相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】幼馴染と三角関係【告白体験談】

俺の高3の時の青缶経験。

しかも脱ドーテイ(笑

俺にはさやかと健っていう幼馴染がいる。

ちなみに俺の名前は高哉(仮名)。

俺はガキの頃からさやかが好きで、以前ちょっとだけ付き合ったりもしたけど、

なんかお互いに意識しすぎて1ヶ月でだめに。(初々しい中学時代)

でもその後さやかは健と付き合い出して、俺ショック。

健とはそれが原因でマジ喧嘩して、ずっと気まずかったな。今では修復したけど。

これは健とさやかが付き合ってた頃の話。

高3。二人が付き合いだして3ヶ月ぐらいの頃、俺はさやかにメールで公園に呼び出された。

あ、ちなみに3人とも高校は違ったりする。

んで、その頃もまだ女々しくさやかが好きだった俺。

高校違ったけど時々会ってはいたし。

PM8時。しかも秋だったからもう辺りは真っ暗だった。

「こんな時間に呼び出して、ごめんね?」


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年7月15日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】友達の彼女をレイプ3【告白体験談】

私は奈央の後ろに行き奈央のマンコに挿入した。「ん・・・んー」と奈央は嫌がるが、いれてみるとすごい気持ち良かった。私は夢中で腰を動かした。「アン・・ヤダ」と奈央も感じ始めている。私は必死になりすぎ、気がつかなかったが先輩はフェラをやめてタバコを吸いながらこっちを見ていた。「奈央。ビデオを流されたくなかったら今度から俺の便所だ」と奈央に言うと頭を横振っていた。「ま〜お前次第だ。〇〇。早くしないと貴司やお前の彼女帰って来るぞ」私は、そうだ。そろそろ帰って来る。そして奈央の乳房を揉み「〇〇君・ア・・アン・中は・ダ」奈央の言葉なんか耳に入らない。そしてクライマックスにはいり、思いっきり奈央の尻に腰を押し付けいっぱい出してヤった。その時、先輩は笑いながら「〇〇。またヤりたくなってきたから時間稼ぎして来い」と言うと私を退かしまだ。ショックで動かない奈央を仰向けにすると挿入した。「イヤ・・イヤ」と奈央を横目に服を着るとドアを開け走った。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年7月15日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】酔った元恋人とのフェラチオ3P体験!!(その2)写真リンクもあり。【告白体験談】

そんな美樹と直輝を見ながら俺は手マンをやめて入れることにした先っぽを美樹のあそこに当てるとぬるぬるとした感触が伝わる俺はゆっくりと挿入した

「はぁん!ああっ!」

美樹は声をあげたゆっくりとでも奥までじゅっぽりと動かす直輝のモノを奥までくわえさせられながらこもった声で俺の動きに合わせて喘ぐ

「んふぅ!ふぐっ…んんっ!」

時々アイコンタクトとジェスチャーで直輝とやりとりをする美樹をバックの体制に変えて俺が後ろから突く直輝は美樹の前に座るとやはりAVのように(笑)舐めさせていた

「んんっ!ひっちゃう!んー」



美樹はあっという間にイってしまった 俺ばかりでは悪いななんて思いながら直輝に向かって親指と人差し指を立てくるっと回転させた交換しようぜ!の合図が伝わり俺は直輝と変わった俺は酔っぱらってるのもありとりあえず休憩がてら見てることにし煙草に火をつけたふと見ると直輝は美樹を正常位に戻してもう腰を振っていた

「あんっ…いいっ…あっ…気持ちいい…」



酔ってる美樹はもうよくわかってないのかと思うぐらい感じて大きな声で喘いでいた…



2人に犯され美樹は狂ったかのようにイき、そして喘いでいた

「ああぁぁぁ!いい!もっとぉ…気持ちいいのぉ…」

「どこが気持ちいいんだ?」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月14日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】街にあふれる新社会人とセクロスするの簡単すぎww 1/2 【告白体験談】

春、いろんな人が激変した環境に何とか馴染もうと必死で頑張ってる姿をたくさん見かける。

初々しいスーツ姿にまだ角が張った黒い革鞄を抱えた新社会人、自分が大学を卒業した頃を思い出して微笑ましくもなる。



ただしその姿も週末の終電間際になると様子が異なってくる。

馴れない環境で昼間一生懸命精神をすり減らした新社会人たちは、夜、少しのアルコールで過ぎ去りし大学生活へのノスタルジーか、一気にその”ノリ”に戻って飲み過ぎてしまうものだ。



俺がこの季節狩場にしているのは主に大箱の居酒屋かチャージがかからないカジュアルなバーだ。

特に俺が好成績を収めている店は、ノーチャージでカウンターでの都度払い、ダーツが2台設置してあるもののこじんまりとした、そして価格帯の安さから若い子で賑わうお店だ。

