相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】本当の再構築【告白体験談】

実は俺の嫁も昔、不倫しててね。

修羅場になって、関係者全員不幸になった。

何もかも捨てて間のところに行く、って口走ったんで

離婚しても親権ではもめなかったな。

幸い、俺の両親、商売をたたんだばっかりだったので、呼び寄せて

なんとか生活は軌道に乗った。

嫁、案の定間男から、遊びでした、あなたとは一緒になれません、なんて言われて

実家からも半勘当状態。

嫁の兄嫁にうまく取り入って兄貴のところに転がり込んだものの、長続きするわけもなく。

しばらく消息も途絶えてた。

ところが3年位して、俺の祖父が大往生を遂げたとき、ひょっこり葬式にやってきた。

それも、こそこそ、おどおど、挙動不審で、隠れてるつもりみたいだけど逆に目立ってて。

ところがその姿が、俺には凄く懐かしくて。

昔、手違いで、会社の方の葬儀に、俺と嫁が別々に出たことがあって、その時の様子そのままなのな。

後ろから忍び寄って、ポンと肩叩いてやったときの、驚きとも安堵ともつかぬ表情まで一緒で。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年9月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻とKさん【告白体験談】

初めて投稿します。

長文ですが妻の性の変貌をお話します。

私夫38歳、妻35歳、子供一人。

妻とのSEXは月に1、2回程度です。

私の竿は一般男性に比較できない程短く、小学生位の長さです。

平常時で3、4cm、勃起時でも7、8cm程度と短く、細く太さも約3cm、しかも包茎です。

妻も、私の竿では満足できず、イッた事がありません。

妻に聞くと、正直入っているだけと言っていました。

結婚する前は5人程男性経験があるそうです。

いままで付き合ったい私以外の男性は、全てズル剥けで、大きかったと言っていました。

以前、私が職を失い、生活の費を稼ぐため妻が仕事に出ることになりました。

仕事は自治会の紹介で近所の老人(60歳~75歳位)の方の世話でした。

世話と言っても、雑談などですが・・・

仕事を初めて数日後、Kさん(65)さんに、お金が必要なのと言われたそうです。

Kさんは、以前土方をしており、身長180cmで体格もガッチリしている方です。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】勿体無いほどの人妻②【告白体験談】

彼女のソコは糸を引きそうなほど濡れています。私は彼女の愛液を掬い取り、彼女の目の前にさらしました。

親指と人差し指を付けたり離したり・・・

いやらしく糸を引きます。

“これ何?そんなにしたかった?”

“いやっ・・・恥ずかしい・・・”“オマンコ舐めて欲しい?”いやいやをする彼女。“違うの?じゃあチンポハメて欲しい?”またいやいやする彼女。

私は彼女の割れ目にチンポをあてがい、糸を引く愛液を塗りつけるとチンポの先でクリトリスを擦ります。

“アン・・・ああっ・・・”“さあどっちがいい?舐める?ハメる?それともこのままチンポで擦り続ける?”

私は言葉で嬲りながら、少しづつ彼女のオマンコにチンポの先を入れたり抜いたり・・・チンポの先がオマンコの入口に当ると、彼女の喘ぎ声は大きくなります。ヌルヌルした愛液がどんどん溢れてきます。チンポの先を入口に少し入れた瞬間、彼女が腰を押し付けてきました。“どうしたの腰が動いたよ。ハメて欲しい?”ヌラヌラと濡れた彼女のオマンコは、ラビアが開き切り真っ赤に充血しています。私は彼女を仰向けにすると、股をガバっと大きく開かせ、オマンコが丸見えのポーズを取らせました。

