相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】飢えた38歳人妻【告白体験談】

ちかごろメルナンが好調。一ヶ月メル友としてやりとりしておいてから、「会おう」というと、高確率で会える。会えばもちろんセックス。

 今回は、旦那が単身赴任中の人妻裕子。

 ぽっちゃりということで心配していたが、不安は的中。しかし、あった以上はハメ倒すのが礼儀だと思っているオレは、「若くみえるねえ」「まだまだイケてるよ」と、さっそく褒め殺しモードに。

 まずはレストランに入って夕食をすます。この女、二人前食いやがった。

 店をでて、「これからどこへいく?」と聞いてくるので、「オレ、裕子さんに一目ぼれしちゃった」と言って、肩をだき、ディープキス。一方的なキスだったが、嫌がる様子もなかったので、ホテルへ直行。

 部屋に入っても、チンポはなえなえ。ソファでキスの続きをしながら、服のうえから撫で回す。

 そうしている間に括約筋を動かし、チンポを勃たせる。

 準備がととのったので、一枚ずつ服を脱がせると、思ったほどたるんでなくて、Fカップの胸も、それほど垂れてはいない。出産経験がないからだろうか。とにかく、ラッキー。がぜん、やるきになり、ベットに移る。

 胸を揉んで、乳首を刺激してやっても反応がない。

「どこが感じるの?」と聞くと、「クリトリス」との答え。

 それならと、下半身に手を延ばす。裕子は、M字開脚になった。

 マンコのでかさにびっくり。しかも剃毛してある。

 旦那とは、とっくにさめてて、最後にセックスしたのは4年前だという。そのあいだオナニーもしていないらしい。また不安になったが、今度は余計な心配だった。全体をなでまわし、クリトリスに指をうつすと、さっそくあえぎだし、愛液もたっぷりと出てきた。

 こうなると後は簡単。クリトリスへの刺激で、三分後には昇天させた。

 次に膣に指をいれるともう大洪水。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】ついに・・・見た?【告白体験談】

母親(43歳)が今年から市内のほかほか弁当屋でパートを始めた。

まぁ俺も来春は大学(受かれば)だし何かと金もかかるだろうし、家計も大

変なんだろう。

先日(今年の春先)、郵便局から模試の受験料を払込まなければいけない日

だったので母親のパート先にお金をもらいに寄った。

「どーもー、いるぅー?」と言いながら、弁当屋の裏から入ったけど誰もい

なかった。帰ろうとしたらそこのトイレから母が怪訝な顔をで出来て「あ

っ」と小声をあげた。その母のすぐ後から若い店長(30代前半?)もズボ

ンのチャックをあげながら出てきた。

一瞬、気まずい空気だったけど、俺は、何故か明るく「まいったぁ、模試の

カネ1万のこと言うの忘れてたぁ」と言った。母は不自然に明るく「あぁ、急

がないとね、えぇーとおサイフ、おサイフ」と言いながら奥に行きかけたと

き、母より若い店長が「○○さぁーん、いいよ、まづはこっから出してお

く」とレジから1万円を出して俺に渡した。

「んじゃ、俺、急ぐんで・・・」とそこを出た。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】乱交【告白体験談】

 親友の雅美が、一度乱交パーティーに出ないかと誘いました。

 同じ団地妻で、私も45歳なのに、夫とのセックスレスで悩んでいます。だってこの一年でSEXしたのは2回だけ、夏休みとお正月だけです。

「子供がもう15歳で生理もあるし、お前の声が大きいから、隣で聞こえるから」というのが理由でセックスしてくれません。

 夏休みで学校の行事で旅行の夜だけ抱いてくれます。

 私は今でも毎晩でもSEXがしたくて、夜はそっと指をクリトリスに当てて自慰をしています。

 昼間に新宿の「大人のオモチャ屋」で買ったバイブやローターを当てたり、膣に挿入して少しはよがっています。

 団地の42歳の奥様(雅美)はいつも楽しそうなので、先日喫茶店でお話を聞いたら、「乱交パーティーに出てみない、10名を相手で何回でもイケルのよ。でもこれは内緒よ」といわれました。

