相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】飢えた38歳人妻【告白体験談】

ちかごろメルナンが好調。一ヶ月メル友としてやりとりしておいてから、「会おう」というと、高確率で会える。会えばもちろんセックス。

 今回は、旦那が単身赴任中の人妻裕子。

 ぽっちゃりということで心配していたが、不安は的中。しかし、あった以上はハメ倒すのが礼儀だと思っているオレは、「若くみえるねえ」「まだまだイケてるよ」と、さっそく褒め殺しモードに。

 まずはレストランに入って夕食をすます。この女、二人前食いやがった。

 店をでて、「これからどこへいく?」と聞いてくるので、「オレ、裕子さんに一目ぼれしちゃった」と言って、肩をだき、ディープキス。一方的なキスだったが、嫌がる様子もなかったので、ホテルへ直行。

 部屋に入っても、チンポはなえなえ。ソファでキスの続きをしながら、服のうえから撫で回す。

 そうしている間に括約筋を動かし、チンポを勃たせる。

 準備がととのったので、一枚ずつ服を脱がせると、思ったほどたるんでなくて、Fカップの胸も、それほど垂れてはいない。出産経験がないからだろうか。とにかく、ラッキー。がぜん、やるきになり、ベットに移る。

 胸を揉んで、乳首を刺激してやっても反応がない。

「どこが感じるの?」と聞くと、「クリトリス」との答え。

 それならと、下半身に手を延ばす。裕子は、M字開脚になった。

 マンコのでかさにびっくり。しかも剃毛してある。

 旦那とは、とっくにさめてて、最後にセックスしたのは4年前だという。そのあいだオナニーもしていないらしい。また不安になったが、今度は余計な心配だった。全体をなでまわし、クリトリスに指をうつすと、さっそくあえぎだし、愛液もたっぷりと出てきた。

 こうなると後は簡単。クリトリスへの刺激で、三分後には昇天させた。

 次に膣に指をいれるともう大洪水。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【M男・痴女】昔付き合ったセーラー服が変態だった 続編 【告白体験談】

どうも。お待ちの方すみませんでした。



彼女とはたまたま浜松町の交差点で再会しました。会ったのは22の時が最後なので俺が34、向こうは33になっていましたが少し大人びた服装な位で何にも変わっていませんでした。

仕事中で時間がなかったこともあり、メアド交換して夜に都内の居酒屋で会いました。個室の席に着くなり、

「いやあ懐かしいな。ちょっと太った?先輩君は結婚したんだっけ?」

「したよ。Sと」

「ああー、大学の子?へぇー」

「Uは結婚したの?」

彼女はUとします。前の報告時は名前だしてなかったかと。

「いやーしてないんだよね。出会いが少なくて」

と12年ぶりのお互いの報告をつらつらと始めました。その時は下心とかなんもなかったんですが、酒も進み、Uがこの12年なにしてたかの話で、社会人になって大手の会社を2年で辞めてブラジルに留学したり、ドイツに留学したりしてた話になりました。

「なんか色々やってんだな。活動的ですごいわ。そういやあの時の大学院生は?」

「あー社会人になってからすぐ別れちゃった。向こうがブスと浮気したから」

「へー。その後は?」

「なんかね、特定のはいなかったって言うか、長続きしないって言うか…」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年9月7日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

【寝取られ】寝取られフェチ【告白体験談】

わたしは人にあまり言えないような性癖があります。

それはいわゆる「寝取られフェチ」

気っかけは、高校生の頃に付き合っていた彼氏と

わたしの友達が浮気していたことが発覚してからでした。

S気のある元彼が友達との浮気の一部始終をどんなだったか報告してきました。

背は低くて華奢なのにFカップはあってパイズリしてもらったとか、

クリトリスが大きく舐めやすいから69は二人とも夢中になって

舐め合いベッドのシーツがぐっしょり濡れるほどだったとか。

浮気されて悔しい思いしましたが、話しを聞かせれてわたしの

アソコは濡れてきれるのがわかりました。

それからというもの、寝取られフェチのわたしは浮気されて怒ることはありません。

最近あった出来事は、旦那さんと会社の後輩である女の子Mが家に遊びにきた時のことです。

食事してお酒も少し飲みいい感じになってきたところ、わたしは後片付けをはじめました。

Mの姿が見えないと思い、旦那さんに聞いたところ

「さ・・さぁ?トイレじゃ・・ないかな・・あっ」


告白体験談関連タグ

||||||||

2014年8月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】奈々と尾崎と俺と彩【告白体験談】

大学時代の寝取られ話を。



2年になったばかりの5月の連休に、奈々の別荘に4人で行った。

奈々の彼氏の尾崎は2人きりで行きたかったらしかったが、

奈々はどうしてもみんなで行きたいと言い張った。



尾崎は嫉妬深い男で、奈々が他の男と話をしているだけで機嫌が悪くなるような奴だった。

器の小ささもあるのだろうが、2人があまりに釣り合いがとれていなかったことも

尾崎の嫉妬の原因だったのかもしれない。



清楚な顔立ちの奈々はそれだけで十分に美人だったが、

柔和で上品な雰囲気のおかげで、さらに魅力を感じさせる女の子だった。

不細工で下品な尾崎のどこが良くて付き合っているのか、周囲の誰もが理解に苦しんでいた。



別荘は海辺のリゾートマンションで、近くにはテニスコートも併設されていた。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【学校】職権乱用ではないですが。【告白体験談】