“あっ・・・いやっ・・・恥ずかしい”彼女の両膝を折り曲げ、アナルまで丸見えになるポーズ・・・。彼女のクリトリスは意外に大きい・・・しかもきれいに剥けていました。

可愛い顔してこりゃ淫乱かも・・・楽しみだ。

私は十分に剥けた彼女のクリトリスをさらに剥き出し、舌先を当てがいました。

はじめはゆっくりと上下に舐めあげて・・・“あン、あっあっあっ・・・”声とともに彼女の腰がビクビクと痙攣します。次第にピッチを上げ、舌の動きを早くしていきました。

彼女の喘ぎ声も同じように早くなり、私の頭を両手掴むや腰を振り出しました。

“あっあっあっ!い、いっ・・・”もう私は舌を動かす必要はありません。

彼女の腰の動きに合わせて舌先を突きだしているだけ。彼女自らが、私の舌でオナニーをしている状態です。“はっ、はっ、はっ・・・いっ、アン、あっ・・・”“あっ!いやっ!イク・・・・ゥ・・・”全身を仰け反らせ、私の下にクリトリスを強く押し付け痙攣する彼女。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年9月7日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】伯父に支配された女達【告白体験談】

私の家族は、父と母、それと伯父(親父の弟)、そして祖母の5人家族です。

今から、10年前の話しになりますが、父は大工さんで、伯父と一緒に働いていた。ある日、父のミスで伯父が屋根から転落し

大けがを負った。伯父は元々独身で一人暮らしをしていたが、この事が原因で我が家に来る事になった。

怪我も良くなったが、後遺症もあり伯父は一切仕事をする事もせず居候状態だった。

そんな生活も半年続いたある日の事、(当時、私は中学3年だった)私は学校も午前中で終わり自宅に帰った。

家に入ると、人気が無く母も居ないのかな?と母の寝室に向かった。すると、部屋から声が聞こえた。

”母は居るんじゃないか?”と思い近付くと一人では無かった!”誰?”そう思った私は、耳を澄まし会話を聞いた。

母 「もう、許して…子供が帰ってくる時間だし」

男 「お前の親父のせいでこうなったんだからな」

母 「それは分かるけど、何でこんな事するの?」

男 「俺だって男だ!溜まるんだよ!お前達は毎晩、楽しんでいるのに・・・俺だって」

母 「今日だけでいいでしょ。困るわ!」

男 「何言ってるんだ・・・毎日でも犯してやる」

私は、ハットしました。間違いなく男は、伯父です。母が伯父と…。私は複雑な気持ちでした。

伯父は私にはとても優しく、一緒に遊んでくれたり、時には親父の様に叱ってくれます。そんな伯父がどうして?


告白体験談関連タグ

||||||||

2014年9月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】勿体無いほど美形の人妻・番外編②【告白体験談】

たくさんの男性達が見つめる前で、S子はアクメの余韻にいやらしく腰を蠢かせます。はあぁ・・・ン・・・ンっ・・・・ンンン・・・ゆっくりとチンポを出し入れするS子。

ときおりビクッ!ビクッ!と腰を痙攣させながら…。少し落ち着いたS子からチンポを抜き、しゃぶるように命令しました。S子は肌蹴ていたガウンを直し、私の前に跪きながら、自分の本気汁でヌルヌルのチンポを咥えます。右手で扱きながらカリ首をしゃぶるS子…。

扱くタイミングと口の動きもピッタリ合い、とても上手くなっています。“チンポしゃぶるのが上手くなったなぁ・・・旦那は知ってるのか?”

一瞬顔の上下の動きを止め、首を横に振るS子。

“あの・・・コンバンハ。”とNさん。いきなりの強烈な場面に声もかけられなかったみたいです。“済みません、何人か来られなくなって、男は6人になっちゃいました。

あと女性なんですが、少し遅れそうです。”私はS子にチンポをしゃぶらせたまま、男性達にシャワーを浴びてきて下さいと言いました。シティホテルとはいえバスルームは狭く、一度に2人入るのが精一杯。

Nさんと残り3人は、S子のフェラをベッドに座りながら見ています。“Nちゃん、ホントにこの子と遊べるの?ムチャクチャ美人やん!”3人の一人、Kさんと言う方が、信じられないという顔をしながらNさんに聞いています。苦笑いをするNさん…。“S子に聞いてみましょうか?”と私。“ほら!チンポしゃぶってないで皆さんに挨拶しなさい。”私はS子に挨拶の練習をさせていました。S子はチンポから口を離すと、私の顔を下から見上げ、恥ずかしそうに確認します。