 日曜日の正午に「新横浜」の駅にライトバンが横付けにされて、女性は1万円を支払いました。

 大体40歳以上で、最高の女は70歳だそうで、本当に性交が可能か心配でした。

 でも整形をしているとかでオッパイはDカップで、下半身も割りとスッキリしていました。

 男性は若い人で45歳で、ここにも68歳のオジサマが参加していました。

 ラブホに入る前に注意があり、女二人が同室で相手は抽選で男性も二人です。2時間で途中でもやめて、直ぐとなりに移り相手を変えて性交をするのが決まりだそうです。

 9名ずつで、後は61歳の幹事のオバちゃまがいろんな部屋でお相手するそうです。

 大人のオモチャや、ピンクローター、催淫スプレーや、男性用のバイアグラ、女性用の濡れるゼリーなども用意されていました。

 部屋のお酒類は自分でお金を入れて飲むのだそうです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】従姉の姉ちゃん【告白体験談】

俺は中3です。お姉ちゃんは大学1年の従姉で、俺の家に下宿しています。この前俺からふざけて姉ちゃんのDカップの胸をさわったら、姉ちゃんもすっかりやる気になっちゃって、なりゆきでセックスしちゃいました。

 一回年上の人ともやりたかったので結構よかった。

 姉ちゃんが俺のあそこをなめてくれた時、もうイっちゃって、やっぱ年上はテクニシャンだと思った。一回いっても、すぐにまた勃起したら、すぐに咥えてくれて30分位で2回も発射しちゃった。

 俺が、「姉ちゃんの胸結構でかいね。」っていったら、「彼氏がもんで、大きくしてくれたの。でももっと大きくしたいから、直樹もモンでくれる?」とかっていってきたからたくさん揉んでやった。

 それで姉ちゃんと今までのH経験の話とかして、結構盛り上がった。

 従姉の姉ちゃんとこんなことやこんな話をするなんて思ってもなくて結構うれしかった。その後、2時間くらいで4回もセックスしちゃった。いろんな体位を試したら、姉ちゃんも感じてた。俺も最高に気持ちよかった。姉ちゃんは正常位が好きみたいで、キスしながら思い切り腰を動かしてやった。俺はバックが好きで、後ろから思い切り突いてやった。最後は俺はいっても何も出なかったので、生でやっちゃった。2人とも疲れて、スッポンポンで抱き合って昼寝しちゃった。

 そのあといっしょにお互いの感じる所を言い合って、触りあったり、舐めあったりした。

 今思えば姉ちゃんのおかげでSexがうまくなったような気がする…。

 おかげで彼女も気持ちいいっていってくれるようになったし。

 それから、俺がHしたいとき、姉ちゃんの部屋に行くといつでもやらせてくれるし、もうH大好きになっちゃった。最近はオナニーなんかしたことないし、溜まる前に射精しているよ。(笑) 

 前姉ちゃんがオナニーしてる途中に部屋に入っちゃって、俺が、「俺の体でよければヤる?」って冗談で言ったら、すごく激しくヤってきた。

 もうお姉ちゃんっていうか、Sexフレンドみたいなもんになっちゃったし…。

 でもいつでもヤらせてくれるし、生理時でも咥えてくれるし、もう最高・・・・

告白体験談関連タグ

|||||

2014年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【露出】露出のS 【告白体験談】

私には誰にも言えない楽しみがある。ほぼ毎日学校が終わると暗くなるのを待って楽しんでいる。

自分がこの趣味にハマってゆく過程ではその異常な感じに相当悩んだけど、いまではこれ無しでは生きていられない。日課のようなものだ。

 

自分の特殊な趣味に気づいてしまったのは昨年の初夏。部活で帰りが遅くなったその日、天気予報では雨の確率0%だったんだけど突然の豪雨。

夕方から天気は怪しかったけど最寄り駅と自宅の中間にある大きな公園を横断している最中に、どんどんあたりが薄暗くなりあっという間に土砂降り。

制服の薄手のシャツと膝上に詰めたスカートはずぶぬれで、とくに白いシャツは下着も透けて私はそれを隠すように身を屈めて公園内を走ってた。

公園を抜ければすぐに自宅。そう自分に言い聞かせて恥ずかしさと通り過ぎる人の好奇の目線に耐えながら走った。

公園のまんなかまでくるとさすがに人通りも少なくなり、息が上がり始めた私は少し足を緩める。中央広場にさしかかる頃さすがに走り続けて限界。立ち止まり膝に手をつきはぁはぁと息つく。ふと視線を感じる。再度胸の前を隠すように腕で覆いあたりを伺うと、

