相互リンク先の更新情報!

【初体験】今まで経験したことのない快楽 【告白体験談】

「ないです。」「これは拘束する・・・よいしょ」「さ、いけるかな〜」「どう?動ける?」「動けない」、どんどんエロい大人の毒牙にかかっていくのねw


告白体験談関連タグ



2015年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】女友達のA子と 【告白体験談】

偽物財布コピー、

偽物時計コピー、偽物ベルトコピー、偽物指輪コピー

、偽物キーケースコピー、偽物靴コピー、偽物ペンダント

コピー、偽物ピアスコピー、偽物デニムコピー、偽物チェーン

コピー、偽物コートコピー、偽物ジャケットコピーの偽物

ブランド、ブランド偽者、コピーブランド、ブランド激安、

人気ブランドの販売、通販、オークション、新作のスーパー

コピー、ブランドコピー、韓国スーパーコピー、ブランド激安、

偽物ブランド、ブランドバッグ、激安かばん、ルイヴィトン偽物、財布激安。

商品は全く写真の通りです。

激安、安心、安全にお届けします.品数豊富な商

スピードを発送するのは速い!




告白体験談関連タグ


2015年5月27日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】女子大生の姉と禁断のSEXをして処女と童貞を捨てたエッチ体験談 【告白体験談】

尊敬していた上司にホテルで抱かれた22歳の女子社員だった私。



次の日の朝、上司は私の髪を撫ぜながら「昨日のあの時のM、かわいかったな・・・お尻を俺の足に擦り付けてたとき」とぼそっと言いました。恥ずかしくて私が一番忘れたいことなのに・・・。



そして「ちょっといたずらしてみようか」と上司は言って私をうつ伏せにすると両手を後ろ手にして浴衣の紐で縛ってしまいました。



私は「Kさん、やめてくださいっ」と言いましたがもちろんやめてくれる訳がありません。上司は私を起こすと座った自分の足をまたがせて、私を膝立ちにさせました。



そして向かい合わせになった上司は指で浴衣の上から私の胸の頂点をスッと撫でました。ちょっとくすぐったい感じがして、でも乳首が反応したのがわかりました。



ふたたび指が頂点を通ります。少し立った乳首が上司の指にひっかかり、甘い快感が広がりました。そしてもう一回・・・。今度は完全に固くなった乳首から体の奥に向かって強い快感が走りました。



私は「ぁ・・・」と小さい声を漏らしてしまいました。すると「いやらしい身体だね・・・」と言い上司は布越しに突き出た乳首をつまみながらその先っぽを指で撫ぜます。



そして私の呼吸が荒くなったのを見ると襟元の合わせ目から手を差し込みます。直に胸を愛撫された私は完全に感じてしまい、恥ずかしくて下を向いて唇を噛み快感に耐えました。


告白体験談関連タグ

||||

2015年5月16日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】浮気・不倫の体験談 【告白体験談】

スーパーコピーブランド

弊社は安心と信頼のスーパーコピーブランド(N級品)専門店です!

全国送料無料!日本一流品質のスーパーコピー時計、ブランド財布コピー、ブランドバッグコピー新作最新入荷!

ロレックススーパーコピー,ウブロスーパーコピー,ブランド時計コピー,ブランドスーパーコピー,コピーブランド通販,スーパーコピー財布

その他の世界一流ブランドコピーを取り扱っています。

商品は全て最高な材料と優れた技術で造られて、正規と比べて、品質が無差別です!

