相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】可愛く快楽に溺れる義妹とセックス 【告白体験談】

愚弟が結婚して義妹が出来た。

少し沢尻エリカ似で可愛い。

明るい性格で「お義兄さん、お義兄さん」と懐いてくる。

俺も義妹が出来て嬉しくて、可愛がっていた。

だが紹介されて数ヵ月で、俺の心は邪な考えで支配されてしまった。



人懐っこい義妹の性格も災いした「コイツを俺の女にしたい」

だがそうそう簡単にチャンスが来るわけもなく彼女は義妹となった。



しかし、神は俺に微笑んだ。

新婚生活を始めて3ヶ月がたった時、愚弟が北米支社に長期出張に出されたのだ。

俺は神に感謝したね。

そこで俺は、策略を巡らせた。

昨今の女性の独り暮らしは危険だから俺の家で生活しないかと提案したのだ。

俺はフリーでデザインの仕事をしていて、まあ結構売れっ子である。


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月28日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】鬼畜たちの性活【告白体験談】

俺は高3で、

貯金額がすでに、500万ある。

貧しい家庭環境が小学生の頃から、バイト三昧の生活に追いやり、

お金を使うのが、恐怖で、貯まった最近使ったのは、1人暮らしの

代金くらいだ。

しかし、

派手に、使う羽目になった。

それは、

1歳上の姉貴が

遊び人に妊娠させられ、厳格な父に知られば、多分、ボテボテだから、俺に泣きついて、来たのだ。

嫌がる俺に、

姉貴は、条件を

掲示した。

それは、筆おろしだった。

妊娠してるから、生で中出しOK


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月27日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【友達】母のあそこ【告白体験談】

いつ頃だったろうか。もう勃起する頃だったから中学三年生の頃だったのだろう。

秋祭りに招いたお客と家族で総勢十人が六畳二間でごろ寝した。夜中に目が覚めた。見ると障子の側で父が、次に妹が二人並んで寝て、その次に俺が。俺の横は母だった。母と俺の寝姿は逆で、俺の頭は母の足下にあった。母の素肌の足下が見えた。それを見た俺はムクムク勃起した。思春期の俺は母というよりは女としての柔肌を見て興奮した。猛り立ったものは治まりようがない。

もう少し母の素肌の太腿を見たい…と思ったら好奇心が沸いた。母の下半身にかかる布団の裾に手をかけて、それをそっと捲って持ち上げてみた。母の浴衣の裾は乱れていて、ふっくらとした太腿が浮かび上がる。女の柔肌だ。勇気を出してもう少し布団を持ち上げてみた。母の乱れた浴衣の裾の奥に黒ずんだものが見えた。母のあそこだ。黒い毛がもじゃもじゃと繁っていた。その頃の母は今と違って腰巻きだけだったから裾が乱れているとアソコがまともに見えてしまう。

固く立ち上がった勃起はどうしようもない。胸の鼓動を押さえて母のそこに手を伸ばす。指が微かに触れた。群がる陰毛の感触と柔らかな肉襞。すこし指先を進めて更に柔肌に触れた…と思ったら母がビクッとして寝返りを打ってしまった。もう何も出来なかった。

固くなった物を擦って多量の液を浴衣の裾に吐き出していた。

この時は母は悪戯されていると感じたのだろうか…。イヤ、感じたので寝返りを打ったのだろう。翌朝、母は何もなかったような顔をして俺を見つめていたが、俺はまともに母の顔を見ることができなかった。

