相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】大笑い【告白体験談】

 俺の妻は、身長168㎝ B112(Kカップ)W63H95とダイナマイトなボディーをしている。結婚前(16歳から付き合い)から

その体を堪能してきたが、結婚後 子供を1人産んでもくずれない体を今も変わらず愛し続けている。今年で31歳になり子供

も2歳になったが、趣味のヨガの効果か張りのある まったくもっていやらしい体をしている。

俺達の住んでいる所は地方の田舎町で夏には小さな祭りがある。まだ31歳と若い俺達は、男神輿 女神輿を担いでいる。

俺は、褌に半被姿 妻は、ノーブラの上にサラシを巻き下は、短パンそして半被を着て3日間 昼1時から夜10時まで

町中を練り歩いている。子供は、俺の実家に預けて夜迎えに行くパターンだ。今年の夏は、1日2日目と俺だけが神輿を

担ぎ終わったあと友達と呑みにいき妻は、子供と家に帰ると言った具合だったが、3日目には、夜10時に終わる予定が

町内が盛り上がってしまい12時まで担ぎ捲くった。二人ともヘトヘトになり実家に帰り子供を迎えに行ったが、俺の友達

から連絡が来て居酒屋で軽く飲む事にした。妻と子供を連れて行くと友達も家族で来ていて呑み始めていた。俺も妻も

遅ればせながら参加してビールをガバガバと飲んだ。深夜2時前に解散となったが、運転出来る訳もなく近くの健康ランド

にいく事にした。部屋を取り(24時間営業)布団を敷いて寝る体制を整えてから風呂に向かった。子供は、俺が面倒を

見る事にして、妻は、女風呂へ行ったが、勿論二人とも着替えもなにもなく祭りの時の汗で半被は、びしょびしょで風呂

上がりは、健康ランドのパジャマを着るつもりでいた。俺が風呂に入ると俺達と同じく祭りで盛り上がり留まっている客が、

何人もいて(部屋の他にリラックスルーム20人位収容)風呂にも中年オヤジが3人,刺青の入ったチンピラ風の若い男が2人

いた。子供の体を洗っていると後ろから声を掛けられた。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月15日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻の疑惑【告白体験談】

妻は32歳。結婚して6年で子供はいない。

夜の行為は確かに回数が減ってしまっていたが、それなりに平和な結婚生活だった。

しかし半年程前に妻が絵画教室に通うようになってからおかしくなった。

その教室は週に一回自分で予約を入れて通うスタイルだったのだが

2か月前ぐらいから妻は予約を金曜か土曜の夜の部に入れるようになったのだ。

そしてとうとう絵画教室の後にメンバーで食事をするからと、帰りが遅くなるようになった。

おかしいなと思い始めたこの2週間前にある場面に遭遇した。

金曜の夜に妻は絵画教室で帰りが遅くなるということだったので

1人で食事をして家にいたのだが、たばこが切れてしまい深夜12時ごろに近所のコンビニに歩いて買いに出た。

我が家はマンションでその日は歩いてコンビニに行くのにエントランスを出てすぐの垣根の間をすり抜けて近道したのだが

その垣根越しにマンションの来客用の駐車場に止まっている車になんとなく目が行った。

ワゴンタイプの車で運転席にも助手席にも誰もいないように見えたが、すぐに助手席の方で誰かが起き上がった。

シートを倒している体制から起き上がった感じだった。

垣根の隙間からじっくり見た。間違いない妻だ。

残念ながら運転席に人の姿はないが起き上がった妻が何か喋っている感じだったので誰かが寝ているのだろう。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年8月15日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】見られる事に興奮する私 続き【告白体験談】

毎日彼らの視線に酔いしれていると、欲求は増していきました。

昼食時以外でも、彼らに見られたくなり私は、彼らが近くを通るタイミングを見計らい

ワザと通路側に椅子を回転させ、軽く股を開いた状態で机横のキャビネットを開くんです。

彼らは、私の股間に目が行くと何気なくその場で立ち止まり、靴を履き直したり、手荷物を落として

時間を稼ぐんです。何だかアイドル気分と言うか!勘違いしちゃうんです。

それだけでは無く、彼らが来る時に通路のプリンターに紙を設置しに行き、しゃがみ込んでパンチラを

見せたり、階段でワザと下から見える位置に立って見たりします。

決まって彼らは、私の真下でパンチラを見ていて、かなりの興奮に襲われています。

もう、辞められません!彼らに廻されてもいい・・・そんな思いがする位です。

そんなある日の事です。私は近くのスーパーで買い物をしていると、会社の彼(佐々木君)と会ったんです。

全く面識が無かったんですが、思い切って挨拶してみました。

すると、彼も笑顔で挨拶して来て、しかも色々話しかけて来るんです。

彼は35歳(独身!バツイチ)結構イケメンで、話上手。私は彼の話に夢中で気づけば30分は話をしていました。

正直、近くのスーパーを舐めていました。ジャージ姿で彼に会うなんて・・・ちょっと反省と恥ずかしさが込み上げて

来て、その日以来、私は外に出る時はきちんと着替える事にしたんです。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】同期の奥さん三昧【告白体験談】

