相互リンク先の更新情報!

【乱交・王様ゲーム】妻が友人妻から1日限りのコンパニオンを頼まれた【告白体験談】

妻が初めてコンパニオンの仕事をした話です。事の発端は、近所に住む妻の友人妻(リエさん:33歳)からのお願いだった。

彼女と知り合った当時からコンパニオンの仕事をしている事は知っていました。

小学生の子供と強面の旦那!(挨拶程度のお付き合い)

まぁそれぞれ事情があるんでしょうから、何故コンパニオンの仕事を・・・何て聞く事も

ありませんでした。

子供が同級生だった事もあり、何度か顔を合わせる内にリエさんの人柄の良さに

妻も私も仲良くなった感じです。そんなある日、妻にリエさんから電話が掛って来たんです。

 「え~でも、やった事無いし・・・」

明らかに何かを頼まれている感じの会話で、妻が私をチラチラ見る事もありました。

電話を切った妻が

 「りえさん!」

 「どうしたんだ!」

 「明日の夜、仕事手伝って貰えないかって・・・」

 「手伝うって・・・コンパニオン?」

 「ん~やった事無いから出来ないって言ったんだけど・・・他に頼める人居ないって」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2017年12月30日 | 告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談

【おっぱい】慰安旅行先の40代半ばのコンパニオンの悲劇【告白体験談】

昨年の6月3~5日(月~水)で会社の研修(慰安)旅行がありました。

社長(68才)の意向で地方の温泉旅館に泊まり名所旧跡を巡るという若い者には退屈な旅行でした。

ところがその社長本人は急用とかで直前になって行けなくなってしまい、専務(社長の息子)が

「こんなことなら韓国かマカオにしとけば良かったのに!」

と初日からブツブツ・・・

専務は最初から韓国かマカオ、上海と言ってたようだったが、社長の鶴の一声で国内に決定したのだ。

そもそも専務は社員の前では偉そうに言ってるが社長の前では借りてきた猫みたいなものだ。それはともかく初日、二日目と名所旧跡や偉人の記念館とかを巡ったのだが、興味の無い専務を筆頭に添乗員を急かせて旅館に急行。

初日の旅館では専務が酔ってコンパニオンや仲居さんにお触りしたり追いかけたりして、コンパニオンには早々に逃げられるし旅館からは注意されるわ、大変でした。

社長が居ないのを良いことに好き放題したのです。二日目の旅館に到着する前に年配の役員さんから注意があったのと、少し格式が高そうな雰囲気もあり、専務も静かでした。

この旅館は本館と別館に分かれてて、本館は家族向けや少人数の客筋?

別館は各部屋の外に専用の露天風呂が付いていました。さて問題の宴会が始まるのですが、専務(33才)と取り巻きグループ(30~38才)が9名、年配の役員、管理職グループ(46~60才)が5名、そして俺たち若手グループ(23~28才)の8名に自然と分かれて座りました。

本当は若手は多いのですが、慰安旅行には理由を付けて出てきません。

新年会や忘年会には女子も入れて30人ぐらいは参加するのですが、慰安旅行には女子は全く参加する気配すら無かったです。午後6時からの宴会でしたが、早く旅館に到着したのもあり温泉に浸かりゆっくりしたにも関わらず無理を言って早く始めました。

しかし早く始めたのは良かったのですが、肝心のコンパニオンが10分余り遅刻してきたのです。

しかも20代は2人だけで、30代半ばが2人、もう1人は40代半ばの5名だったのです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【人妻・熟女】仲良し組と新年会【告白体験談】

