相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】初孫なのに・・・【告白体験談】

お腹の子が元気よく動いている。

2年前、私は旦那と再婚してこの家にきた。

前妻はすでに他界し私とひと周り違う社会人の息子良樹が同居している。

再婚当初、旦那は毎夜私の中に生で精液を注ぎ込み続け子供が欲しいと言ってくれたが不倫で不本意な妊娠をし

堕ろしたことがあるので内緒でピルを飲んでいた。

親子の会話はほとんど無かったが夕食を3人でするようになると少し変わってきた。

旦那の夜の相手をする時は艶声は控えていた。

1年ほどして仕事が忙しくなり旦那の帰宅も深夜になることが多くなった。

良樹と2人の夕食で

「兄弟はいつごろかな」

「親父は元気かな」

などとからかわれることもあったが時々DVが始まっていた。

そして出張の多い旦那との夜の会話も3カ月ほどご無沙汰だった。

良樹から「何かあったら連絡して」と声をかけられ嬉しかった。

夕食で少し愚痴を聞いてもらったらストレス発散にと外食に誘われた。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2017年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

【レイプ】女子生徒に虐められる教師【告白体験談】

孝介は女子高校の教師をしている。

新婚ホヤホヤで昨日も奥さんと燃える夜を過ごして

とても満足していた。

今日もいつも通り教室に入ったが、いつもと何だか様子が違う。

何だ?どうしたんだ?と問う孝介。

先生!一人の生徒が手を挙げた。

私たち全員で相談した結果決めました。

先生のおちんちんが見たいです!

え?何言ってんだ。孝介は冗談ぽく流そうとしたが

冗談じゃないですよ。全員一致の意見なんです。

そんなの冗談に決まってるだろ。早く座れ。

嫌です。全員が前に集まってきた。

な、何だ?ズボン脱がしてください。何だと?

全員で孝介のネクタイを外し、シャツを脱がす。

ベルトに手をかけズボンを下ろした。


告白体験談関連タグ

|||||

2017年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

【痴漢】通学途中の満員電車で痴漢に公衆トイレにされました・・・【告白体験談】

私は高○2年生の○7歳。

いつも通学のために都内の○○線に乗り換えなしで満員電車に約40分ほど揺られている。

たまに通勤ラッシュと重なって身動きができなくなることもあるくらいに満員なのだ。

今日も学校へ向かうためすし詰め状態の電車に乗る。

乗った車両がサラリーマンばっかり・・・。

胸が大きい方なので男性の前立つと押し当ててしまうのであまり男性のそばには立ちたくなかった。

「あっ、」

お尻を撫でている感触がする。

これだけ混んでいると痴漢も多いがお尻を触って満足して手を引くから今回も相手が飽きるまでじっとして耐えた。

「え!?」

なんと、痴漢の手が一瞬離れたと思ったらスカートをめくってクロッチ部分へと伸びてきた。

「ぁ、あの・・・」

声が震えて出ているのか出ていないのかわからない。怖い。

そうこうしているうちに痴漢は下着の中へと侵入してきた。

そこで初めて気付いた、わたし、濡れてる・・・。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2017年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:痴漢告白体験談

【露出】ナンパ→痴漢→脅迫→合意?【告白体験談】

結婚して二人の子供もできて、普通に主婦をやっています。

容姿にはそれなりに気を使っていますが、もう32歳。私は痴漢などされるような事はないと思っていました。

パート仲間と女子会の帰り、駅まで歩いてる途中、男4人にナンパされました。

「飲みに行こう。カラオケ行こう。」久しぶりに声掛けられてちょっと嬉しかったので、誘いには乗らなかったけど

愛想よくちょっとお話ししました。「私、夫がいますんで」と言うと諦めると思ったら、「人妻ーー!」「興奮するーー!」

「勃起してきた」「Hしようや」って、おいおいおいおい…。この子らマジ?私もですけど彼らも酔っ払いでした。

っていうか、人妻ってそうゆう見られかた?そんな感じ?

「ごめんね」と言って彼らの間を抜けようとした時、後ろからスカートの中に手を入れられお尻を触ってきました。

「ちょっと!やめてよ!」振り切ろうにもショルダーバックの紐を掴まれてて逃げれない。

通りには誰もいないし。大きい声だす勇気もない。

次第にお尻を触る指がアソコに当たってきて「マジでホントやめて!」でも振り切れない。

「パンツちょうだい。そしたら諦める。」  

なんなの人妻ってホントなんなのよ!

