相互リンク先の更新情報!

【レズ】同級生に奴隷にされた 【告白体験談】

<>1:名も無き被検体774号+2012/01/1800:47:32ID:H+hrXKjd0<>

結構前の話。

大学1年の時の話。



<>2:忍法帖【Lv=11,xxxPT】本日の利用料5,314円2012/01/1800:48:08ID:36p+YQL1i<>

さむいはよ



<>3:名も無き被検体774号+2012/01/1800:48:12ID:OO0cS4rN0<>

続けたまへ



<>5:名も無き被検体774号+2012/01/1800:48:22ID:groHeb01i<>

裏山





<>10:1です2012/01/1800:51:47ID:H+hrXKjd0<>


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年11月20日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

【M男・痴女】寝取られマゾ奴隷調教をされた妻 【告白体験談】

私は44歳、妻は38歳です。

結婚をするまでに、彼女を二度寝取られて別れた経験があります。

女性不信になりかけた時に、妻と出会いました。

結婚を10年、子供はいませんが、楽しい生活だと思っていました。

妻が、されていた事を聞くまでは・・・・



妻は4年前からある男と関係を持ち・・・マゾ奴隷に調教をされていました・・・

私が転勤になり、妻は仕事を辞めて一緒に来てくれました。

引っ越しが落ち着いてから、パート勤めに行くようになりました。

その男は、妻がパート勤めをしている所の常連客だったという事です。

転勤をしてから出張が多くなり、家を空けることもありました。

出張で帰らない時は、パート勤めの同僚と飲み行ったり、カラオケに行ったりしていたようです。

私が出張で家を空けるある日、妻はいつものように同僚と飲みに行ったようです。

飲みに行った店にその男が来て、顔見知りで意気投合をして、一緒に飲んだ後カラオケに行ったという事です。

その後、妻は同僚の家に泊まる予定になっていて、同僚の家に行ったと言っていました。


告白体験談関連タグ

|||||

2014年11月5日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

【寝取られ】いつも楚々とした母が僕のせいで・・(2) 【告白体験談】

 つづき



母の白い背中がいつまでも脳裏にこびり付いたように離れなかった。



その白い背中に頬ずりしながら、豚男がワンピースの肩の部分を広げるようにずらした。

すると、ファスナーを全開にさせられたワンピースは、ずり落ち母の肩から抜かれ

一気に足元まで落ちてしまった。

続いて、黙って見守っているカス男と糞男が生唾を飲み込む中

豚男は、ブラジャーのホックに手を伸ばす。



僕はリビングで蹲ったまま、完全に妄想に支配されていた。

必死に考えないように努力したが、

頭の中は、裸に剥かれる母と勝ち誇った豚男の顔ばかりだった。

あんな奴に、大好きな母が、ワンピースを脱がされ、ブラジャーまで外されてしまう。




告白体験談関連タグ

|||||

2014年10月16日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】夫と義理息子に愛される私 2【告白体験談】

息子は、翌日も帰って来るなりオナニーをしていたんです。

夫に嫌われたくない一心で、私は放って置く事にしました。

その夜、夫はベットに横になる私に抱きつくと、パジャマを脱がせ始めました。

”抱かれるんだわ”そう思い、私も彼のズボンを脱がせ股間に手を伸ばしたんです。

夫は既に興奮している様子で、大きくなっていました。

”あなた大きくなってるわ・・・”

”早く舐めるんだ”

強い口調!いつもと感じが違いました。

”はい”

私は夫のチンポを口に咥えるとチュパチュパと吸い始めたんです。

夫が私と69の体制になるなり、バイブを使いだしたんです。

”あなた・・・それどうしたの?”

”一度試してみたかったんだ!黙って従え!”