職権乱用ではないですが。投稿者:武士道投稿日:9月18日(火) 19時28分19秒

中学の時に不登校になったかわいくて巨乳の女の子がいました。

俺はそのこの家に学校のプリントを届ける時などに家にあがったりしてまし

た。

クラスで嫌われていましたが。

学校に来てる時の体育の授業で胸をゆさゆさ揺らしながら走ってるのを見て

おっぱいに釘付けになり勃起して家に帰って大量に射精してしましました。

クラスでは嫌いなフリしてましたが、本能ではもう大好きになってました。

プリントを私にいってそのこの悩みを聞いてあげたり、

励ましたりして仲良くなって、一緒に遊んだりするようになりました。

おっぱいが目当てでした。エッチな話とかもするようになってから

俺は「お前の胸にさわりたい」と本人に言った。

嫌がってたけど。「頼む!一度だけだ!」といい、触らせてもらいました。

彼女の服を乱暴に脱がせておっぱいにむしゃぶりつきました。

揉んだり吸ったりと彼女はもうやめてといってましたが興奮してしばらく


告白体験談関連タグ

|||

2014年8月8日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【友達】援交女子○生に中出し【告白体験談】

出会い系で奈緒という18才の子をゲット。

巨乳で顔も顔も好みのタイプだったので、早速会うことにした。

駅前のコンビニで待ち合わせた。

あってからそのままホテルへ。

まずは、Gカップのオッパイにパイズリさせる。

そのままチンポをじゃぶらせる。

彼氏のよりも大きな俺のチンポにビックリしながらも嬉しそうに俺のをしゃぶる。

そんな奈緒の喉の奥にたっぷりと精子をはき出した。

「ゴクンッ。ゴクンッ」って音をさせながら全部飲み込んだ。

2日ほど前彼氏に中出しされたらしくて、俺と血液型も同じなので中出しもOKだ。

そして奈緒の狭いマンコに俺のチンポを挿入する。

「うわっ、すごいっ。こんなに大きいの初めて」

奈緒の締まりのいい中を堪能し、腰を押さえてプルンプルンと揺れる巨乳を見ながら

ピストンを早める。

「もう、中に出して」って言うから


告白体験談関連タグ

|||||

2014年8月2日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】歌舞伎町での青春時代⑦【告白体験談】

歌舞伎町での青春時代⑦

長編の息抜きにちょっと書かせてもらいます

大学3年生のころ

E先輩も卒業してしまった大学で

寂しさ全開だった僕は

同級生に告白して手痛く振られました

まぁ正直、そんなに好きなわけでもなく

単純にE先輩の代わりを探していたのかも知れない

それでもフラれた事には多少傷つき

少しの間、落ち込んでいた

落ち込んでいても歌舞伎町でのアルバイトは欠かさなかった

バイト中はお客さんの雰囲気を壊さぬよう

明るくするように努めていましたが

いつも一緒にいる人達なのですぐに気づいたようです

まぁふとした時に(‘A)こんな顔してたから


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月30日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】玩具【告白体験談】

283玩具削除依頼

投稿者:健二 2005/02/14 14:52:06(WurGz1lj)

投稿削除



姉は大学の女子柔道部員、二人で住むアパートには仲間の部員が良く飲みにくる溜まり場になっていました。いつものようにコンビニで買った焼酎、ビールを飲んで酔っぱらうと姉の先輩達に囲まれて俺も飲まされてしまいます。女子柔道部員など普段からモテるわけも無く、餓えた野獣です。王様ゲームで標的にされ、姉とキスさせられ、先輩達とキスも当然、乳首舐め、チンポ触られたり、セクハラ行為は毎回エスカレートして行きました。先輩達は俺が童貞と知ると無理矢理全裸にされ、勃起したチンポを手コキしたり、しゃぶったり、玩具にされました。

姉は先輩に強制され、最後に俺のチンポをしゃぶらされ、頭を上下に押さえ込まれて、先っぽから喉の奥までしゃぶらされました。俺は我慢しきれず姉の唇の中に大量に射精してしまいました。先輩達が拍手すると交代で精液を絞るように吸引すると興奮の余り、すぐに射精を繰り返してしまいました。半分萎んだチンポは先輩達にパイズリされ、しゃぶられ回復、先輩達のマンコを指と舌で愛撫させられ、姉のマンコを顔におしつけ、強制的に舐めさせられ、姉の喘ぎ声にチンポは限界まで膨張していました。『この子!絶対デカイよねー!(笑)』笑う声がした。

