相互リンク先の更新情報!

【職場】初パイズリは37歳 【告白体験談】

私はサラリーマンとして中間管理職というポジションで働いています。

妻と子が二人いてどこにでもあるありふれた家庭です。



私はおっぱいが好きで、妻はDカップあって満足していた。

基本的には今でも毎週セックスしています。

ある日、私の下に新人の女子社員が配属されてきました。

ポニーテールがよく似合う若い娘で顔は芸能人で言うと瀧本美○さんに近い。

背は160センチくらいで普通。

まだ初々しいリクルートスーツに胸の膨らみがボリューミーでした。



彼女が配属されてから数日、歓迎会で話をして評価を得たいのかかなり話をしてきた。



それから仕事をする上で、二人で営業に行くこともあり

帰りに呑みに行く機会が何度かあった。

当然私みたいなスケベ親父はおっぱいが気になって仕方がない。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【職場】熟女好きになったきっかけ 【告白体験談】

970名前:名無しさん@ピンキー[sage]投稿日:2015/06/13(土)16:33:28.64ID:???0

新入社員の頃

いつもツンツンしてるお局様がいて毎日苛められてた

年増だが顔綺麗で見た目清楚系だったが性格が最悪

自分はパートのくせに夫が一流企業に行ってることを鼻にかけ

いつも俺達を馬鹿にしてた



何年か経ってある程度の権力を得た俺達は

そいつに解雇を言い渡した

その時期は折悪く

リーマンショックから続く大不況の真っ最中

自慢の夫はリストラされ無職、次の当ても無し

子供は私立の医大に進んでしまったとかで

貯金も底を尽き自転車操業状態

なんとか切らないで欲しいと懇願された


告白体験談関連タグ

|

2015年6月13日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【職場】パート従業員の江野本菜生さん 【告白体験談】

私は派遣を請け負う仕事をしています。仕事が忙しくなり、とうとうパートさんを募集することにしました。

募集をはじめると思いの他、多くの女性からの応募がありました。

面接の際には、やはり

「どうせ一緒に仕事をするなら、自分好みの女性に頼もう」

と思い、そういう観点から選考を進めました。

まず3人の女性に候補を絞り、それぞれ面接をしました。

3人の中でも、一番脚の線が綺麗だった「江野本菜生さん」と言う30歳過ぎのロングヘアーの方に仕事を手伝ってもらうことにしました。



最初はそれ程とは思わなかったのですが、仕事中に顔とか脚、全体の体つきとかを見ていると、当初の予想以上に「良い女」であると感じてきました。

特にサイト製作の仕事の際に「女性のポートレート画像」が必要になり、その時に丁度よい写真がありませんでした。

「プロのモデルさんを頼まないといけないな」

と思っていたところ、彼女が

「私でできることなら協力しますけど・・」

といってくれたのです。

別に「H系」の撮影ではありませんが、それらしい服装を用意して無事ポートレートを撮影することができました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年5月7日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【職場】ある名も無きヤリマンの記憶・・・ 【告白体験談】

砂原博美という名で上がっていた方ですね。

この方、長野の博美とかでてましたが、更埴なんですか?





JKの頃からヤリマンだった人でしょ!

AFもその頃からなのかな。





10年ほど前うちの会社に在籍していた女の子です

キャドで図面書いていました





会社で話したら結構ヤリで有名だったみたいです!

知らなかったのは俺ぐらいみたいで、




告白体験談関連タグ

|

2015年4月28日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【職場】男嫌いで仕事一筋堅物女を酔わせて拘束電マ後に中出し 【告白体験談】

