相互リンク先の更新情報!

【おっぱい】親友(オナニーの手伝い)【告白体験談】

君江のバージンを貰ってから5日ほど経ちました。絵里と連絡するのは戸惑いもあり自分からもしなかった。絵里からも何もなかった。

僕達は中学の卒業式を迎えた。中学時代は一番変化があった時でした。

チン毛が生えた。皮も剥けた。オナニーを覚えた。DVDで初めて女性のオマンコやエッチな行為を見た。実際に2人ものオマンコを直に見て、触って、舐めて、指を入れて、オチンチンを入れた。オチンチンを触ってもらって舐めてもらい口内射精までし飲んでもらった。中出しもした。

なんと言っても2人のバージンを貰ったことが一番でしょう。今、思うとすごい事だと思いました。卒業式、久々に絵里の姿を見た気がした。君江の姿もありました。二人とも最後のセーラー服姿なんだなぁ~と思いました。卒業式が終わり女子の半分は泣いて絵里も君江も泣いていました。

A、B、C、Dとしゃべっていると絵里と君江がやってきました。君江だけが違う学校に行ってしまい、しかも全寮制なのでなかなか会うことも出来ないと、みんなで別れを惜しみました。

5日ほど前に君江とセックスしたのが嘘のようだった。君江も僕も普段と変わりませんでした。

どちらかと言うと絵里の方がなんとなく僕を避けているように感じました。

みんなで君江とツーショットで写真を撮った。僕との時だけ君江が腕を組んできて皆に茶化されたのを覚えています。

解散の時、君江と絵里は泣きながら別れを惜しんでいました。今日は卒業式ということもあり、みんな家で何かあるらしく見事に各自の家に散っていきました。

僕の家でも母は仕事を休み夜はお祝いすると言っていました。

夜に家で卒業のお祝いをしてもらいご馳走を食べて、部屋でのんびりしていると母親が来て「絵里ちゃん来てるよ。早く降りてきなさい」僕は急いで階段を駆け下りました。

玄関に絵里が立っていました。夜にうちに来るのは初めてだったので驚きました。

「話をしたくて・・・」と絵里が言うので部屋に行くことにしました。

話とは君江とセックスした日のことでした。あの日、実は絵里は戻ってきたそうです。部屋の前来ましたが僕と君江がまだセックスの最中だったらしく、しばらく部屋の前で座って待っていたが急に涙が出てきて、そこに居るのが辛くなり家に帰ってしまったそうです。

自分の気持ちがわからないと言い、しばらく僕とは2人だけでは会わないようにする。僕の家にも来ないようにすると言いました。高校生活が始まり、運よくA、B、C、Dと僕は同じクラスになりました。絵里とは違うクラスでした。絵里とは、たまに学校ではみんなと一緒に前のように話します。ブレザー姿の絵里は一段と可愛く、少し大人に見えました。絵里はもてるようでいつも周りには男が寄ってきていました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【高校生】家が貧乏な私の新しいバイト【告白体験談】

私はミズキ(仮名)某高校に通う17歳です。

正直私の家は貧乏です。

父が出世しない事や兄弟が多い事が原因だと思います。私は四人兄弟の上から二番目で次女(下二人は男)です。

本題に入りますが、私は最近体で小遣いを稼ぎしようと考え、相手をさがすとすぐターゲットを見付けました。

中学から一緒でクラスメートの男子が居ます。彼は和人と言い、彼の父親は大きな会社の社長をしてます。そう、彼はお金持ちです。でも彼はモテません。体格は少し小さめでオタクっぽい見た目で無口な事が原因だと思います。

そのため彼にはあまり友達も居なくて女子も近付こうとしません。

ので、和人を相手にする事を決めました。

私は放課後、和人の後をつけて行きました。しばらく歩き同級生達に見つかる心配がないと思われる所で私は和人に駆け寄り

「和人~あのさぁ~あんたん家遊びに行ってイイ?」「な、なんで?」

「暇だしいいじゃん」

私は無理矢理家に入れて貰いました。和人は挙動不審の動きでした。私は家の広さに驚きながら和人の部屋に通されました。和人は一人っ子で母親も父親の会社の役員で家には和人と私しかいません。

私はしばらく中学時代の話しや和人に質問してみました。なんとなく話しの流れから和人は童貞と解りました。

和人はトイレに行きました。私は机の引き出しを物色しました。一番下の大きな引き出しを開けるといやらしい本やビデオやDVDがありました。私はイケる!と思い和人が戻って来るのを待ちました。

