相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】愛妻を淫乱な女に・・・智子編【告白体験談】

私達夫婦(智・33歳、愛・36歳)  私の願いから妻・愛を清楚な女から淫乱な女に変えていった現実の話を聞いていただきました。今回は友達夫婦(直樹・33歳、智子31歳)の話しをさせて下さい。

直樹は私以外の男を知らなかった妻を罠に嵌めた協力者です。

直樹と智ちゃん夫婦には子供がいません。

子供が出来ないのを理由にレス状態になっていました。

しかし、愛が間に入って二人で話し合った結果、子作りに努力していましたが1年経った時点でも妊娠の兆候はありませんでした。

直樹は変わっていく妻のように智ちゃんも一緒にセックスを楽しんで欲しいと洩らしていました。

直樹は智ちゃんとのセックスのたびに『他の男とセックスしてみないか?』とか、『誰か他の男と3Pしよう?』などと言ったりバイブやローターを智ちゃんに使ったりするようになったらしいのです。

心配になった智ちゃんは、普段から姉と慕っている愛に相談してきました。

「愛さん・・・相談したい事があって・・・」

「いいわよ。どうしたの?」

「電話では話しにくい事なんです。週末、直樹さんは出張でいませんのでお邪魔してもいいですか?」

「あら、いいわよ。うちの人も土曜日はゴルフだし、そのまま飲みに行くって言ってたからお泊りにくる?一緒にご飯を食べてお酒でも飲みながらゆっくりと話しを聞いてあげるわよ」

「じゃあ、5時頃にお邪魔します」

「ええ、いらっしゃい。待ってるわ」

電話を切った愛は私と直樹に連絡してきました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年8月19日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】愛妻を淫乱な女に・・・8【告白体験談】

直樹と岡本君とで妻の誕生日を祝った翌週に〇〇商事の木下君から「飲みに行きませんか」とのお誘いがあった。

勿論、妻を貸し出す件である。

写真の女性は私の妻だと告白する決心はついていたのでOKしました。

私は愛に了解を得るため連絡ととりました。

「愛、木下君から電話があったよ。今晩、飲みに行くから・・・木下君との貸し出しプレイを打ち合わせてくる」

「あなたにお任せします。私はあなたの望む女になるわ。」

「じゃ、少し遅くなるから・・・」

私は電話を切りながら、私には妻の不安な気持ちが伝わってきます。

今まで、私と一緒に複数プレイなどは経験してきましたが、妻一人で他の男に抱かれるのは初めてです。

今まで知らなかった快感を知る事によって、淫乱な女になっていくことを期待して木下君に会いに行きました。

酒の席は居酒屋ですが個室を予約してくれていて秘密の話しをするのには好都合です。

小一時間ほど仕事の話などしましたが木下君が鞄からUSBメモリーを出して

「ここに妻の記録が入ってます、家で確認して下さい。社長が信頼してる友達がたに見てもらって結構です。私達には子供がいません、妻は仕事もしてませんのでいつでも貸し出しできますよ。社長の彼女さんとプレイする前に友達と楽しまれますか?ビデオさえ撮っていただけたら私も楽しめますから・・・」

「いや、連絡を取ってみないとわからないなぁ?それより、木下君。君に話さないといけない事があるんだ。」

「社長なんでしょう?話しって・・・」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月19日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】乱パ【告白体験談】

地方で乱パサイトを運営してるんだけど、年3〜4回程度しか開催出来ないというショボイところなんだけどね。

昨年末に45歳のおばさんから応募があって、開催するために募集したんだ。

その中にゴム必須っていうのを書いたのだが、検査受けてくれたら、中出しでもいいよってメールが。

急遽、中出し輪姦パーティーに変わっちゃった。

参加条件は、エイズ検査の証明(1週間以内)の提示があるものは生で、そうでない人は、ゴム付きでって応募をした。

年齢が年齢なんだ、あんまり集まれないかと思っていたが、4名の参加者が。

それも、4名全員がちゃんと証明書を持って来た。

まずは自己紹介タイムってことで、ソフトドリンクと乾き物でおしゃべり。

注意事項の説明をして、みんなでお風呂へ。

男性みんなは彼女を洗いっていうか、愛撫してる感じ。

男性は自分で洗って。

味見ってことで、彼女にみんなにフェラしてもらい。

ベッドルームへ。

しかし、5名でひとりは結構窮屈なんで、まずは3名ってことで、自分ともう一人がリビングで待機。

ひとりが終わったら、ひとりが参加して、って感じで、自分が最後行くことに。


告白体験談関連タグ

||||||||

2014年8月19日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】最高のオナニー【告白体験談】

<>441名無しさん@ピンキーNew!2013/07/29(月)07:22:13.21ID:m/Y/wYFc<>

自分をフった女の子と会うことほど気まずいものは、世の中に中々ありません。

僕はその日おびえていました。1年前に勇気を出して告白したものの見事に玉砕した香奈枝ちゃんが、家に遊びに来るというからです。



そもそも決して可愛くもなく、ましてタイプでもない彼女に告白したのは、何度か二人で遊んでいるうちにこっちに気があるのではないかと勘違いしてしまうという非常に恥ずかしい理由でした。