ちょと離れたところに自分もずぶぬれなのに私を見つめる地元中学の制服を着たの男の子。

私を見てる。そう思うと、なんだか変な気分になってしまった。このときはちょっとした悪戯心だった。「はぁー」っと声を上げてしゃがむ。

彼は下着が透けた胸とスカートの中を交互に凝視する。私は恥ずかしいはずなのに「もっと見られたい」と思っている自分に気づいてしまった。

前屈みになり、胸元を見えるように…。彼も動かない。妙な沈黙。あの子、絶対今エッチなこと考えてる…。頭がジンジンしてきた。なんだか急に恥ずかしい気持ちが蘇ってきて、走り出した。

ずぶぬれのまま家に上がり、母が用意してくれたタオルを受け取ると部屋に入り体を拭いた。ドキドキが収まらない。全身ずぶ濡れ。

自分でもわかっていたけど、下着の中に手を入れて触ってみるとやっぱりヌルヌルに濡れてた。この日から、昼も夜も他人の目が気になって仕方ない、見られるのが好きな子になってしまった。




告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年9月8日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

【友達】先生との思い出【告白体験談】

317先生との思い出削除依頼

投稿者:はなび 2004/08/10 20:13:33(KNOcReth)

投稿削除



かなり前の話になりますが、僕が高校のころ英語を教えているY先生との体験で

す。 Y先生というのは、どちらかというとブスで教育熱心な先生という感じで

、いつも生徒から煙たがられていました。 私は、Y先生の事には無関心であまり

気にも留めていませんでした。 どちらかというと傍観者でした。  ある日の放

課後、部活が終わり忘れ物を取りに教室に戻ったところ、Y先生が教室にいて中に

入るのに躊躇しましたが、早く帰宅したくて教室に忘れ物を取りに入って行きまし

た。  Y先生が私を見つけて、「今部活終わったの! 頑張っているわね。」と

声をかけてきました。 私は何となくその時「何してんの?」と不思議と普通の会

話をしていました。 その後も時々放課後教室に戻って、Y先生といろいろな話を

して、何となく親近感を感じていました。ある日Y先生が、「今度の休みの日に、

部屋の模様替えをしたいから、手伝ってくれない」といわれ、何の戸惑いもなく


告白体験談関連タグ

||||||

2014年9月8日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】水着を試着【告白体験談】

・・・目、目のやり場にコマッティ・・・

雨宿り代わりに入ったデパートの水着売り場。由紀(俺の彼女・本名)は女だから別にいいが。

俺は付き添いなんだから、っっって、俺から離れンなよ、勝手に。

こんなとこに一人でいたら、怪しまれんだろが。恥ずかしいんだよ、マジで。

俺が白い水着に見とれている間に、隣の列へ行ってやがる・・・。

そのとき俺の鼻の下は20センチくらいはあったかと思う。

下を向けていたチンコもジーパンの中でもがき始めていた。出せー・・・出してクレーって。

「どういうのがいいかなぁ・・・」

真剣に俺に聞くなよ。まだ6月上旬だぞ。季節は夏へ急いでるけど、これから梅雨だぞ・・・。

この雨だって・・・・。梅雨入りなんじゃねぇの?

「大人びているのがいいかな・・・」

俺は鼻の穴をふくらませながら言ったけど、チンコもふくらませてしまった。

実に由紀は俺よりも5歳年上、26歳。ちょっとした旅行で知り合って、何となく付き合っている。

まっ、一応交際しているということでお互い納得している。

デパート店員に由紀にとって、他のデパートを見るのは面白いらしい。参考になると言っていた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月8日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】知り合いの飼っているエッチな愛犬【告白体験談】

友人「今日は最高に天気いいよね」

私 「そうね!何処か出かける?」

友人「ん~取りあえず散歩かなぁ」

私 「えっ・ちょっと・あ・どうして・・・」

友人「クロ駄目でしょ・・・ごめんね。最近何だか変なのよ」

私(30歳)は、夫(35歳)と子供(7歳)を持つ普通の主婦です。

子供達が同級生で、近所と言う事もあり、早坂千佳さん(32歳)と仲良くなり、良くお茶様になりました。

この日も、掃除・洗濯を済ませ、彼女の家に遊びに来ていました。

彼女も夫(38歳)と子供(7歳・5歳)と暮らしていて、一匹の犬(ラブラドール・レトリバー黒)を飼っていました。

千佳「家のクロね、他の人にはいつも吠えるんだけど、加奈さんには吠えないんだよね」

私 「そうなの?」

千佳「気に入ってるのかな?加奈さん来ると必ず寄って行くよね・・・」

私 「好かれちゃったのかな?犬好みの顔してるのかな?」

千佳「そうね!可愛いから犬も分かるのかも・・・!」

彼女の家を訪れる様になって1ヵ月、私が玄関に入ると、もうダッシュで近寄って来てペロペロ舐めて来るんです。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年9月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】★あたしのボディーガード★【告白体験談】

