相互リンク先の更新情報!

【露出】初めてスワッピングしちゃいました【告白体験談】

この前初めてスワッピングしちゃいました。

親友のヒロコに「私のセフレはチンボが大きくて気持ちいいよ」って話したら、味見したいって言うんで、仕方ないからお互いのセフレ交換しようってことになって。それで4人でホテルに行ってものすごく燃えちゃいました。

自分がオマンコしてるの見られたり、親友がオマンコしてるの見たりするのって、すごい快感でした。

私は最初はヒロコのセフレのジュンくんとオマンコしました。

チンボの大きさはまあまあでしたが、私がいく前に自分だけいっちゃって、私のお腹に精液を発射しちゃいました。

ジュンくんは「ヒトミちゃんのオマンコとっても締まりがいいよ」って誉めてたけど、私の方はいけなかったので欲求不満気味でした。隣ではヒロコが私のセフレのトシくんに激しくやられてました。

ヒトミのオマンコにトシくんの立派なチンボが出たり入ったりしてるのが見えました。

とってもいやらしい光景だったので、私のオマンコもまたヌレヌレになってきました。

我慢できなくなってジュンくんのチンボ握ったら、ジュンくんもまた勃起してました。

ジュンくんに「入れて」って言ったら、オマンコの中にチンボを突き刺してきました。

今度はジュンくんも頑張って、たくさん腰を動かしてきたので気持ちよかったです。そのご夫婦とは、私が相手方の奥さん(裕美さん26才)とチャットで出会ったのがきっかけでした。

裕美さんは、ご主人(42才)の性癖に惚れて、前のご主人や娘さんと別れて結婚されただけあって、ご主人の命令はなんでも従われる従順な奥さんです。

 

チャットでその経験を聞かされて、本当にドキドキしてしまいました。

だって、裕美さんのご主人は、飲み屋で知り合った知らない男にでも奥さんの裕美さんを呼び出して、目の前で抱かせるというのですから。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

【M男・痴女】妹「これは、おしおきち〇ぽですよwww」【告白体験談】

妹「駄目ですね、おしおき対象ですねwww」。ボッキした僕のチンコを見て妹はそう言います。妹は高校3年生なんですが、時々、一緒に風呂に入る時があります。親には当然内緒なので、両親がいない夕方に入ることにしています。

僕の妹はかなりエッチで、クラスでも有名人らしく、その対象を僕にも向けてくる感じです。入って直ぐ行うのが、シャボンを付けてのチンコ擦り(洗い)。もちろんビンビンの状態のモノをです。そして最初に書いたセリフを毎回言います。おっぱいも大きく、パイズリに移行したり、シャボンを洗い流して咥えてきたりします。咥えてもらった時は、そのままイクまでしゃぶってもらうことが多く、おっぱいをもみながらのおしゃぶりと射精は最高でした。射精は、10㎝ぐらい妹の口からチンコを離し、口を開けてもらい、口内射精が好きでよくやってもらっています。物凄い勢いで出たときはめちゃくちゃ興奮しました、妹も喉に直撃したのか、むせていましたwww。体の洗いっこはおっぱいがメインで、洗うというよりただ揉む感じで洗ってやります。妹が「最後までやっちゃう?」と言ってきた時はドキドキしましたが、意味が分からないふりをしてしまい、ニアミスで終わることになってしまい、今思うともったいなくてしょうがありません。

この間は、風呂上りも僕の部屋で続きが始まりました。椅子に座ってPCに向かう僕のチンコを揉みながらDVD鑑賞www。もちろんビンビンになるので、揉む行為から握り上下に動かす動作になり、最後はチャックを下ろされ、ビンビンチンコが妹の「よいしょ」という掛け声とともに取り出されます。その間、僕は何の抵抗もせずにドキドキしながらPCにただ向かっている状態です。「あ~む」という声とともにチンコをくわえ、おしゃぶりが始まり、20分くらい耐えていましたが、そのまま僕は何も言わず、妹の口の中に射精。

今度も一緒に入ることがあるはずなのでコンドームを用意しています。

告白体験談関連タグ

|||||||

2017年12月25日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

【人妻・熟女】夫と義理息子に愛される私 2【告白体験談】

息子は、翌日も帰って来るなりオナニーをしていたんです。

夫に嫌われたくない一心で、私は放って置く事にしました。

その夜、夫はベットに横になる私に抱きつくと、パジャマを脱がせ始めました。

”抱かれるんだわ”そう思い、私も彼のズボンを脱がせ股間に手を伸ばしたんです。

夫は既に興奮している様子で、大きくなっていました。

”あなた大きくなってるわ・・・”

”早く舐めるんだ”

強い口調!いつもと感じが違いました。

”はい”

私は夫のチンポを口に咥えるとチュパチュパと吸い始めたんです。

夫が私と69の体制になるなり、バイブを使いだしたんです。

”あなた・・・それどうしたの?”