普段はクラブが主戦場だが、ほぼリクルートスーツに毛の生えたような格好をした新社会人たちは飲みに出てもその格好のまま金曜日のクラブへ出向くことは少ない。



4月初頭のある金曜日、この日も18時を過ぎると新社会人の歓迎会的な集まりが繁華街のアチラコチラで催されている。



俺も同じ業界の合同新歓的な集まりに顔を出さなければならなかった。狭い業界内の女の子には手を出さない、まして社内の子などもってのほかという主義を持っていたので、粒ぞろい女の子が集まるこの業界に身を置いたことを嘆きつつ、1軒目をさらっと流して悪友と一緒に狩りへと街に繰り出した。



俺、隆と裕也は高校からの親友、マーチを出てネット中心の新興代理店に就職した俺とは違い一流大学から大手広告代理店を経て30前にしてさっさと独立を果たした裕也とは、現在のステータスこそ違えど普通に仲が良いことはもちろん、女の趣味が真反対ということで一緒に飲みに繰り出してはナンパに励んでいる戦友でもある。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月14日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】クラブで出会った29歳Fカップ人妻が一週間部屋に居着いた 【告白体験談】

クラブでナンパした32歳Fカップ人妻が一週間居着いた



週末の名古屋は熱い。

元々外食文化が盛んな街だけど、金曜日は特に仕事帰りの会社員から学生まで、東海一円から人が集まって、その中心である栄の熱気は深夜12時を回った頃、ピークに達する。



そんなありふれたいつもと同じようなとある金曜日、僕は久しぶりに会った大学の仲間とすでに3軒はしごして、広小路から少し南に入ったところにあるバーに行き着いた。

27歳前後になった僕たちはぼちぼち仕事でも責任ある立場を任されたり後輩の指導に当たるなどちょっとずつ大人へのステップを登り始めていて、こうやって学生時代のノリで飲んではいてもたまに真剣に仕事の話が挟まったり中には結婚しようと考えているやつなんかもいて。

変わらない仲間たちに流れる確かな時間の経過と成長がこそばゆいような誇らしいような、そんな心地よい夜を過ごしていた。



その店は雑居ビルの2階にある、ダーツとビリヤードが置いてあって、奥まった一角はダンス用のスペースがあるようなちょっと広だけどごく普通のありふれたバーだ。

雑居ビルの中とはいえ2面がガラス張の角に位置していたため閉塞感はなく、ネオンで照らされた繁華街の交差点を終電に遅れまいと足早に歩く女性や、なんとか今夜を一緒に過ごすパートナーを探そうと見境なく声をかけまくるナンパ男(いずれもビルの二階から見下ろした僕にはそう見えただけだけどそう外れてもいないだろう)の姿を観察できるような場所だった。



男ばかり13人というちょっとした大所帯で始まった今夜の集まりも、3軒目を終えた時点で終電で帰る奴もいて今は4人だ。

それぞれカウンターでドリンクを頼んで思いおもいにさり気なく同年代から上くらいの客で溢れる店内を見回している。男が飲み始めれば考えることは街角で必死に声を掛けている男とさ程変わらないんだろう。




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年7月14日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】中出しを許してしまうビッチ妻【告白体験談】

前スレでわかったスペック



26歳 既婚



156cm 42kg



関西在住



小野真弓に似てるってよく言われるらしい



結婚したのは6年前、20歳のころ



( の続き)






告白体験談関連タグ

||||||

2014年7月13日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【人妻・熟女】親友を助けたつもりが・・・【告白体験談】

親友は45歳の独身。

そんな親友から、お願いしますと頭を下げられた。

実家の母がお見合いの写真を持って来るとの事

結婚する気のない親友は、その日だけでいいからと俺の妻に恋人のフリをして欲しいと。

その事を妻に話すと、何気に乗り気で面白そうと悪戯な顔をしてたのでOKしました。

妻は44歳。スレンダーで10歳以上若く見られる。家に来る友人からも、

「おまえの奥さん、すごい美人だな。羨ましい」

とよく言われます。

この若く見られるところが、妻を指名して来た理由だと

親友は言います。若い恋人=嫁さん候補というのが

母親からもポイントが高いのだそうです。

待ち合わせ当日、妻は普段着ないスカート姿 白のワンピースで、俺から見てもいい感じな見た目で出かけた。

帰って来たのが夜の10時を過ぎた頃で、その日は食事をしてドライブと観光後に料亭で夕食を食べて来たとの事です。

その後、3回も母親が来る度に恋人のフリをして出かけました。

妻的には、美味しい物を食べれて観光できるのが楽しくて、いつでも誘われたいと言ってました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月13日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【浮気・不倫】不倫相手募集の淫乱人妻【告白体験談】

