相互リンク先の更新情報!

【盗撮・覗き】CFNM女性教師と女子生徒達のお仕置き【告白体験談】

オレの名は浅尾貴信。

「だいぶケツ締まってきたな」「や、やめろよ、ハズイから。。」「なんだよ、男同士だからいいだろ」

ちょうどいま昼休みの部活を終え、仲間とシャワーを浴びていたんだ、そしたら・・・、

「ちょっと失礼するわよ」

その言葉に驚いて後ろを振り返ると、なぜかすごい剣幕のマチダ先生、その後ろにはオレと同じクラスの田中千夏が泣きべそをかいている。そしてそれに付き添うように数人の女子が立っていた。

「今日の昼休み、この子のスカートを めくった人物がこの中にいるはずです。」

ハァ、、、??な、何でよりにもよってこんなときに・・・。だが、オレたちの表情を見るに付け、その思いをすでに見透かすように先生は言った。

「この子がとても辛い思いをしていて、 事件の解決に一刻の猶予も許されない状況で、 恥ずかしいも何もないっ」

このシャワールームにいたのはオレを含め、男子部員11人。何の因果でここの部員が疑われたのかは分からなかったが、マチダ先生の顔を見れば、何か確証を得ているようでもあった。

「田中さんは昼食を取ろうと食堂へ向かおうと 廊下を歩いていました。そしたら、後ろから 来たサッカーのユニフォームを着た男の子 数人の中の一人がスカートをめくって、 追い越して行ったそうよ。」

なるほど、ユニフォームを着てたんなら、サッカー部員には違いないところではある。

「彼女が言うにはこちらを振り返らないまま 足早に去っていたので、犯人の顔までは 分からなかったようです。 しかし、彼女のスカートはそれに煽られて、 中の花柄パンツがそこを歩いていた生徒全員に 見られてしまったそうです。」

ものすごい剣幕で怒りをあらわにするマチダ先生。その形相にオレたちは押し掛けてきた数人の女子たちを前に全裸でいることも忘れてしばし立ち尽くしていた。

「見られたのはパンツだけではありません!」

「パンツのその上のおへそがチラリ! 昼食を少し急ごうとしてそのパンツもズレてて オシリの割れ目もややチラリ!」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:盗撮・覗き告白体験談

【フェラチオ】人妻Mの告白6~同窓会での2回戦目~【告白体験談】

悲劇はこれで終わったと思っていたのに…シャワーを浴び終わる頃、いきなりドアが開きI君とT君がニヤニヤしながら

「Mちゃん!」と言いながら入ってきました。

私は無意識に腕で胸を隠し、手で下半身を隠すと、T君が「今更、なんで隠し

てるの?」と言いながら私に歩み寄り手を掴んでどかしました。私 「私出るから!」

T君「いいじゃない一緒に浴びようよ」

私 「もう終わったから出る」

I君「いやいや・・・」そう言ってI君は出入り口をふさぎ、T君は私のおっぱいを揉みながら指で乳首

を弄びながら、「Mちゃんのオッパイほんとに大きくて気持ちいいね」

そう言って私が出ようしているのを止めようとします。I君「Mちゃん、相談があるんだけど」私はにらみ付けるような顔で怒り口調のように「なに?」と言いました。I君「Tとも話したんだけどさ、俺達Mちゃんにレイプじみたことしたくないん

   だよ。俺達としてもさっきみたいなのは不本意なのさ。泣かれながらして

   もねー」充分レイプでしょ今更なに言ってるの!?と思い、また怒り口調でいいました。私 「じゃー、もう帰して!」

T君「まだ帰すわけにはいかないよ。だから相談って言ってるよねー」

私 「何?相談って!」

I君「もう色々して裸の仲なんだからさ、お互いに楽しまない?今更でしょ~」

T君「そうそう。Mちゃんも感じてたでしょ。旦那以外の味わえて良かったんじゃ


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

【乱交・王様ゲーム】2003年で30代の女性が新島 【告白体験談】

今や30代、しかも主婦ですけど、私が高校生の頃の思い出です。

当時は、夏は新島に行くのが流行っていて、私も仲良しのK子と

二人で、何ヶ月も前から予約して、ウキウキ気分で行きました。

二人とも彼氏はいたんですけど、どちらも部活の練習で忙しく、

夏休みを一緒に過ごせるなんてはじめから期待していませんでした。

私もK子も子供に甘い親の家だったので、旅費やお小遣いに困ること

はありませんでしたが、新島では普通の民宿に泊まりました。

当時(もう10年をはるかに超えるほど前ですが)を知っている人は

わかると思いますが、新島に行くのは男の子は女の子を求めて、女の子は

男の子を求めて、そして、ほんの一握りの純粋にサーフィンをすることを

求めた人たちでした。

私たちも当然イイ人がいればなあという思いでした。もちろん本命はいた

ので、ちょっと火遊びという意味ですけど。

でも、二人ともそんなに遊んでる子ではありませんでした。学校も厳しい

女子高だったので、ごくごく普通の女子高生でした。ですから、火遊びと


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年7月28日 | 告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談