”一度試してみたかったんだ!黙って従え!”

夫は私のマンコに挿入するとスイッチを入れ出し入れを繰り返したんです。

”ん~そんなに動かさないで・・・逝っちゃう”


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻の過去物語【告白体験談】

私が3つ下の妻Y子と出会ったのは、20年程前、妻22歳の頃だった。

仕事や人生の気晴らしに旅に出た津軽半島の宿で、多くの友と知り合い、

その中の一人旅同士で、写真を撮り送ってやったのが縁だった。

美人ではなかったが、おとなしく、やさしく、自分には無い感覚を持っていた。

当初、子供っぽい顔から処女のような感じがしたが、実は既に3人は知っていた。

結婚前にその内容の告白は受けたが、詳細は尋ねても

「あなたと出会う前でしょ、私にも人生があったの」

と言い、しつこく聞くと

「昔のことはよく覚えてないわ」

と嫌がった。

「でも、あなたが初めての人であればよかったわ」

と殊勝なことを言ってたと思ったが、本当は、その男達に刻み付けられた官能の

記憶と自分のそれとを比較していたのではなかったのか。

以下が妻の昔の告白内容だった。

初体験が19の頃で、初恋の人、AK。友人の紹介からはじまり付き合いは長かったが、


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月22日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻とのSEXを覗かれ、やがて快感に【告白体験談】

今から7年程前の話になります。

妻と結婚したばかりでお金も無く、ボロアパートに住んでいました。

築30年のアパートは、壁も薄く隣の部屋の音が聞える様な所でした。

お隣には、1人で住んでいる50代男性。まだ新婚の私達は夜の営みも気を使う毎日。

ラブホテルに行きたい所ですが、金銭的に余裕が無く、泣く泣くカーSEXや青姦をしていました。

決して好きで始めた訳では無かったんですが、いつの間にか2人共楽しむ様になっていたんです。

外は、以外に気持ちも良く大きな声を出しても問題ありません。

普段隣に気を使う生活にストレスを感じていたんだと思います。ある日の夜、私達は家から10分程走った山間部で大きな駐車場を見つけました。

夜と言う事もあり、駐車場内には車が居ませんでした。私は車を奥の目だたない場所に停め妻にキスをしました。

「ここでいい?」

「うん!静かな所ね。誰も来ないよね」

「誰か来ても明かりで分かるから、大丈夫」

助手席を倒し、妻の来ている上着を捲るとDカップの胸が露わになり、私は吸い付いたんです。

「あ~優しくしてね・・・ん~気持ちいいよ」

「もう濡れてるんじゃない?」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】ナンパ【告白体験談】

ホスト風のお兄さんに…

みぅ、こないだ新宿歩いてたらホスト風のお兄さんにナンパされて、そのままカラオケ行ったんです。

そしたらすんごぃねっとりキスされて、そのままレロレロしあいっこ♪

おっぱぃツンツンされたり乳首シコシコされたりして、みぅはアヘアへ淫乱モードへ♪

お兄さんのお膝に乗ってお尻振って、おしゃぶりをおねだりしたら、赤ちゃんみたいに上目遣いのままチュパチュパされて、止めちゃやぁ〜ってお兄さんの髪の毛掴んじゃった。

そのまま、ちんちんが欲しいなら、お舐めって顔面騎乗でアナル舐めさせられてすごい濡れちゃったの

そしたらご褒美に、びんびんのおちんぽでお顔ビンタされながら、

「ちんぽ欲しいなら何でも言うこと聞く?」

って言われて、

「聞くからおちんぽ食べさせてぇ〜」

ってよだれ流しながらおねだりしたら、やっとお口に入れさせてくれたの。

よだれだらけのお口で頑張ってちゅぽちゅぽしたら、お兄さんみぅの髪掴んでお顔に顔面発射ザーメンぬりぬりされたの。

残りのザーメンは吸いあげてお掃除フェラしたの。

カラオケを出て連れてかれたのがおっぱぃパブ。

「俺の為にエッチの修行して!」


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年9月5日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】誰も言えない…(続き)3【告白体験談】

