相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】イイ夫婦の日(11月22日)記念NTR 【告白体験談】

現在私35歳、妻 千尋32歳。若くして結婚しすぐに子宝にも恵まれました。



息子は現在中学2年生。

中学受験を経験して現在、偏差値の高い有名な私立中学に通っています。

この話は一昨年の中学受験の頃からの話となります。



中学受験を間近に控えた頃、息子が通っていた進学塾では最終的な志望校

の決定をする為に、最終テスト結果を元に子供と保護者で三者面談を実施

していました。



息子の第一志望校は非常に偏差値の高い有名校なのですが、最終テスト結果で

は合格率が非常に低く、2ランクぐらい落とした学校を塾からは勧められましたが

やはりどうしても第一志望校に行かせたい故に、第一志望校を無理を承知で受験

して第二、第三志望校は息子の偏差値範囲内の学校を受験する事としました。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年11月24日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら4 【告白体験談】

嫁の希と、軽い気持ちで行ったカップル喫茶。でも、みっちゃん夫妻との出会いもあり、運命を変えるほどの衝撃的な体験をしてしまった。



何度目かの軽いプレイの後、とうとう僕の目の前で、みっちゃんの異形の極太ペニスを生で受け入れた希。

僕は、その姿を見て信じられないくらいの興奮を覚えていた。そして、希も見たことがないくらい乱れに乱れ、失神してしまった……。





そして今、目の前で失神している希。足がだらしなく開いていて、その付け根のアソコからは、白い精液があふれ出ていた。

そして希の顔は、満ち足りた感じで幸せそうで、みっちゃんとのセックスが本当に良かったというのを物語っているようだった。





希は、見た目はちょっとヤンキーっぽいし、言葉づかいとかも含めて、清楚とか上品という感じではない。

でも、過去はどうだったのかわからないが、今は僕に一途で、浮気なんかもしていないと思う。



カップル喫茶に始めて行くことになった時も、僕には何もしちゃダメとか、他の女性を見て興奮するのもダメだとか言っていた。そんな風に嫉妬する希が、たまらなく可愛いと思っていた。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年11月24日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【初体験】赤いブラジャー 【告白体験談】

小学6年の時、近所のアパートに20代後半ぐらいのお母さんと、小学2年の女の子が引っ越してきました。自分は登校班の班長になったばっかりで、朝点呼して、引率する役目でした。集合時間にその子はよく遅れ、アパートによく呼びに行きました。その人は、髪もとかしてなくて、寝起きって感じで子供ながらに呼びに来られて鬱陶しいって思われてるんだるうなぁって思ってました。その人は、目が大きくて、じっと見つめられたら、吸い込まれそうな感じで、でも、なにか冷たいというか怖い感じもありました。小学生ながらにおとなのオンナって感じで、いつもはだかを想像して、おかずにしてました。そんな生活も小学校卒業と同時におわり、会う機会はほとんどなくなりました。でも、いつも気になって仕方がなく、家の帰り道にアパートを経由して帰ってました。中2の時、母親からアパートが改築されて、みんな引っ越す事を聞きました。夏休み中には引っ越すらしく、それからというもの、会いたいという気持ちで、アパート周辺をうろついてました。そんなある日、ベランダに下着が干してあるのをみつけました。いままで、植え込みであまり見えなかったけど、伐採されていてはっきり見えました。赤いブラジャーを見て、興奮が抑えきれませんでした。でも、盗る勇気も無く、目に焼き付けおかずにしました。お盆が近ずいた頃、その人はごみ袋をたくさんかかえて運んでいる姿を見かけました。Tシャツの胸の膨らみや、ピタっとしたジーンズのお尻を見てもう抑えられませんでした。犯しまくりたい衝動にかられましたが、そんな勇気は当然無く、下着を盗ることにしました。すぐベランダを確認しました。ベランダは、大量の洗濯物が干してあり、真ん中あたりに赤いブラジャーが見えました。真っ昼間ですが、ベランダの正面にはおばあさんの独り暮らしの家しかなく、決心しました。その人がごみ捨てに行くチャンスを狙いましたが、足が震えて近くまでしかいけず、時間ばかりすぎました。やがて、玄関の掃き掃除が始まったので、意を決してベランダに向かいました。ベランダの窓は開いていて、カーテンがゆらゆらしてました。時折カーテンの隙間から部屋の中が見え、誰もいない事がわかりました。震える手で柵に登り、赤いブラジャーと、となりにあった焦げ茶色のパンティーを盗り、ジャージのポケットに押し込みました。心臓ははち切れそうで、アパートの横を走り抜けて逃げようとしたら、その人に出くわしました。でも、止まるわけにはいかず走って家まで逃げ帰りました。部屋に戻り、ブラと、パンティーのにおいを嗅ぎ頭がくらくらしたのをすごく覚えています。少し落ち着いてきたら、バレたのではないかという不安と、大変なことをしてしまった後悔で、どうしようかと落ち着きませんでした。干していたものが無くなった事に気付いたら絶対疑われる。怖くなり、1時間ぐらい悩んだ結果こっそり返す事に決めました。アパートに行くと、家には誰も居ない感じで、ベランダの窓も閉まってました。ベランダに登り、ポケットから下着を出そうとした時、後ろから声をかけられました。