以前に私が勤めていた会社に、とっても静かな女性がいました。

年は28才で、名前は「優香」で、顔はムチャクチャ綺麗、「仲間由○恵」に似ていて、とてもスタイルがいいのですが、噂では6年間も彼氏が居ないらしいのです。

その話は、違う女子社員から聞いたのですが、とても興味が出たので、機会をみて話し掛けて、色々質問をして話すようになりました。



この会社は、企画の様な仕事が多いので、非常に残業が多く、特に女性は離職率が高いのだが、優香は毎日遅くまで仕事をして朝も早く来ている。

仕事が好きな様で、いずれは独立するのが目標らしい。

男関係の質問をすると極端に口を閉ざして、下ネタも話さない。

同じプロジェクトをしている男性社員とも飲みに行く事も無く、やはり異性の話は聞いた事が無いそうだ。



オレは、しばらくは面白そうなので、優香に色々アプローチしていた。

「優香ちゃんたまにはオナニーしないと体に悪いよ!」とか「優香ちゃん今度飲みに行って昔の男の話聞かせて!」と言っていると、だんだんと心を開いて来てくれた様だった。

優香はおっぱいが小さいのがコンプレックスで、全然積極的になれないらしい、開き直って笑える性格でも無いので、男に消極的になっているらしいが、ひょっとしたら最後に付き合った男に何かショックな事を言われた可能性が高いと思った。

とにかくオレは絶対に落としたいと計画を練った。



しばらくすると、優香は新しいスキルを求めて、転職する為に退社する事になったのです。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年4月25日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【職場】部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた完 【告白体験談】

普通のセックスに飽きてしまい、人妻や恋人がいる女性しか興味がなくなった私は、より強い刺激を求めて、身近な人間の妻に手を出してみることにした。



私の会社の大黒柱のような男である間宮をターゲットにし、その妻の美帆を堕とすことにした。公私ともに仲の良い二人なので、私の背徳的な興奮は久しく感じたことのないレベルにまで高まっていた。



そして、それは上手く行き、美帆は私のペニスに完堕ちした。



社長室に、新規開拓先の企業の報告をしに来た間宮。大口の商談に、熱が入る間宮。それを、優しい笑みを浮かべながら見ている美帆。

「背負うものが増えると、さらに熱が入るね。あまり無理するなよ」

私がそんな事を言うと、照れたように笑う間宮。そして、間宮は美帆を見る。



「美帆、気分悪くなったりしてないか?」

『気が早いわよw まだ、お腹だって大きくなってないんだからw』

「それはそうだけど、無理はするなよ」

『ありがとう。あなたもね#9825;』

二人は、本当にお互いを大切に思っている感じだ。


告白体験談関連タグ

||||||||

2015年4月22日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【職場】部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた3 【告白体験談】

普通の恋愛に興味がなくなってしまった私は、人妻や彼氏のいる女性にしか興味が持てなくなっていた。それを寝取り、崩壊させることでしか満足感を得られなくなってしまった私は、面識のない人妻等ではなく、極近い見知った人妻に興味を持ってしまった。



そして、私の会社のエースと言っても良い間宮の妻にターゲットを決めた。慎重な私は、いきなり私が行くのではなく、知り合いの巨根の性感マッサージ師の松永にまずは堕とさせることにした。



それは想像以上に上手く行き、美帆はあっけなく堕ちてしまった。松永から受け取った報告のビデオの中で、最初は夫を守るために仕方なく、嫌々抱かれているという感じだった美帆は、最後には自らお掃除フェラをして、もう一度抱いて欲しいとねだるまでになっていた。



あまりにも劇的な堕ち方だが、間宮のペニスは小さい上に早漏だと聞いていたので、本当の快感を知ってしまった美帆がそうなるのも、やむを得なかったのかも知れない。



そして、夫に秘密を持ってしまった美帆は、会社の中でも時折苦悩の表情を見せるようになっていた。

ただ、美帆は松永とのことは、無かった事にしてくれと言った。忘れて欲しいと私に言った。そして、美帆もそのことを話題にすることは一切無かった。



しばらくそんな日々が続いたが、私はそろそろ次のステップに移ろう思った。

まずは、間宮を出張に出すことから始めた。間宮には、大阪に本社があるクライアントを担当させた。そして、1週間の日程で出張に出した。



美帆は、間宮がいないことで少し寂しそうにしていたが、どことなくホッとしたような感じにも見えた。事情はどうあれ、夫を裏切ったことが彼女の重荷になっているのだと思う。夫とは、会社でも自宅でも一緒なので、常に責められているような感覚に陥っていたのかも知れない。そして、つかの間夫と離れたことで、精神的に多少楽になったのかも知れない。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年4月4日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【職場】部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた2 【告白体験談】

私は寝取り趣味が高じて、人妻や彼氏のいる女性にしか興味が無くなってしまった。そして、ついに身近な人間の妻に興味を持った。立場を利用して、部下の妻の美帆を堕とすことにした私は、手始めに夫のミスをでっち上げ、美帆が身体を差し出す事ですべてが丸く収まるように誘導した。



