

某寿司チェーン店に勤めています。

半年以上前くらい前から土日にずっと来店されるお客様がいて

いつも3歳くらいの子供と一緒に来店される男性でした。



私はBOX席への案内、会計レジ、食事後の「おあいそ」で寿司皿の枚数を数えたり、片付けの係を主にずっとやっています。



その男性と仲良く話せるくらいまで親しくなり、そのお子さんとも仲良く話せるようになりました。



30歳台くらいで、たぶんバツイチなのかなー、とずっと思っていて、お子さんに「お母さんはー?」と聞くと結果はやっぱりそうでした。



あの有名人の人と同姓同名なので、この男性から「この店のセンターは君だね。店一番の推しメンだわー、目もキリリとしてかわいいし。」とお褒めのお言葉をいただきましたw



この男性から食事を誘われたりしたころ、



この男性から「大島優子さんのウニが食べたいですw」と言われて、


告白体験談関連タグ

||

2015年3月11日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

【スカトロ】高速バスで大渋滞【告白体験談】

<>321名前:えっちな21禁さん投稿日:2005/04/07(木)22:30:16ID:zTNDlX8F0<>

もうひとつ貼ります



<>322名前:321投稿日:2005/04/07(木)22:31:02ID:zTNDlX8F0<>

電車ではなくバスの話をひとつ。

この前会社で同僚3人と出張になったんだけど、その移動手段が高速バスだったんだ。

確かにそんなに長距離ではないけど、(1時間30分くらい)普通はJRの

特急だろって、3人でぶーぶーだった。



さて当日、バスの座席は指定席で同僚2人が隣同士、俺の隣が空席だった。

1人でゆっくり出来るなと思っていたら、出発直前に女が駆け込んで来て、俺の隣に座った。

年の頃は20代後半くらいで少しやせ気味、整った顔つきだけど化粧が薄いのでとりたてて

美人にも見えない。真面目そうな表情から、昔の担任の女教師に似てるなと思った。



<>323名前:321投稿日:2005/04/07(木)22:32:11ID:zTNDlX8F0<>


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年2月18日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

