相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】妻が回された 同感【告白体験談】

「熟妻が回された」を見ました。

私も似た経験があります。上記内要程、酷い扱いではありません。

私35歳、妻29歳

私と妻は出会い系サイトで知り合い結婚しました。妻は松下由樹似のちょっとポッチャリタイプの女性です。

妻は保険の営業をしており、ほぼ毎日外回りで営業を行っています。ある日、私が会社の取引先の人と飲んでいる席で

相手の男性から、面白い話をされました。それは、男性の友人が保険に入った時、営業の女性とヤッタという話でした。

私 :本当ですか?そんな事出来るのかな?

男性:出来るんですよ。特に期末はノルマがあるから焦っているんでしょうね。

私 :いいね。俺も入ろうかな?

男性:私も、そう思ってその友人の担当営業を呼んで貰ったんですよ。

私 :じゃ、ヤレたんですか?

男性:もちろん。友人が支持すると、その女性は直ぐに全裸になって”お願いします。契約して下さい”って言うんですよ。

   一発OKですよ。その場で2回も抜きました。最高に良い女でしたよ。あなたも如何ですか?

私 :でも怪しいですよ。そんな話聞いた事ないし?やばい保険じゃ?

男性:それが、友人は営業が何度も来るから、友人数人で待って話し聞きながら”ヤラせてくれたら入るよ”って言うと


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻が妊娠&出産【告白体験談】

1月5日

3450gの女の赤ちゃんが産まれました!

これは、妻が妊娠&出産するまでの話です。

結婚10年目の夫婦ですが子宝に恵まれず、親の勧めで不妊治療を数年前から行なっていました。

しかし、全く効果も無く妻の智津子は精神的にも疲れてしまい、塞ぎ込むようになってしまいました。

夫36歳 会社員

妻33歳 専業主婦

名前 智津子

身長156センチ 体重45キロ

顔はともさかりえ似です

笑顔を失い、全く外出したがらない妻を夫である僕は心配していました。

唯一、近所コンビニでバイトをしている斎藤君は、そんな妻に、いつも笑顔で声をかけてくれていました。

仮名

斎藤佑樹20歳 大学生

身長180センチ位


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻との出会い【告白体験談】

俺は34歳、妻は38歳です。結婚したのは昨年の秋です。俺は彼女が当時いなくて、又露出症があり、たまたま一人でいた当時の妻の前で下半身を露出しました。それは春の事でした。妻は学生時代バレーボールをしていたとのことで身長も167Cmあり、派手な顔達の女性です。妻は露出した俺の手を取り自分の車まで俺を連れて行き、車の中でこれから警察に連れていくと言われました。それまでなんどか露出はしたことはあるけど、いつも女性のほうが走り去って行っていました。俺は詫びて「警察は簡便してくれと謝りました。彼女は「どうしてこんなことをしたの?」と聞かれ「彼女もいなくて、悶々としていた。せめて俺のぺペニスを見せることで興奮したかったと素直に告白しました。彼女もしばらく俺の顔を見ていましたが「貴方、私でなくてもよかったんでしょう?」と聞くので「俺は大柄な体をした女性が好きなんです。だって胸も大きいし、ヒップも丸くてかっこしいから・・・」と言うと「わかったわ。ほめてくれたので許してあげる。でもその代わり、今も悶々としているんでしょう?私の前でいつもしていることをして見せて・・・」と思いがけないことを言われ、びっくりしました。すごすごと助手席を倒して仰向けになってズボンを下しブリーフを膝まで下しました。もうペニスをとっくに勃起していました。恥ずかしかったけどいつものように上下に擦りました。いつも以上に早く射精感が高まり、でそうになったので「もう出そうです。」というと彼女は

俺の股に覆いかぶさるようにしてパクリと咥えてくれました。と同時に射精した俺の精液を飲みほしてくれました。それから付き合うようになり、彼女の車でドライブデートを繰り返しました。一人住まいの彼女のマンションに行き泊るようになりました。彼女のオナニーをしているところも見せてくれました。そんな付き合いをするようになり、都合彼女の穿いたパンティーをくれ「私とエッチしない時、マスターベーションをするんでしょう?これを使ったら・・」と股間が少し黄ばんだものをくれました。俺はそれをかぶったり口に入れたりしました。彼女のマンションに行った時などは3回位セックスしました。そのうち結婚しようということになり、俺の両親に離すと年上だし、子供を作ってもそれなりの歳になるから・・」と最初は反対したけどどうしてもしたいと説き伏せ一緒になりました。今でも妻から時々露出した時のことを言われ、からかわれています。

でも妻はセックスはすごく好きだから毎日でもしていいよとうれしいことも聞いています。生理の時は俺を全裸にして仰向けに寝かされ、妻は横に座って俺のペニスを上下に擦ってくれ、出そうになると口で受けて飲み歩してくれます。