夏休み、同僚と海に行った時のお話です。

私は着替えが遅くなり、同期の奥さんの二人だけで海の家の更衣室で水着に着替えることになったのです。更衣室は2個しかなく、とても混んでいました。ふと見ると板張りの個室ほどの大きさの物置き小屋がありました。入ってみると元更衣室の様で、仕切りの板はそこらじゅう隙間だらけ。隣り同士はほとんど丸見えです。とりあえず私達はここで着替えることにしました。着替えていると目の前の隙間を通して奥さんと目と目が合ってしまいました。

「見ちゃ駄目(笑)」

そう言いながらも、微笑みながら奥さんは躊躇うことなくワンピースの前ボタンを外し始めました。そして、あっと言う間にスッポンポンに。

「もう! 見ちゃ駄目だってば。 ○○ちゃん(私の妻のこと)に言っちゃうよ!」

でも、目は笑っています。彼女の下半身に目を向けると、そこには丁寧に剃られたツルツルのオ○○コが。まさか他人、それもとても良く手入れをした縦すじを、それをこんな間近で拝めるとは夢にも思いませんでした。私の下半身が熱くなるのが判りました。彼女がビキニのパンティを履くために前屈みになると、今度はその目の前の隙間から私の下半身が見えてしまったようです。

「あ、大っきくなってる(笑)」

「見たなぁ? 旦那に言っちゃおうかな?(笑)」

「駄目ー内緒、内緒(笑)」

「じゃあ見せて。」

「えー、何をー?」

「オ○○コ」

「えー? ホントにー? 駄目だよ・・・・」

「じゃあ、ここ見たこと言っちゃおうかな??」

「もー、じゃあ…見せるだけ…ね。」


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】老人介護【告白体験談】

去年の春、私は介護士の資格を取得しました。

両親の仕事が忙しい事もあり、小さい頃は祖父母に可愛がられていました。

特におじいちゃんは、私をわが子とばかりに愛情を掛けてくれた影響なのか?

男のお年寄りが大好きでした。

そんな訳で、お年寄りに関わる仕事がしたくて、資格を取得した次第です。資格を取って間もなく、私は訪問介護の仕事を見つける事が出来ました。

体が不自由な方の世話や、健康でも1人暮らしで大変な方の世話をする

仕事は、私にとって望んでいた事でした。仕事を始めて2ヵ月も過ぎ、慣れて来た頃です。

新しく1人暮らしの男性(67歳 平吉)の家を訪問する事になったんです。

まだまだ現役と言った彼でしたが、数年前に妻を亡くし内面的には凄く淋しい思いを

している方だと思いました。

そんな彼の部屋を掃除していると、彼はお茶を飲みながら話しかけて来たんです。

「ねぇちゃん何歳なんだい?」

「私ですか?もう28歳ですよ」

「若いねぇ・・・」

「そんな事無いですよ」


告白体験談関連タグ

|||

2014年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】最初で最後【告白体験談】

最初で最後、地元に帰る後輩に妻を抱かせました。

後輩W君27歳、妻みずき44歳です。

W君は、よく家に遊びに来ていたので妻ともHな会話も出来る程、仲が良かったんです。

そんなW君が、地元に帰る事になり、会社とはまた別に、家で送迎会をしました。

子供も寝たので、これからは大人の時間だと、三人で飲み始めました。

僕は、W君に「なんか欲しい物とか、して欲しい事ないか?」と聞くと、

何を思ったのか「なんでもいいんですか?うーん、じゃあ、奥さんと一回したいです」と訳のわからない事を言いました。

「あほか、それは無理だわ、本当アホだな~」

しかし妻は「最後だから一回だけならいいよ~なんて冗談だから」僕はびっくりしまた。

しばらく、そんな馬鹿な話しをして、W君がお風呂に入り、

僕は妻に「なぁ~さっきのW君と一度だけならいいって、本気で思ったしょ?正直に」

妻は「笑いながら、冗談だって、W君だって冗談で言ってたんだよ、おばさんなんて相手にしないって」

僕は「いや、一回だけしてみれば?多分もう会わないんだから、一回だけ、駄目?」

「実際Hしたら怒るくせに、本当にしちゃうよ」

妻は笑いながら軽く流していました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月13日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】見られる事に興奮する私【告白体験談】