【スカトロ】トイレSOS 【告白体験談】

まだ20代初めの頃だが、彼女とプールに行った。

トイレに行ったついでに焼きそば買うつもりで彼女を置いてった。



トイレを済ませ手を洗い、出ようとすると、

「誰か・・・。誰か助けて!!」という声。トイレの個室のドアから小学中学年位の

子がこっちを見てる。「どうした?」と近づくと、少年ンコ漏らして海パン悲惨な状態。

「親は?」と聞くと「友達のお母さんに連れてきてもらった」との事。

「そうか・・・。友達にもその母ちゃんにも恥ずかしくて知られたくないよな。」

しゃあないから洗ってやった。「ありがとう!ありがとう!」喜ぶ少年。



やっと戻ると焼きそばの到着が遅くなり、ご機嫌ナナメな彼女。

しかし事の顛末を伝えると「エライ!良いことしたね!」

そんな彼女と結婚し、今や俺も男児の父になりました。とさ。


告白体験談関連タグ

|||

2014年2月18日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

【スカトロ】うんこ【告白体験談】

彼女のウンコが見たい、欲しいと思い策を練り見事、成功した。

彼女が俺のアパートに泊りに来たとき沢山食べさせ俺はビールを飲み酔ったフリを

した。案の条、彼女は食べ過でお腹が苦しいと言った。寝る前にトイレに行きオモ

チャのゴキブリを二匹仕掛けて胃薬だと言い下剤を飲ませた。二時間ほどして彼女

がトイレに行った。すると虫が大の苦手な彼女はゴキブリに気がつき慌て俺を起こ

しに来た。が、寝ぼけたフリをして「その辺でやれ」と言い寝返りをうつと「やー

だ、ウンコだもん。ねー早くぅ」と体を揺するので「うっるせぇなー、寝かせろよ

」と

怒鳴ると「もういい、知らないよ」とあきらめ布団に入ってきた。しかし我慢出来

ない彼女は再びトイレへ行くがあいつが怖くて入れない。するとゴミ袋をあさり出

しカップラーメンの容器を取り出した。まさかと思ったがその通り。俺の寝ている

足元の方に容器を置きしゃがみ込んだ。が、また立ち上がり容器をもう一つ取り出

した。そんなに沢山出るのと思い丸まった態勢で見ていた。暗くて良く見えなかっ

たが「ムニッ、ボソッ、ムニムニムニッ」と音が聞こえ匂いが漂ってきた。ウンコ

の入った容器を後ろにずらすしもう一つの容器を手に持ちマ○コに当てがうと「ジョボジョボッ」とオシッコをした。容器を二つ用意した謎が解けた。オシッ


告白体験談関連タグ

|

2014年2月17日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

【スカトロ】女子高生二人組【告白体験談】

<>512名前:508投稿日:2005/04/24(日)04:00:56ID:qksJphbk0<>

532初投稿2005/04/22(金)01:50:50

公園のトイレで大をしていると…



『漏れちゃう漏れちゃう。。』『よかった、間に合った!!!!』

『がんばって、もう少しだからw』



バタバタと若い女の子二人の声。『コンコン』ノックの音

オレは終わってズボンを上げようとしていたが、コンコンと無情にノックを返す。



『あ〜どうしよぅ〜、あ〜〜』学校でしてくれば良かったのに〜友達。

『すいません、まだ出ませんか?』またノック『…』 少しいじわる。



<>514名前:508投稿日:2005/04/24(日)04:02:29ID:qksJphbk0<>

533初投稿2005/04/22(金)01:51:47


告白体験談関連タグ

|||||

2014年2月17日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

【スカトロ】いっときのメル友の話【告白体験談】

私は半年前に「ご近●さんを●せ」で長野県出身の45歳の女性とメール交換してた

mimirinさんの体験談を聞いて自分はすごく気になったので、これってどう感じるのかと思い人の意見を聞いてみたいのです





同じ長野県の北信地方の、15歳年下の人とは、3年半位、月一で逢いました。

彼は事故で身障になり、左手が使えません。でも、板前になれた夢を壊されても

、頑張っている姿に惹かれました。

彼は年上好みと、ややマニアっ気があるので最初の頃は私には若干重たい面も

ありましたが、この快感だけは好きになりました。私の放尿を飲んでくれたり、

アナルに舌をいれる刺激的な行為(//∇//)を体験しました。



あとは、一度だけ同じくらいの男性二人と3Pしましたよ。

あまりいい思い出じゃありませんが。






告白体験談関連タグ

||

2014年2月16日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

【スカトロ】大我慢【告白体験談】

<>59:58:2005/11/05(土)23:47:13ID:SORz4J4v0<>

みなさん、初めまして。本日、なかなか良い大我慢を目撃したので、ご報告します。

場所は都内の某駅前のカフェ。時間は6:30すぎでした。私がそのカフェでコーヒーを飲んでいると、

20代半ば位の黒髪を肩口位までのばした綺麗系のOLさんっぽい女性が入ってきました。

その女性は店に入ると一目散にトイレにむかって歩いて行きました。そのカフェでは過去にも

悶絶我慢を見た事があるので、私はトイレの見える席に座っていました。ちなみにトイレは

男女共同で個室が一つです。



しかし、その時のトイレは女性が来る直前に20歳位のギャル系の子が入ったとこでした。

その女性はかなり我慢してたんでしょうね。トイレの前に来るなり、ドアを開けようとしましたが、

ノブに触ったところで入っている事に気付いたようでした。

そこからが、いよいよ我慢タイムの開始です。



<>60:58:2005/11/05(土)23:49:14ID:SORz4J4v0<>

女性をじっくり観察すると、右手でバックを持ち左手は薄手のコートを押さえるふりで、


告白体験談関連タグ

|||||

2014年2月16日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

【スカトロ】トイレで出会った人5(※スカ注意)【告白体験談】

忘れられているかと思いましたが、想像以上に「投稿を待っていました」というメールを頂いて感激です。何人かの方とは、今の彼女と撮った写真の交換もできて嬉しかったです。今回はリクエストが多かったので、前の彼女との最後のHを書こうと思います。また長くなりますので、管理人さんの判断で分けて頂いても構いません。