夫は私のマンコに挿入するとスイッチを入れ出し入れを繰り返したんです。

”ん~そんなに動かさないで・・・逝っちゃう”


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【乱交・王様ゲーム】孤島に女一人と男34人が辿り着いた結果 【告白体験談】

No.064 孤島に女1人と男32人。アナタハン島で起こった、女をめぐっての殺し合い



戦中から戦後にかけて、太平洋の小島・アナタハン島に日本人の女が1人と男が32人取り残されてしまった。軍に救助されるまでの6年間、女をめぐっての殺人や行方不明者が相次いだ。



▼アナタハン島の比嘉和子(ひか-かずこ)







サイパン島から北の方へ約117kmの場所に位置する「アナタハン島」。太平洋・マリアナ諸島の小島である。長さは約9km、幅は約3.7kmの小さな島で、島の中心部はジャングルになっている。無人島ではない。



終戦間近の昭和19年(1944年)、当時この島には日本企業である「南洋興発」が進出しており、ここでヤシ林を経営していた。



比嘉和子(ひか-かずこ)(24)はこのアナタハン島に住んでいた。和子の夫・正一が南洋興発の社員であり、アナタハン島に転勤になったためだ。



島にいる日本人は、比嘉和子と夫の正一、そして夫の上司である中里(仮名)の3人。この当時和子は、夫と同居はしていたものの、夫の上司である中里とも夫婦同然の関係となっていた。


告白体験談関連タグ

||||

2014年10月1日 | 告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談

【人妻・熟女】青春の思い出2【告白体験談】

8年前の出来事です、僕は22歳で社会人1年生の時に就職先で知り合った、パート社員の美人な人妻さん34歳に一目惚れしてしまいました。その奥さんは優しい人で仕事を教えてくれたり色々お世話をしてくれたり悩み事を聞いてくれたりしました。会社でも人気者の女性で、皆が奥さんを狙っているような感じがします。

奥さんは気さくな感じで良いキャラです、会社の中で新人で一番若い僕と話している時は何時も自分の事を「オバチャンは…と言います」顔は黒木瞳に似ていますが身長は165cm有り、巨乳で少し豊満な感じですが決してデブではなく脚も長くて綺麗です。体全体から色っぽいオーラを出していました。

 入社して半年位経ちました、ある日奥さんが顔を腫らして暗い顔で職場に来ました。僕が心配して「顔はれてるよ…何か有ったの?と話しかけると」奥さんは「これは何でも無いの…オバチャン大丈夫だから…」と言いました。僕は絶対家庭内で何か有ったと心配でした。

 定時日だったので奥さんに「駅まで一緒に帰りましょう」と声を掛けた所、奥さんが何か僕に言いたげだったので、僕は奥さんを食事に誘いました、居酒屋でお酒を飲みながら奥さんの不満や、旦那の暴力やEDで最近SEXレスで旦那に対する奥さんの不満話を真剣に聞いてあげました。

 話の始めの方は奥さんの顔ばかり見ていて気に成りませんでしたが、話を聞いているうちに段々と僕の目線は奥さんの胸の膨らみや白い綺麗な脚ばかり見てしまっていました。若い僕は溜まら無くなり、お酒の力も手伝い…自分の今の気持を正直に奥さんに告白しました。

 奥さんは少し困った様子で「嬉しいけど…オバチャン…人妻だからゴメンネ…」と言われ僕はショックだけど仕方ないかと思いましたが、居酒屋を出た前の歩道の所で僕は溜まらず「好きだ~」と言いながら奥さんを後ろから「 ギュ~ッ」と抱きしめてしまいました。我に返り「僕は何て事をしてしまったんだ今、断られたばかりなのにどうしよう?」と心で叫びました。思わず体が勝手に動いてしまいました。

 奥さんが「ビックリ」した様子で正面を向いた所で僕はもう一度「ギュッ」と強く抱きしめました…奥さんも僕の背中に手を廻してくれました。僕は奥さんの目を見つめました。何時の間にか二人は唇を重ねていました。舌と舌を絡め合いお互いの体液を交換しあう様な激しくて長いキスでした。

 通行人も皆見ていましたがそんな事気にしないで、歩道の上で舌を「レロ.レロ」し合い「ペチャ.ピチャ…」音を立て人目も気にせず舌を絡ませ合いました…完全に其の場は2人の世界に嵌まりました。