人気時計コピー、N級ブランドコピーのお求めはぜひ当店へ。弊社は正規品と同等品質のブランドコピー品を低価でお客様に提供します




告白体験談関連タグ



2015年5月14日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】会社行事のキャンプで嫌いな女をレイプ⇒セフレとして服従させた体験談 【告白体験談】

2年位前の夏かな。会社の行事で威哥王キャンプに行ったんだ。

女が2人、男が13人くらいか。女は2人とも20代だったけど、男のほうはみんな30以上。俺も含めて3人が独身で他はみんな妻子もちだった。



今までこういう行事があったとき、女は1人しかいなかったので参加したことはなかったんだけど、その年の春に入ってきた女の子が参加したいということで、もう1人のほうも半ば頼まれる形での参加になった。

 

俺は元からいるほうの女とは仲が悪く、口を利くのも嫌だった。

一方、新しく入った女の子は誰からも好かれており、俺も妹のように可愛がっていた。

キャンプ自体は川で釣りをしたり、散策したりと普通だった。

最初の晩に俺が酔ってあんなことをしなければ。







普段は飲まない俺も、この日はしこたま飲んだ。

他の面子も滅茶苦茶飲んでいたし、女の子たちもべろべろになるまで飲んでいた。

俺たちはテントではなく大き目のバンガローを借りており、バーベキューを終わらせた後はバンガローで騒ぎ続けた。


告白体験談関連タグ

|||||||

2015年5月6日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】彼氏のいる純朴なJKをケツ穴奴隷にした記録 【告白体験談】

ベッドの上に、黒髪の少女が四つん這いで自分でお尻を左右に広げ、アナルを剥き出しにしいてる。彼女は芽依、まだ2年生の女子校生だ。



私との出会いは、雨の日に傘を差しながら自転車に乗っていた彼女が、赤信号に気がつかず飛び出し、私の車の側面に激突したことがきっかけだった。自分が悪いと自覚していた彼女は、必死で私に謝ってきて、私はそれを巧みに利用して彼女を我が物にした。



彼女は、今時の女子校生という感じではなく、黒髪ノーメイク、真面目で地味な印象だった。そして、可愛らしさの欠片もない黒縁眼鏡をしていたので、余計に地味に見えていた。でも、私は彼女は磨けば光る原石だと気がついた。

そこから、私の調教の日々が始まった。





私の車に派手にぶつかり、雨の中転倒した彼女は、ずぶ濡れになっていた。

『ゴメンなさい! 傘で信号が見えませんでした。本当にゴメンなさい!』

ドアがベコッとへこんだ私のBMWX6を見て、青い顔になっている彼女。私は、保険も入っているし、金銭的には余裕のある立場だったので、逆に彼女の怪我や自転車のことを心配した。



そして、私のマンションがすぐ横だったこともあり、一旦彼女を招き入れた。びしょ濡れになり、謝り続ける彼女は、私に言われるままに私の部屋までついてきた。普通ならば、初対面の男性にくっついて部屋まで来たりはしないと思うが、そんな事も判断できないほどにパニックだったのだと思う。

ただ、この時の私には下心はなかった。子供相手に怒りもなければ、性的な対象としても見ていなかった。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年5月6日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】スキー場近くで友達と山ごもりしたら隣は女二人だった 【告白体験談】

大学2年の時、シーズンオフに金を貯め、毎年行っていたとある村営スキー場の近郊にアパートを借りた。当初3、4人ぐらいの計画が、結局それぞれの都合で俺と男友達の二人での初篭りとなった。



ウチらのボロアパート201号室の野郎生活といえば、起床→7:40朝食→8:30〜16:00山→夕食18:00→風呂→就寝、大体こんな感じだった。なんて健全な生活なんだろう。

・オリジナルの寝取られ体験はこちら ・寝取られ動画、寝取られコミックのランキング!