告白体験談関連タグ

|||||

2014年6月26日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】家族連れ【告白体験談】

私は先月、とある地方の大型レジャー施設に行ってきました。

ここは大きなプールと数種類の温泉が一度に楽しめるところで、

6月末まで入館料が1日1000円のサービスをやっており、

とても混雑していました。普通は家族連れが多いのですが、

この時期は気軽に父親が娘を連れてくるといったケースも多く、

男湯に女の子が入ってくることも珍しくありません。

その中でも、父親+兄+妹で来た家族のことを書きます。

この父親、来るのが初めてだったらしく、

ここの温泉は水着混浴だと思っていたようです。

最初は3人共水着のままで入ってきましたが、中を見て

「ここは水着を脱ぐんだ」ということになり、

まず父親が脱ぎ二人にも脱ぐように言いました。

中学生と思われる兄のほうは躊躇なく脱いだのですが、

さすがに妹のほうはためらっていました。

多分小学5〜6年生くらいでしょう、水着の上からでも胸が膨らみ


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月26日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】とまってしまったえれべーたー【告白体験談】

とまってしまったえれべーたー



 学校が休みの土曜日、リュウくんとマミちゃんは、カゼをひいてねこんでしまったタッくんのうちにお見まいに行きました。

 タッくんの家は、十かい建てのマンションのいちばんてっぺんにあります。

 タッくんの家には、ふだん、せんぎょう主ふのお母さんや、短大生のお姉さんがいるのですが、今日は、たまたま二人とも用事があって家にいないのです。いるのは、タッくんのちっちゃな妹だけでした。

 それで、リュウくんとマミちゃんは、タッくんにお昼ご飯をつくってあげました。と言っても、つくったのはおかゆで、しかも実際に料理したのはリュウくんだけだったのですが。

 そして、お昼ちょっとすぎに、タッくんのガールフレンドのノンちゃんがやってきたとき、二人は“おじゃま”にならないようにたいさんしました。

「もっといればいいのに」

 タッくんのおでこにしぼったぬれタオルを当ててあげながら、ノンちゃんが言いました。

「そんなこと言って、ノンも、タッくんと二人っきりの方がいいでしょ♪」

 マミちゃんがそう言ってからかうと、ノンちゃんは、ねつを出してるタッくんよりも真っ赤になってしまいました。



「んふふー、あたしたちが帰ったあと、あの二人、どうするだろうなァ~」

 マンションの外ろうかを歩きながら、マミちゃんがそんなことを言いました。

「どうするって……タッくんカゼひいてるんだし、ミカちゃんもいるし……」


告白体験談関連タグ

||||||||

2014年6月25日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】メグミ【告白体験談】

<>7 名前: メグミ 投稿日: 02/07/17 00:51 ID:22yQA/EF<>

この前、メグミと近くの錆びれた小さなサウナに行った。ここのサウナは男湯しか

なく入っている人も土方のオヤジか、近くのボロアパートの浪人生しか居ない、

ほぼ銭湯と変わらないような所だ。

ここに行こうと言い出したのはメグミだ。メグミは小○生で露出好きだ。ロングヘ

アで身長は低いがスレンダーな体型、お尻だけは大きく、張り出していて。顔は美

人系の可愛いさがありHで元気な女の子だ。

最初その提案を聞かされたとき僕は、ビックリして拒絶した。

メグミがHで露出好きな女の子だと言うことは知ってたが、いくらなんでも男湯

しかないサウナに小○生とはいえ女の子が入るなんて。

しかしメグミは行くと言って聞かず、僕には迷惑かけないと計画を説明した。

メグミの計画は、まず店員のじいさんにダメだと言われたときの為に、僕とメグミ

は兄妹と言うことにし家の風呂が壊れたと言い訳するということだった。



<>8 名前: メグミ 投稿日: 02/07/17 00:52 ID:22yQA/EF<>


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月25日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】新築祝い【告白体験談】

