相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】美和子物語 竹下さんの自動車 二人の女性が競り合って・・・【告白体験談】

美和子物語 竹下さんの自動車 二人の女性が競り合って・・・

美和子の自宅は岡山駅の近くです。

自宅の隣接地に町内会が管理する駐車場が有ります。

自宅へは市道から共有地の私道を経て出入りします。数ヶ月前ですが所属するボランテア団体の事務局職員のお方から不名誉な噂話が耳に入りました。

隣家の老夫婦がニュースの発信元だと分かりました。美和子の家の裏庭では野菜畑や果樹が数本有ります。

父が健在時には手入れをしていましたが父母が亡くなってからは耕作しないで隣家のご夫婦にお貸ししていました。竹下さんは週末にお越しになっていましたから、事前に彼の自動車が駐車できるように共有の私道をあけて居ました。

そのときは、美和子の赤いHONNDAは町内会の駐車場へ移動していました。隣家の老人夫妻は竹下さんが来宅の事はご存じないと思っていましたら・・・。

週末に美和子さんのボーイフレンドが来られる時にはご自分の車を駐車場へ移動して来客用に私道をあけておられる・・・。

との事でした。週末にはボーイフレンドがお泊まりになっている。

早朝にお帰りになることも有るが、お昼頃までおられる事も多いと・・・。

玄関横の潜り戸を通れば畑へ行けるので隣人が自由に利用されていました。

常識的な老人夫妻でしたから他人の事を詮索されるなんて予想もしませんでした。

畑で野菜類が収穫出来れば半分は頂いて居ましたから・・

夜に仲良し会をして、朝からも交わるのが常でした。

美和子が騎乗位になって、激しく燃えているときには通路にお声が漏れていたみたいでした・・・。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【浮気・不倫】罪無きカップル6【告白体験談】

男は思いっきり、腰を打ち付けた。そして、チンコを抜くと胸に射精した。「この女、これで5人目だ」逝った男は言った。そして、次の男が恭子ちゃんに挿入した。「お願い、やめて下さい」恭子ちゃんは何とか声を出すが、男は構わず動かした。「やわらけー」と声がする方を見ると、紗季が胸を揉まれていた。そして、男は、Tシャツの中に手を入れ生で揉んだ。その時、一般車がはいってきて「おまえら、いいかげんにしろ。警察よんだぞ」とおじさんが叫んだ。「ヤベー」「逃げるぞ」と男達は紗季を離すと、一目散に車へ乗った。岡田は「恭子を離せー」と言った。恭子ちゃんは車から投げ出され、岡田は駆け寄り、投げられた服で裸の恭子ちゃんを包み「ごめんよ。ごめんよ」と抱き締めながら泣き崩れた。私は、紗季を抱き締めた。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年7月27日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】友人の彼女と【告白体験談】

友達の彼女とやった。

友達と3人で飲もうって話になってたんだけど

友達の仕事が終わらなくて先に飲んでた。

17時の開店と同時に、入り、友達が2時間以上かかるとのことで

友達の彼女と2人で安い居酒屋の飲み放題で飲みまくり。

結局、2時間たっても友達の仕事は終わらず、

友達「今日はお流れという事で、ホントゴメン」と。

「どーするよ?」と、俺も友達の彼女も朝まで飲む気マンマンだったので

「2人でもうちょっと飲もうか?」って話になって、次の店へ。

2件目はちょっとおしゃれな感じのバーへ。

「いつもS(友達)とこういうとこ来るの?」と聞くと

「いや、一回も来た事無いから、ドキドキする」とM(友達の彼女)は言う。

このとき、「酔わしてみようかな?」と悪戯心が・・・

Mは付き合いがよく、こっちがドリンクの注文をすると、あわててメニューを見て

でも、すぐ決まらないので「じゃあ、一緒のもうひとつ」という。(かわいいw)


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年7月25日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】友達のカレ【告白体験談】