和人は部屋に入ると私が机の引き出しを開けてる事に気付き慌てて引き出しを戻し顔を真っ赤にして

「やめろよ!勝手に人部屋を荒らすなよ。」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2017年12月22日 | 告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談

【M男・痴女】家庭教師先のJKに調教された僕2 【告白体験談】

大学4年で就職も決まっている僕は、暇つぶしと旅行費用を貯めるために、家庭教師のアルバイトを始めました。



そして初日、圧倒的にデカい家と、駐車場に止まる高級車に圧倒されながら、高校生の美帆ちゃんと出会いました。小脇にヴァイオリンケースを抱えた黒髪の美少女は、絵に描いたようなお嬢様でした。



ちょっと掘りは深めながらも正統派の美人顔の彼女を見て、僕は緊張しながらもラッキーだと思いました。でも、彼女の部屋に入った1分後には、ラッキーなどどこにもないことに気がつきました。



彼女に無理矢理童貞を奪われたあと、彼女は制服を着たままペニスバンドを装着して戻ってきました。そして、それを口に突っ込まれ、女の子がイラマチオをされいてるように犯されてしまった僕は、美帆ちゃんに足でペニスを踏みつけられ、なおかつビンタまでされたあと、爆発するように大量に射精してしまいました。



そして、美帆ちゃんはニコッと可愛らしい笑顔を見せると、

『じゃあ、そろそろ入れてあげるね#9825;』

と、僕の方を見もせずに言いました。





僕は彼女に促されるままに四つん這いになると、一番恥ずかしい場所を、まだ高校生の美帆ちゃんに全て晒しました。そして、命令されて全裸になりました。

『先生ド変態だねw こんな格好させられてるのに、なんでこんなになってんの?』


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年7月16日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

【浮気・不倫】ウェディングプランナー「抵抗してもするんでしょ?」 【告白体験談】

式場回りをしていて某ホテルウエディングの式場へ足を運んだ。

プランナーのLさんは色白ですごくタイプの子だった。



式をしたあと、夜に良い部屋に泊まれるのがウリだとLさんは言っていた。

CMもやっているのでその印象を書いたりアンケートに答える。



Lさんは白の薄いブラウスを着ているのだがサイズが少し大きく、アンケートの

説明で前にかがむと隙間から中のブラが見えそうになるので目線がそっちに行ってしまう。

横に式場を一緒に回っている真理がいるので気づかれないように見る。 

 

ガーデン挙式もやっていて、通路から外で他の人がやってるのを見せてくれたが、

前に立っているLさんの横幅のあるオシリばかりコッソリ見ていた。



「ガーデンウェディングいいですよね、私もいいトシなんで両親から早くしろと

言われてて。


告白体験談関連タグ

||||||

2015年4月29日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 一話【告白体験談】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。

 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。

 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」

 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。

 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。

「ええと、どこかで会ったっけ?」

 晃が問うと、女主人は目を丸くした。

「何言うんだい、お前さん」

 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。

「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」

「おそらくは」

 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。

「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」

 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。

 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】不妊に悩んだ末の、究極の選択3 【告白体験談】

私のせいで、子供をなかなか授かれず、色々なプレッシャーが掛かる中、思いあまって私の親友の章雄に子作りを託してしまいました。



普通の精神様態なら、けして選択するはずもない選択肢でしたが、追い込まれた人間は、こんなにも脆(もろ)いものなんだと、今なら思えます、、





目の前での、章雄と嫁の恋人同士のような代理子作りが終わり、私が入れ替わるようにみな実を抱きました。

私の種では、妊娠出来る可能性は5%以下だそうです。でも、こうやって章雄の後にすぐ抱けば、私が妊娠させたという可能性もわずかにあり、私もみな実も、赤ちゃんは私の種だったと思うことが出来ます。



不思議なもので、見ているのがあれほど辛いだけだった章雄とみな実のセックスも、私の中に興奮を産むようになっていました。

嫁を寝取られて興奮する私は、劣等感から壊れてしまったのかも知れません、、



そんな興奮の中みな実を抱くと、笑ってしまうくらいすぐにいきました、、、



『へへw あなた、愛してる、、 もう大丈夫だよね?』

みな実は、本当に安心したように言います。さっきの章雄の中出しで、受精した感覚があったようです。もっとも、1回目の時も感覚はあったと言っていて、結果ダメだったので、あまり当てにはなりません。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月11日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】女子高生【告白体験談】

「いやぁっ!やめっ ちょっとっ」



いきなり後ろから抱きつかれた。

必死に逃げようと 男の手を噛む。

それに激怒し男は 女子高生を突き倒し、馬乗りになり、持っていたロープで手を縛った。制服のブレザー、ベスト、リボン、ワイシャツ、すべて関係なしに力ずくで脱がし きれいで良い匂いのするブラが露わになった。

