相互リンク先の更新情報!

【友達】ユリ【告白体験談】

先日、メル友だったユリと会った。自分は都内だが、ユリは栃木に住んでいるので、中間地点で会うことにした。

 まだ高○2年生で、去年のクリスマスに同級生の彼氏と初体験を済ませたばかりだが、エッチに関する事には興味津々で積極的なコだ。

 彼氏にはお願いできないようなエッチを体験してみたいと言う。オナニーではイクが、彼氏とのエッチでは一回もイッたことがないらしい。

 とある駅前のマックで待ち合わせをしていたが、電車で意外と早く着いてしまい、コーヒーをおかわりしたほどだ。(店によってはおかわりOKなんですね)

 5分遅れる、というメールが来て待っていたら、すぐにそれとわかるコが走りこんで来て、開けきっていない自動ドアにぶつかってしまった。

「だいじょうぶ?」

「すみませんー! 大丈夫です!」

「ともきですけど。」

「あっ! ともきさんですか? 恥ずかしいー!」

「はじめまして(笑)」

 後で聞くと、遅刻しては申し訳ない、という思いで走って来たという。近頃の若いコ(オジサンっぽい言い方だが)には珍しく律儀なコだ。

 小柄で一見幼く見えるが、胸はEカップあるという。最近は貧乳の女性とばかり出会ってたので、思わず見とれてしまった。

 すぐにホテルに行こう、ということで、駅近くのかわいらしい感じのラブホにIN。

 部屋に入ると、軽く抱きついてみた。

「なんだかお父さんみたい・・・」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年9月10日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】人妻【告白体験談】

今つき合っている彼女(人妻)の話です。

 僕は28、彼女は24。旦那さんは32歳でとてもまじめな人だそうです。

 彼女には2歳の子供がいます。昼間は保育園に預けています。

 彼女と僕のアパートはすぐ目と鼻の先で、ほとんど毎週、僕の仕事が休みの水曜日に彼女のアパートでセックスを楽しんでいます。

 彼女は専業主婦。彼女のアパートの住人はどこも共働きで、平日の昼間、アパートには彼女しかいないことがほとんどらしいです。だから友達も出来ないし、結婚して旦那さんの地元に引っ越して来たため、近くには知り合いも少ない。昼間はいつも時間を持て余していたそうです。

 彼女とは、近くにある公園でよく顔を合わせていたので声もかけやすかった。彼女、子供と2人でよく公園で日向ぼっこをしてたんです。そのうち挨拶するようになって、話をするようになって…。

 子連れだったから期待はしてなかったけど、子供を保育園に預けるようになってから時々公園に一人でいる時があって…。

 去年の9月、その日も昼飯の弁当を買いに近くのスーパーに行こうとその公園を横切ったら、彼女の姿が見えたので「こんちは」と挨拶をして、「ちょっと弁当買いに」と言ったら、「あ、じゃあ私もお腹すいたから、今日のお昼はお弁当でも買おうかな…」と言って一緒に買いに行く事に。

 帰りに、「良かったら一緒に食べませんか?」と向うが言ってきて、公園のベンチで食べて…。

 2人とも結構会話が弾んできて、彼女が「うちでお茶でもしませんか」ということになって。

「え、いいんですか?」

「どうせ、今日は何もすることないですからどうぞ」

 で、彼女のアパートへ…。

 キッチンでコーヒーを入れてもらい話をしていると、「暑くて汗かいちゃったからちょっと着替えてくる」といって奥の部屋へ…。戻ってきた彼女はタンクトップと短めの短パン…。何気ない素振りで僕の横にまた座って他愛も無い話をしてました。時々彼女が動くと彼女のコロンと体臭が混ざった匂いがして…

 ちらちらと彼女の胸元に向けてた視線に気が付いたらしく、彼女が黙ったまま僕の顔を見てたので、「どうしたの?」ととぼけて聞いたけど彼女は何も答えずにじっと僕の顔を見てる。


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年9月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】家庭教師【告白体験談】