顔は赤く上気しています。私はS子に頷きました。つまり練習通りに挨拶しなさい!と言う意味です。

覚悟を決めたS子は、ガウンのまま正座。

両手をついて・・・“初めまして…S子です。今日はS子の為に集まって頂きありがとうございます。

今夜はS子を玩具と思って、好きなように扱って下さい。

体中を皆さんの種汁でグチャグチャに汚してください。”

シーンと静まり返る部屋…。Kさん:“という事は遠慮しなくていいってことね?”ハイ・・・とS子。Kさんは立ち上がると服を脱ぎながら、“俺出てくるときにシャワー浴びて来たし・・・”と…。

“S子ちゃん、ズボン脱がせてよ!”ハイ・・・とS子。S子はKさんのズボンのベルトを外し、フックを空けチャックを下します。こちらから見ても、Kさんのチンポは既にビンビンなのが分かります。パンツを下したS子の動きが止まりました。

S子の目の前に現れたチンポ・・・巨根です。ゆうに20センチは有ろうか…というKさんのチンポ…。“すごい・・・おっきい・・・”そう呟き、S子が息を飲むのが分かりました。私のチンポは17.5センチ、決して小さい方では有りません。Kさんの物は私の二回りは大きい上、見事なくらいに上に反り上がり、カリも素晴らしく張っています。あまり背も高くないKさんですが、先天的なバネを感じる筋肉体質です。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻とのSEXを覗かれ、やがて快感に【告白体験談】

今から7年程前の話になります。

妻と結婚したばかりでお金も無く、ボロアパートに住んでいました。

築30年のアパートは、壁も薄く隣の部屋の音が聞える様な所でした。

お隣には、1人で住んでいる50代男性。まだ新婚の私達は夜の営みも気を使う毎日。

ラブホテルに行きたい所ですが、金銭的に余裕が無く、泣く泣くカーSEXや青姦をしていました。

決して好きで始めた訳では無かったんですが、いつの間にか2人共楽しむ様になっていたんです。

外は、以外に気持ちも良く大きな声を出しても問題ありません。

普段隣に気を使う生活にストレスを感じていたんだと思います。ある日の夜、私達は家から10分程走った山間部で大きな駐車場を見つけました。

夜と言う事もあり、駐車場内には車が居ませんでした。私は車を奥の目だたない場所に停め妻にキスをしました。

「ここでいい?」

「うん!静かな所ね。誰も来ないよね」

「誰か来ても明かりで分かるから、大丈夫」

助手席を倒し、妻の来ている上着を捲るとDカップの胸が露わになり、私は吸い付いたんです。

「あ~優しくしてね・・・ん~気持ちいいよ」

「もう濡れてるんじゃない?」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】胸にタトゥと乳首ピアスを入れられた妻【告白体験談】

私は30歳 妻は26歳。

結婚して7年になり 6歳の娘がいる3人家族。この掲示板でも似たような投稿を見かけたが 妻の性格は無頓着で天然な感じだ。私は去年仕事の都合で半年間単身赴任だった

妻の無頓着ぶりは慣れっこで 家事はちゃんとしてくれている妻だったのでさほど心配せず単身赴任に行った。帰ってきたのは年末の忙しい時期

だがそのままちょうど会社も年末年始の休暇に入り私は家に帰った。

妻と娘が出迎える 懐かしいなぁ~

娘は成長していた 私のことを忘れていたらどうしよう等と心配していたが「パパ~」と駆け寄ってくる娘を見てその心配は吹っ飛んだ。

妻も変わらずやさしい笑顔で「おかえりぃ~」と出迎える

その時は まだ妻の異変には気づかなかった…その夜…実は年明け早々私達は学生時代の妻の友人の結婚式に招待されていた

私は何度か結婚式にも出ていて衣装はあるのだが 妻はしばらくぶりで衣装は無く 先日ドレスを購入しに行ったとのことだった

私はどんなのを買ったのか見たかった 妻の事だからマナーとか無視した感じの服だと困るからだ。「じゃ ちょっと待って~着替えてくるよー」と言って妻は部屋に行った

しばらくすると

「お待たせ~」と言って妻が現れた。

妻が着たドレスはシックな感じの黒でチューブトップみたいなふうな肩紐の無いドレスでやや透けていた

妻にしてはちゃんとした物を選んだな という感じだった。

「でもさ ちょっと胸の部分がキツイんだよね~」と言いながら笑っている。


告白体験談関連タグ

||||||||

2014年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】沖合の堤防で釣を楽しんでいるとエッチな夫婦に出会った。【告白体験談】