私の唇から父の精子が溢れてました。私はどうしたら良いのかわからないので、おちんちんをくわえながら父の顔を見ました。

父は気持ち良かったみたいで私の頭を撫でてました。父「うっ…」

まだ私の口内でピクピクしてました。

父「ごめんな…精子が出てしまえば悪い事はしない」

と少し反省してる様子でした。

父「口の中の精子は飲んじゃえ」と指示された私は嫌だと首を振ったのですが、精子を飲まされました。ベトベトして臭いし、少し苦味がありましたが飲めました♪始めての(ごっくん)が父の精子だとは…母には言えません。

その日から父は私に対して優しくしてくれるのですが、ムラムラすると私が呼び出されます。

自宅のトイレ、お風呂場、コタツの中、布団の中、車の中などで父のおちんちんをしゃぶらされてます。

私は早く父から解放されたいので、凄い勢いで父のおちんちんをしゃぶり発射させてバイバイしてます。最近は私に目隠しさせて父のおちんちんをしゃぶらされてますが…?おちんちんの大きさ、本数、精子を出す回数が多いのでは?と思う事があります。

目隠しの隙間から見えた物は父のキモイ松茸じゃなく父の友達のおちんちんでした(汗)私はびっくりしました。

父はこっそり友人を招いて私が目隠しをしてる間に父と入れ替ってました。

私のおしゃぶり姿や淫らな姿を父はビデオカメラで撮影してました。中には包茎おちんちんの友人が混じっていて、包茎の皮を指で拡げたり、皮を剥くなどして私に舐めさせてたり、私に舌を出して舐めるように指示して包茎おちんちんの先端の皮を拡げて私の舌を突っ込ませ、レロレロさせてました。勿論発射される精子は私の口に出され他人の精子を沢山飲まされていた事になります。父はビデオに録画して自分で楽しんでいたみたい。本当に最低です。私は父の玩具、性欲処理の道具にしかないのかも…撮影されたビデオを見せられた事ありまが…私の周りで数人がおちんぽ出してました。まぬけな私は大きく開けた口に精子を発射されてました。父が私に精子をもっと飲ませて下さい。私の口を精子で汚して下さいと私に言わせてた理由がわかりました。私はテレビの画面内で精子だらけの口内をパクパク披露宴して泡だらけの精子をごっくん、ごっくん飲んでました…。私が便器にアゴを乗せて口を開けてる場面もありましたが、おちんぽを口に含んだまま放尿され口から噴水の様に尿が飛び出してました。本当に最低な父との体験です。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年8月15日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】妻・貴子は銀行員をしています 【告白体験談】

私の妻・貴子は27歳。銀行に勤めています。

 厳格な両親の躾の甲斐あって性格はいたって真面目で浮ついたところもなく、

おとなしそうな瞳が優しげな雰囲気を醸し出しています。



 私にとっては少々自慢の愛妻で、友人や知人からお世辞を言われるのも心地

よく感じています。

 昨年結婚してもうすぐ一年ですから新婚ですが、学生時代からの交際なので

あまり新婚らしい新鮮さはないのかもしれません。その分、気心が知れていて

気楽でいいのですが。

 私は一つ上の28歳。ごく普通のサラリーマンです。







 結婚して三ヶ月ほど経ったある朝、妻が今夜は同じ支店の同僚と飲みに行く

と言うので「じゃあオレも行っていい?」と冗談で聞いてみました。妻はそう


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年7月29日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】巨乳ストリッパーのリカ【告白体験談】

めんどいから名前つけとく。

リカ:俺がヤッちゃった彼女。ストリッパーで巨乳。

コースケ:リカの彼氏で俺の友達。バンドでボーカルやってた。 

ルイ:リカの先輩。本職のダンサー。

シン:俺。



コースケは仙台からメンバー連れて出て来てて、以前バイトが一緒。

俺がアパレルで働いてたこともあって、衣装改造したりライブの手伝いで

雑用とかローディーみたいな事とかもしてた。



ルイはコースケの事務所の紹介で、デカいハコでやるのに

ダンサーを入れようって話になり、その時に知り合った。

その流れでコースケがクリスマスにライブした時にリカを連れて来たらしい。



リカはもともと外人ばっか来るようなクラブで踊ってたみたい。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月18日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】クッキー缶のビデオ【告白体験談】