K君と付き合い始めた頃の体験です。友人の弟(D)の家庭教師をすることになりました。高校2年生の男の子でカワイイ。

 勉強し始めたけれど、私に「Mは彼氏いるの?」とか勉強以外の質問をしてきたりしましたが、ちゃんと家庭教師してきました。 何回かしたある日、Dの家を訪ねるとお母さんが出てDはまだ眼医者から帰って来ないけど部屋で待っててと言われたので、部屋に入るとごみ箱にはティッシュの山で……。

 本棚には隠すようにHな本があり、見てみると…、裸の女性が色んなポーズやSexをしてる写真がありました。

 やっぱり男の子だと思いました。 Dが帰ってきて、勉強を始めると、お母さんがジュースをとお菓子をもってきてくれました。

「これからお婆ちゃんの家に行く」と出掛けて行きました。

 休んでいて私が「何か悩み事ある?」と聞くとDは「Mが気になる」と言いました。「も~何言ってんの~?」と冗談だととると、「Mのお尻が気になる、胸も…」と顔を赤くして言いました。

「今まではエロ本見て一人Hしてたけど、今はMを想像して……」 そんなDを見て私は可愛そうになってしまい、「童貞卒業する?」と聞きました。

 Dは驚いた様子だけど頷きました。 二人でベットに座り、キスを私からします。 「ちゃんと絡めて」とDにDキスを教えました。

 お互いの服を脱がし下着だけになりました。

 Dは私の下着姿に興奮したのか、パンツがテントを張っていました。 私は、Dのパンツを脱がすとビンビンのチンコと対面しました。私が、しゃぶりつくと「M!? うっうっ!」と気持ち良さそう……。

 裏筋を舌でレロレロして、右手は玉をモミモミ…チンコを口に吸い込み上下に動かすと、「うっ! 出る…っ!」と私の口から引き抜いて、床に射精しました。 Dは、ハァハァと気持ち良さそうにしていました。

「私の事もして?」とDの手を私の胸にを触らせました。  Dは本能のままに、胸を揉み始めました。

「乳首を舐めたり、転がすの…」と教えます。

 慣れてないのがまた、可愛い! 私が感じ始めた頃には、Dは慣れてきていました。

「D…気持ちいい」


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年9月10日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【浮気・不倫】浮気がバレて、嫁に制裁された……改 【告白体験談】

自分の家の寝室で、後ろ手に革手錠で拘束された状態で床に座らされている。

目の前では、嫁が知らない男にフェラをしている。

嫁は全裸で口にチンポをくわえながら、俺のことを見続けている、、、



『あんたも、あの子にこうしてもらったり、こうしてあげてたんでしょ? ホント、マジキモイ、、、』

言い訳をしたいのだけど、口に大きなボール状の口枷を突っ込まれているので、しゃべることも出来ない、、、





嫁とは結婚して6年経つ。お互いに30歳で、子供はまだいない。

嫁は、ひいき目なのかも知れないが、かなり美人で、スタイルも良く、結婚できたのが本当に奇跡だと思っていた。

顔は、ケイゾクの頃の中谷美紀に似ている感じで、本家と違って巨乳でもある。



黙っていると冷たい印象のある嫁だが、中身は女の子そのモノで、可愛らしい趣味ばかりを持っていたりする。ただ、強気なところもあって、滅多にないが喧嘩になると結局俺の方が謝る感じだった。






告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月10日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【人妻・熟女】飢えた38歳人妻【告白体験談】

ちかごろメルナンが好調。一ヶ月メル友としてやりとりしておいてから、「会おう」というと、高確率で会える。会えばもちろんセックス。

 今回は、旦那が単身赴任中の人妻裕子。

 ぽっちゃりということで心配していたが、不安は的中。しかし、あった以上はハメ倒すのが礼儀だと思っているオレは、「若くみえるねえ」「まだまだイケてるよ」と、さっそく褒め殺しモードに。

 まずはレストランに入って夕食をすます。この女、二人前食いやがった。

 店をでて、「これからどこへいく?」と聞いてくるので、「オレ、裕子さんに一目ぼれしちゃった」と言って、肩をだき、ディープキス。一方的なキスだったが、嫌がる様子もなかったので、ホテルへ直行。