知り合いどころか妻の姉といい仲になっちゃいました。

妻の姉は私の1つ年下で人なつっこい

笑顔が特徴的なかわいい女性である。

人見知りな妻とは正反対の年下のお姉ちゃんは

いつも愛想良く振る舞ってくれ、私は大好きだった。

もちろん異性としていつも見ていたが、まさか

手を出すわけにはいかず、想像だけのセックス

フレンドだった。

ところがその日は唐突にやってきた。

姉が新居を購入し、引っ越しをした翌日のことだった。

私は妻と姉の家へ行き、片づけを手伝っていた。

姉の旦那は職人でその日は仕事だった。

妻はある程度片づけが終わるとちょっと実家に行って来る

と言って一人で出ていった。

実家までは往復で2時間はかかる。


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年6月23日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【妹】妹にセックスの指導をしてあげた結果 【告白体験談】

俺には3歳離れた妹がいる。



俺と妹は小さい頃は比較的仲が良く、どこかに遊びに行くときは大体連れていっていたし、妹も楽しそうに付いてきていた。それはお互い小学生になっても続いたが、高学年にもなると同級生から「いつまで妹とひっついてんだ」とからかわれ、俺から自然と距離を取っていった。妹も俺が離れたがっているのを察したのか、しつこくは絡んでこなくなった。そのままおれは中学高校と進学し、妹も時期に中学生になった。すると妹は今までお互い無口だったのに、急に俺に、というか家族に悪態をつくようになった。まぁ中学生といえば無意味に親に反抗したくなる時期でもあるので、俺は逆に「妹もここまで大きくなったのか」と、成長を噛み締めていた。当然、妹との距離がもっと開くものだと思っていたのだが、妹の反抗期は短く中3になる頃には収まっていたのである。それどころか態度がかなり柔和になり、昔のように俺とまた遊ぶようになったのだ。



そして俺が大学に、妹が高校に入学したときにちょっとしたきっかけが生まれた。

夜、俺が部屋で課題をしてるときに妹が部屋に入ってきて「相談がある」と言ってきた。かなり改まった感じだったので一体何を言われるのかと覚悟をしたが、内容としては入学した直後から通学の電車で痴漢にあっていて、何とかしたいが恥ずかしくて誰にも相談できないから困っている、というものだった。やや肩透かしをくらった俺だったが、その痴漢の話を聞いて思わず妹のことを性的な目で見てしまったのである。妹は素朴系で良く言えば清楚、悪く言えば地味な感じの女だ。ただかなりの巨乳の持ち主である。俺の記憶が正しければ小学校高学年くらいから膨らみ始めていた。どれくらいかと言えば、まず高校一年生には似つかわしくないし、当時俺が付き合っていた大学の彼女よりも遥かに大きかった。痴漢に狙われやすい理由もおそらくこれだろう。妹の相談には適当なアドバイスをして、部屋から追い出したが俺はかなり複雑な気分になってしまった(痴漢は女性専用車両に乗ったら解決したらしい。初めからそうしろ)。

その日をきっかけに妹とは下ネタもよく話すようになり、俺の初体験や妹が痴漢にどんなことされたのかとかも話した。個人的に一番興奮した話は、電車で人の乗降が激しい駅に着いたとき急に後ろから乳を鷲掴みされて2.3回揉まれて逃げられたって話だった(笑)。



そして俺が大学2年生、妹が高校2年生の6月に事件は起きた。



俺が部屋でゲームしてると妹が部屋に入ってきて、「お願いがある」とかなり真面目な顔で言われた。何を言われるのかと思い、妹の言葉を待っていたら何も言わない。何かを恥じらっているようだった。「すごく変なこと言うけど、笑わないで聞いてくれる?」と言い、ゲームを中断された俺は少しイライラしながら「笑わないからはよ言え」と促した。妹は意を決したような顔になり「私に、セックスの練習をさせて欲しい」と大真面目な顔で俺に言ってきた。

