相互リンク先の更新情報!

【友達】直美3【告白体験談】

「そんな・・・」

と言いかけて直美は黙った。自分の正しさを証明することは真理の服を脱がすことになる。それに、第一直美は強行に自分の立場を主張できるタイプではなかった。(仕方ない、1枚脱ぐしかないわ。でも、どうしたら・・・)直美が今着ているのは、上はテニスウェアとブラ、下はスコートとアンスコとパンティだけだ。

「いきなりパンティかぁ」

お調子者の3年生、花岡浩一がはやしてギャラリーを笑わせる。浩一は去年の学園祭のとき直美に交際を申し込んだが、優しく、しかしきっぱりと断られていた。

 直美はしばらく立ちつくしていたが、やがて観念したようにスコートの中に手を入れた。やはりアンダースコートを脱がなければならないと思ったからだ。ゆっくり捲れあがるスコートから覗く白い太ももにギャラリーの視線が集中する。視線を感じたのか、直美の手がアンダースコートに掛かったまま止まった。



「いい加減にしろよ、直美。日が暮れちまうぞ。」

俊之がいらだったようにせかす。俊之も去年直美がサークルに入って来たときにいち早く猛烈にアタックしたのだが、あまりにも強引であったために手厳しく断られ、サークル内で大恥をかかされていた。

 直美は仕方なくアンダースコートをできるだけ素早く脱いだ。しかし、ギャラリーの目には純白のパンティがかすかに見えた。

「やだー、直美。白のパンティだってぇ。ぶりっこ!」

またギャラリーが笑う。直美の頬は恥ずかしさに真っ赤になった。からかったのは同じ2年女子の村田薫だ。彼女もなかなか美人なのだが、やや高慢に見えるところがあり、未だに彼ができずにいた。チーフの俊之のことを好きなのだが、振られてもまだ直美ばかり見ている彼をくやしい思いで見ていた。



 直美を快く思わない数名の者たち−佳子、真理、恭子、俊之、浩一−が仕組んだいたずらは、直美に憧れていたギャラリーの嗜虐心を引き出し、思惑以上にうまくいきそうだった・・・



 第2ゲームは真理のサーブだ。真理は緊張しているためか、ダブルフォルトを2回連続で犯し、あっという間に0−30となった。これでは真理を何とかかばいたいと思っている直美もどうしようもない。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年7月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした5【告白体験談】

この前、ケイスケさん夫婦の家で王様ゲームをしたことで、嫁のユキの下着姿をケイスケさんに見られてしまい、おまけにユキとケイスケさんがキスまでしてしまった、、、



その後セックスまでは行かなかったですが、ユキがケイスケさんの乳首を舐めながら、手コキでイカせる姿を見て、信じられないくらいのショックと興奮を味わいました、、、





ただ、それが刺激になって、僕との夫婦生活はより良いものにりました。

ユキは、僕がマコさんとキスをしたり、フェラでイカせてもらったことが本当にショックだったようで、僕をマコさんに取られないかと真剣に心配して、健気に色々としてくれます。





ユキが、マコさんと一緒に買い物に行き購入したエロい下着は、スケスケだったり、布が極端に小さかったりするので、はみ出したらみっともないからと下の毛を剃ってしまいました。



22歳で童顔なユキが下の毛を剃っていると、かなりロリな感じになって、セックスしているといけない事をしているような気持ちになります。





今日も、食事をして、先に僕が風呂に入って寝室で待っていると、風呂上がりのユキが入って来ました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年7月4日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【浮気・不倫】バイト先のロリ人妻 【告白体験談】

バイト先の飲食店で、ロリ人妻の若菜さんとセフレみたいになれた。

俺は大学3年で、雰囲気イケメンと言われる感じで、ノリだけはいいと思う。



若菜さんはまだ22歳だけど、人妻で子無し。

とにかくロリっぽくて、バイトの他のJK達よりも確実に若く見える。

純情そうな見た目で、バイト仲間達と下ネタで盛り上がっている時に、若菜さんが

『なになに?なんの話?』

とか言いながら近寄ってくると、

「ダメダメ、大人の話だからw 若ちゃんには早すぎw」

とか言われる感じだ。



ネットでよく見るこの子に似てる。








告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月2日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【人妻・熟女】長期出張【告白体験談】