妻の留守中に、ふと昔の写真を見たくなり、当てずっぽで、ここら辺かなとクローゼットルームのタンスの奥を探していた。そして、写真などが入れてある見覚えのある箱を見つけた。その通り中には、整理されていない写真が撮影の時期別に、写真サイズの小さなポリ袋に細かくまとめられてあった。いくつかポリ袋を物色し、目的の写真を見つけて満足していると、さっき開けた箱の下に、もう一つ黒い紙袋に包まれたクッキー詰め合わせギフトの「缶箱」があるのに気が付いた。ちょっとした好奇心に中を開けて見ると、1から10までの番号がラベルされたVHSタイプのビデオテープが10本入っていた。すべては、このビデオテープを偶然に発見してしまった事から始まる。

<1本目>

このビデオって、昔俺が持っていたエロビデオかなんかかな?だとすると裕美子の奴に、結婚前にこんなビデオ見て、センズリばっかしてた事バレたかな。やばいな、確か俺が持っていたのって、当時は真面目ぶってたけど、エロエロな陵辱系とかだったよな。アイツに軽蔑されそうなの一杯持ってたんだよなー。これがそれだったら相当キツイ。俺の変態趣味、知ってて黙ってたって事になるのかー。まあー仕方ないけど、今日は当分、裕美子の奴は帰ってこない予定だし、この際こっそり処分しておこうかな。あ、でもまず、ちょっとだけ鑑賞してからだな。なんだか…、少し楽しみだな。さーて、じゃあー、早速。【再生】っと。

ギシッー、ガタン、ガガガガガガ、ジジジジジジ…。

ん、んんーと、映った映った。

『…じゃあホントすいませんが、よろしくお願いしますね。もう裕美子さんしか頼める人いないんです。僕達を助けると思って…』

あ、え、何?裕美子って?妻と同じ名前だ。

『うちのフィットネスクラブでは、毎年女性会員さんをモデルにしてビデオコンクールがあって、各店から絶対に一人は出さないダメなんです。実際、会員さんへは当たってはみたものの、全員に断られちゃって。会員さんでしょ、あまり無理には言えないし。こういう事って、僕達みたいな若手のインストラクター社員が押しつけられて、応募出来ないなんて事になった場合、僕達の責任にされて、会員さんとのコミニュケーション不足とか言われて、社員査定0にされちゃうんです。査定が上がらないとプログラムクラスとかメイン担当させてもらえないし、永久に雑用係になっちゃうんですよねー。だ、だからホント困っているんです。なあ、おい、田中!お前からも、ちゃんとお願いしろよ。』

『あ、はい。僕は今年入ったばかりで、よく解らないんですけど、飯田さんの言うように、大変な事になってしまうらしいんです。僕からも、この通り…お願いします。』

なんなんだ、このビデオ?フィットネスクラブって何?

『あのー、なんだか恥ずかしいわ、私なんてダメだって。もう30のおばさんだし、結婚だってして子供もいるのよ。無理よ、絶対無理だわ。あー、田中君が持ってるビデオカメラ、赤ランプ点いてるー。やだっ、もう撮ってるの?やめてよ、恥ずかしいから。』

あ、あ、あ、…裕美子!!!なんでお前が…?このビデオって一体何!画面の右下にカウンターがあるぞ。え、何、これって、3年前に、撮影されたもの…。そう…フィットネスと言えば…たしか、裕美子が子供の小学校入学を機に事務のパートに入った、あのスポーツクラブの事なのか?たしか、あれって3年前くらいだったような。

『大丈夫です!僕が保証します。裕美子さん綺麗だし、スタイルだって、ここに通ってくる女性会員の誰より、いいじゃないですか!絶対大丈夫です。おい、田中、黙ってないでお前も何か言えって。』

『ええ、ホントにホント、北川さんは素敵です。綺麗です。お付き合いしたいくらいです。』

なんだと、この野郎!さっきから目、口唇、首すじ、とかアップで撮りすぎだろ!おーおい、今度は、胸、脚ばっか撮りやがって!


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年6月14日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談
1 / 1212345...10...最後 »

このページの先頭へ