不思議なもので、一度そういうことを意識してしまうと止まらないものです。

僕は気がつくと毎晩彼女でオナニーをしていました。

童貞の僕は、彼女が見せる白い生脚や、ストローを吸う時の唇のすぼみなどを思い出してはそれを白く汚す妄想に取りつかれていました。

繰り返しますが、香奈枝ちゃんは決して可愛くありません。

芸能人で言うとPerfumeのかしゆかにかなり似ていますが、あれをほんの少し崩すと結構微妙な顔立ちになるのは想像していただけるかと思います。

ただ身体つきはいやらしいものでした。170cm程度の高い身長とほのかに肉のついた稜線はその抱き心地の良さを感じさせましたし、

何より肌が凄い白くてそこが僕の欲情を非常に掻き立てたのです。

オナニーで満足できなくなった僕は、その身体にどうしても自らをゆだねてみたいという欲望に逆らえず、また流石に失敗は無いだろうという慢心から軽い気持ちで告白してしまいました。

結果は玉砕。

普通にあっさり断られ、その後の交流は殆どなくなってしまったのです。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】社宅物語「犯される」【告白体験談】

私は宏さんに何の抵抗もしないで、簡単にスカートを捲られたうえに色の指定まで

指示をされたことに、ある種の反感を感じていました。

今頃、隣では‥私は智子さんと宏さんのセックスが思い浮かべながら

タンスの奥にしまっていたミニスカートを取り出していました。

翌日、主人が出かけたあと、早速ミニスカートに履き替えて、鏡の前に立ちました。

「仕方ないかな‥これも主人のため」



ベランダに出て、洗濯物を干していると、下の方で慌しい動きがありました。

それからすぐにチャイムが鳴り出てみると、隣の智子さんでした

「今週末に組合の会合があるので出席してくれる?」

「はい」

「それじゃ」

「あのぉ智子さん下で何か騒いでいたようですが」

「ああぁあれね」

「何ですか?」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】妻を貫いた他人棒【告白体験談】

 私は現在45歳、妻・理香は43歳の熟年夫婦です。

妻の身長は156cm、丸顔のポッチャリ型で、自分で言うのも憚られるのですが、齢の割には容姿は衰えていません。

知人から「素敵な奥様ですね。」と言われると、悪くない気がして思わずにんまりしてしまいます。

20代、30代のときは、世の男性と同じく、それこそ毎晩のように交わっていたのですが、40代後半辺りから

精力減退の兆しが見えてきました。終わった後、妻は何も言いませんが、私は妻が女盛りを迎えているというのに

申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

 きっかけは某Webサイトの乱交体験や寝取られ体験告白にログインしてからでした。「最愛のあなたのパートナーが、

あなたの手を握りながら今他人棒に貫かれようとしています。・・・」の件に目をやると胸がドキドキして、悪魔

めいた寝取られ願望が沸いてきます。男性というは、妻を愛すれば愛するほど、このような快感を求めたがるものかも

しれませんね。

私のものはまあ普通サイズだと思います。勃起したときの長さは16cm、幅は4cmほどです。他人に誇れるほどの物で

ないので、清純で貞淑な私の妻がもっともっと大きいペニスに貫かれている所を見たいという欲求が高まってきて

どうにもならないところまできました。

 そんなある日、意を決して妻に頼んでみたのです。

「理香が、他の男のペニスを受け入れているところを見たい」と。当然、妻は、「何考えてんの?私がそんなこと


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】友人との旅行で初めての乱交【告白体験談】

最近、私は友人2人と温泉旅行に出かけて来ました。

友人の千佳さんが旅行にでも行きたいね!と言い出したのが始まりです。

私達3人は同い年で、子供が同級生だった事もあり、仲良くなりました。

千佳さん31歳は、小学5年と3年のお子さんがいます。

もう1人奈々子さんも31歳で、小学5年のお子さん、そして私も5年と4年の小学生の母です。

春休みに入った子供達を実家に預け、私達は2泊3日の旅行に行く計画を立てました。

夫も、たまには羽を伸ばして来いよ!と言ってくれました。女性だけの旅行なんて、何年ぶりでしょうか?

独身気分でウキウキだった私は、服装も若々しく化粧も念入りに気合が入っていました。

夫「随分気合入ってるなぁ・・・見違えたよ」

私「そうぉ?久々の女性だけの旅行だから、気合入れちゃった」

夫「良いんじゃない!20歳位に見えるよ」

私「そんなお世辞言っちゃって・・・でも嬉しいわ」

夫「ナンパとかされたりして・・・」夫から言われた”ナンパ”と言う言葉に、ちょっとドキドキする気持ちが芽生えていたのは事実です。

駅まで車で夫に送ってもらい、歩いて駅の中へ歩いて行くと既に千佳さんと奈々子さんが待っていました。

2人共、若々しい格好です。大学生とは言えませんが、まだ20代のOLって感じに見えるかも知れません。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【学校】売れ残り【告白体験談】

