相互リンク先の更新情報!

【妹】従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも2 【告白体験談】

中高男子校に行ってしまった僕は、女の子とまったく縁のない大学生活を送っていました。そんな僕に、叔母から従姉妹の家庭教師のアルバイトの話が持ちかけられました。



従姉妹のほのかちゃんはまだ5年生で、全然子供だと思っていましたが、これくらいの年頃の少女の性的なモノへの好奇心を舐めていました……。



そして、ほのかちゃんは僕なんかに好意を持っていてくれて、積極的にアプローチされた結果、なぜか勃起した状態のアレを見せるハメになり、その上手コキ、お口でとエスカレートしてしまいました……。



でも、僕の憧れの叔母さんに似て美少女のほのかちゃんと、そんな経験を出来たのは僕にとっては信じられないくらいにラッキーでした。そして、僕の最高の夏休みは始まりました。



衝撃的な前回の訪問から3日後に、僕はほのかちゃんが帰り際に小声で言ってくれた通り、コンドームを隠し持ってほのかちゃんの家に向かいました。



相手が従姉妹と言うことと、まだ5年生だと言うことに、さすがに僕の中の良心も揺らぎましたが、十代の性欲はコントロール不能でした。僕は期待に胸と股間を膨らませながら、ほのかちゃんの自宅のインターフォンを押しました。



『あっくんこんにちは#12316;。ゴメンね、ほのかまだ戻ってないの。あんなに楽しみにしてたのに、何やってんだかw』

叔母さんはドアを開けるなりそう言いました。どうやら、午前中は部活の関係で学校に行っているようで、それが長引いてしまっているとのことでした。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年7月30日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【妹】小学5年生の妹のオナニーがすごくて 【告白体験談】

僕には11才離れた妹の優奈(小学5年生)がいる。

去年の夏のある日曜のこと。



僕は毎週日曜、いつも朝からパチンコ屋に並んで(朝8時半から)

パチンコを打つのだが、その日は体調が悪く部屋でずっと寝ていた。



妹は日曜はいつも遅くまで寝ていて朝10時くらいにしか起きてこないと

母親が言っていた。



その日はうちの両親が朝早くから出かけると言っていたので今は

優奈と二人っきり。



10時になり優奈が起きたらしく、一階へ降りていった

(僕と優奈は隣同士の二階の部屋)。




告白体験談関連タグ

|||||||||

2015年7月20日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【妹】ぱっつん 【告白体験談】

うちの妹、黒髪・ロング・ストレートで、俺は結構気に入ってた。



ただ残念なことに、ぱっつんじゃなかったんだよな。



妹とそんな話をしてたら、ある朝ぱっつんになってた。

妹に言わせると、「鬱陶しいから切っただけ」とか言いながら、こっちを

チラチラ見てくる。



可愛いじゃんって言ったら、嬉しそうに「コンビニ行こ」って言い出した。

アイス買ってやって、一緒に食べたよ。




告白体験談関連タグ

|

2015年7月17日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【妹】従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも 【告白体験談】

僕は、大学2年でまだ19歳です。

中高と男子校に行ってしまったので、女の子とは本当に縁のない日々を送っていました。



それが、今年の夏、一気に色々な体験をする事が出来ました。きっかけは、夏休み前にかかってきた、叔母からの電話でした。

叔母さんは、僕が赤ちゃんの頃にオムツを替えてもらったり、まだ僕が小さい時にも色々なところに遊びに連れて行ってもらったりで、すごく仲が良いのですが、頭が上がらないところもあります。



そんな叔母に、従姉妹のほのかちゃんの家庭教師を任命されました。でも、それはただ働きと言うことではなく、ちゃんとした報酬ももらえる、バイトみたいな感じでした。叔母さんは、そう言うところはきっちりとしてくれるので、貧乏学生の僕にはありがたい申し出でした。





そして、久しぶりに叔母さんの家に行き、ほぼ1年ぶりくらいにほのかちゃんに会いました。ほのかちゃんは、5年生にしては落ち着きが有る、妙に大人っぽい感じの美少女に成長していました。

僕の中では、ほのかちゃんは真っ黒に日焼けをして、刈り上げ頭のボーイッシュすぎる女の子というイメージだったので、驚きました。



『お兄ちゃん、久しぶり#12316;!! 元気だった!?』

ほのかちゃんは、見た目こそ美少女になっていましたが、中身は元気でボーイッシュなままでした。

『よかったわね。ずっとお兄ちゃんお兄ちゃんって言ってたもんねw』


告白体験談関連タグ

|||||||||

2015年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【妹】女性が集まる理由 【告白体験談】

ルイヴィトンスーパーコピー即日発送

ルイヴィトンスーパーコピー専門店

ルイヴィトンスーパーコピーバッグ

ルイヴィトンスーパーコピー財布

ルイヴィトンスーパーコピー長財布

2015年新作ルイヴィトンスーパーコピー

ルイヴィトンスーパーコピーベルト

ルイヴィトンスーパーコピーシリウス

ルイヴィトンスーパーコピースニーカー

ルイヴィトンスーパーコピーネックレス




告白体験談関連タグ



2015年6月5日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【妹】近親相姦の体験談 【告白体験談】

ルイヴィトン財布コピー

超人気質屋ブランドスーパーコピー日本人気第一、質量第一、販売量第一の国際ブランドスーパーコピー製品は当店に販売中。ブランドコピー財布毎型は全て正規品を参考して生産されたブランド財布コピーです.品質は保証できます!ルイヴィトン財布人気商品があるの専門販売店です!