そして整体師の松永から受け取ったビデオには、美帆の健気な姿が映っていた。でも、それは最初だけだった。

夫のために、歯を食いしばって耐えていたはずの美帆が、夫のモノよりも立派な松永のモノを入れられて、あっけなくイッてしまう姿。それは、女性不信の私には、あぁ、やっぱり美帆もか……という程度の感想だった。



結局、夫に操を立てようとしても、肉の快感……それも、巨根による肉の快感には勝てない。私はそう思っている。



事実、美帆は松永にバックではめられて、

『ンふぅアッ!! あぁっ!!』

と叫びながら、身体をガクンガクンと痙攣させていた。

「ははw いきなりイクなってw」

松永は、笑いながら言う。



『ヒィあぁ、イ、イッてない……イッてなんかないですぅ……』

美帆は、蕩けきった声で意地を張っている。でも松永は、


告白体験談関連タグ

|||||

2015年3月29日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【職場】拝啓 先生 【告白体験談】

小龍先生!またまたコレクションが増えました!

全て、先生のおかげです。

今回は、先日、ご報告した私の会社の先輩です。

大勢の同僚たちから美和さんと名前で呼ばれ、社内で1番人気のある美しい女性です。

身長は私より少し高いくらいですから168cmくらいでしょうか。

今年40歳になってしまいましたが、スラッとしていて、品があり、若々しく感じるため、

23歳の新入社員でさえ毎晩おかずにしてるとのことです。

部署の男だけで飲みに行くと、必ずといっていいほど、美和さんの話題になります。

「ブラウスから白いブラが透けてたのが堪らないとか」

一応、役職者である課長でさえも、「あの足は芸術だとか、わが社の宝だ」などと言ってる状態です。

会議でペンを落として拾う時、美しい脚線美に見惚れて、机に頭をぶつけた奴も何人もいます。

部には他に5人女性(20代や30代)がいますが、彼女達の話題は全く出ずに、だいたい美和さんの話題になります。



そんな憧れの美女を念願叶って抱くことができたことは、、先週のメールで報告済みですよね。

そのことも非常に感慨深かったのですが、


告白体験談関連タグ

||||||

2015年3月23日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【職場】部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた 【告白体験談】

私は今年で40歳になった。まだ結婚はしていない。と言うか、結婚に興味が持てない。女性のことを信用できないという気持ちが強いからだと思う。



私はそれなりにルックスも良く、男性器の性能も良かったので、若い頃から遊びまくっていた。そして、普通の女性とのセックスでは刺激が足りなくなり、人のモノ……彼女だとか、人妻にしか興味を持てなくなってしまった。

そんなセックスをしていると、女性があっさりと伴侶を裏切る姿をイヤと言うほど目の当たりにする。そんな刺激を求めた背徳的なセックスを繰り返したツケが、いまの私の女性不信に繋がっているのだと思う。



そして、見ず知らずの人妻などを落とすことにも飽きてしまった私は、身の回りの知り合いの人妻に興味を持つようになっていた。



私は小さいながらも広告代理店を営んでいて、早いタイミングでスマートホン対応をしたおかげでそれなりに収益も上げる事ができ、従業員も80名を超えた。



そんな中で、営業部の部長を任せている間宮という男の妻に目を付けた。間宮はとにかく真面目で勤勉な男で、まだ35歳という若さにもかかわらず、彼が部長をしていることに社内でも誰も異論は無く、誰もが認めるエースという感じだ。



そして、彼は社内結婚をしていて、私の秘書が彼の妻だ。名前は美帆といい、見た目からしてザ・秘書という感じの上品で清楚な感じの女性だ。年齢は29歳で、女盛りの最盛期、色気とフェロモンが過剰分泌されているようないい女だ。

彼女はスレンダーな身体をしていて、一見ほっそりとした印象だが、よく見るとスーツの中の胸はブラウスのボタンをはじき飛ばしそうだ。



膝丈のタイトスカートからのぞく足も美脚で、会社の看板という言葉がピッタリと来る。実際、業界紙で美人秘書という紹介のされ方をしたことが数回ある。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年3月20日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談
1 / 11312345...102030...最後 »

このページの先頭へ