今年の1月、私の家で新年会が開かれた。

毎年恒例で、同じ職場の仲良し組(5人)で、交代で自宅新年会を開催していました。

今年は、私の番だったんです。

私は入社10年目の33歳、妻(志穂)30歳、子供4歳

仲良し組は、35歳(伸二)の先輩を筆頭に34歳(武)、31歳(人也)、30歳(徹)+私の5人です。

みんなは、同じ職場で7年位の付き合いになり、趣味や性格が合っているメンバーでもありました。

恒例の新年会もちょっと変わっていました。それぞれ、持ち回りも意味があったんです。

それは、場所提供者の妻も必ず参加し、しかも服装もちょっとエッチな感じ…まぁコンパニオン代わり

みたいな感じです。だから、妻に服を着せるのも結構大変なんです。

元々は7年前に徹が入社して仲良し会の歓迎会と言う事で始まったんですが、5年位前にみんな結婚

すると、先輩の伸二さんが俺の家でやろうと言いだし、その時に奥さんがミニスカートだったのが始まり

でした。もちろん全員エッチ大好き!妻が他人に…なんてシュツエーションも好きでした。

そんな事から、毎年エスカレートして行ったんです。

私は、数日前から妻に話をして準備を進めていました。普段からスカート姿で、ミニも履くので交渉には

時間はかかりませんでした。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年10月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】コンパニオン【告白体験談】

私27歳 、夫28歳

私はコンパニオンをしています。

以前は普通に会社員だったんですが、この不景気でリストラされました。

色々、職を探したんですが、中々見つからず繋ぎとして始めました。結婚して直ぐに家を購入し

月々の支払いも大変だったので、コンパニオンは良い稼ぎだった。

コンパニオンは、密室での接客の為、お客さんによってはかなりヤバいこともされます。

最近では、個室での接客を禁止しているホテルも多いが、古びた旅館は今もOKなんです。

普通は、一緒に飲んで、話をしたり聞いたりワイワイ楽しく終わるのですが、おじさんはエロいから

話をしている時も、胸に手を入れてきたり、スカートの中を覗かれたり、中にはパンツの中にも

手を入れる人もいます。

私は、職場の中でも年配クラスになるので、リーダーになる事が多く、若い人を監視します。

場合によっては、行き過ぎのお客さんに中断してもらう様に説得します。

最近あった、旦那にも言えない状況があったのです。

その日のお客さんは、若い人達で(20歳前後)仲間内の飲み会風でした。

その中には、チンピラ風の方も数人いて、ちょっと怖い感じもしました。私達3人とお客さん7人での


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年9月14日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻の友人がコンパニオン!! 【告白体験談】

僕は25歳で妻子がいます。

先日、無性にやりたい気分になったので、クリニックに行きました。

そこへは数回行ったことがあり、コンパニオンは人妻ばかりというのがウリの

店です。

久しぶりだったので指名はせずフリーで入りました。

待つこと10分男子店員に案内されて個室に入りコンパニオンを待っていると

なんと、結構家に遊びに来る妻の友人「M」だったのです。

Mは結婚1年くらいです。

家に遊びに来ている内にそのMのことを結構気に入っていました。

なんせ、色っぽいのです。

しかし、こんなとこでばったり会ってしまって、どうしていいのか・・・。

すると、「Kには(僕の妻)黙っててね。」

僕の方こそ、「あいつにはこんなとこに来たこと内緒だよ」

「しかし、どうしてこんなとこで働いてるの?」

「お金が欲しかったから・・・。絶対内緒だよ。」


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年7月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】孕まされていた妻【告白体験談】

私30歳妻28歳結婚して1年経ちましたそろそろ子供でもと

週3回ぐらい中出しSEXしています

妻の男性経験人数は私を入れて3人だと結婚する前に妻から

告白されましたそれと私と婚約する前に彼氏がいた事と妊娠して彼氏との子供も堕ろした事が有るの正直に告白してくれました、私は妻を愛していましたし過去の事は気にしないで良いからと私がプロポーズし、無事結婚しました。

しかしここ最近妻の下着が派手になり、携帯もロックを掛けています、少し前妻の会社の1泊慰安旅行が有りました妻の

変化に気が付いたのも旅行から帰って来た後でした…

まさかこんな事に成ってたなんて…

妻の行っている会社は中々の中堅企業で妻は事務のOLを

しています。

結婚式にも妻の上司や同期の女の子が沢山出席してくれた

のを覚えています、妻の同期の女の子独身で仮にA子としておきます、A子さんと私は何回か逢った事は有りますが

挨拶するぐらいの仲でした、妻が留守の時家にA子さん

からTELが有り私が妻は留守だと伝えるとA子さんは

私に用事が有る様で何か言いたげでした私は最近の妻の様子が変なのでもしかしたら妻に何か有ったのか?ふと頭に過りました、因みに妻は身長165cmで巨乳です少しポッチャリですが、決して太くなく腰にくびれも有り顔も美人な方です

