相互リンク先の更新情報!

【露出】露出ゲーム【告白体験談】

小6の時、露出ゲームを、小4の妹と、その友達の女の子とやった話。20数年前、

通学路に、一般道とは別に、車は通れない坂道の山道があり、小4の妹と、その友達の愛ちゃん(仮名)と3人でそこを登下校していた。

その山道でいつもやってたのが、『ランドセルじゃんけん』。じゃんけんで負けた人が3人分のランドセルを背負い、あとの2人は楽して坂を上がれるというもの。

次の曲がり角までで、1回として、1日4回やっていた。

ある時、俺が負けた後、なんとなく言った一言から始まった・・・。

『じゃぁさ、2回連続で負けた人は、他に罰ゲーム追加しようよ』と。2人は『えっ?どんなの~?』と聞いてきた。

『じゃぁ次、俺が負けたら、チャック全開で運ぶってのは?』

2人は『えっ~~~』と言いつつも笑顔でいい感じだった。妹が『じゃぁ女子が負けたら?』と聞いてきたので、勢いで、

『スカート脱いでブルマになるのは?』と言ってみた。

2人は嫌がったが、

別に体育でも履いてるじゃんとか、この道誰もこないしとか、いろいろ説得し、俺が負けた時は、チャックから、ちんちんの分だけパンツも出せるだけ出す。という追加をすると、

自分たちのほうが恥ずかしくないと思ったのか、了承してくれた。

連続罰という名前をつけ始まった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー帰り時間が合う数日後、最初の連続罰は妹だった。『いいよ別に』と言っていたが、

前回の最後に負けてからの連続負けのため、山道の入り口で民家もあったからか、『ちょっと(山道の)中に入ってから脱いでいい?』と恥ずかしがっていたのが可愛かった。妹は、


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2017年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

【学校】メモリー【告白体験談】

最近、中学校の卒業式が行われた。

なんとその日は風が強く、卒業式ということで、ケータイを持っていても、なんら怪しまれることがなかったので、盗撮日和だった。

僕は、Rさんのパンチラを見たことがあまりなかった。Rさんは、とても可愛い。ガードが堅いわけではないが、あまりうまく見れていなかった。だからこの日は、ケータイに写真を収めよう、と。

動画を作動させ、Rさんの背後についた。あとでスクショすれば写真になるのでとりあえず動画だ。ずっと構えていても、あまりよい風はこない。だが、少し経ち、Rさんがこっちの方に振り向くと同時に、スカートが勢いよくめくれ上がった。まさに神風だ!

イチゴ柄の可愛いパンツだった。たまに見る時は黒パンなのに、この日だけはなぜか生パンだった。もう興奮せずにはいられなかった。

だが、Rさんが僕に気付いて寄ってきた。

「今、撮られてないよね?」

かなり焦った。だが、

「ゲームしてたから見てすらいないw」

と、思い切り嘘をついた。そうしたら、

「今の、聞かなかったことにしてね、恥ずかしいから」

と言って去って行った。

なんとも可愛かった。

次に、Aさんの背後に行くことにした。

Aさんも可愛く、胸はまぁ中学生にしてはそこそこある人だ。その人はガードが緩すぎて、学校で結構スカートの中が見えた。


告白体験談関連タグ

|||||||||

2017年12月23日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【高校生】超天然で無防備な叔母【告白体験談】

今年は最悪の夏だと思っていた。 でも思わず自分にとっては、最高の夏休になった。 一応そのいきさつを、ヘタな文章で書いてみようと思う。自分は○川県に住む現在高校2年生の17歳です。 チビでちょいデブ、引っ込み思案でおとなしく、顔もたいしたことのない、情けない若者です。 男子高に通っており、彼女いない歴17年、もちろん今どきキスすらさえしたことのない、チョイ悲惨な人間。

 

 

性欲だけは人一倍ある。 唯一の趣味は、部屋でエロビデオを見ながら、ひたすら右手を使うこと。 オナニーを覚えたのがけっこう遅かったせいか、毎日3~4回はしてしまうサルのような人間です。そんな自分でも夏は楽しみだった。 夏休みが楽しみ。 一日中ゴロゴロしながら大好きなオナニーを、好きな時間にできるから。 それに、チョット告白するのは恥ずかしいのだが、人混みが多いイベントやプールがあるので、痴漢もできる。

もちろん、エロビデオにでてくるような、犯罪的な痴漢ではありません。 そんな度胸はないです。 あくまでも、軽く女性のお尻に手の甲を触れさる程度の痴漢。

全く女性と触れ合う縁のなかった自分には、それでも充分に興奮できる楽しみだった。しかし、そんなささやかな楽しみさえ、今年は奪われてしまうことになったのです。父親が早くに他界したことがあり、現在自分は、母親と二人きりの生活。 母親が、看護婦の仕事をして家の生計をたてていた。

