相互リンク先の更新情報!

【レズ】ユイとマリのレズ話(研究室での出来事のあと) 【告白体験談】

*物語はフィクションです。



研究室で実験用マウスを追いかけるユイとマリ。



ユイとマリは同じ大学の研究室生だが、マリは2つ飛び級で大学に入学していて16歳。



マリの髪の毛がクシャクシャに。



マリはユイのことを密かに想っていてユイの眼鏡をコッソリ盗んでいた。マウスを追いかけているときにマリのカバンが落ち、ユイの眼鏡が出てきた。



「探してたの。眼鏡。なぜあなたのカバンの中に?」



「気づいちゃったんでしょ?私があなたを好きなこと。」マリがユイに問いかける。



「ここに座って髪の毛直してあげる。」とユイ。


告白体験談関連タグ

||||

2015年5月8日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

【レズ】お店の「びあん」の先輩にカラダを奪われて 【告白体験談】

私は店に勤めていて、同じ店の先輩のしのぶさんと先週の金曜の夕方、

「これ終わったら飲みにいきましょうよ」と誘われました。



付き合いだからしょうがないと思い一緒に飲みにいきました。

アルコールが久々で私は酔いつぶれてしまい、しのぶ先輩のマンションで介抱されることに・・・



何か体調が悪くて薄暗い(間接照明のみ)しのぶ先輩の部屋のソファに寝かされて、ゆっくり休ませてもらうことに。

やさしいしのぶ先輩が「水持ってくるからね・・・」

と言ってくれたので、私は目を閉じて待っているといきなりしのぶ先輩に強引にキスされました。



私はびっくりして飛び起きそうになると力で押さえつけられ

「おとなしくしてなさい!仕事で不都合が出るわよ。」

と言われ抵抗できず、ブラウスとブラを脱がされて乳首を愛撫されました。

(女同士でこんなことするなんてヤダ・・・)




告白体験談関連タグ

||||

2015年4月20日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

【レズ】同級生に奴隷にされた 【告白体験談】

<>1:名も無き被検体774号+2012/01/1800:47:32ID:H+hrXKjd0<>

結構前の話。

大学1年の時の話。



<>2:忍法帖【Lv=11,xxxPT】本日の利用料5,314円2012/01/1800:48:08ID:36p+YQL1i<>

さむいはよ



<>3:名も無き被検体774号+2012/01/1800:48:12ID:OO0cS4rN0<>

続けたまへ



<>5:名も無き被検体774号+2012/01/1800:48:22ID:groHeb01i<>

裏山





<>10:1です2012/01/1800:51:47ID:H+hrXKjd0<>


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年11月20日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

【レズ】露出のS(9) 【告白体験談】

その日は一晩よく寝付けず、うっすらと明るくなる窓を見つめる。完全に寝不足。



まぁ今日は金曜日。日一日耐えれば明日お休み。と、寝るのをあきらめてシャワーを浴びる。



朝ごはんを食べていると、父が珍しく笑顔。両親は今夜から夫婦で旅行に行くとのこと。



なんだか会社から賞を貰ったんだって。じゃぁ今夜はバカ兄貴と二人っきりか。



兄貴のことは別に嫌いじゃない。前も両親が実家に法事に逝ったときに二人で留守番したとき、格闘ゲームで一晩徹夜するくらいの。その程度の仲良し。



ただその兄貴は友達と麻雀の約束をしていたらしい。両親からきつく二人で留守番するように言われて、20も過ぎてるのに口を尖らせてふて腐れる。

相変わらず子供っぽい。



その日は授業中眠くて眠くて…。さすがに友人たちにも心配された。それを「恋の病」と一刀両断の親友A美。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年11月11日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

【レズ】「いいよ〜(めちゃあっさり)」 【告白体験談】

<>129:名無しさん@秘密の花園:2008/08/11(月)21:15:00ID:TRs96aTx<>



壮絶かどうかは解らないけど、私の体験談。





3つ年上のお友達の家に初めてお泊りに行った日の事。

その人の家で私が料理を作り、買ったお酒を飲みながら洋画を観てた。

お互い酒が入ると甘え癖がある二人で、その人は旦那の愚痴を、私は彼氏の愚痴を言ったり

しながら楽しくやってた。

で、なんか洋画がラブシーンになって(笑)

そしたらいきなりその人が私をぎゅっと抱き締めてキスをしてきた。

一瞬驚いたんだけど、私も女の人オッケーな部類だったのでそのまま甘え倒す方向に。

「…なんかさ、めっちゃ欲求不満なんだよね、最近」

「うん」

「イヤだったらイヤだって言ってくれて良いけど……もし良かったらエッチしても良い?」


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年9月13日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