男二人っつーのが鬱だけど、気の合うやつだしビデオに撮った滑りを見ながら酒飲んだり、ひたすら語り合ったり、高テンションでそのままナイターに突入したり、それなりに楽しんでいた。



たまにはポンコツの車で下界の街に出て女引っ掛けたりして遊んでいた。街に出て女引っ掛けたりした話が後々膨らむと思いましたか?ごめんなさい。カッコつけました。実際は野郎2人して2勝50敗(通算7日前後)。



1勝は飲み行ってカラオケ行って終了。あとの1勝は缶ビール飲んでボーリングという不甲斐ない俺たちなんです。優しく見守ってね。その2勝は俺が上げたということが唯一の心の支えでした。



反省点は第一声「つーかさぁ、今日はボーリングでしょ?」って声かけてホントにボーリングになった事です。



そんなこんなで女関係以外は結構楽しい毎日をすごしていたんだが、健全な生活サイクルの中でも中だるみする日があってそんな日は早めにあがったりしていた。




告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年1月19日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】教え子の処女を奪い結婚後も調教し続けた 【告白体験談】

私は、中学の教師をしている。今時の中学生は、教師など人とも思っていないようなところがあるが、それは私たち教師や、両親にも責任があるのかもしれないと思うようになった。



教え子の母親と肉体関係を結ぶ同僚や、生徒に手を出し退職した同僚、結婚した同僚を見てきた。

私は、教師になって25年経つ。教え子と結婚する同僚を見ながら、私は未だ独身だ。



時代が時代なので、教え子に告白されたり、自宅まで押しかけられたこともあった。

でも、私はそういう誘惑をすべて断ち切り、未だに独身でいる。

私は、一人の少女に心を奪われた。そしてまだ若かった私は暴走して、その少女と関係を持った。



少女は、初めから私に恋心を持っていた。そして私は、少女のマゾ的な性質に気がつき、それを成長させていくことに腐心した。



その少女は、名前を優香と言った。名前の通り、優しい顔をした、実際に心も優しい少女だった。



教師になって右も左もわからない時期も終わり、多少余裕が出てきたとき、優香に出会った。

優香よりも、いわゆる美少女は何人かいたけど、私の好みに完璧に合致するのは優香だった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年1月6日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】紅蜘蛛口コミ 【告白体験談】

私が紅蜘蛛を服用するきっかけは、セックスレスになったことでした。今までのないようにセックスに興味がなく、とても困ってるようなものでインターネットで調べると、紅蜘蛛という媚薬を見つけました。



最初、媚薬を飲むことに抵抗もあったのですが、無色無味についての説明を受け、安心して服用をはじめました。セックスレスの表現とは、セックスする時、ストレスとなり体の筋肉が硬直し、そのことによりセックスが怖くなって、ぜんぜん欲しくないというものです。



紅蜘蛛を服用するようになって、服用している間は嘘のように性欲を向上しました。薬も飲みやすく、繰り返しでしたが薬が効いている間は性欲不足から解放され憂鬱な気分からも開放されました。



最初は一日1回服用していましたが、服用の回数も徐々に減ってきて、服用から半年経ったころには、週に1回だけでOKです。うまくセックスができました。単に性欲不足を改善することだけなのですが、そのことによって落ち込んだ気分から開放され、再び幸せなな夫婦関係が改善できてよかったです。