その母親が、8月1日から1ヶ月間、癌化学療法師?とかいう資格を取得するために、東京へ研修に行くことになったのである。自分は当初、心の中で物凄く喜んだ。 なぜなら、小言ばかり言う母親が、貴重な夏休みの間だけいないから。 もう17歳だから、お金さえあれば何の問題もない。 (やったー 自由だ!)と思った。しかし、それは非常に甘かったのである。 なんと母親が、研修の間だけ自分を、叔父の家に預けると言いだしたのです。自分はもちろん断固反対した。 貴重な夏休みの自由を奪われるなんて、信じられないことです。 人権の侵害?だとも思った。しかし、しょせんそこは養われの身。 そんなにも強くは抵抗し続けられなかった。 それに日頃のおこないも悪かった。 ほっとけば本当に一日中ゴロゴロしているだらしない性格。 しかも、最近ではたくさんのエロビデオを隠し持っていることがばれ、非常に呆れ果てられていた。自分は泣く泣く承諾したのだった。

8月1日 月曜日 叔母との初対面その日は叔父に車でむかえに来てもらい、とうとう行きたくもない叔父の家に向かった。

叔父は母よりけっこう年下で35才です。 ラフな格好に髭をはやしており、見た目の通りすごいアウトドア的な人。 自然がものすごーく好きで、わざわざ田舎の家を買いとって住んでいると前から聞いていた。 隣りの○山県の○○村っていうとこです。「 なんも無いけどなぁ 自然がきれいで空気がすっごいおいしいぞー のんちゃん ハハハッー 」

「・・・はぁ 」アホちゃうか?と思った。 ちなみに のんちゃんは自分の名前。叔父は5年前に結婚して、現在4才の男の子と奥さん(叔母さん)と、3人で暮らしているらしい。

叔父とは年に一回ぐらい会う機会があったが、叔母さんやその息子には今まで会った記憶がなかった。叔父の家は隣県とはいえ遠かった。 砺○市とかいうところをぬけて、更に道路を山側に向って進んだ。 最初はまだ道沿いにショッピングセンターがあったが、そのうち辺りが田んぼばかりの景色になり、非常に不安になった。道はそのうち完全に山道になった。

( 大丈夫! あの山を越えたらたぶん町があるんだ )

修学旅行のことを思い出し、ひたすら車の中で自分を励ましていたと思う。「 おっ ほら ここが○○村だよ 」しかしそのうち、叔父の呼びかけに車の外を見てみると、愕然としてしまった。見わたすかぎりに広がる田んぼと山、その間に家的なものがポツリポツリ。散居村? 屋根がワラ的な感じ? ツ○ヤない ゲ○もない す○家もない!本当にビックリした。 コンビニさえなかった。 大好きなツ○ヤとか、本屋的なものがない生活など考えられない自分には、本当に信じられなかった。

ここで1ヶ月も暮らすなど信じたくはなかった。更に叔父の家は、思いっきり村の外れの山沿いです。 完全な木造の古い住宅。叔父の家に着くと 、玄関から小さな男の子が出てきた。 どうやら息子さんらしい。

僕は叔父に言われるまま、重たい荷物を持ちその玄関に向った。「 ・・・だれぇ 」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | 告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談

【寝取られ】弱みを握られた絶世の美女2 【告白体験談】

続き



伏し目がちに下を向く恥ずかしげな顔が





堪らない。







自らスカートをたくし上げて



太腿も露わに、下着を晒す



ゆずりさん。




告白体験談関連タグ

|||||||

2015年5月19日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】企画物AVに出まくることになった妻 1 【告白体験談】

始まりは、やけに神妙な面持ちの妻からの相談だった。



妻「あのさー」



私「ん?」



妻「私のこと撮りたいっていう人に会ったんだけど、どう思う?」



私「はい?」



妻「○○駅の近くで男の人に話しかけられてさ、お姉さん綺麗ですね、簡単なアルバイトしてみない?って」



私「なんじゃそれ・・もしかして妄想話始めてる?」



私の寝取られ興奮性癖は既に妻に打ち明け済み


告白体験談関連タグ

||||||

2015年2月15日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【職場】エロい同期 【告白体験談】

俺の自慢の体験を共有した。

というより聞いて欲しい。



会社の同期に理香っていうアイドル的な娘がいたんだ。

可愛いくて、性格も良くて人気だった。

俺は配属もたまたま一緒で、仲も良かった。

ちなみに向こうは留年してるから一個上。

一年目は二人で遊びに行ったりもしたけど、可愛い笑顔に癒されていた。

俺も理香も相手がいたから恋愛にはならなかったけど、正直理香と過ごす時間は良かった。

下心はガッカリあった。

だが、度胸が無かった。



飲みに行った時に対面に座ったときに足と足がぶつかって、ドキドキした。

遊んでいるとたまに見えるパンチラと言うサービスは勃起物でオカズにさせて貰った。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【学校】スーツで作業 【告白体験談】