私はA子さんに妻に何か有ったのですか?と質問すると


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月28日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】女の浮気は見抜けない【告白体験談】

15年以上前の話。



彼女と同棲を開始して3日目の夜、バイトが終わって彼女に電話すると、

パニクって泣きながら電話に出た。



話を要約すると「早く帰ってきて。変な人がいたの。」と言うことらしい。

尋常じゃない様子に、全速力でチャリを漕いで帰宅。

ちなみに、バイト先は徒歩10分のラーメン屋だったので、

閉店時間の2時までバイトしていました。



彼女がバイトから帰ってくるのは、いつも大体夜10時過ぎとかそのくらい。



イベントコンパニオンをしており、スラッとした美人でした。

似ているところでいうと、夢乃あいかを165cmにした感じ。

顔も体もソックリですが、目元がもう少しエロいです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年5月17日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】温泉宿での【告白体験談】

 俺達夫婦は、同級生で40歳。22歳で結婚して早や18年を迎えた。子供も二人授かり、幸せな家庭であった。俺の仕事は、小さな町工場の工場長でそこそこ収入もあったが、妻の働きたいとの希望で昼のみ、スーパーのパートに行かせていた。子供達も高校生と中学生の男の子でグレることもなく、スポーツに明け暮れる日々を送り全てが順風満帆であった。しかし、妻の友達の一本の電話から少しずつ歯車が狂い始めてしまった。友達のヒロコから金曜日の夜、電話があった

ヒロコ 『ミナコ(妻の名前)御免、明日の夜2時間だけ仕事手伝って!お願い』ミナコの仕事は、町から20分ほど離れた、古い温泉宿(5、6軒)を対象にしたコンパニオン派遣の仕事をしていた。

妻 『嫌よ。酔っているお客さんにお酒注いだり、体とか触られるんでしょう?それにおばさんだし』

ヒロコ 『大丈夫よ。変なお客じゃないし、ミナコなら20代に見えるから。お願い助けて』

妻 『でも~。夫に聞いてみるけど、多分駄目って言うから』と受話器放して俺に、内容を話した。

俺 『いいんじゃないか。困っているんだろう、2時間位なら良い社会勉強になるだろう』と答えてしまった。今思えば、絶対に反対すべきだった。

妻 『ヒロ。旦那がいいって、でも2時間だけだからね』

ヒロコ 『ありがとう。これから衣装もって行くね』と電話を切りヒロコは俺の家に向かった。

妻 『あなた。大丈夫かしら?変なことされない?』 俺もコンパニオンと呑んだ経験はあるが、大体体を触られ、酔ってくるとキスまでする奴もいるから心配ではあったが

俺 『俺達はコンパニオンと呑むだけで何もしないから、大丈夫だろう』と安易な答えをした。

妻 『うん、わかった。触ってきたらぶっ飛ばしてやる』と拳を強く握りしめていた。そうこうしているうちにヒロコがやって来て衣装をくれた。上下赤のジャケットとスカートそしてシルクの肌色のキャミソールを持ってきた。服に着替えた妻は

妻 『ヒロ~。キャミソールからブラとおっぱいがでちゃうよ~』とジャケットで隠しているが、あきらかに、胸の谷間とブラがでていた。妻の容姿は、身長158センチ、バストは120センチ(Kカップ)あり、洋ピンのクロー○のような体型で、いやらしい体付をしていた。

ヒロコ 『ミナコ、肩紐とれるブラ無いの?』

妻 『半カップの持っているけど、少し動くとおっぱい出ちゃうから嫌なの』

ヒロコ 『大丈夫、動かないように二人の女の子に言っておくから、それでお願い。』と手を合わせてお願いした。渋々妻も頷き前払い金として、1万円くれた。俺は、若干の不安はあったものの何かあったら、20分くらいで行けるから、すぐ電話しろ と言って安心させた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年5月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【乱交・王様ゲーム】元ヤンのコンパニオン 【告白体験談】

会社の親睦旅行。初日、二日目と名所旧跡や記念館とかを巡ってきた。

初日の旅館では専務が酔って、コンパニオンや仲居さんを触ったり追いかけたりして、コンパニオンには逃げられ、旅館からは注意され、大変だった。



二日目の旅館は少し格式が高そうな雰囲気もあり、専務も静かだった。この旅館は本館と別館に分かれ、本館は家族向けや少人数の客用で、我々の別館は各部屋の外に専用の露天風呂が付いていた。