俺はいつも全裸になった妻の全身をくまなく舐めてあげたり、お尻の穴までなめさせてくれます。今年の夏には俺の希望で

剃毛させてくれとお願いしたら「貴方も剃毛するならいいよ」と言われお互いの秘部を剃り合いました。ベランダでお互い全裸になってセックスすることもあります。夜中に車で河川敷の公園に行き、お互い裸になって夜の公園を散歩することも経験しました。最高の妻です。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】ワールドカップの観戦中の出来事 (オーストラリア戦)【告白体験談】

6/4 日本vsオーストラリア「先輩!明日の試合ですけど、○○で大スクリーンで観戦出来るらしいんですよ!」

「そうなのか?早速予約入れないと・・・?」

「もう予約がいっぱいらしいんですが、知り合いに頼んで、3人分Getしましたよ」

「お~やるなお前!千夏も喜ぶぞ!」

「立ち見何ですけど、後ろの方に軽い軽食と酒が用意されていて、休憩時間に休めるらしいです」

「そりゃ、至れり尽くせりだなぁ」

「早めに行って、良い所取りましょうよ」

「そうだな」

そうして、私達は竹下のナイスアシストにより多くのサッカーファンと共に盛り上がる場に行く事が

出来たんです。

帰ると妻に報告!異常なまでの喜び様です。

きっと妻も明日は、定時速攻と言った感じでしょう!当日、私は着替えを持参し会社に向かいました。

職場も朝からワールドカップ予選一色!そちらこちらでサッカー話で盛り上がっていました。

「先輩!早く定時にならないかなぁ」

「まぁ焦るなって・・・着替え持って来たか?」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】マイのチンコレ【告白体験談】

一度タガが外れてしまうと女って凄いですよね。

僕の妻のマイは、僕と結婚するまでは、遊びでセックスするようなタイプではありませんでした。

ところが結婚して6年ほど経ち、さすがに飽きもきていわゆる倦怠期に突入。

仲はよいものの夫婦のセックスがめっきり減ってしまった僕らは、なんとかその状況を解消しようとスワッピングを経験してみたのです。

それがきっかけでした。

最初はネットで見つけた夫婦やカップルの方たちと、ごく普通に別室でスワッピングをしていたのですが、だんだん僕のほうが物足りなくなってきました。

で、6組くらいとした後に、単独男性の方を募集し、マイとその人がセックスしているところを僕は見るだけというプレイを試してみることにしました。

意外と簡単に相手の方が見つかったので、早速上野の某ホテルで実行です。

その頃のマイは32歳。

もともとむっちり系なんですが、三十路を迎えいい感じにいやらしく肉がついてきた頃です。

相手の男性はなんと23歳。

9歳も年下の若い男性とセックスできるということで、マイもかなりドキドキしていたようです。

僕とマイはスワッピングは経験済みとはいうものの、前述の通りすべて別室でのプレイでしたから、マイも僕の見ている前で他の男とセックスするなんて初の体験というわけで、期待と不安で一杯だったのでしょう。

さて、最初は恥ずかしがってなかなか脱ごうとしなかったマイでした。

しかし相手の男性のほうは思いっきりよく、僕がいるにも関わらず全裸になったので、マイもやっと踏ん切りがつきました。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年7月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻がやたらと綺麗に見える。【告白体験談】

最近、妻の葉子(38歳)がやたらと綺麗に見えてならない。

男がデキたのか?浮気をしてるのか、等とつまらない想像をする。

平日、有給休暇を取って仕事を休んで見た。

朝、娘が学校に出た後、妻は台所の整理と洗濯をしていた。庭の物干し竿に洗濯を干して入る時、妻のスカートが捲れ、太腿が露わに見える。性欲が沸いてきた。妻が部屋に入ってきた。「お風呂を沸かしてくれよッ。」「いいわよ一寸時間がかかるけど待ってね。」快い返事だ。

20分位して、「お風呂が沸いたわよッ。」すかさず俺は、「一緒に入ろうよ。」

妻が「エッ朝から一緒にお風呂ッ。」暫く沈黙をした後「いいわよ、一緒に入るわッ。」

妻は玄関と縁側の鍵錠を閉め、カーテンを引いてくれた。妻と平日、久しぶりの一緒のお風呂だ。

妻と一緒の湯船からはお湯があふれる。妻の肌がお湯加減でピンク色に染まってゆくのがわかる。

「葉子ッ、最近綺麗になったね。何か心の変化でもあったのかね?。」

妻が「私ももう30台後半でしょう。少しは変化しなくっちゃ。人間ですもの。友達と相談して変身してみる事にしたのよ。男とか浮気は無いから大丈夫よッ。」

妻がキスをしてくれた。湯船の中で妻の裸体を抱きしめた。妻を背後から抱きしめて挿入を試みた。

お尻のアナルの隣の花芯がやんわりと開いてる。

湯船の肩に腰を掛けて妻の花芯に挿入して腰を下ろさせた。

「あなたッ~~~~熱いわ~~~~すごいッ~~~~ウウウウウウッ~~~~~」

風呂場で呻く妻の葉子。


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年7月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻の過去男を知った夫の話【告白体験談】