【外国人】【海外で本当にあったエロい話】安宿で外人とS○X 【告白体験談】

ミャンマーを旅行した時の話。





ミャンマーのゲストハウスに到着したが



空いているシングルルームが



ハリーポッターで最初にハリーが住んでいる部屋みたいな場所だったので



従業員に「どうにかならないか」と相談していた。







すると




告白体験談関連タグ

||||||||

2015年6月28日 | 告白体験談カテゴリー:外国人との告白体験談

【友達】京子と誠【告白体験談】

以下は全てフィクションだ。未成年らしき人物が飲酒してたりタバコを吸って

いるような描写があるが全てフィクションだ。そういう事だ。納得してくれ。

大学2年の時の話。

その日は大学の語学のクラスが同じヤツらと飲みに行っていた。

2次会は仲の良いメンバー数名で場所を変えて飲みなおし。

さらに3次会と称して、俺と京子とA・B子の4人でバーに

行く事にした。ちなみにA・B子はカップルね。

俺は酒は強くないので口を乾かす程度で1次会からタバコばかり吸っていた。

京子とB子はほどほどに飲んでいるようで、頬が上気して2人とも

色っぽい。ここでは男性陣はウォッカトニック。女性陣は店のオリジナル

カクテル(口当たりはいいがかなり強いらしい)を飲んでいた。

授業のくだらない話や単位がヤバい話など、どうでもいい会話で盛り上がって

いたが、だんだん恋愛の話にシフトしていった。

「で、京子と誠(俺の事ね、仮名だけど)って付き合ってるの?」

とB子が言った。俺はタバコをふかしながら


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】勿体無いほど美形の人妻・番外編【告白体験談】

“たくさんの男性にオモチャにされてみたいです・・・。”S子がそう言いました。バージン時代からの妄想オナネタ・・・男性達からオモチャされてしまう・・・。

体中をザーメンまみれにされ、イやなのにザーメンを飲まされる・・・。

そんなプレーをしてみたいのです。

私は某サイトで知り合った男性に相談しました。普段は極真面目なサラリーマンのNさんと言います。

“10人位なら集められると思います。けど・・・本当にいいんですか?”流石に10人は多い・・・。

私は他にも女性を1,2人連れてきて貰えませんかね?と相談しました。

“難しいなぁ・・・けど何とかしてみますね。”

2週間ほど過ぎた頃、Nさんから電話。“男性が8人、女性が一人揃いましたよ。”との事。Nさんと日にちを決め、私とS子は予約したN県のホテルまでドライブ。

“旦那にはナンて言ったの?”“N県には一人暮らしの叔母が居るんです。体調を崩して自宅療養してるから、見舞いを兼ねて一泊だけしてくるって・・・。”“へえ・・・偶然。でも悪い女だねえ・・・本当はたくさんの男たちに種汁まみれにされに行くなんてさ!”S子は顔を赤らめながら恥ずかしそうに俯きます。

N県には正午頃に到着しました。

県庁所在地のN市は有名な港町、市内には中華街があります。私達はそこで昼食を済ませ、叔母宅までS子を送り届けました。

チェックインまで時間があるので、私はN市の市内を散策して時間潰し。午後三時前に予約していたホテルにチェックインしました。

S子のポケベルに、チェックインしたことを知らせます。その頃の携帯は本体も通話料も高価で、普通の主婦のS子が持てるような物では有りませんし、

サイズも大きく、旦那に内緒で隠し持つ事も出来るようなものではありませんでした。Nさんとの約束時間は20時。

S子は叔母さんの身の回りの世話や掃除をして、食事も済ませて19時半頃にホテルに来る手筈です。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年9月4日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】今までにない興奮【告白体験談】