私と妻は、もうすぐ結婚10年の30代後半のディンクス夫婦です。

私は、移転集約した某地方支店の開設サポートとして、結婚後初めての約1ヶ月長期出張にでかけ、昨日やっと帰宅したのでした。

毎日、メールのやり取りをしていたというのに、9時過ぎに帰宅し、玄関先で見た妻の顔にドキドキしてしまった。

長期出張から帰った私に妻は、お風呂を勧めてくれた。

久しぶりの我が家の風呂。とても気持ちがよいものである。

ふと、脱衣所で人の気配がしたので、声を掛けると、

「湯加減はどう?」と、いつもそんな事を聞く事のない妻がいった。

そして、なにやらごそごそしてから出て行った。

私は冗談半分で「一緒に入るか?」と声をかけた。

すると「準備があるからさきにはいったから。」という返事。

何のことやらわからないが、私は気にもせず風呂を堪能した。

風呂をでて、バスタオルを取ろうとすると、メモがあった。

”あなた おかえりなさい。寝室でまってます。”

私は、ゴクッとつばを飲み込んでしまった。

脱衣かごをよく見ると、さっきまで妻が着ていたTシャツ・ブラジャー・パンティがあるではないか。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年7月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【浮気・不倫】ヤンママと中出し不倫SEX【告白体験談】

<>23:えっちな18禁さん[sage]:2011/08/24(水)21:05:17.68ID:iu++BG+80<>

パチンコ屋で知り合ったヤンキー女の話。



めったにしないパチンコを久しぶりにやったら運よく大勝ち。

途中でやめられなくなって、夜まで店にいた。

隣にいたヤンキー女と親しくなって、晩飯を奢ることになった。

女は25歳くらい、小池栄子に似た感じで気が強そうな顔。

ホットパンツにチューブトップで露出しまくり、

やれそうな予感にドキドキ。

近くの焼き肉屋へ連れて行った。

仲良くジュージューしてると「うちに来る?」と誘われた。



焼き肉奢った甲斐があった!

焼き肉屋を出たのが8時くらいだったと思う。




告白体験談関連タグ

||||

2014年7月1日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【寝取られ】嫁にヤバい水着を着せてプールに行ったらナンパされた 【告白体験談】

嫁のミクとは結婚して10年経つ。

私は弁護士事務所を経営していて、私自身も弁護士だ。今年40歳になったが、この歳にしてはうまく行っている方だと思う。



嫁のミクは今年30歳で、当時まだ女子大生の彼女と強引に結婚した。

その頃のミクは真面目そうで、清楚な雰囲気の女の子で、実際に中身も真面目だった。

ストーカーがらみの被害を受けていた彼女が、当時私が勤めていた弁護士事務所に相談に来たことがきっかけで、交際が始まった。





一見地味な見た目の彼女だが、一皮剥けば豊満なバストのエロい体で、セックスも恥ずかしがりながらも積極的という、典型的なむっつりスケベ型の女の子だった。

そして、交際からすぐに結婚になり、彼女は女子大生奥様になった。



大学生活を続けながらの新婚生活で、ゼミや新歓コンパ等々、心配がつきなかった。

だけど、真面目な彼女は浮気どころか、ゼミの飲み会にも不参加だった。

それでも、新婚の妻が、若い男達がたくさんいる大学に2年も通うというのは、私の性癖を歪めるのに十分な歳月だった。




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月26日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】野外露出が癖になった私(前篇)【告白体験談】

私は、今年45歳になる専業主婦です。(まぁ世に言うおばさんです)

子供も独立し、夫(55歳)と二人で生活しています。

30歳後半になる頃には、夫との営みも減り40歳には、全く無くなりました。

私の容姿は、昔から童顔で若くは見えます。(30代前半?)でも顔は普通ですね。笑

体は若干ポッチャリですかね?最近胸(D)もタレ気味・お腹もプチ段腹です。

自慢では無いですが、体毛は薄くマンコの周辺にはほとんどありません。前だけ・・(色もピンクで綺麗な方だと思います)

私が40歳を過ぎた頃、部屋でオナニーをしていたんです。その時、配達の人が来てしまい、着替える時間も無く

ワンピース1枚着て、受け取りに向かいました。配達員は気づく事は無いのですが、私はドキドキして相手に聞こえる

んじゃないかと思う位でした。配達員がドアの向こうに行った時、太腿を垂れ落ちるエロ液が…。凄い量でした。

今までにない、興奮と快感!私はこの時目覚めたのかも知れません。

この日以来、私は配達員が来る時間には、ノーパン・ノーブラ・スカートの姿になっていました。誰も来ない日は

ムラムラして、欲求が溜まるのが分かりました。普通のオナニーでは満足出来なくなっていました。

 そして、満足出来ない欲求を晴らすかの様に、近くのスーパーでのノーパン・ノーブラ・スカートが始まったのです。

始めての日は、ロングスカートから始まったんですよ。でも、家を出て100m位には、太腿をエロ液が垂れているのが

分かりました。すれ違う人が来る度にジュワ~っと流れるんです。スーパーに入る頃には、膝の辺りまで流れている


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年6月25日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした4【告白体験談】