OL、29才です。

友達の彼氏が・・私に「相談したいことがある」・・そう言って電話してきたの。もう家のすぐそばにいる、と。

 車に乗り込むと、人気の少ない海の見える駐車場で泊めて、後部座席をフラットにして寝転んだ彼が「隣に来て」と。

 戸惑いながらも彼の隣に移動・・・彼に優しく抱きしめられてキスされちゃいました。

「ごめん」

 彼はそう言ってすぐに私を家まで送ってくれました。私はそれ以来、彼のことが頭から離れなくなっちゃった。

 その1週間後、また電話が来て、今度ゆっくり会いたい・・と。キスの続きがしたい・・そう思っていたので会いに行きました。そして、即効ラブホへ。

 彼の力強いキス。 服をお互い脱がしあって・・・

 下着の上からお互い愛撫・・・

 自分ですごく濡れてるのがわかりました。

 早く欲しい・・口にしなくても伝わったみたい。パンティをはぎとってバックで大きいのを奥まで一気に入れてくれた。

 私はすごく気持ちよくてすぐにイっちゃいしまいました。

 それを見た彼は引き抜いて私の口に「なめて」と。

 久し振りのエッチであそこがヒクヒクしてるんだけど、彼のを一生懸命フェラしました。

 フェラしてる最中も彼が私を愛撫・・・69


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月17日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】友達の彼女をレイプ3【告白体験談】

私は奈央の後ろに行き奈央のマンコに挿入した。「ん・・・んー」と奈央は嫌がるが、いれてみるとすごい気持ち良かった。私は夢中で腰を動かした。「アン・・ヤダ」と奈央も感じ始めている。私は必死になりすぎ、気がつかなかったが先輩はフェラをやめてタバコを吸いながらこっちを見ていた。「奈央。ビデオを流されたくなかったら今度から俺の便所だ」と奈央に言うと頭を横振っていた。「ま〜お前次第だ。〇〇。早くしないと貴司やお前の彼女帰って来るぞ」私は、そうだ。そろそろ帰って来る。そして奈央の乳房を揉み「〇〇君・ア・・アン・中は・ダ」奈央の言葉なんか耳に入らない。そしてクライマックスにはいり、思いっきり奈央の尻に腰を押し付けいっぱい出してヤった。その時、先輩は笑いながら「〇〇。またヤりたくなってきたから時間稼ぎして来い」と言うと私を退かしまだ。ショックで動かない奈央を仰向けにすると挿入した。「イヤ・・イヤ」と奈央を横目に服を着るとドアを開け走った。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年7月15日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】酔った元恋人とのフェラチオ3P体験!!(その2)写真リンクもあり。【告白体験談】

そんな美樹と直輝を見ながら俺は手マンをやめて入れることにした先っぽを美樹のあそこに当てるとぬるぬるとした感触が伝わる俺はゆっくりと挿入した

「はぁん!ああっ!」

美樹は声をあげたゆっくりとでも奥までじゅっぽりと動かす直輝のモノを奥までくわえさせられながらこもった声で俺の動きに合わせて喘ぐ

「んふぅ!ふぐっ…んんっ!」

時々アイコンタクトとジェスチャーで直輝とやりとりをする美樹をバックの体制に変えて俺が後ろから突く直輝は美樹の前に座るとやはりAVのように(笑)舐めさせていた

「んんっ!ひっちゃう!んー」



美樹はあっという間にイってしまった 俺ばかりでは悪いななんて思いながら直輝に向かって親指と人差し指を立てくるっと回転させた交換しようぜ!の合図が伝わり俺は直輝と変わった俺は酔っぱらってるのもありとりあえず休憩がてら見てることにし煙草に火をつけたふと見ると直輝は美樹を正常位に戻してもう腰を振っていた

「あんっ…いいっ…あっ…気持ちいい…」



酔ってる美樹はもうよくわかってないのかと思うぐらい感じて大きな声で喘いでいた…



2人に犯され美樹は狂ったかのようにイき、そして喘いでいた

「ああぁぁぁ!いい!もっとぉ…気持ちいいのぉ…」

「どこが気持ちいいんだ?」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月14日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】今まで一番興奮したオナニー【告白体験談】

真っ白のパンスト、今では滅多に穿いて街を歩いてる女の子は見ないし、病院の看護婦ですらあまり穿かなくなった色だが、俺は昔からパンストにそそられるところがあって、特に真っ白なパンストを穿いている女の子を見るだけで勃起するほどです。