電車は今日も混んでた。人がびっしり詰まって、臭いと熱気がものすごい。駅の階段から駆け込み乗車したので、あたしがいま乗ってるの弱冷房車だし。次の駅で普通の冷房車両に乗り換えようか、と思ってたけど、その駅に付いたら更に人がドカドカ乗りこんできて、あたしはむしろ中に押されてしまった。どうにか吊り革だけは確保。せめて座りたい〜、とふと見ると、あたしの前に座ってるのはおじいちゃん。短めのステッキを足の間に立てて、その上に両手を重ねて、静かに目を閉じている。

(粋なおじいちゃんね〜)

高そうな、クラシックなイメージのスーツと帽子が似合ってる。



しかし暑い〜。きもち悪い〜。

あたしは片手に握ったハンカチでパタパタ顔に風を送りながら、(乗り換えまで……あと10分ちょっとか〜)と思った。



電車が突然、大きく揺れた。他の乗客に密着してた背中が楽になった、と思ったら、更に強い波に押された。

(おじいちゃんにぶつかるっ!)

あわてて手を前に出し、身体を支える。手が窓に着いた時、「どんっ」と音がした。おじいちゃんが目を開き、「ほ」の形の口をしてあたしを見上げた。あたしは半笑いで、おじいちゃんに目礼。身体がグイグイ押される。(いい加減にしろばかやろ〜っ!)って怒鳴りたいのを我慢して、あたしは肩幅に開いた脚を踏ん張った。どすこい。



車内は熱くて臭くて気持ち悪いのに、なんか身体のどこかから小さな快感を感じる。ん?と数秒……。あ。ステッキの上に組んだおじいちゃんの手が、スカート越しにあたしの大事なところに触れていた。



ちょっとおじいちゃんそこダメ。あたしそこ弱いのダメ。まだ朝だしダメ。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月7日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】勿体無いほどの人妻②【告白体験談】

彼女のソコは糸を引きそうなほど濡れています。私は彼女の愛液を掬い取り、彼女の目の前にさらしました。

親指と人差し指を付けたり離したり・・・

いやらしく糸を引きます。

“これ何?そんなにしたかった?”

“いやっ・・・恥ずかしい・・・”“オマンコ舐めて欲しい?”いやいやをする彼女。“違うの?じゃあチンポハメて欲しい?”またいやいやする彼女。

私は彼女の割れ目にチンポをあてがい、糸を引く愛液を塗りつけるとチンポの先でクリトリスを擦ります。

“アン・・・ああっ・・・”“さあどっちがいい?舐める?ハメる?それともこのままチンポで擦り続ける?”

私は言葉で嬲りながら、少しづつ彼女のオマンコにチンポの先を入れたり抜いたり・・・チンポの先がオマンコの入口に当ると、彼女の喘ぎ声は大きくなります。ヌルヌルした愛液がどんどん溢れてきます。チンポの先を入口に少し入れた瞬間、彼女が腰を押し付けてきました。“どうしたの腰が動いたよ。ハメて欲しい?”ヌラヌラと濡れた彼女のオマンコは、ラビアが開き切り真っ赤に充血しています。私は彼女を仰向けにすると、股をガバっと大きく開かせ、オマンコが丸見えのポーズを取らせました。

“あっ・・・いやっ・・・恥ずかしい”彼女の両膝を折り曲げ、アナルまで丸見えになるポーズ・・・。彼女のクリトリスは意外に大きい・・・しかもきれいに剥けていました。

可愛い顔してこりゃ淫乱かも・・・楽しみだ。

私は十分に剥けた彼女のクリトリスをさらに剥き出し、舌先を当てがいました。

はじめはゆっくりと上下に舐めあげて・・・“あン、あっあっあっ・・・”声とともに彼女の腰がビクビクと痙攣します。次第にピッチを上げ、舌の動きを早くしていきました。

彼女の喘ぎ声も同じように早くなり、私の頭を両手掴むや腰を振り出しました。

“あっあっあっ!い、いっ・・・”もう私は舌を動かす必要はありません。

彼女の腰の動きに合わせて舌先を突きだしているだけ。彼女自らが、私の舌でオナニーをしている状態です。“はっ、はっ、はっ・・・いっ、アン、あっ・・・”“あっ!いやっ!イク・・・・ゥ・・・”全身を仰け反らせ、私の下にクリトリスを強く押し付け痙攣する彼女。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年9月7日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