彼女は昨年の年も押し迫った師走の頃に結婚パーティーを開きました。お相手が博多の方なので、都内では彼女の親族と、友達を中心にした立食パーティーを池袋のレストランで執り行いました。私も仕事納めが終わり、その日は休みに入っていましたので、朝からそのことばかり考えてしまい、布団の中で泣いてしまいました。

朝8時過ぎに彼女から携帯にメールが入りました。パーティー会場の住所と三時頃なら少し会えるという一文が添えられていました。



結婚披露パーティーの日に会ってくれるのは嬉しかったですが、正直言って複雑でもあり、悲しみでいっぱいです。午後二時頃、メールにあった住所のレストランの駐車場に入りました。当然、私は招待されていませんので私服です。レストランの入り口には「本日貸しきり」のフダがかかっていて、彼女の友達らしき人たちが準備を手分けして慌ただしく動き回っていました。3時ちょっと前に、彼女から携帯に電話が入りました。「主役は遊んでていいって言われたから、今から出れるよ。」と言って来ました。「彼は?」と聞くと、パーティーは夜8時頃かららしく、彼は博多から新幹線で来るので、まだ到着していないとの事でした。10分ほどして、レストランの裏口のドアが開き、彼女がヒラッと飛び出して来ました。ウェディングドレスの花嫁のアナルを犯すところを想像したことは何度かありましたが、さすがに友達を集めたパーティーだし、まだ本番の衣装を着ている訳もありませんでしたが、普段着よりは随分オシャレな服です。ピンクのマントのような上着を着ています。マントの首元には白い毛のボンボンがついていて、頭には薄いピンクのちょっと変わった形の帽子をかぶって、白い皮のロングブーツを履いています。昔のアニメにあった、銀河鉄道999のメーテルの衣装をピンクにした風です。普通の人が着れば「仮装」になりそうな衣装も、元モデルの彼女が着れば「ハッ」と息を飲むほど綺麗で可憐でした。



彼女は周囲を伺うと、小走りに近付いて来て、一気に私の車に飛び乗り少し息を切らせながら「出して!」と言いました。焦った私は、少しタイヤを鳴らして走り出しました。ガードを潜って池袋駅の西口方面に移動して、極真空手の本部道場のちょうど裏側辺りで100円パーキングに車を停めました。何を話していいのか解りません・・。彼女は少し高揚した顔で頬を赤らめいつもの不思議な良い匂いが漂っています。化粧品でも、シャンプーでもない不思議な甘い香りです。いつもより少し派手めな化粧で、唇には真っ赤な口紅が水のようなグロスで光り、いつもはブラウン系のシャドーの彼女も、今日は白と青を巧に使い分けたシャドーで、只でさえ長く綺麗なまつ毛は、ブルーのマスカラで、バッチリ目を強調していて、その顔は、芸能人と言っても、モデルと言っても疑う者はいない・・と言った雰囲気です。少なくとも顔だけで言うなら藤原紀香よりは確実に美人です。(個人的な感覚もあるでしょうが・・少なくとも引けはとりません)



いつもは明るく話すのに、この日は二人とも黙り込んでしまいました。「時間はどのくらい?」と聞くと「2時間くらいが限界」と答えました。時間が惜しかった私は、車を降りました。丸井の裏側にあるラブホテルに行く道すがら、行き交う男性が何人も彼女を振り返ります。どうしたって彼女は美しく、思わず男を振り返らせる魅力に満ちています。あんな特殊な出合い方をしなければ、私など相手にされていなかったでしょうし、こんな美しい女性に街で声をかける勇気も毛頭ありません。現に彼女はスカウト以外で声をかけられたことが無いらしいのです。「ナンパされない私って、ダメなのかな?」と聞いて来たこともありました。