不倫新生活の掲示板で人妻をたぶらかしている30代サラリーマンです。

先日の夕方、30代のコンビニでバイトしているという主婦から電話を受けて早速待ち合わせしてホテルへ直行。

彼女は加奈子さん。

市内のセブンイレブンで働いているそうだ。

主婦で子持ちだが、養育費稼ぎと旦那とはセックスレスで欲求不満の捌け口として援助交際しているそうだ。

髪はショートで体は痩せ型。

愛嬌のある人当たりの良い主婦。

とにかく人妻は相場が安い。

3時間で1万の約束どおり加奈子さんに手渡し、シャワーも浴びずに彼女を押し倒しSEX開始。

時間内なら何度してもOKとの事。

私は獣の様に加奈子さんの体を乱暴にシツコク弄んだ。

唾液たっぷり彼女の口の中へ流し込み舌を絡めたキス。

時折、痰も交えての執拗なキスも彼女は全て受け入れてくれた。

またフェラだけでなくアナルも舐めてくれた。

オマンコに指を2本入れて掻き回したら、加奈子さんは大量の潮を吹いて逝ってしまった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年7月13日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】結婚前【告白体験談】

22歳のとき私が結婚するので家を改築することになりました。

 家の事で、ちょくちょく訪れに来てた設計の人とのことです。

 日曜日、結婚する彼と会うため、朝シャワーをしてバスタオルだけで応接間に入ったらびっくり!

 設計の人が来てて、びっくりしたためバスタオルが落ちて裸を見られてしまったの。

 それから工事が始まり、完成間じかのとき、街でばったり設計の人に会って、お礼がてら、お茶しました。

 設計の人、まじ、格好良くって素敵な人なのです。

 お茶してて、裸見られた話になり、赤面してたら、スタイルいいしモデルさんみたいだね。そんな事言われて、ますます結婚する彼がいるのに惚れてしまいそうでした。

 追い討ちをかけるように、結婚が決まってなかったら、僕が惚れて申し込むところだよ。

 でも、残念、君が結婚する前に一度Hしたかったな〜〜って言うんです。

 結婚1ヶ月前の日曜日彼と会うため街に出かけて待ってたら、彼、急に仕事になり、喫茶店を出ようとしたら、設計の人にまた、ばったり会い、びっくり!

 喫茶店に戻り、話してて、暇だから花いっぱいの公園に遊びに行くことになり、そこでランチしながらワイン飲んで、すっかり酔ってしまい、甘えていました。

 雰囲気がHモードみたいになりラブホに入ってしまいました。

「結婚前の子とこんな関係になってもいいのか」言われたけど「今日だけいいの」って返事しました。

 彼に悪いからキスだけは断りました。

 ソファーで首筋から愛撫され胸元から肩紐下ろされブラの中に手が来てから乳房出されて、乳首にキスされて、私は喘ぎ声を出していました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月13日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】援交相手は小学生で息子の彼女【告白体験談】

以前私は援交していました。初めは会社の同じ趣味、いわゆるロリコン仲間の同僚から誘われました。

聞くところによるとすごく若い女の子を紹介してくれるサイトを見つけたのでぜひ私にも試してみろと言ってきたのです。

重度のロリコンであった私も興味心身だったのですが。独身の同僚とは違い私は所帯持ちで捕まるのも嫌なので断っていたのですが、そいつが携帯を取り出してとある写メを見せてきましたそれが驚くことに、一緒に映っていたにはどこからどう見ても小学生か中学生だったのです。

本物かどうか聞いて確かめたところなんと本物の小学生だというのですよ。

それに興奮した私は、ぜひ紹介してくれと頼みサイトのアドレスとパスワードを教えてもらいやってみることにしました。

そして釣れたのは加奈子ちゃんという女の子、なんと年齢は十一歳。家の息子と同じ年の女の子でした。彼女はなんと泊まりでの希望、写真付きで見てみるととても可愛い子で私の好みでした、しかもまだ彼女にアプローチするライバルはいなかったのでこんなチャンスは速攻でメールを送りました。幾らかの金額と私自身のアピールを書いて送ると返信が返ってきました。その後短い内容での連絡を繰り返した後に『会ってくれますか?』と書かれたメールが送られてきて約束を取り付けることができました。



二週間後家族には内緒で二日間休暇を貰い、出張だと言い家を出ました。

指定された待ち合わせはちょっと田舎の方にある駅で、待つ事数分。駅のホームに旅行鞄を持った女の子がやってきました私はその子に近づき。

「久しぶり加奈子ちゃん」

「あ、叔父さんお久しぶりです」

とやり取りをするして少しでも怪しまれないようにし、女の子を車に乗せた。私の車出勤なのでその辺りは便利だった。

で、車を発進させ走りながら会話をする。

「はじめまして、加奈子ちゃん」

「はじめまして、小父さん」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月10日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