告白体験談関連タグ



2014年12月28日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】赤いブラジャー 【告白体験談】

小学6年の時、近所のアパートに20代後半ぐらいのお母さんと、小学2年の女の子が引っ越してきました。自分は登校班の班長になったばっかりで、朝点呼して、引率する役目でした。集合時間にその子はよく遅れ、アパートによく呼びに行きました。その人は、髪もとかしてなくて、寝起きって感じで子供ながらに呼びに来られて鬱陶しいって思われてるんだるうなぁって思ってました。その人は、目が大きくて、じっと見つめられたら、吸い込まれそうな感じで、でも、なにか冷たいというか怖い感じもありました。小学生ながらにおとなのオンナって感じで、いつもはだかを想像して、おかずにしてました。そんな生活も小学校卒業と同時におわり、会う機会はほとんどなくなりました。でも、いつも気になって仕方がなく、家の帰り道にアパートを経由して帰ってました。中2の時、母親からアパートが改築されて、みんな引っ越す事を聞きました。夏休み中には引っ越すらしく、それからというもの、会いたいという気持ちで、アパート周辺をうろついてました。そんなある日、ベランダに下着が干してあるのをみつけました。いままで、植え込みであまり見えなかったけど、伐採されていてはっきり見えました。赤いブラジャーを見て、興奮が抑えきれませんでした。でも、盗る勇気も無く、目に焼き付けおかずにしました。お盆が近ずいた頃、その人はごみ袋をたくさんかかえて運んでいる姿を見かけました。Tシャツの胸の膨らみや、ピタっとしたジーンズのお尻を見てもう抑えられませんでした。犯しまくりたい衝動にかられましたが、そんな勇気は当然無く、下着を盗ることにしました。すぐベランダを確認しました。ベランダは、大量の洗濯物が干してあり、真ん中あたりに赤いブラジャーが見えました。真っ昼間ですが、ベランダの正面にはおばあさんの独り暮らしの家しかなく、決心しました。その人がごみ捨てに行くチャンスを狙いましたが、足が震えて近くまでしかいけず、時間ばかりすぎました。やがて、玄関の掃き掃除が始まったので、意を決してベランダに向かいました。ベランダの窓は開いていて、カーテンがゆらゆらしてました。時折カーテンの隙間から部屋の中が見え、誰もいない事がわかりました。震える手で柵に登り、赤いブラジャーと、となりにあった焦げ茶色のパンティーを盗り、ジャージのポケットに押し込みました。心臓ははち切れそうで、アパートの横を走り抜けて逃げようとしたら、その人に出くわしました。でも、止まるわけにはいかず走って家まで逃げ帰りました。部屋に戻り、ブラと、パンティーのにおいを嗅ぎ頭がくらくらしたのをすごく覚えています。少し落ち着いてきたら、バレたのではないかという不安と、大変なことをしてしまった後悔で、どうしようかと落ち着きませんでした。干していたものが無くなった事に気付いたら絶対疑われる。怖くなり、1時間ぐらい悩んだ結果こっそり返す事に決めました。アパートに行くと、家には誰も居ない感じで、ベランダの窓も閉まってました。ベランダに登り、ポケットから下着を出そうとした時、後ろから声をかけられました。

何やってるの?

終わったって思いました。一瞬逃げようとしましたが、諦めました。その人は、部屋に入ってお話ししよっか、と言いました。言われるがままに部屋に入ると、娘の姿は無く、殺風景でした。でも、化粧品のにおいのような、香水のようないい匂いがしてました。そして、盗る所を見たことや、親に下着みられたらどうするてつもりなのかとか、いろいろと説教されました。自分は、正直に話し、親には黙ってほしいと懇願しました。その人は、下着をどう使うのか聞いてきました。正直に、実際に下着を見たことも無いし、綺麗な人だから、気になって、、、みたいなことを言いました。それだけ??っと言われ、ゾクゾクしました。オナ二ーしたいって急に思いました。そして、匂いを嗅いでオナ二ーするつもりでした。と言いました。すると、その人は、だよね。と言い、やってごらん。見ててあげるから。と言いました。もう、出したくて出したくてたまらず、すぐジャージを脱いで、シコシコはじめました。目の前には綺麗なオンナの人、その人の下着を匂ってオナ二ーしているって思うと、すぐいきそうでした。その人は、いつもしてるの?とか、1日間に何回するの?と聞いてきました。1分もたたないうちにいきそうになり、いきそうですというと、ティシュを差し出され、そこに放出しました。その人は一部始終見て、かわいい〜と言って笑ってました。そのあと、2時間ぐらい話をして、引越しの手伝いの約束をしました。引越しの手伝いがおわり、別れの時、人生初のキスをされました。

あれから、10年近く経ちます。もう1回会いたい。


告白体験談関連タグ

|||

2014年11月24日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談
1 / 10012345...102030...最後 »

このページの先頭へ