僕は勇気を出して奥さんの手を握り締めました奥さんも握り返してくれました。其の後2人は近所のホテルに行きお互いを貪る様に愛し合いました…

 部屋の中に入ると奥さんは何も言わずに急に服を脱ぎ始めました。

僕は「うわっ…奥さんスケベ?行き成り脱いでる…」とドキドキしました。

奥さんが「ほら見て…このオバチャンのだらしない体…もう胸も垂れてるでしょ?人妻だし…若くないのよ」と言いながら恥ずかしそうに僕に全裸を見せてくれます。

 僕は「奥さんの体綺麗です…僕は奥さんが大好きなんです」と言いました。奥さんの裸体は確かに年相応に胸が少し垂れ気味でしたが白い肌が綺麗で、何とも言えない様な熟女らしい妖艶さが有りました。奥さんの体は少しだけポチャですが、脚も長くて綺麗ですし腰のクビレも見事です。裸体を見ているだけで僕のチンポは「ビンビン」に硬く成ってしまいました。

 僕は奥さん入れてもまだ2人しか女性経験が有りませんのでSEXテクニックは殆ど皆無でした。とりあえず2人で一緒にお風呂に入りました。お風呂の中で再び抱きしめ合い貪る様な「体液交換とも言える」キスをしました。其の後奥さんが自分の事を話し始めました。今までの男性経験人数や処女喪失年齢まで教えてくれました。奥さんの男性経験は旦那を入れて10人位だそうです。初体験は高校時代の17歳の時と僕に告白してくれました。旦那との間に子供はまだいないそうです。

 26歳位の時に旦那と知り合い27歳で結婚したと聞きました。旦那と知り合う前に交際していた元彼に、散々肉体をもて遊ばれて性奴隷にされて妊娠が発覚すると彼の態度が急変し…最後は捨てられて…元彼の子供を2度も堕した事が有ると言う事まで僕に話してくれました…旦那も知らない秘密まで奥さんは僕に話してくれました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年9月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】奥手でおとなしい嫁が後輩に仕込まれた4【告白体験談】

嫁の真奈美が、俺に隠れて隆司とセックスをしていたことがわかってしまった。

真奈美は、あくまでもマッサージだと言っているし、キスは禁止しているようだ。

家での俺に対する態度も、一時悪くなった気がしたが、今は良好そのものだ。

相変わらず、週に2〜3回隆司とデートに行っている。

最近では、平気で土日などの休日を、一日デートに使うこともある。隆司と一緒に買ったペアリングは、常に身につけている、、、

そして、デートから帰ってくると、激しくセックスをするのがパターンになっている。

セックスをしながら、真奈美が俺を挑発するようなことを言って興奮させてくる。

隆司とは、腕を組んで歩いたとか、映画の間中ずっと手を握っていたとか、そんなことを言ってくるのだが、セックスまではしていないという感じで話す。

実際にはしているのがわかっているし、裏切られたという気持ちも少なくない。

だが、冷静に嫁の話を聞いていると、確かに嘘はついていない。

うまくはぐらかすというか、流れを作って話をしている。俺が、”セックスしたんだろ?”と聞いたら、ちゃんと白状しそうな気もする。

だが、嫁が俺のことを嫉妬させて興奮させて来ることに、幸せと興奮を感じているのも確かだ。

しばらくは、嫁を信じてこの状況を楽しもうと思っていた。

そんな矢先、久々に3人で遊ぶことになった。

ボーリングやカラオケをしようという話で、仕事終わりに俺たちが車で隆司を迎えに行った。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年9月15日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【ゲイ・ホモ】TYSON VIDEOの集大成 【告白体験談】

美少年5人の媚肉を揉み、舐め、ほじり、ヒダの奥まで味わい尽くす・・・。選び抜かれた美尻少年達の張りのある尻肉に密着!

舐められいじられる度に敏感に反応する美肛は、男根を求めるかのように開き始める・・・!

人気モデル達が続々とマスクマンに嬲られ、弄ばれ、貫かれる!!目隠しされ軟禁状態の緊張感、

目視できない攻撃は不安と極度の興奮でより高感度を増す!超勃起するチ○コから垂れる先走った涎汁。

ネチネチと性感帯を刺激され拡げられていく恥部。ため息とあえぎの入り交じった恍惚の咆哮が密室に響き渡る!