 部屋に入っても、チンポはなえなえ。ソファでキスの続きをしながら、服のうえから撫で回す。

 そうしている間に括約筋を動かし、チンポを勃たせる。

 準備がととのったので、一枚ずつ服を脱がせると、思ったほどたるんでなくて、Fカップの胸も、それほど垂れてはいない。出産経験がないからだろうか。とにかく、ラッキー。がぜん、やるきになり、ベットに移る。

 胸を揉んで、乳首を刺激してやっても反応がない。

「どこが感じるの?」と聞くと、「クリトリス」との答え。

 それならと、下半身に手を延ばす。裕子は、M字開脚になった。

 マンコのでかさにびっくり。しかも剃毛してある。

 旦那とは、とっくにさめてて、最後にセックスしたのは4年前だという。そのあいだオナニーもしていないらしい。また不安になったが、今度は余計な心配だった。全体をなでまわし、クリトリスに指をうつすと、さっそくあえぎだし、愛液もたっぷりと出てきた。

 こうなると後は簡単。クリトリスへの刺激で、三分後には昇天させた。

 次に膣に指をいれるともう大洪水。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】風俗嬢が合コンにやってきた③【告白体験談】

『アタシのオマンコにオチンチン挿れて下さい』

命令して俺の目を見て言わせたよw

声が小さかったから3回もねww

膣内が空洞になるタイプみたいで、挿れてる時はあんまり気持ち良くなかった。

だけど揺れる巨乳と凌辱されてる感たっぷりの表情だけで十分だった。

別にコイツを気持ち良くさせるつもりもなかったので、好きなように腰を振りまくった。

バックでケツをパンパン引っ叩きながら、アナルが見えるよう左右に開いたりして。

ラストスパートの正常位で腰を振りまくってたら、案外興奮してたみたい。

命令もしてないのに、キスしたら積極的に舌絡めてきてたし。

ちゃんとゴム内に射精して、後はお決まりのお掃除フェラ。

さすがに嫌な顔をしてたけど、バッチリ丁寧にしゃぶってもらった。

まぁーー最高でしたw

しばらくグッタリしてたかと思ったら、突然無言で立ち上がって風呂場に消えていった風俗嬢。

別にイイやと放置していると、出てきて服を着出したから笑えた。

『まだ満足してないんですけど?』


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】ついに・・・見た?【告白体験談】

母親(43歳)が今年から市内のほかほか弁当屋でパートを始めた。

まぁ俺も来春は大学(受かれば)だし何かと金もかかるだろうし、家計も大

変なんだろう。

先日(今年の春先)、郵便局から模試の受験料を払込まなければいけない日

だったので母親のパート先にお金をもらいに寄った。

「どーもー、いるぅー?」と言いながら、弁当屋の裏から入ったけど誰もい

なかった。帰ろうとしたらそこのトイレから母が怪訝な顔をで出来て「あ

っ」と小声をあげた。その母のすぐ後から若い店長(30代前半?)もズボ

ンのチャックをあげながら出てきた。

一瞬、気まずい空気だったけど、俺は、何故か明るく「まいったぁ、模試の

カネ1万のこと言うの忘れてたぁ」と言った。母は不自然に明るく「あぁ、急

がないとね、えぇーとおサイフ、おサイフ」と言いながら奥に行きかけたと

き、母より若い店長が「○○さぁーん、いいよ、まづはこっから出してお

く」とレジから1万円を出して俺に渡した。

「んじゃ、俺、急ぐんで・・・」とそこを出た。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】風俗嬢が合コンにやってきた①【告白体験談】