【レズ】従姉妹に【告白体験談】

少し前から

叔母さん(母の妹)に頼まれて、その娘さんの勉強を見てやることになりました。

私は大学2年で、その従姉妹は中二。

おとなしくて、学校では吹奏楽部に入ってるらしい。

色白で可愛い感じの子です。

成績も優秀で、進学校へ行きたいみたいです。

何回か教えていっているうちに、打ち解けていろんな話しをするようになった。

彼女は私のことが気に入ってくれたみたいで

好意を感じました。

でもそれはすこしちがってたんです。



親しくなっていくうちに、だんだんと彼女は私の体に触れるようになってきた。

最初はスキンシップと思ってたけど、徐々に違和感を感じるようになった。

8月のある日、

「陽子おねえちゃん、私のこと好き?」


告白体験談関連タグ

|||

2014年2月13日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

【レズ】「びあん」な私はロリコン【告白体験談】

私は女子大学に通っていてバイトで家庭教師をしています。

もともと「びあん」な私ですが、最近は小学4,5年生の女の子が好きです。

家庭教師で平日は夜7時くらいから9時くらいまで教えています。

その授業の間に生徒を・・・。



私の生徒は今まで真面目な女の子が多く、結構言いなりになってくれました。

家庭教師のセンターで依頼があると、相手の学校名とか年齢、性格とかを聞いて良い子かどうか判断。ハズレもあるわけですが・・・。



今の生徒は小学5年生のさくらちゃん。

オッパイは結構ふくらんでいて、お尻も大きめ。顔も結構好みのタイプ。

きっかけは、大概オッパイの話とかブラの話をして、「ちょっと触らせて」

とタッチから始まり、徐々にお尻とかヴァギナに指を這わせるパターンが

多いですね。

(つづく)

告白体験談関連タグ

||

2014年2月12日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

【レズ】中学同窓会の不倫は女同士(レズ)で2【告白体験談】

中学の時よりも大きく成長した憧れの結衣ちゃんの胸に手をやると、

やわらかさが手いっぱいに伝わってきました。



結衣ちゃんは黄緑色のタンクトップの上に白い服を着ていて、

白い服を少しよけるとボリュームある大きな胸(タンクトップは

まだ着たままの大きな胸)が目に飛び込んできました。



結衣ちゃんがこう言いました。



「あのときは多感な14,15歳の時で若かったから過ち、と言われても

仕方ないけど、私たちもう26歳の大人で社会人でしょ・・・。

社外人になったのに・・・なのにこんなこと・・・。

女同士でこんなこと・・・私・・・恥ずかしいよ・・・。

変な気分になってきちゃった。お酒飲んでるのも

あるかも知れないけど・・・。私こんなに簡単に脱いじゃって・・・。」


告白体験談関連タグ

|

2014年2月12日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

【レズ】仲良し4従姉妹【告白体験談】

うちの親せきは仲が良く、夏休みと冬休みは田舎に集まって何日か過ごします。

その中でも年の近い従姉妹が私を含めて4人いて、小さい頃から行き来もあり

女の子同士年も近いので、会うのを楽しみにしていました。

私が一番年上で、高2(ゆみ)、中3(なおこ)、中1(ともみ)、中1(さき)一応仮名

です。

年頃の女の子ばかりなので、いろんな話で盛り上がります。

特に彼氏の話や男の子のこと、かなりきわどいエロトークも大盛り上がりです。



そして恒例のゲーム大会が始まりました。

みんなけっこうテンションがあがってきます。

まず最初は下着ショーです。

自分が一番気に入ってる下着を着て見せ合うというたわいのない物ですが

けっこう盛り上がります。

一応一番年下からです。

さきちゃんは


告白体験談関連タグ

||||||

2014年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

【レズ】弟の彼女とエッチしてしまった【告白体験談】

 弟が彼女を家に連れて来たのが始まりだった。

私は軽くあいさつをしたあと、自分の部屋でテレビを観ていた。

しばらくすると、弟と彼女が私の部屋に入ってきた。

「ごめん、俺ちょっと用事があってさ、ちょっと外出てるから、

 ちょっとこいつの面倒みてやってくれよ」

そういい残して弟は家を出た。

 弟の彼女は、大人しく真面目な感じの、黒髪が似合うかわいい女の子だった。

「どっちから告白したの?」とかそういう話を振るだけで顔を真っ赤にする。

かわいい・・・・。

しばらく他愛のない話や雑談などで談笑する。

その子が見せる飾りのない笑顔や、意外と人懐っこいところに私の心はキュンとうずいた。

少し悪戯心が芽生える。ちょっとからかってあげたくなった。

「ねぇ、もう一樹(仮名)とはエッチしたの?」

「え・・・・もうからかわないでくださいよーw」

私は彼女の傍に座り直し、手を触れる。


告白体験談関連タグ

|||||

2014年2月10日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談
1 / 1512345...10...最後 »

このページの先頭へ