休日、私(20歳)は沖合の堤防で釣を楽しんでいる。

釣具店に予約を入れ、早朝に沖合の堤防に船で送ってくれるんです。

お昼頃に迎えに来るまでゆっくりと釣りが楽しめます。

魚は主にクロダイが目的で、他にも多くの魚が釣れます。その日の早朝、私は早めに釣具店に向かい店長と釣果を聞いていました。

最近クロダイもそこそこ上がっていると言うので、期待していたんです。

そろそろ時間と言う事で、港に向かったんです。

船には既に船頭が待っており、挨拶を済ませ船首に座って待っていました。

”他のお客さん居るから、ちょっと待ってて”と言われ他に客が居る事を知ったんです。

その日は、月曜日(私は休み)で平日はほとんど客が居ません。

感じの人だと良いなぁと思いながら待っていました。(半日一緒に孤立するので・・・)

声が聞え、目を向けると40代前後の夫婦らしき人達です。

船頭に挨拶をすると、私に気づき”待たせてしまってすいません。今日はよろしく”と感じの良い

人でした。軽く頭を下げ、船が出港しました。

船で20分程沖合に大きな堤防が見えてきました。波も穏やかで絶好の釣り日和です。

船から降り、いち早くポイントへ向かいました。(私は何度も来ていたので、ポイントは決まっています)


告白体験談関連タグ

||||||||

2014年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】友人夫妻と初めてのスワッピング【告白体験談】

3年前に私達夫婦は結婚し、2年前に新居を購入した。

妻との間にまだ子供も無く、それでも楽しく新婚生活を送っていた。

新居完成が近づき、家を見に行くと直ぐ近くにも家が建てられていて、同じ時期に完成する予定らしい。

どんな人たちなのか?いい人だったらいいね!と妻と話していたのだ。

新しい家に引っ越して数日後、隣の新居にも住人が引っ越してきた。

”ピ~ンポ~ン”呼び出しに私が顔を出すと、30歳位の夫婦が笑顔で、玄関に立っていた。

「今度隣に引っ越してきた野辺と言います。今後よろしくおねがいします」

「あ~お隣さん!こちらこそよろしくお願いしますね」

凄く感じのいい夫婦で、私達も安心した。

お隣さんとは、年も近く何だか意気が合うと言うか!直ぐに仲良くなったのだ。

(私30歳、妻27歳 お隣旦那さん31歳、奥さん27歳)

お互い子供も無く、休日に一緒に買い物に行ったり、旅行にも行くようになった。

特に男組は、週末飲みに行ったりして、相談事や趣味の話、時にはエッチな会話に盛り上がっていた。

そんな話の中で、お隣のエッチは凄く激しいらしく、奥さんがドMと聞き驚いた。

お隣の奥さんはムチムチの身体で、胸もお尻も大きく服装も肌の露出も多い為か、色気ムンムンって感じ。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月5日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】実の兄と【告白体験談】

先週の週末(土)に伊豆まで親戚の結婚式へ行って来ました。

当初は僕の両親と兄夫婦、そして僕の妻と娘の7人で出席する予定でしたが

父が腎不全の為に入院して、母も介護の為に欠席

兄嫁は臨月の為に大事を取って欠席

仕方なく僕の家族と兄の4人で行くつもりでしたが

母が娘の面倒を兄嫁とみてくれると言うので

結局は僕(30)と妻(28)と兄(32)の3人で出かけました。

当日は昼からの挙式と云う事なので、朝の7時に兄の車で出発

式場に着いたのが12時前で、そのまま着替えて挙式に参列

披露宴が終わり、新郎新婦を送り出し、全てが終わったのが

午後の4時前でした。

そしてその日は叔父の家に泊めて頂く予定だったので

叔父の家に行くと、知り合いの旅館を頼んで有るので

そちらに泊めて貰う様に言われ、ご好意に甘えてそうさせて頂きました。

旅館に着くと直ぐに夕食を出していただき、寝間の準備をして頂く間


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年9月5日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