3週間前、久し振りに風俗へ行った。

馴染みだった店が看板を変えてリニューアルしたってメールが届いてて、1週間禁欲して出向いちゃったんです。

行ってみると女の子達の大半は同じ子らしい。

平日の夕方だったから空いてて、すぐに案内できる子が5人いた。

3人は顔を手で隠したりしてたんだが、その中にひときわ目立つ女の子を発見。

『この子人気あるんですよぉ~』というスタッフの言葉を聞きながら、3サイズとかを聞いた。

痩せてるけど肉感もバッチリあるEカップの現役女子大生です・・なんて言われたら溜まりません。

その子を指名して言われたビジネスホテルで待機してた。

現れた女の子を見て思わず心の中でガッツポーズ。

手で隠されていた顔はマジで綺麗系で、こんな子と遊べるなんて最高じゃん!とテンションも上がりまくり。

でもそのテンションも初めだけで、すぐに地雷だと分かりました。

まず店に電話してからベッドに腰掛け煙草を吸い出す。

世間話を俺に振り始め、45分しかないのに始めようとする素振りが無い。

言っておくが俺はそこまで風俗嬢に嫌われた経験はないよw

別にカッコイイわけじゃないけど、嫌われるような感じでも無いと思う。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】乱交【告白体験談】

 親友の雅美が、一度乱交パーティーに出ないかと誘いました。

 同じ団地妻で、私も45歳なのに、夫とのセックスレスで悩んでいます。だってこの一年でSEXしたのは2回だけ、夏休みとお正月だけです。

「子供がもう15歳で生理もあるし、お前の声が大きいから、隣で聞こえるから」というのが理由でセックスしてくれません。

 夏休みで学校の行事で旅行の夜だけ抱いてくれます。

 私は今でも毎晩でもSEXがしたくて、夜はそっと指をクリトリスに当てて自慰をしています。

 昼間に新宿の「大人のオモチャ屋」で買ったバイブやローターを当てたり、膣に挿入して少しはよがっています。

 団地の42歳の奥様(雅美)はいつも楽しそうなので、先日喫茶店でお話を聞いたら、「乱交パーティーに出てみない、10名を相手で何回でもイケルのよ。でもこれは内緒よ」といわれました。

 日曜日の正午に「新横浜」の駅にライトバンが横付けにされて、女性は1万円を支払いました。

 大体40歳以上で、最高の女は70歳だそうで、本当に性交が可能か心配でした。

 でも整形をしているとかでオッパイはDカップで、下半身も割りとスッキリしていました。

 男性は若い人で45歳で、ここにも68歳のオジサマが参加していました。

 ラブホに入る前に注意があり、女二人が同室で相手は抽選で男性も二人です。2時間で途中でもやめて、直ぐとなりに移り相手を変えて性交をするのが決まりだそうです。

 9名ずつで、後は61歳の幹事のオバちゃまがいろんな部屋でお相手するそうです。

 大人のオモチャや、ピンクローター、催淫スプレーや、男性用のバイアグラ、女性用の濡れるゼリーなども用意されていました。

 部屋のお酒類は自分でお金を入れて飲むのだそうです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】続・ロシア人人妻研修生【告白体験談】

下らん話を続編まで書いてしまってすいません。

さて、25にして素人童貞を卒業、しかもその相手はブロンドのロシア人、しかも

子持ちの人妻、という派手なデビューをした俺は、情けないことに24時間

エリヴィラさんの白いボディのことを考えるようになってしまった。

週末にドライブに誘う時、そしてラブホで関係してしまう前には、

「人妻だしやべーよ、金目的かなこりゃ?、会社にばらすとかいわれるんじゃないか?

外人はよくわかんないからな、1回やってうまく距離を置きゃいいか?」

くらいのヒジョーに卑劣な考えも持っていた俺だが、いざエリヴィラさんのナイスバディ&人妻テクを経験したあとは、

「ダンナと別れて俺と一緒になってくれんかな」

と思うくらいになっていた。まあ童貞がのぼせ上がってる状態になったわけだ。

月曜日会社に行くと、エリヴィラさんは何もなかったようにニコニコと挨拶、

最近俺以外に先生役をしている女子社員と笑いながら話していた。

セミロングのブロンド、青い目、柔らかかった唇、スーツの下でも隠せない

オパーイ、腰周り、スリットから覗く太もも・・・。

俺の脳内では、エリヴィラさんの服が消えてなくなり、おとついあれだけ味わった


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