これで逃がしてもらえるのならって思って「分かったわよ。あげるから手を離して」

サッと脱いでサッと逃げようと思ったのに、パンツが靴に引っ掛かって、ヨロヨロ。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2017年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

【姉】真夏の夜の夢[22]【告白体験談】

 マサルのそれの先端は小さな宝石を乗せたかのようにきらきらと輝く。かなり濡れてきているようだった。

それは私が指を動かすたびに微かにクチュ、クチュと官能的な音をたてる。ミサキも私も身を乗り出しその先

端に見入っていた。ミサキの手はタマから離れ、太ももの内側へと滑り込んでいく。マサルは少し腰を宙に浮

かすように反り返ったり、そうすると思うと引いたりした。頭をしばし左右に動かすこともある。よく起きな

いな……、そう思ってもしかたがなかった。マサルの快感は体全体で表されていたのだから。

「マサル動きまくり……」、ミサキは呟いた。

 それを小刻みに動かす指にも湿り気を感じる。細くそり立つ棒の裏側から先端に蓄えられた汁が流れだして

いた。クチュ、クチュ……。私はもう一方の手の平でタマを包み込み、中身を確かめるようにそっとなでる。

クチュ、クチュ……。額から流れる汗が眼に入り視界が霞む。それでも私は両の手を休めることはしなかった。

もう少し……、もう少し……。

 もう私の二、三本の指はベトベトに濡れていた。マサルの汁……、私はマサルの顔を眺めた。前髪は汗でぐっ

しょりし額に張り付いている。その隙間から少し薄すぎる眉毛がへの字を描いている。八重歯の覗く口からはも

う絶えず「はぁ、はぁ」という息の音が聞こえる。鼻の上にはわずかに水滴が見える。こんなに幼い子もここま

で感じるものなのか……。

 クチュ、クチュ……。マサルのそれはもうツルツルとして手から滑り落ちてしまいそうなまでに濡れていた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

【スカトロ】拝啓 ご両親様 乱筆乱文お許し下さい その5【告白体験談】

拝啓

お父さん、お母さん。お久しぶりです。

大変なことになって来ました。伊藤パパの私のアナルへの開発意欲は徹底しているのです。

初めてアナルで逝けた次のデートの時に「アラジン2」と言うティルドを買ってきてくれました。

「これは、前と後ろの両方の穴に同時に挿入できて、クリトリスまで擦ってくれるようになっているんだ。

それぞれの突起の大きさも圧力式で自由に変更できるという両穴開発用のティルドだから、

わたしとセックスしない時間は常に下半身に嵌めておくように」

と自らの手でわたしに装着して、催眠術で鍵を掛けて帰りました。

除こうとしたら痛くて取ることが出来ないのです。

一生着けていなければならないのでしょうか。

お陰様で立ったり、座ったり歩いたりと動く度に蜜壺の肉壁・アナルの肉壁・それにクリトリスの三カ所が微妙に擽られて、

刺激を与えられて激しく動くと、まともに立っていられなくなるほど快感に襲われます。

この快感も徐々に激しいモノでないと満足出来なくなりそうで、少し怖いんです。

スーパーに買い物に行くときも、ご近所の奥さんと廊下で立ち話をするときも常に快感に襲われました。

最初の頃は、快感が走る度に、そこが何処であろうと我慢できずにしゃがみ込んで尻餅を突いてしまっていましたが、


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2017年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