何やってるの?

終わったって思いました。一瞬逃げようとしましたが、諦めました。その人は、部屋に入ってお話ししよっか、と言いました。言われるがままに部屋に入ると、娘の姿は無く、殺風景でした。でも、化粧品のにおいのような、香水のようないい匂いがしてました。そして、盗る所を見たことや、親に下着みられたらどうするてつもりなのかとか、いろいろと説教されました。自分は、正直に話し、親には黙ってほしいと懇願しました。その人は、下着をどう使うのか聞いてきました。正直に、実際に下着を見たことも無いし、綺麗な人だから、気になって、、、みたいなことを言いました。それだけ??っと言われ、ゾクゾクしました。オナ二ーしたいって急に思いました。そして、匂いを嗅いでオナ二ーするつもりでした。と言いました。すると、その人は、だよね。と言い、やってごらん。見ててあげるから。と言いました。もう、出したくて出したくてたまらず、すぐジャージを脱いで、シコシコはじめました。目の前には綺麗なオンナの人、その人の下着を匂ってオナ二ーしているって思うと、すぐいきそうでした。その人は、いつもしてるの?とか、1日間に何回するの?と聞いてきました。1分もたたないうちにいきそうになり、いきそうですというと、ティシュを差し出され、そこに放出しました。その人は一部始終見て、かわいい〜と言って笑ってました。そのあと、2時間ぐらい話をして、引越しの手伝いの約束をしました。引越しの手伝いがおわり、別れの時、人生初のキスをされました。

あれから、10年近く経ちます。もう1回会いたい。


告白体験談関連タグ

|||

2014年11月24日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【職場】仲良し夫婦(2) 【告白体験談】

 つづき



自分の担当現場を回ってから社に戻ると、既に誓子は居なかった。



『伊藤(ち) F社にて打ち合わせ NR』



ホワイトボードのNRの文字が、なんとも悲しい気持ちにさせた。

時刻は16時を少し回ったところだった。

こんな時間から誓子は社長と飲みに行ったのだろうか。。

社長に口説かれるであろう誓子のことを考えると不安で胸が押し潰されそうだった。



イヤイヤと首を振る誓子の華奢な肩をがっしりとした手が抱き寄せ

もう一方の手が太股の上に置かれる。

やめてください!と訴える誓子の耳元で社長が囁く。

「いいんですか?まだ大事にはなってないですが、


告白体験談関連タグ

||||||

2014年11月23日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【寝取られ】ごめんねケイちゃん 【告白体験談】

<>433:12014/08/08(金)18:43:48ID:BhSs96ru8<>

三年間大学の寮住まいだった弟が、

「就職先が実家近くなのでしばらく実家に住んで金を貯める」と宣言し帰ってきた。

それはいいんだが、ものすごく食べ物に卑しくなって帰って来た。

唐揚げや生姜焼きなんかを大皿で食卓の真ん中にドンと置いておくと

家族の取り分を気にせず4/5くらい食べてしまう。酢豚とかだと肉だけ全部さらっていく。

仕方なく銘々皿にあらかじめ分けて配るようにしたら

ちょっと目を離したスキに皿ごと取り替えたり、人の皿に箸を突っこんだり

ひどい時はまだ食べてる家族の横で

「もう食わないだろ?もう残せよ、腹いっぱいだろ。デブ、ブタ。残せ、のーこーせー」と

呪いのように隣でずーーーっと貧乏揺すりしながら言い続ける。



卑しい真似はやめろと怒るが弟は「寮生活じゃ弱肉強食はあたりまえ」と涼しい顔。

最終的に老齢の祖母の大好物であるキスのてんぷらを

皿からかっさらったことで父が激怒し、弟だけ食事の時間を分けられることになった。


告白体験談関連タグ

|

2014年11月21日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】先輩が自分の嫁さんを抱いてくれとお願いしてきた完 【告白体験談】