リーダー格の瞳先輩が俺を跨ぐとビショヌレのヌルヌルの感触が一気に根元まで包んだ。大将を勤める178センチの巨体の割に締まりの良いマンコに俺は悶絶、姉は先輩に胸とアソコをイジラレて喘ぎまくってる。姉の痴態を見せられ、ブスの巨体に腰を振られて快感に浸る、なんて興奮する光景だろうか…俺は瞳先輩の舌が侵入すると恍惚の快感とともに先輩の体内に射精すると、先輩は声を張り上げて絶頂に達した。姉は俺の精子をしゃぶり、掃除と回復を強制され、次々に三人の先輩達が俺のチンポを体内に導いた。やがて、三人が満足すると姉の番になった。さすがに疲労して息も荒れ、チンポも勢いを失っていたが、姉が先輩達にパイズリフェラとアナル舐めをさせる、さらに先輩達の舌が全身を舐め回すと、完全に回復、姉は先輩達に胸を舐められ、指がマンコの中をグチュグチュにされて意識朦朧となっている。『ほら!早く犯しちゃいなさいよ!』先輩に強制された姉が俺のチンポを自分の秘密の扉の中にズブズブと導いた。姉のイヤラシイ喘ぎ声、締まるマンコ。姉は処女じゃなかった。ギュウギュウ締まるマンコが気持ちイイ、自分から腰を振ってる!俺と姉は快感に狂ったように求め合い絶頂に達した。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月26日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【浮気・不倫】中出しOKな豊満系爆乳OLマリエと真っ昼間のリビングで 【告白体験談】

前回 



俺が下半身丸出しで座るソファーの前で下着姿になったマリエ。その爆乳を包むのは白いレースのブラ、そして同じく白のレースのパンツ、肉感的だけど透き通るように色白で青く血管が走るのが見えるきれいな肌に、白のレースはとてもマッチした。金曜日は着衣でのセックスだったので、身体のラインをしっかり見るのはこれが初めてだ。

全体的に水樹たまを思わせるぷにぷに系だけどやっぱりその胸の重量感は圧巻だ。正常位で突かれ全身を激しく震わせて感じるマリエの姿を想像するだけで今出したばかりのティン◯も元気を取り戻しつつある。

「あんまり見ないでください。こんな明るいところで恥ずかしいです」ほんのちょっと上気した表情でマリエは言う。

「俺だって下半身丸出しだよwそれにマリエの身体すっごいエロい、白くてキレイだよ」

「もう少し痩せなきゃって思うんですけど、社会人になってからまた太っちゃいました」マエリは中々カワイイ顔立ちをしているけど、キャラ的にも痩せてしまったら魅力半減だ、言うまでもなく俺の性的目線でだけど。

「んなことないよ。今で十分魅力的だよ、ほら、出したばっかなのにまだ全然堅いまま」

そう言って目線を阿呆のように丸出しの股間で未だ屹立している俺のそこに目線を落とすと釣られてマリエも窺い見て、さらにそっと手で触れる。

「ホントだ、まだ全然硬い…」ひとりごとみたいに呟いてふただびマリエの目にエロい色が宿る。

ゆっくりと棹を上下にシゴキ始めたマリエの背中に手を回してブラのホックを外す。

本当に大きく迫ってくるような迫力を持つマリエの乳房は明るい室内で白く透き通るようにキレイだ。

「マリエちゃん、そのまま挟める?」

もう一度俺の目を見て軽く頷くと、亀頭の先に唾液を垂らし、右手でそれをまんべんなく棹に拡げた。そこから手を離すと、マリエは自分の重たそうな乳房を下から持ち上げて谷間を開き、膝でずり足しながらソファーに近づくとゆっくりと俺のティン◯を挟んだ。




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月22日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【人妻・熟女】先生の家で【告白体験談】

僕は中学3年生だ。僕の中学校にはめちゃくちゃカワイイ先生がいる。芸能人で言えば小西真奈美似かな?

 人妻だけど25歳のピチピチの美人だ。他の男子生徒や男の先生からも注目をあびているくらいだ。

 その先生とは僕が生徒の中で一番仲がいい自信がある。エロ話だってできるくらいだし、例えば昼休みなんかに一緒に二人で話していると、他の男子生徒からは白い目で見られたり、「これで先生の谷間撮ってこい!」なんていう奴もいる。

 そんなある去年の夏休み、僕の家には今日一日誰もいなかった。父と母は実家に帰ったし、兄は部活の合宿だった。

 その日は登校日だったので、家に帰るのはつまらないと思い、1人で学校に残っていた。そして夕方の5時30分くらいになって、先生達が帰りだした。僕はまだ残っておこうと思った。

 すると6時頃にそのカワイイ先生が僕を見つけて近ずいて来た。

「何してんの1人ぼっちで?」

 僕は答えた。

「今日は家、誰もいねーんだぁ」

先生「だからこんな時間まで1人で遊んでるんだ^^」

俺「うん」

先生「ダイくんの家誰もいないんならウチに泊まってく?」

 先生は笑顔で言ってきた。

 俺は言った。「先生それ本気?」

先生「家誰もいないんでしょ?」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月20日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