【近親相姦】真夏の夜の夢[6]【告白体験談】

「違うよ。吉伸のパスが高すぎたの」

晩御飯はカツカレーだった。いつもと同じように食卓ではマサルの甲高い声が響き渡る。ミサキは器用

にもその会話に交ざることができるのだが、私は計画のことで気が気でない。ひたすらスプーンを皿と

口の間を往復させる。

「なんだ、ユー姉しゃべんないな。彼氏にでもふられたか?」、マサルはこれでもかというくらいにカ

ツを口に含み、もごもごと言った。ちなみに私は「ユー姉」と呼ばれている。

「うるさいわね、テレビ見てるのよ、テレビ」、私は咄嗟の事に点いてもいないテレビを見ているなど

という馬鹿げたことを言ってしまった。

「テレビ点いてないわよ」、母が言った。

「やっぱユー姉はふられたんだよ。かわいそー」、マサルはきゃっきゃと笑いながら言った。このやろ

う、覚えていろよ……。私は何か吹っ切れた気がした。

「あんまり調子に乗ってると、あんたの風呂覗くよ」、私は言った。言ってやった。一瞬のことである

がミサキが私をちらりと見たのに気がついた。マサルは米を喉に詰まらせたのかゴホッ、ゴホッとむせ

た。

「ほら、そんなにふざけているからよ。三人とも早くご飯たべてさっさとお風呂にはいってしまいなさ


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

【盗撮・覗き】裸体罰〜CFNM【告白体験談】

 これは、私が以前勤めていた職場の先輩の女性から聞いた話です。 その女性が高校1年のとき、土曜日の放課後に同じクラスの女子数人と連れだって体育館にバドミントンをしに行ったら、体育館の中で、1年生と2年生の男の子3人が裸で走らされていたそうです。 女の子たちは、最初、遠巻きに見ていたのですが、体育の女の先生が女の子たちを手招きして、

「もっと近くで自由に見学してよろしい」と言ったので、みんな近くに駆け寄って、ベンチに座って見学したそうです。 水泳の授業をなまけた罰ということで、男の子たちは着衣を全部取らされ全裸にさせられ、両手を頭のうしろで組まされてて、前を隠すこともできない状態だったので、その場にいた女子は、男の子たちのおちんちんもお尻もすぐそばで見ることができたそうです。 男の子たちは3人とも、きゃしゃな体つきで、身長も女子と同じくらいか女子よりもちょっと低いおチビさんばかりで、一見、中学生くらいにしか見えない可愛い子ばかりだったそうです。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 告白体験談カテゴリー:盗撮・覗き告白体験談

【姉】真夏の夜の夢[17]【告白体験談】

 これじゃ、いくらなんでもかわいすぎるでしょ……。私はハッと我にかえりミサキを見つめる。ミサキは

まだ頭の整理がついていない様子で、瞬きもせずにそれをじっと見つめていた。私はマサルの顔とその小さ

なものを照らし合わせるように見つめ、そしてその照合が一致するとそこにあるあまりのかわいさに失神寸

前だった。初めて自分のあれが濡れるのを感じる。ああ、これならマサルが人に見せられない理由がよく分

かる……、だって太さはペンのキャップくらいはあるかもしれないけど、長さといったらその半分もないん

じゃないかしら……。

「お姉ちゃん」、その声に私はまたドキッとした。ミサキは私の方を向き、新しい生命体を発見した研究員

のような顔から、あのいたずらな満面の笑みを浮かびあがらせた。「私の勝ちね」

「え?」、私は咄嗟のことに理解できなかった。

「賭けよ、賭け。お姉ちゃんが触るのよ」、そう言うとミサキは両手がふさがれているので顎を動かし、

「早く」と合図した。

「賭け」、私はそのことをすっかり忘れていたのである。そうか、マサルは毛が生えていなかったから……、

いや、それどころかこのサイズじゃ話にならないでしょ……。「早く」とミサキがまた顎をしゃくる。どうし

よう、本当にさわっていいのかしら……。そんなことを考えながら私はそれに顔を近づける。わずかに石鹸の

匂いがする。ああ……、これはやばい……。……、よし……、触ってやるぞ……。右の掌を包むようにその上


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

【レイプ】女だらけのレクレーション(9)【告白体験談】

「じゃあ、そろそろ罰ゲームをやりましょうか? 千夏、あれやろうよ、パンツ投げ」

「え~、ここでやっちゃうの~、でも面白そうね、キャハハ」

姉二人が、健太への罰ゲームを決めた様である。

その二人の会話を聞いて、今度は顔が青ざめてしまう健太君。

実は、普段から姉二人には、よく苛められていて、お風呂に入っている隙に籠から着替え用のパンツを奪われ、

それに怒った健太君が、已むを得ずフルチンのまま、姉二人のいるリビングまで取り返しに来たところを、

まるでからかう様に、そのパンツを丸められキャッチボールされてしまうのだ。

フルチンで、走ったりジャンプしたりしながら、パンツを取り返そうとする姿が、沙希と千夏には面白くて堪らない様である。

そんな苛めをされた事が、今までに何度もあったのだ。

「そうだ、今日は優子ちゃんも入れて、三人でやろうよ、勝者の特権という事で、ねっお姉ちゃん」

「そうね、じゃあ優子ちゃんも参加してっ、楽しいわよ、フフフ」

そして優子ちゃんに、遊び方を教える沙希と千夏。

「キャー、それ楽しそう」 と、

遊び方を聞いて嬉しそうな顔をする優子ちゃん。

「じゃあ健太、あたし達三人の中央に立ちなさい」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談
3 / 17012345...102030...最後 »

このページの先頭へ