会社の先輩に頼まれて、その奧さんのミクさんとセックスをした俺。先輩の希望通り、ミクさんを俺色に染めていった。



その背徳感に、俺は夢中になっていった。でも、俺がミクさんにしているようなことを、先輩は俺の嫁の恭子にしていた……。



前回、先輩に渡された動画には、恭子の黒人とのセックスが記録されていた。動画の中で、信じられないくらいの極太で狂う恭子を見て、巨根だと自負していたプライドがガラガラと音を立てて崩れていった……。

そして、もう自分でもコントロールすることが出来ないほど興奮してしまった。



愛する嫁の過去を知り、そして本当の姿を知った俺は、ミクさんのことを考えていた。先輩の嫁で、驚くほど美人なミクさん。でも、無菌室で育ったのかと思うほど、ウブで天然なミクさん。

ミクさんだけは、俺のペニスが一番であって欲しい……俺のペニスでだけ狂って欲しい……そう思った。



でも、動画には、ミクさんも映っていた……。



ミクさんは、ケビンの極太を握りながら、

『順番だよw 私から!』

と、好奇心でキラキラした目で言う。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年11月21日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【レズ】同級生に奴隷にされた 【告白体験談】

<>1:名も無き被検体774号+2012/01/1800:47:32ID:H+hrXKjd0<>

結構前の話。

大学1年の時の話。



<>2:忍法帖【Lv=11,xxxPT】本日の利用料5,314円2012/01/1800:48:08ID:36p+YQL1i<>

さむいはよ



<>3:名も無き被検体774号+2012/01/1800:48:12ID:OO0cS4rN0<>

続けたまへ



<>5:名も無き被検体774号+2012/01/1800:48:22ID:groHeb01i<>

裏山





<>10:1です2012/01/1800:51:47ID:H+hrXKjd0<>


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年11月20日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

【職場】クライマックスシーンのみ! 【告白体験談】

前段を読むのが面倒で萎えるというキミのために、

クライマックスシーンだけコピペしてみました。







二人はベッドの上で、抱き合っています。

あやは、店長の身体をゆっくりとさすり、店長はあやの髪を撫でているようでした。

しばらくして、店長はあやにバンザイとさせるとTシャツを脱がして、ベッドに寝かせました。

そして、スカートのボタンを外し下に引っ張ると、あやは腰を上げました。そのままスカートが脱がされます。



ベッドの上の全裸の彼女。

夕べそこに一緒にいたのは私でした。けど今はモニター越しに自分じゃない男とやっている彼女を見ている。少し不思議な感じでした。



店長はスカートを脱がすとあやの足をひろげ、何も生えてないあやのあそこを舐めはじめました。

じゅるじゅるいうような吸う音が聞こえ、あやはその度に身体をくねらせました。


告白体験談関連タグ

||||

2014年11月20日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【寝取られ】妻の出張3 【告白体験談】

憂鬱な朝がやってきました。

パソコンのメールボックスに目を向けると、

また新たなメールがエリカから私に来ていました。

内容を見てみると

「サヤカ朝から社長に精液飲ませてもらってるよ〜」

「私には飲ませてって言っても飲ませてくれないのに。いいな〜」

と書かれていました。

そこには社長のイチモツをいっぱいいっぱい

口に含ませた、いままさに精液を飲まされている所であろう

少し苦しそうなサヤカの顔のアップが一緒に添付されていました。

朝からまた嫌なものを見てしまいました。しかし、ファイルを開いたのは自分です。

今日も会社を休むことはさすがにきついので

重い足をひきずりながらも会社に向かいました。

体に力が入らず小さなミスを何度かしてしまいましたが

何とか仕事を終わらせ夕飯時には家に帰ることができました。


告白体験談関連タグ

|||

2014年11月18日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【近親相姦】妖艶な叔母と 【告白体験談】

この話は私が中2の時、今からまだ10年にも満たない最近とは言えないが、昔とも

言えない時のことである。

私は早くに母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。

しかしその父も私が2年に進級する直前に事故で亡くなってしまった。



男2人の生活だったため、私はとりあえず同年代の人間よりは生活能力は高かったが、

問題も多かった。

金銭面に関しては、問題は無かったが、最悪の場合の頼れる人がいないことだった。



両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、母も妹がいたが連絡は取っていなっ

たらしい。

母の妹が唯一の親族だったが、見たことも無い人だったのでどうしようもない。



それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力を得て、私は何とか父の葬儀を済ませ

ることが出来た。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月18日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談
20 / 1,027« 先頭...10...1819202122...304050...最後 »

このページの先頭へ