これは俺が約20年前の大学の時に経験した、おそらく生涯で一番興奮しスリルのあったオナニーの話です。

俺が大学の頃はまだ白系のパンストを穿いてくる女子学生も少なくなかった。その頃俺はある一人の女子学生をオカズにオナニーしてた、その子は友達の彼女で真っ白なパンストを穿いていることが多かった。真っ白いパンストを穿いてると言っても、清楚でフォーマルな服装で講義を受けていたわけではなく、大学では上はトレーナーで下もキュロットなどのカジュアルな服装で、靴下でもよさそうなものなのにいつもパンストを穿いてスニーカーを穿いてた。なぜだかわからないが真っ白なパンストにスニーカーを穿いた姿にいつもムラムラしてた、たぶん俺はパンストだけでなくスニーカーフェチでもあるんだろう。

ある日その男友達が「今日彼女が実家に帰っていないから、久しぶりに俺の部屋で夜通し飲もうぜ」と誘ってきた、俺もたまには男同士で飲みながら語るのも悪くないと思いOKした。

友達と酒とつまみを調達してアパートに行った、学生向けアパートなのでリビング兼寝室になっていて、部屋の隅にベッドが置かれていた、友達はあそこでいつもあの子と・・・と考えるとすごくうらやましかった。

テーブルの上には彼女と食べたであろうスナック菓子の袋などが散乱してた、そこで飲むにはそれらを片づけなければならないのだが、友達が「俺タバコ切らしてるの忘れてたから買ってくる、悪いけどテーブル片づけといて、ゴミはキッチンの所にあるビニール袋に入れとけばいいから」と部屋を出て行った。仕方なく片づけをして菓子の空袋などを言われた通りキッチンの所にあるゴミ袋まで持って行った。

当時はまだゴミ袋と言えば中が見えない黒、俺が捨てようと開けると既に半分ぐらいゴミが入っていた。

前置きが長くなったが、俺はそのゴミの中に脱ぎ棄てたパンストを発見してしまったのだ、つま先の補強部分が見えてて一発でそれがパンストだとわかった、つま先が汚れた真っ白のパンスト、友達の彼女が穿いたパンストに間違いない。

『のどから手が出るほど欲しい』とはまさにこのことだ、でもタバコの自販機はアパートからほんの2~3分の所にある、しかもキッチンの横はアパートに入るドアがある、俺がもしここでパンストを取り出した瞬間に友達が帰ってきてドアが開いたら、そう思うとその場は何もできなかった。

飲んでる最中もずっと隣のキッチンのゴミ袋の中にあるパンストが気になった、しかしチャンスは案外簡単に訪れた、友達がかなり酔って寝てしまったからだ、酒の量もかなりのものだったから当然と言えば当然の現象なのだが、この時ばかりは酒に強い体質に産んでくれた両親をありがたく思った。

何度か友達の体をゆすって起きないのを確認してから、俺あキッチンに向かった、部屋とキッチンの間にあるドアを閉めゴミ袋を開けた、おもむろにパンストを取り出す、ただでさえ酒が入って脈拍が高くなってるのに、パンストを手にして心臓が爆発するんじゃないかと思うほど脈打ってた。

パンストは脱いだままの状態で捨ててあった、丸まった状態をそっとほどく、つま先が汚れてはいたが真っ白のパンストの全体が現れた、片足部分に伝線が走ってたがそれほどひどくない。

今まで眺めることしかできなかった友達の彼女のパンストが俺の手中にある、これと同じものを穿いた脚を目に焼き付けて幾度となくオナニーした、最近彼女が真っ白のパンストを穿いていたのは2日ほど前だったはず、このパンストはまさしくあの時のパンストかもしれない、ゴミ袋の上の方にあったということから考えればまず間違いないだろう、その時も俺は彼女の脚ばかり見ていた、そのパンストが目の前にあるなんて夢のようだった。

そんなことを考えながら匂いを嗅いだ、つま先の汚れ具合の割にはそれほど激臭ではなかった、もう我慢できない、部屋のドアを開け友達が熟睡してるのを確認、心の中で「ゴメン、お前の彼女のパンストで抜かせてもらうよ」と謝りながら再度ドアを閉めた。

キッチンの横にあるトイレからトイレットペーパーを持ってきて射精の準備をした、ジーンズを下げパンツも下げいきり立った肉棒を握った、片方の手でパンストを持ち丸めて鼻に押し付けるようにした、そして俺は激しく肉棒をしごいた、ドア一枚隔てて友達が寝てる、そして俺がオカズにしてるのはその友達の彼女が穿いたパンストだ、スリルと顔にあたるパンストの感触とその匂いで興奮し1分もしないうちに大量に射精した。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月9日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】ブス系お嬢様と、性欲に負けて【告白体験談】