最近、平凡な生活に溜め息が出る。

子供も高校生になり、全くと言っていい程、手が掛らない。

小さい頃からスポ少とか、部活の応援にと忙しい休日を送っていたが、

今では、親の出番無・・・。

夫は仕事人間で、休日も会社に行く事が多く、夜の営みは随分前に無くなっていました。

私は、今年40歳になります。

顔は、普通・スタイルは最近ちょっと下半身が太くなり始め、ムチムチです。胸はEカップ程

あり、男性から見ればエッチな体に見えるかも知れません。

そんな私も、最近ちょっと目覚めた事があるんです。

もう、20年務める会社(けっこう大手、従業員500人程)で事務職をしています。

昼休みには、食堂は多くの人で賑わいます。

私は、昔ながらのメンバーといつもの決まった席に着き昼食を楽しみます。

前は、何も気にする事は無かったんですが、平凡な生活に飽きが来ていた事と、夫との冷めた生活で

欲求が溜まっていたのかも知れませんが、数人の男性社員の目線が気になりました。

男性達は、ちょこちょこ私の方を見ている様に感じたんです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年8月13日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】水泳コーチをする妻【告白体験談】

妻の実家は水泳教室を営なんでいます。

幼い時から、親の営む水泳教室に通った妻は、中学・高校と

水泳部に所属し、優秀な成績だったそうです。

高校卒業後、両親の営む水泳教室でコーチの職に就きました。

私達も3年前に結婚し、妻の実家の近くのマンションに住んでいます。

義父は校長兼、事務全般を行い、義母と妻がコーチをしています。

義母も50歳となり、午前中に開かれている熟年担当をし、妻は夕方に開かれている

学生担当をしています。

妻は主に、小学生や中学生がメインで、数人の高校生といった感じで、生徒数も全員で

十数人でした。



私、サラリーマン30歳 妻27歳 義母50歳 義父55歳

妻は、水泳一筋の人生ですから、スタイルも良く細いウェストにスラリと伸びた足、胸はCカップでした。

水着も白に、ハイレグでいかにも水泳選手って感じでした。

そんなある日の夕食の時、妻が悩みを話し始めた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月13日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】双子姉妹の妻【告白体験談】

去年の年越し、私達は妻の実家で過ごした。

妻の実家には両親だけが住んでいます。

だからたまに帰省する私達を両親は待ち望んでいる様です。

妻には、双子の妹がいるんですが、実家から通うのは不便と言う事で、

アパートで独り暮らしをしています。

そんな妹も年越しは帰省していました。妹と妻は、一卵性の双子で顔・スタイルがすっかり一緒!まぁ部分的に微妙な違いは

あるんですが、パッと見では分かりません。今まで私も何度も間違えた事がある位です。

その夜、私は義父と一緒に酒を飲み、すっかり酔っていました。

妻も妹も付き合って酒を飲んでいました。

23時を回ると、すっかり酔った義父が寝室へ向かったんです。

私も、半分寝ている状態だったので、寝床に向かいました。

何時間が過ぎたのか?私はふと目が覚めました。

薄明りではありましたが、隣に妻が寝ています。

何となくムラッとした感じから、妻の布団の中に手を差し伸べ、福与かな胸を揉んだんです。

ムチッとした感触を楽しんでいると、股間がムクムクと起き上がり、思わず妻のパジャマを


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月12日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】同僚が、、、、、、【告白体験談】

3週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。

妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。

ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。

階段の途中で、妻の声が聞こえた。

「ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」

明らかに嬌声とわかる。同僚が妻を犯しているのだろうか?鼓動が早くなる。ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングの前まで進んだ。

耳を澄ませて中をうかが伺う。ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ、時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。僅かにリビングの扉を開け、覗いてみた。

妻はソファに座ったまま同僚に脚を大きく広げられていた。ベージュのスカートは捲り上げられ、ブルーのパンティは既に片足から外れて、もう一方の膝に引っかかっているだけだった。

ブラウスのボタンはほとんどが外されており、ずり下げられたブラから露出した乳房を下から同僚の手がもみしだいている。

同僚のもう一方の手は妻の膝裏のあたりを掴み高く上げ、ちょうど股間に潜りこむ格好で妻の秘部を舐めているようだった。

恥ずかしいからだろうか、妻は両手で顔を覆っている。それでも乳首を摘まれたり激しく秘部をすする音がする度に「ひっ」と喘ぎ声を上げて首をのけぞらせている。

この状況に私はひどく興奮していた。自分の妻が同僚によって感じさせられている・・・ 確かに妻の肉体は敏感なほうだ。私の愛撫でも十分に反応し、いつも愛液を溢れさせていた。

さらに妻はこの3週間のあいだセックスをしていない。どちらかと言えば性欲の強い妻にとってこの禁欲期間は辛い。そしてこの同僚は社内でも名うてのプレイボーイとして有名な男だ。

仕事も出来るし信頼も厚いのだが、女関係で問題を起こし、バツイチになってからは出世をあきらめ、社内外の女を片っ端から食いまくっているテクニシャンだ。

そんな男の手にかかれば、ただでさえ性欲をもてあまし気味の妻だ。一たまりもあるまい・・ 同僚が顔を上げ、硬くしこった乳首に吸い付いた。びくっと妻は身体をのけぞらせる。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月12日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