前回、ケイスケさんの家に遊びに行ったときに、嫁のユキがマコさんと一緒に、おそろいのスケスケのランジェリー姿で僕とケイスケさんの前に姿を現し、ケイスケさんにユキのおっぱいやヘアを見られてしまいました。





だけど、怒りや嫉妬ではなく、興奮したのは紛れもない事実で、ユキを自慢したいという気持ちだけではなく、ユキが汚されるのを見たいと言う、ちょっと歪んだ願望が僕にはあるのかも知れないと思いました。





あの日から、毎日ユキはあのスケスケのランジェリーを着て、僕を喜ばせてくれます。

我慢できずに抱きついて、キスをしてセックスを始めると、

「浩くん、、 この格好で、ケイスケさんに見られちゃってごめんなさい、、、」

などと、わざわざ見られてしまったことを強調する言い方をして、僕を嫉妬させます。

「浩くんだけのおっぱいなのに、全部見られてごめんなさい、、、」

「アソコも見られちゃって、ごめんなさい、、 汚れた女でごめんなさい、、」

こんな事を言われると、嫉妬と怒りと興奮で、わけがわからなくなります。






告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年6月23日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【浮気・不倫】彼女が・・・見なきゃよかった。【告白体験談】

ちょっと昔の話し。

その当時つき合ってた彼女は顔もけっこうかわいく、おとなしくマジメな子でした。色白、

童顔、小柄でスレンダー。

でもDカップあるおっぱいは美巨乳で、昔から男受け、特にオヤジ受けがよかったようだ。

そんな彼女とつき合ってた俺はけっこう心配で、彼女から周りの男の話しを聞くようにして

いた。

その話しの一つに当時彼女が勤めていた会社の社長の話しがあった。彼女が入社したての頃

、社長がけっこうカッコいいの、と話したことがり、あまり他の男を褒めない彼女だったの

でなんとなく気になり、それからというものことあるごとに会社の話を聞くようにした。

その社長は独身で、お金もあるしかなりの遊び人だという話しだった。

しばらくして、彼女が少し暗いので何かあったのか?と聞くと、その社長にセクハラをされ

ている、とのこと。俺は憤慨するのと同時に軽い興奮を覚えてしまい、詳細を聞いた。

最初のうちは、会社で二人きりになると、食事に誘ってくるだけだったようだが、そのうち

カラダに触れてくるようになり、尻やおっぱいを触ってくることも日常茶飯事になったとい

う。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年6月16日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【人妻・熟女】隠し撮り【告白体験談】

32歳と出会ったのは19才のとき、そのころの私はいろんな女の子とSEXをし、部屋に隠し撮りの為ビデオをセットしていました。妻は何度かSEXをしていましたがおまんこはピンクでしまりはGOODでした。よく友達が「ビデオみせて」と遊びに来ていました。

その当時妻はのりぴーに似て可愛く、私なりにまじめなお付き合いをしてましので妻のビデオテープだけは別の場所に保管していました。

ある日の夕方、友達が3人遊びに来たときのことです。

夜、妻が遊びに来る為風呂にはいりました。その間友達はいつものようにビデオを見ていました。

風呂から上がると、友達の声が聞こえいつもと雰囲気が違うようでした。「OOちゃんええ胸している」「顔に似合わず

いやらしいの」「今日もHなパンツはいてくるんかの」・・

OOちゃんの名前が聞こえた為、あわててテレビを見ると

今まさに妻がスケスケひもパン1枚の姿で、私にパンティの上からおまんこをまさぐられ喘ぎ声をだしているところが映りだされていました。あわててビデオを止めました。

昨夜、妻のビデオを見、しまい忘れていたのです。平然さを保ちながら、かなりショックを受けました。

友達からは「どうせSFの1人やろ?」「あそこまで見せたんならOOちゃんのおまんこが見たい!!」など散々言われた為、強がって「OOの名器を見せてやろ」と言い、ビデオの続きを見せてしまいました。

後悔をしながら一緒に見ていましたが、「おまんこも可愛い」「あんまり使い込んでないの」「こんなきれいなおまん

こはじめて見た」「俺もやりたい」などと友達が言うし、

彼女のおまんこが他人に見られていると思うと、興奮してきました。それからもその3人には、彼女の痴態を見せてしまいました。

3年後、私たちは結婚するのですが、友達におまんこを見せた後悔は今もあります。1度友達が酔った勢いで妻に「OOちゃんのおまんこ可愛いね」「バックが好きやろ?」「濡れやすいまんこやね」などと言ってしまったのです。

妻に正直に告白すると物凄く怒りました!(当然です)


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