…当時の俺を表現するとしたら、「開いた口が塞がらない」という言葉がぴったりだろう。何を口走っとるんだこの女は、と脳内はかなりパニックだったが、とりあえず落ち着いて事情を聞いてみた。妹の事情を要約すると「人生で生まれて初めて彼氏が出来た。しかもその彼氏はかなりのイケメンで、噂によれば経験豊富らしい。だからテクニックがないと満足させてあげられない。でも練習なんてどうすればいいかわからない。そうだ!お兄ちゃんは今までに何人かの女の人と付き合ってる!なのでお兄ちゃん、練習台になって♪」ということだった。謎理論である。何故その発想に至ったのか小一時間ほど問い詰めたい。

もちろん普通の兄ならバカ野郎!と一喝して部屋から追い出すのが理想なのだろう。しかし俺には一回でいいから妹の胸を揉んでみたい、という願望があった。というのも、今まで俺が付き合ってきた女性(3人)は全員漏れなくちっぱいだったのだ。別におっぱい星人というわけではないのだがやはり巨乳は漢のロマンなので、そんな願望が心の片隅にあったのだ。

というわけで、心の中では返事が決まりきっているのに、悩んだ末渋々OKというフリをした。ただし、本番はなしという条件をつけた。妹も最初からそこまで行く気はなかったらしい。

というわけで早速、と思ったが下に親はいるし次の日は1限だったのでその日は何もしなかった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月23日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【友達】洗脳24(処女卒業)【告白体験談】

俺はヌルヌルのマンコとアナルを丁寧に舐める。マンコを指で広げるとクリちゃんが見える。ヌルヌルの穴に指をゆっくり突っ込む。(ズブブッ…)妹は『いっ痛い、少しだけ…痛い』と言った。俺は妹を怖がらせない様に『リラックスして…少しずつ慣らして行こう。』妹は『うん…優しくやってね。』俺は又、クンニを続け、マンコに指を挿入させる。俺『マンコにチンポの感触を味わってみる?』妹は『うん…味わいたいよ。』俺は69を辞め、妹の上に覆い被さり、俺はチンポを握って、ヌルヌルのマンコに亀頭を擦り付け…(クチャクチャグチャ)妹は『あぁぁ凄い。温かい…ヌルヌルする、気持ちいい。んぁぁ…』体をヒクヒクさせている。俺は妹にディープキスをする。胸を揉み、乳首を刺激しながらマンコにチンポを擦り付ける。妹は『いやぁー!!ひぃっあぁぁ…』俺は『ほらっ、腰を動かしてチンポを気持ち良くさせて。』妹がヌルヌルのマンコを擦り付ける。そろそろ…処女卒業の時がきた!!俺は妹に覆い被さり、抱き締める。マンコがチンポにヌチョっときた瞬間に…俺は『そらっ!!行くぞ。』妹のマンコにチンポを突き出した。(スボォ…)妹は『いぎゃあぁぁ…ひぃっ、ひぃぎぃ。』

告白体験談関連タグ

||||||

2014年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】純子−悟−美香【告白体験談】

高校一年生のとき、ある女の子(純子)に一目惚れした。

奥手な俺は一年間見てるだけで、告白することができなかった。

部活動にも入り、友達もできた。その中に悟がいた。

二年になって、好きな人がいるかどうかの話題になった時、おれは純子の名前を出した。

悟と純子は中学が同じだったこともあって、俺と純子の橋渡しをしてくれて付き合うことになった。

純子との交際は清い交際だった。3ヶ月たってもキスもなく、デートで手を繋ぐだけだった。

そんな時、父の不倫が発覚した。お父さん子だった妹の落ち込みようは酷かった。

学校と必要なとき以外は部屋にずっと閉じこもったままだった。

妹が自殺するんじゃないかと心配した母は、俺にも妹のケアをするように言ってきた。

家庭の事情を、悟と純子には話した。

悟が一度家に遊びにきた。たまたま妹がジュースを取りに台所にきて

二人は顔を合わすことになった。

悟は、翌日「妹との仲を取り持ってくれないか」と言ってきた。

悟はイケ面だ。中学生をそれも受験生を相手にしなくてもいいんじゃないか

と思ったが、それは言わなかった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