大学の文化祭の準備で大きな看板を同じサークルのゆみちゃんという、割と仲の良い、大人しくて清楚な感じの可愛いらしい子と部室で二人で作っていた。

いつもはズボンで作業してるんだけど、その日ゆみちゃんは午後から就職活動があり、スーツで大学に来て準備していた。



スーツは膝よりちょっと上ぐらいの丈のスカートだったんだけど、

床に置いた段ボールにペンキを塗ったり、切ったりする作業なので、常にしゃがみこんで作業しなければならず、ゆみちゃんは向かい合って作業している俺にパンツを見られないように足を横に向けて必死にガードしていた。



ただ、作業は長時間なのでずっと足を横に向けて作業するのは辛いようで、会話をしながら作業をしていると、段々膝が正面に向きはじめてくる。

あとちょっとで見えそうという状況で平然を装いながら作業していると、ついにゆみちゃんは膝を完全にこっちに向けた。当然、スカートの中は丸見えになり、足の間から白のパンツがばっちり。

初めて見るゆみちゃんのパンチラと「仕方ないか」という諦めた感じの顔にとても興奮した。



女友達のパンチラがじっくり見れるチャンスはなかなか来ないと思い、それから一時間ぐらい正面を向いて話しながら、割とがっつり見まくってたら、ゆみちゃんの返事がどんどん冷たくなってきたから、サークルの男友達にパンツを狙われているのはわかってたんだろうけど、スーツ姿ではどうしようもないみたいで、最終的にはしゃがんでいる足の開きも大きくなり、ほとんどパンモロになっていた。



就活と被ってもわざわざ来て作業を手伝ってくれる優しいゆみちゃんに悪いと思いながらも、パンチラと悔しそうな表情でその日は抜きまくった。


告白体験談関連タグ



2014年11月20日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【初体験】盗撮のサクラをした、私の危険なアルバイト 【告白体験談】

私は、営業の仕事をしています。



27歳で、離婚して9歳と4歳の子供を育てています。



お給料が、そこまで良くない為、贅沢出来ませんが、子供達には寂しい思いさせてたくありません。



子供の保育園で知り会ったママさんから、モデルのアルバイトを教えてもらいました。



割といいお金になるから、一緒にやらないかと誘われましたが、少し危ない感じがしたので、連絡先だけ



聞いて断りました。



しばらくして、どうしてもお金が必要になり、モデルのアルバイト先に連絡をして、お話を聞く事になりました。



営業の仕事をしているので、時間の都合がつき、お昼にファミレスで会うことになりました。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年10月24日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【人妻・熟女】仲良し組と新年会【告白体験談】

今年の1月、私の家で新年会が開かれた。

毎年恒例で、同じ職場の仲良し組(5人)で、交代で自宅新年会を開催していました。

今年は、私の番だったんです。

私は入社10年目の33歳、妻(志穂)30歳、子供4歳

仲良し組は、35歳(伸二)の先輩を筆頭に34歳(武)、31歳(人也)、30歳(徹)+私の5人です。

みんなは、同じ職場で7年位の付き合いになり、趣味や性格が合っているメンバーでもありました。

恒例の新年会もちょっと変わっていました。それぞれ、持ち回りも意味があったんです。

それは、場所提供者の妻も必ず参加し、しかも服装もちょっとエッチな感じ…まぁコンパニオン代わり

みたいな感じです。だから、妻に服を着せるのも結構大変なんです。

元々は7年前に徹が入社して仲良し会の歓迎会と言う事で始まったんですが、5年位前にみんな結婚

すると、先輩の伸二さんが俺の家でやろうと言いだし、その時に奥さんがミニスカートだったのが始まり

でした。もちろん全員エッチ大好き!妻が他人に…なんてシュツエーションも好きでした。

そんな事から、毎年エスカレートして行ったんです。

私は、数日前から妻に話をして準備を進めていました。普段からスカート姿で、ミニも履くので交渉には

時間はかかりませんでした。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年10月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】無頓着な嫁【告白体験談】

嫁さん(38歳)が、下の子が小学校に上がったのを期に、

パート事務員として通い出しました。

パート先が近いという事で制服のまま自転車で通っています。

その制服というのが、膝上のタイトで38の主婦が履くには短いような

気がしていましたが、この前出勤時に

携帯を忘れたのに気付いて引き返す途中見てしまいました。

自転車に跨がり信号待ちで片足を着いてる嫁のパンチラです。

むっちり体型の嫁が自転車を漕ぐとスカートがずり上がり易くなるのか?

ベージュのパンストの奥の白い下着が交差点の向こうにいる嫁のふとももむき出スカートの中に

わずかに見えていました。

ちなみに嫁は目が悪く、信号が変わってこっちに向かって自転車を漕いでいる時も

全く私に気付いていませんでした。

その間、嫁はふとももむき出しパンチラどころか、モロ見え状態で、

私は異様に興奮してしまいました。すれ違う時にようやく気付いたようで

私「おう!」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月30日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談
1 / 3612345...102030...最後 »

このページの先頭へ