大学のゼミの卒業旅行でシンガポールに行ったときのこと。

合計20人ほどで行ったのだが、中にはカップルもいた。

ある晩気が付くとホテルには俺と純也と香澄と今日子だけが残されて、他のみんなはカップルでしけこんだり、外出したようだった。

俺ら4人ははっきりいってモテない4人。

俺と純也のツインの部屋で4人で盛り上がらない雰囲気の中、飲んでいた。

俺が

「今頃、××たち(ゼミ内のカップル)、やってんだろうなあ」

と思わず言ってしまった。

純也も

「いいよなあ…」

としみじみ言い、ほかの3人もうんうんという感じだった。

すると香澄が

「ねえ、ぶっちゃけて聞くけどさ、みんな経験あんの?」

という禁断の質問をした。

俺と純也は固まってしまった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月8日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【人妻・熟女】乱交サークル (出会い)【告白体験談】

私は以前より乱交に興味がありました。

もし、妻が・・・何て考えるうちにドンドン気持ちが膨らみ妄想する日々。

ネットで色々見ているうちに、ある人物と知り合う事になりました。

メールのやり取りをして、比較的家も近く、何度か外で会っているうちに相談事にも載ってもらったりしました。

弘 「俺は嫁さん居ないから、羨ましいよ」

私 「そうですか?色々うるさいですよ!」

弘 「一人よりずっといいよ。淋しいもんだぜ!」

私 「気楽そうで、羨ましいけどなぁ・・・」

弘 「夕食はいつもコンビニ・・・良いか?」

私 「じゃ、今度遊びに来てくださいよ。」

弘 「いいのか?」

私 「嫁、紹介します」

彼:弘さん37歳 自営業(スナック)

私:32歳(圭介)/妻30歳(美優)子供無し

ピーンポーン♪


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年8月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻【告白体験談】

私の場合、「中出し」することにあまり興味はないんです。

私が好きなのは、もっぱら「中出しされたお○○こ」なんです。

そんなわけで、愛する妻に中出しを決めては、妻の中から流れる精液などを観察していんですが、これがどうも違う・・・。

何て言うか、私にとっては「中出しされたお○○こ」の「汚された」という感 じが好きなわけで、自分の精液では「汚された」という感じがあまりしないんですよね・・・(笑)。

じゃあ、どうしたらいいのかっって??

そう・・・妻の中に他人の精液を注いでもらえばいいんです!

もっとも、この気持ちを妻に理解してもらうのには苦労しました。まあ、スワッピングなどを楽しむご夫婦も少なくないとは思いますが、さすがにスワッピング相手に「中出し」まで許すケースは多くないのかなと思います。我が妻も、男性経験はそれなりにあるわけですが、それでも「中出し」というのは一応特別な行為であるわけで、本当に大変でした(笑)。

それでも、何とか妻を同意させることができたのは、マンネリになりがちな夫婦生活の中で、妻も何らかの刺激が欲しかったということでしょうか。ここまでは、私の我が儘を聞いてもらったわけです。だから、相手については、妻の希望を尊重するということになりました。そうしたら、「若くて元気な子がいい・・・」まったく、最近元気のない私へのあてつけか・・・(笑)。とはいえ、身近に若い男性の知り合いなど無く、結局はテレクラに・・・。

妻が話をした後、私も変わって事情を伝え、いざ会うことになりました。

妻が選んだ相手は、20歳の学生さん。まあ、真面目な感じで、私たちを前に顔を真っ赤にさせている。思えば、自分が彼ぐらいの年齢の頃って、何故か年上の人妻っていうのに妙に惹かれるところがあったなぁと・・・。彼にしてみれば、私が言うのも何だけど、人並み以上に魅力的な34歳の人妻をこれから抱けると言うことに加え、しかもその旦那の前で抱くという普通では ない行為をしようと言うのだから、緊張するもの当たり前か・・・。

愛する妻も、いざ本番となると緊張しちゃって、大胆な言葉を連発していた前日のベッドの中とは別人のようでした。仕方なく、私が二人を促すかたちで、まずは妻を裸にさせて・・・。彼の目には、初めてみる熟女のお ○○こはどう映っていたんでしょう。10代の娘のような鮮やかなピンクの肉の輝きはとうに失せてはいるものの、色素が沈殿し、花びらもやや変形したこのお ○○こも、私なんかに言わせればなかなかに魅力的なもの。まあ、いずれにしても、彼は一心不乱に妻の股間を舐めておりました(笑)。

もっとも、サービスばかりさせていては申し訳ないと、今度は妻の番です。彼を立たせて下着を脱がすと・・・。

う〜ん、若さというのは素晴らしいと言うべきか、本当に見事でした。

まず、勃起したときの角度が違う!ほとんどお腹にくっつくくらいに反り返ってるんですよね。

それと・・・。実は私、あんまり大きくないんですよね。気にはなってたんです。だから妻にも聞いたことがある。でも、「普通くらいじゃないの・・・」躊躇いがちにいうその言葉が、慰めだということはわかってました。だけど、妻も一応感じてくれるし、実際、生で他の男性の勃起したち○ぽを見る機会なんてあるわけもなく、今ひとつ実感がなかったわけです。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