人気モデル同士の熱いカラミは『男同士のセクロスとは』を体現し見事なまでの合体と昇天を披露する!

濡れるア○ルにぶち込まれる雄棒の摩擦に耐え抜き、受け止め、そして快感と同化する!2007年、

TYSONVIDEOの集大成がここに誕生した!

たまんねー肉厚!!ジュシーな体がゴツゴツと雄交尾にどっぷりはまっていく・・。

巨根のデカマラ2竿が口マン、ケツマンパコパコ突いて突いて、感じまくり!!「こんなデケーのくわえきれねー」

勇次の本領発揮のギガタチバージョンはエロ度ふんだんの雄攻め。激しい言葉攻めはま○こを濡らさす、

真剣交尾!!ガタイ重視、ギガムチ三連結、怒涛の3P、他1本収録。ガチムチ快楽耐久戦、ギガポルノ!!!!

※目線のモデルは本編では目線は入っておりません。

一年ぶりに解禁!!大人気シリーズBACKWILD遂に登場!!女を知り尽くした猛虎達が魅せる雄穴激突き淫乱第八章!

「めっちゃ好きやねん」パーフェクトボディ大西陽平。惚れ惚れする肉体で甘く抱きしめ、マッハ激掘り大暴走!


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月13日 | 告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 六話(完結)【告白体験談】

 それからの晃は、由希とデートを重ねつつ、奈津美を呼び出しては調教を続けた。

 晃の目算通り、奈津美は強姦の事実を他人に漏らす性格ではない。

 晃が来いと命じれば仕事を終えたその足でマンションを訪れ、調教を受ける。 晃は様々な方法で奈津美の肛門を開発した。

 裸にコートを着せて深夜の公園へ赴き、イチジク浣腸を入れて木陰で排泄させた事もある。

 晃の前で自ら尻穴オナニーをするよう命じもした。

 初めは晃を恨めしそうに睨みながら事務的に指を動かしていたものが、

 時間が経つにつれ自らの指に腸液を纏いつかせ、恥ずかしそうに内股になる様は嗜虐心を煽った。

 三度目の調教からは、よほど浣腸が嫌だったのか、自ら腸内を洗浄してくるようになった。

 晃はその度にどうやって綺麗にしてきたのかを訊いた。

「ここへ来る途中のコンビニで、浣腸を入れてよ……」

 奈津美の答えを、晃は様々に想像する。

 これほどの美人がコンビニのトイレに入り、浣腸を入れて音を立てて排泄する。

 店内の人間はどう感じただろうか。

 その妄想を語り聞かせながら奈津美の尻穴を嬲ると、たちまち肛門がきゅうと締まり出す。

 人一倍プライドの高い奈津美は、人一倍のマゾヒストでもあった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年9月12日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【ゲイ・ホモ】ガッチリした体系 【告白体験談】

俺はいつもインターネットでガッチリした体格の奴の写真を見ながらセンズリしている。

基本的に俺はガッチリした男らしい体格の奴が好みなんだけど、

別にそうで無い人でもOK。

ただ、絶対条件として提示したいのが、

いつでもどんな時も俺の忠実な奴隷でいられること。

基本、俺の命令は絶対でどんな卑猥な言葉でも言って欲しいな。

俺はご主人様で、お前には忠実なM奴隷になってもらいたい。

だけどもそれだけじゃ物足りないから俺もお前と同じ立場で

ご主人様と奴隷と言った壁は取っ払って、

ただ純粋に愛しあいファックするのもいい。

俺の部屋でオナヌー見せ合ったりフ○ラしたりされたりで

ラブラブセクロスで朝まで盛りあいたい。

俺の忠実な奴隷でいられる奴だけ、

できればガッチリした体系の奴がいいけど

別にそうじゃなくてもいいです。


告白体験談関連タグ

|

2014年9月11日 | 告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談

このページの先頭へ