先日このサイトで知り合ったTさん(37歳)と鑑賞だけという約束で大阪府内某ホテルでお会いしました。

その日の妻は朝から緊張ぎみで(私も)口数も少なめでしたが、念入りに化粧をして下着も新しい物を着けていました。

「絶対にみられるだけだからね」と何度も私に言うので

「分かってるよ、ただTさんは俺たちのSEXをみながらオナニーをさして欲しいといってたよ、それぐらいいいだろ?」

「いいけど‥‥」

ホテルには私たちが先にチェックインしてプレイ中にTさんが部屋に入ってくる段取りになっています。

いつTさんが入ってきたか妻に分からないように部屋の中では音楽を大きめの音量で流し、照明も暗めにしています。

早速部屋に入り妻を落ち着かせながら私は唇を重ねると、妻はいつもより激しく舌を絡ませてきます。

愛撫をしながら服を脱がしブラをはずしてパンティー1枚の姿にして乳首を舐めているとドアの方向からかすかに「カチッ」という音が聞こえました。

Tさんが入ってきたのでしょう。妻は気づいた様子はありません。

私は裸になり妻の口元に完全に勃起したペニスをもっていきました。

今までにない興奮を感じており先走り汁がしたたってましたが妻は丁寧に舐め取り唇をかぶせて来ました。

その時、音を立てながら激しくピストンする妻の後方(応接セット)の椅子に全裸で腰掛けているTさんが目に入りました。

軽くお互いにおじぎをして挨拶を交わすと‘いよいよ’という感じです。

Tさんは妻の体を舐め回すように眺めており、見えやすいように私は照明を少し明るくしました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】人生初デりヘル大成功したったwwwww【告白体験談】

<>1 忍法帖【Lv=14,xxxPT】  投稿日:2012/08/04(土) 03:10:30.02 ID:v6R7daoY0<>

初めて呼んだったwwwwwとりあえずスペック俺 25歳

彼女なし 童貞

身長173cm

体重80kg

フリーターデリ嬢 自称20歳 見た目18くらい

身長155cmくらい

ムチムチ巨乳

ギャル系

性格超明るい やや天然?

昨日は九時で仕事終えて

そのあと職場の先輩二人と俺の三人で仙台の町に飲みに出た。

先輩が気になると言ってたキャバクラで飲んで、次におっパブ、

シメにデリヘルと、フルコースの遊びをしようという話になった。仙台についたのがなんだかんだで10時過ぎ、

キャバクラで女の子にちょっかいだしたりして楽しんでた。キャバクラでちょっと飲んで、12時近く。ほろ酔い気分で


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月23日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら2 【告白体験談】

嫁の希とのセックスに、正直少し飽きてしまっていた僕は、寝取られ系のサイトをよく見るようになっていた。

思い切って希に打ち明けたら、軽蔑はされたが、なぜかカップル喫茶に行くことになった。そこで知り合った常連夫妻に、色々なことを教えてもらい、少し過激な行動も取ってみた。



希は口では強がっていたが、かなり刺激を受けていたみたいだった。



そして、そのたった一度のカップル喫茶での経験が、ふたたび僕らのセックスを燃え上がらせてくれた。

今までの少し飽きてきた感じが消え失せて、毎日セックスをするようになった。そして、お約束のように、僕が希を言葉責めするようになっていた。



今日も、希に目隠しをした状態で責めながら、

「ほら、希……次に行ったときは、あの童貞くん達にこうやって舐められるんだよ」

と、照れくさいと思いながらも言葉責めをしていた。どうしても、恥ずかしいというか、照れくさいと思ってしまって、ぎこちない言葉責めだけど、希は物凄く反応してくれる。明るめの茶色の髪に、ウェーブがかかった髪型で少しギャルっぽい希だけど、言葉責めしているときは凄く可愛らしくなる。

いつもの、少しがさつと言うか、ちょっと元ヤンが入っているような感じの希ではなくなる。



『ダ、ダメぇ、そんな事、ダメ、しないから、絶対にしないからぁ、んっ!! あ、クゥ、あぁ……』

目隠しで目が見えないので、表情が全部は見えないけど、その震えるような声と、口元のだらしなく弛緩した感じで、希が興奮しているのがわかる。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月12日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【学校】売れ残り【告白体験談】

大学のゼミの卒業旅行でシンガポールに行ったときのこと。

合計20人ほどで行ったのだが、中にはカップルもいた。

ある晩気が付くとホテルには俺と純也と香澄と今日子だけが残されて、他のみんなはカップルでしけこんだり、外出したようだった。

俺ら4人ははっきりいってモテない4人。

俺と純也のツインの部屋で4人で盛り上がらない雰囲気の中、飲んでいた。

俺が

「今頃、××たち(ゼミ内のカップル)、やってんだろうなあ」

と思わず言ってしまった。

純也も

「いいよなあ…」

としみじみ言い、ほかの3人もうんうんという感じだった。

すると香澄が

「ねえ、ぶっちゃけて聞くけどさ、みんな経験あんの?」

という禁断の質問をした。

俺と純也は固まってしまった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月8日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談
1 / 1812345...10...最後 »

このページの先頭へ