じゃあ投下します!初めて投下なんで足らない情報あるかもだけど、それは聞いて下さい。

答えられる範囲で答えますんで。

では改めて…

2年前位のことなんだが、うかつにも親友の(元)彼女とやってしまいました。性欲に負けてorz

しばらくマジへこみしたが。

相手は親友Sの元カノの名前は梓サン(仮)俺の1コ上。当時23歳。

Sとは幼なじみで兄弟のように育ったんだが、つくる彼女はいつもちょいブス系。

S本人はカワイイというんだが…俺は正直心の中では「ないわ」って思ってた。

(というのはSは結構モテてたので「もっと選べるだろ」と。)

そしてやはり梓さんも初対面のとき正直「ないわ」と思った。BSですね。

ちなみに梓さんのスペックはFカップの社長令嬢。もちろんお嬢様だから黒髪。

乳輪が大きくて色が薄かった。FだけどポチャFなのでおっぱいが「ソイヤッ」って感じでした。

「ないわ」と思いつつも親友の彼女だし「本人がいいなら」とは思っていたんです。

(正確も明るくて優しいし、料理もうまいし)

で、Sと梓さんは同棲してたので、よく遊びに行って3人でメシ食べてました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月5日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】入院していた、友人の彼女【告白体験談】

もう10年位前ですが、私の友人の彼女が胃腸を悪くして入院しました。

とても綺麗な子で、みんなの羨望の的の子でした、

私が個室にたずねて雑談などしていると、中年の看護婦さんが入って来ました。

そして彼女にいきなり「お通じありましたか?」と聞くのです、彼女はもじもじして

答えられずにいると、看護婦さんはいじわるそうに「今日は沢山出たでしょ」といって

「お尻のかぶれも治ってきたかしら」と彼女をうつぶせにすると、いきなりパジャマを

ずりさげお尻を丸出しにしちゃったのです。



そしてなんと、こう言ったのです「彼氏なら見られても恥ずかしくないわよね」

彼女はなぜかなにも言わず、じっとしていました。

看護婦さんは「じゃ」と言って、彼女のお尻の山をぐっと開き、肛門をむき出しにして

「ほら、きれいになってきた」と言い、「お薬ぬりましょうね」「いつものようにして」

と、お腹の方に手を入れ、ぐっと持ち上げました、彼女は素直に四つんばいになり少し

足を開き、じっとしていました、看護婦さんはチューブから軟膏を指につけ、肛門の回

りにぎゅうぎゅうとすりこみながら、「ほんとは彼氏に塗ってもらいたいねー」とか冗


告白体験談関連タグ

||||||

2014年6月30日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】美和子物語 佐藤さんとのデート【告白体験談】

美和子物語 佐藤さんとのデート佐藤さんが岡山へ来られて仲良し会をしました。

佐藤さんが美和子のベビーをキスされていましたら、突然に生理が始まりました。

理由を言ってキスをやめてくださるようにお願いしましたが・・・。佐藤さんは構わないからと言われて美和子のクリを吸引されていました。

先端部分が敏感ですから気絶する様でした。

美和子はベッドの上でM字開脚をしています。腰を浮かしながら佐藤さんとのタイミングを合わせています。

佐藤さんが体を移動されて69の体型になりました。

美和子のお口には佐藤さんのジュニアがいます。両手でジュニアを持ってお口に含んでいました。

ジュニアは美和子の口紅が移ってピンク色です。

佐藤さんの袋の下側を強く圧迫しますと導管が膨れています。お口では亀頭部分を含んでいます。カリの段差の部分が堅くなっています。

先端を舌でさすったり吸ったりです。佐藤さんが射精の気分になり始めますと中断です。

このような状態で2時間以上を過ごしました。突然、彼が離れて体位を入れ替えて美和子に挿入されました。

美和子は長時間の愛撫を受けていますから、愛液でベタベテです。

彼が毎週でも岡山に来るから会いたいとのお申し出です。

繋がった儘では返事もできません。

けれども、体が承知しています。彼が絶頂に達して大量のザーメンが美和子の中に流れ込みます。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月27日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