二人は無言のまま、歩いてすぐの古い佇まいのラブホテルに入りました。部屋に入るなり堰を切ったように抱き合い、唇を吸いあいました。もう、込み上げて来て涙が出そうです。彼女も薄らと目を赤くして「最後に抱いて」と可愛い声で囁きました。寒かったので、二人で一緒に風呂に入りました。髪を濡らさないように備え付けのヘアキャップを被って、うなじを出した彼女の首は、白く折れそうに細いということを初めて確認しました。バスタブに湯が溜まるまでの間、何度もキスをして、シャワーの下で二人一緒に湯にあたりながら、柔らかすぎるほど柔らかい上に、この細い身体にCカップなのに不思議と垂れもせず形のいい彼女のオッパイを両手で何度も揉み口に含みました。彼女の折れそうに見える細いウエストは56センチだと言っていたので、よく雑誌でウエストを50センチ代で言っている人は、みんな嘘だと確信したものです。だいたい「58センチ」と答える人が多いけど、みんな64・5はありそうです。シャワーとバスタブの熱気で風呂場全体が暖かくなった頃、彼女が椅子に座って仁王立ちの私のペニスを口に含みました。でも、なかなか勃起しません。悲しくてHな気分が、なかなか盛り上がってこないのです。彼女は、私の気持ちが解っているようでした。5分ほどして、やっと大きくなりました。優し気な目で私を見上げながら可愛い小さめの口にペニスを頬張り、舌腹でネットリと上手に擦り上げ、唇で締め付け、時には空気を入れるように「スィー」と音を立てて吸い上げます。右手の平で袋を優しく揉みながら、左手は私のアナルを揉みほぐします。その美しすぎる顔で目を見つめられながら舐められていると、一気に快感が押し寄せて来て、思わず彼女の口に中に、ドバッと放出してしまいました。



あまりに早かったので、私自身ビックリしましたが、彼女も少し驚いたようでした。でも、そのまま口を離さず、「ング・・ング・・」と可愛いく喉を鳴らして全部飲み込み、そのまま舐め続けたのです。イクと、くすぐったくなる性分の私でしたが、このまま終わるのは嫌だったので、声が出そうになるのを必死でこらえながら、されるがままになっていました。私が放出した精液と、彼女のだ液と、赤い口紅が混じって彼女の口まわりが汚れて行きます。一度イッた後で敏感になっているペニスは尿意を催して来ました。「ヤバイ、オシッコでちゃうよ」と言うと、彼女はペニスをくわえたまま目で笑って頷きました。くすぐったい感覚に襲われたまま、私は彼女の口の中にオシッコをしました。彼女は必死で「ゴクゴク」喉を鳴らして飲みはじめました・・が、すぐに一杯になって、飲み込むのが追い付かず、口元からこぼれはじめました。彼女の顎から首をつたって、白い綺麗なオッパイをつたって、椅子の上で閉じた膝の間に溜まって、彼女の薄い恥毛のあたりにオシッコの水溜まりができました。彼女はそれを手ですくって、オッパイに塗りはじめました。それを見ていると、10代の頃のようにペニスが復活したのです。イッてから15分もたっていないのに・・。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月15日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

【スカトロ】中三の姪を連れて近所の盆踊りにいったんだよ【告白体験談】

<>72えっちな21禁さんsageNew!2005/11/08(火)22:48:56ID:Hb02OtWvO<>

中三の姪を連れて近所の盆踊りにいったんだよ。

しばらく踊ったり屋台のお菓子を食ったりしてたんだけど、しばらくしたらもじもじし始めた。

「どうしたん?」って聞いたら「おしっこしたかと〜」



トイレを探したら長蛇の列。ちなみに会場は地元の中学校のグラウンド。

「どがんす〜?並ぶ?」って聞いたら「ちょ、やばか」

それじゃぁってんで、校舎の裏の人気のないところに連れて行って、

「そこら辺でしてこんね」っていったら

「まじ、やばか」っていってその場でパンツを脱いでじょろじょろ〜って放尿を始めた。

あ、姪は浴衣ね。



かつては、おしっこを漏らしたといって泣いて帰ってきたので

パンツを洗ったりおしりを洗ってやったりしていた姪も、もう中学生。

おっぱいもふくらんで充分大人の女の魅力を発散させている。


告白体験談関連タグ

||

2014年2月15日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談
1 / 2712345...1020...最後 »

このページの先頭へ