100%質量保証!100%満足保証!

安心、安全にお届けします、安心して買って下さい

商品の数量は多い、品質はよい、価格は低い、現物写真!

ブランド財布コピー

ブランドコピー財布

ルイヴィトン財布コピー

ルイヴィトンコピー財布

エルメスコピー財布




告白体験談関連タグ

|

2015年5月11日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【妹】義理の妹と欲求不満を解消しあってる体験談 【告白体験談】

結婚して3ヶ月、俺たち夫婦は妻の実家で暮らしてる。



俺は次男だし嫁は長女なので相手の家に入ることになった。



はじめ新婚のうちは2人でマンション生活をしようと思っていたが、予想外に妻が妊娠してしまい、俺の収入だけでは暮らしが厳しいので妻の両親と同居することになった。



妻の両親は話の分かるいい人で、この同居生活にも大分馴染んできたが問題もあった。



それは夜の夫婦生活のことだ。



はじめ安定期に入ったらセックスを再開することになっていたんだが安定期に入っても拒まれ続けている。





無理やりするのもなんなので、仕方なく嫁がいるのに1人寂しくオナニー続きだ。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年5月9日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【妹】嫁の過去から、結婚まで。 【告白体験談】

偽物財布コピー、

偽物時計コピー、偽物ベルトコピー、偽物指輪コピー

、偽物キーケースコピー、偽物靴コピー、偽物ペンダント

コピー、偽物ピアスコピー、偽物デニムコピー、偽物チェーン

コピー、偽物コートコピー、偽物ジャケットコピーの偽物

ブランド、ブランド偽者、コピーブランド、ブランド激安、

人気ブランドの販売、通販、オークション、新作のスーパー

コピー、ブランドコピー、韓国スーパーコピー、ブランド激安、

偽物ブランド、ブランドバッグ、激安かばん、ルイヴィトン偽物、財布激安。

商品は全く写真の通りです。

激安、安心、安全にお届けします.品数豊富な商

スピードを発送するのは速い!

4-6日にきっと引き渡す.

税関没収する商品は再度無料で発送します。

期待,ご注文の方は!


告白体験談関連タグ



2015年5月6日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【妹】姉貴との体験 【告白体験談】

偽物ブランド,偽物ブランド財布,偽物ブランド,激安,コピー?ルイヴィトンバッグ,偽物?ルイヴ



ィトン財布,コピーバッグ,ブランドバッグ,偽物バッグ,偽物シャネルバッグ,偽物エルメスバッ



グ,偽物グッチバッグ,偽物財布,コピー財布,偽ブランド財布,コピーブランド財布,ブランド財布



コピー,ランド財布コピー,ブランドコピー財布,ルイヴィトンコピー財布,ヴィトンコピー財布,



ブランドバッグコピー,偽ブランド財布販売,ヴィトン財布偽物,ルイヴィトン財布コピー,シャ



ネル財布偽物,グッチ財布コピー,エルメス財布偽物.




告白体験談関連タグ



2015年5月6日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【妹】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間4 【告白体験談】

母の弟家族との、毎年恒例の別荘での1週間。すっかりとオトナになった愛花ちゃんと、衝撃的な初体験をしてしまった。それだけではなく、愛花ちゃんのママの千里さんとも関係を持ってしまった。



いつまでもおばさんにならない森高千里そっくりな愛花ちゃんママとのセックスは、愛花ちゃんとのセックスとはまったく違い、異様にエロかった。

千里さんとする直前に愛花ちゃんに二度も射精していたのに、立て続けにまた二回射精してしまうほど、千里さんはエロかった。



叔父さんがすぐ横で寝ているベッドの上で、たっぷりと千里さんの中に注いでしまい、罪悪感と焦りでドキドキしている僕のおちんちんを握ると、千里さんは、

『まだ出来そうね#9825; 次はバックでいいかしら?』

と言った。そして千里さんは四つん這いになる。背中をのけ反らせ、腰を突き出すようにするので、毛のないツルツルのロリマンが丸見えになっている。薄暗い中でも、そこからあふれ出る白いものがよくわかる。



僕は立て続けに何度もイッているのに、もう回復して勃起率120パーセントになっていた。

でも、僕の中の冷静な部分は、すぐ横でイビキをかきながら寝ている叔父さんにビビり倒していたので、

「でも、叔父さん本当に平気ですか?」

と聞いた。

『へーき、へーき!この人の眠りの深さはのび太君以上だからw』

と、千里さんは軽い感じで言うと、自分のアソコを指で押し広げた。毛のないツルツルのロリマンがクパァと開き、さらに白い僕の精液が流れ出てくる。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年3月9日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談
1 / 10312345...102030...最後 »

このページの先頭へ