さて問題の宴会が始まるが、専務(33才)と取り巻きグループが9名、年配の管理職グループが5名、そして俺たち若手グループの8名に自然と分かれて座った。若手はもっと多いのだが、親睦旅行には出てこない。特に女子は全く参加する気配すら無かった。



午後6時からの宴会が、早く旅館に到着したのもあり、温泉に浸かりゆっくりしてから無理を言って早く始めてもらった。



しかし肝心のコンパニオンは6時には来ずに遅刻してきた。また残念なことに、この温泉にはピンクコンパニオンの派遣はない。しかも20代は2人だけで、30代半ばが2人、もう1人は40代半ばの5名だった。昨日の旅館のことがあって、専務は多少騒いではいたが比較的大人しく飲んでいた。



宴会も半ばも過ぎた頃に、なぜか20代半のコンパニオンのひとりが俺の前に座るようになり、いろいろ話をしてくれた。

まだお座敷には7、8回ほどしか出ていない新人で普段はコンビニでアルバイトをしているそうだ。上半身はほっそりしているが、お尻が大きく太ももは、はちきれんばかりだった。




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年5月9日 | 告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談

【人妻・熟女】温泉宿での【告白体験談】

 俺達夫婦は、同級生で40歳。22歳で結婚して早や18年を迎えた。子供も二人授かり、幸せな家庭であった。俺の仕事は、小さな町工場の工場長でそこそこ収入もあったが、妻の働きたいとの希望で昼のみ、スーパーのパートに行かせていた。子供達も高校生と中学生の男の子でグレることもなく、スポーツに明け暮れる日々を送り全てが順風満帆であった。しかし、妻の友達の一本の電話から少しずつ歯車が狂い始めてしまった。友達のヒロコから金曜日の夜、電話があった

ヒロコ 『ミナコ(妻の名前)御免、明日の夜2時間だけ仕事手伝って!お願い』ミナコの仕事は、町から20分ほど離れた、古い温泉宿(5、6軒)を対象にしたコンパニオン派遣の仕事をしていた。

妻 『嫌よ。酔っているお客さんにお酒注いだり、体とか触られるんでしょう?それにおばさんだし』

ヒロコ 『大丈夫よ。変なお客じゃないし、ミナコなら20代に見えるから。お願い助けて』

妻 『でも~。夫に聞いてみるけど、多分駄目って言うから』と受話器放して俺に、内容を話した。

俺 『いいんじゃないか。困っているんだろう、2時間位なら良い社会勉強になるだろう』と答えてしまった。今思えば、絶対に反対すべきだった。

妻 『ヒロ。旦那がいいって、でも2時間だけだからね』

ヒロコ 『ありがとう。これから衣装もって行くね』と電話を切りヒロコは俺の家に向かった。

妻 『あなた。大丈夫かしら?変なことされない?』 俺もコンパニオンと呑んだ経験はあるが、大体体を触られ、酔ってくるとキスまでする奴もいるから心配ではあったが

俺 『俺達はコンパニオンと呑むだけで何もしないから、大丈夫だろう』と安易な答えをした。

妻 『うん、わかった。触ってきたらぶっ飛ばしてやる』と拳を強く握りしめていた。そうこうしているうちにヒロコがやって来て衣装をくれた。上下赤のジャケットとスカートそしてシルクの肌色のキャミソールを持ってきた。服に着替えた妻は

妻 『ヒロ~。キャミソールからブラとおっぱいがでちゃうよ~』とジャケットで隠しているが、あきらかに、胸の谷間とブラがでていた。妻の容姿は、身長158センチ、バストは120センチ(Kカップ)あり、洋ピンのクロー○のような体型で、いやらしい体付をしていた。

ヒロコ 『ミナコ、肩紐とれるブラ無いの?』

妻 『半カップの持っているけど、少し動くとおっぱい出ちゃうから嫌なの』

ヒロコ 『大丈夫、動かないように二人の女の子に言っておくから、それでお願い。』と手を合わせてお願いした。渋々妻も頷き前払い金として、1万円くれた。俺は、若干の不安はあったものの何かあったら、20分くらいで行けるから、すぐ電話しろ と言って安心させた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年4月22日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