男はカメラを手に、一枚写真をとった。

ブラを肩の方までずり上げ こぶりに見えるが形がよく柔らかいオツパイにむりゃぶりついた。

「いやっ あっん・・・ んっ」

いやがっているが彼女の敏感な部分は喜んでいた。それに気づいた男は パンツの中に手をいれ 濡れているのを確認した。

洪水のようだ。

クリを指の腹で転がし、反応をみた。

「あぁっっ んっふ はあ あっ」

告白体験談関連タグ

|||||

2014年7月26日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】意趣返し【告白体験談】

もう5年ぐらい前の話ですが・・・。

嫁のA子は、大学時代のサークル仲間で、小柄で鈴木あみに似た顔立ちだった為、サークルのアイドル的な感じでした。

大学卒業前の飲み会で距離が近くなり、付き合いだして、そのままプロポーズして、就職してすぐに結婚。

当初はうまくいってたのですが、結婚してすぐぐらいから夜のほうを拒否されはじめて、セックスレスになりました。

まあ、付き合ってた頃から、A子はセックスがあまり好きではないと言ってましたし(処女ではなかったですが)、それもあってもともと回数もあまり多くなかったのもあったので俺もそれほど気にしてはいませんでした。

まだ二人とも若かったので子供もまだ先でいいと思ってました。

セックスレスになって2年過ぎたあたりの頃でした。

会社を出たら、30前後ぐらいのスーツ姿の女性が立っており、こっちを見て会釈しながら近づいてきました。

背も高く美人と言える顔立ちでスタイルも良かったんで、ちょっとどきどきしつつなんだろうと思っていると

「Bの妻のC美と言います。俺さんにお話があって来ました」と言いました。

Bという名前に聞き覚えが無く、はぁと返事して、促されるままに近くの喫茶店に入りました。

「単刀直入に言いますと私の夫のBとあなたの奥様のA子さんは、不倫関係にあります」

「はぁ?」

最初は何を言われてるかさっぱりわかりませんでした、意味がわからないんですが・・と言おうとした瞬間にC美は、かばんからてきぱきと書類を出して机の上に広げました。

「やっぱりご存知なかったようですね。とりあえず、これを見てください」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月21日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした【告白体験談】

嫁のまさみとは、結婚して7年ほど過ぎた。

俺は38歳で、嫁はまだギリ20代の29歳だ。



出会い自体は古くて、嫁が中学受験をするときの家庭教師が俺だった。

ロリ属性は全くないと思っていた俺だったけど、初めて嫁の家に行って、まだ小6の嫁と対面したとき、一気に心を奪われそうになったのをよく覚えている。



嫁は本当に美少女で、長澤まさみくらい輝いていた。

そのまま順調に育ち、今もかなりの美人だと思う。





家庭教師をしていたときは、もちろん手を出すことはなかったし、ひたすら真面目に勉強を教えていた。

そして結果も出せて、嫁は中学受験に成功した。

エスカレーター式で、大学まで行ける女子校に入学した嫁は、中学に入った後も俺を家庭教師にリクエストしてくれて、大学院まで行った俺は、結局嫁が高2になるまで教え続けた。

受験もないので、家庭教師など必要ないと言えばなかったのだけど、嫁は俺に恋心を持ってくれていたそうだ。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月20日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】早朝の教室で【告白体験談】

少し前からここを見ていて、露出に興味があって

昨日初めて実行してみました。

その日、いつもより早く学校に行きました。

教室にはまだ誰も来ていなかったので、早速始めました。

教卓の上に座って、スカートを捲り上げブレザー脱いでシャツのボタンを全開にしました。

そして、足を大きく開きました。

ブラもパンツも完全に見えてます、

もし誰かに見られたりしたらと思うと体がガクガク震えてきました。

でも、もっとしてみたいと思い、思い切ってブラとパンツを外しちゃいました。

グラウンドからは朝連をしている人達の声が響いています。

そんな中、教室でこんな事をしている自分を思うと何故か無性に興奮してきました。

とりあえず、シャツのボタンを半分ぐらい留めブレザーを着て廊下にでました。

ブラとパンツは外したままです。

廊下を歩いていると、乳首が歩くたびに服に擦れて何時の間にか硬くなって

アソコも直に風に触れて少し落ち着かない気がしました。


告白体験談関連タグ

|||

2014年7月16日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 1712345...10...最後 »

このページの先頭へ