妻の過去男を知ってしまった夫です

私は37歳の会社員、妻は36歳の主婦で、

6年前に結婚し、4歳の長女がいます。

妻はおとなしい性格で家事と子育てを熱心にする理想的な主婦ですが、

たまにおしゃれして外出するときなど、見違えるほどいい女になります。



先週、友達と会うと外出したときは、白のキャミソールのようなトップに、

黒いミニスカート、光る濃い茶のパンストをつけ、

さすがに上に白いカーディガンをはおっていましたが、

薄い生地でほとんど肩と盛り上がった胸が透けていました。



見送った私は、妻に欲情したためか、妻の使っている引き出しをあけ、

いろいろ探してみました。

セクシーな妻の姿を見て、妻に隠れて下着などで

オナニーをすることがよくありました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻の青春時代の…ver2【告白体験談】

妻と結婚する前、彼女と交際を始めてしばらくして、私たちはセックスをした。

妻は、私と出会う以前、大学時代に3年程交際していた男性がいたことは妻から聞いて知っていた。そして、彼の部屋に何度か遊びに行ったことがあることまでは聞いていた。

妻の性器に初めて私のペニスを挿入したとき、意外な程に簡単にヌルリと中まで入った。

ペニスを動かしたときの膣の感触も滑らかでなんだか緩く感じた。

私は、ひょっとして…という一抹の不安が頭をよぎった私も童貞では無い行き付けの風俗店の女の子と何度か本番はしている経験は有った…

所謂素人童貞では有るが…しかも妻のオマンコの感触は其の風俗嬢のオマンコよりも緩く感じた。

妻は昔、他の男と交際していたとはいえ、体までは許していないだろうというかすかな甘い期待を抱いていた。

しかし、終わった後、妻が発した言葉に私は一瞬思考が停止した。「なんかアソコが変な感じ。久しぶりにHしたからかも」

妻はやはり処女ではなかった…元彼と肉体関係を結んでいたのだ、股を開いて太いペニスを入れられ、男の背中に手を廻し悶えていたのだ。

しかし、元彼とのセックスのことは妻はそれ以上は語らなかった…私も3年間も交際した元彼と何故別れたか理由を聞く勇気も無かった。

その後、偶然、妻の大学時代の女友達と話す機会があり、妻が当時交際していた男のことをそれとなく聞いてみた。

妻はその友達には当時の彼とのSEXの様子を色々話していたらしい。

それによると、大学時代、妻とその友達と元彼は同じサークルに入っていて、元彼は○○大学の1年先輩だった。

妻が大学2年生のときに交際が始まり、まもなく妻は彼の下宿を訪れるようになった。

そして、何度目かの訪問のとき、二人は初めて結ばれたそうである。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】妻と息子の友人【告白体験談】

私は43歳、妻は40歳、二人とも真面目な性格で、妻は今時珍しいぐらい超がつくほど真面目、曲がったことが嫌いな性格です。その影響か、今年高校2年になる息子も妻に似たのか、高校に入学するまで私達の言葉を文句言わず従ってきたのでした。



それが、高校に進学した頃から息子の様子がどこか変なのを私達は、去年の夏休みに気がついたのでした。確かに、勉強も昔以上にするし、夜遊びもしない、親に反抗しない子供です。



ただ問題なのは息子の友人K君です。いつも成績は学年の5番以上に位置している秀才で、この地方では有名な市会議員の息子さんと聞けば響きはいいが、彼の振る舞いは妻も私も気に入らなかったのです。顔はハンサムなのだが、とにかく行儀が悪いのです。目上の者にも馴れ馴れしく話しかけるし、靴を脱いだら脱ぎっぱなし、本を読んだらかたずけもしない、お菓子を食べて、ぽろぽろこぼしても気にしない、校則違反ぎりぎりのぱさぱさの薄い茶髪。女の子との付き合いも派手で、良くないうわさもたまに耳にしたものです。



私と妻は、何度か付き合うのは止めるように注意しました。息子は正直に頷いて「わかった」と言ってくれたのでひとまず安心しました。

しかし、息子はどうやら私が仕事に出かけている時に、K君を家に招いているらしいのです。妻も何度もそれとはなしにK君に注意したらしいが、はぐらかされて聞き入れてくれないらしいのです。



ちょうどその頃は、会社も忙しく夜遅くなるのが当たり前だったので、昼間の様子を把握する事が難しかった状態でした。そして、3ヶ月ほどたったころです。日曜日に外出することが徐々に多くなっていった妻が、去年のクリスマス・イヴに珍しく外泊したのです。

すぐに帰ってくるからと言って。だが、妻は夜中の12時頃帰ってきたのです。いつもなら家族三人で祝うのが当たり前となっていた。時計を見ながら注意すると、妻はどこか慌てた様子だが、どこか嬉しそうな潤んだ瞳であることに気がついたのです。しかも、その手には綺麗に包装された小さな箱を握り締めていました。

妻に問いただすと、昼間友人と買い物をして、友人の家に買った物を取りに言ったらしい。ついつい話こんでしまって遅くなった事を謝った。私も仕方がないのでその場は許しました。



その日を境に、妻の口からK君の話も出なくなり、息子に関してはひとまず安心しました。だが、今年のバレンタイン・デ-に私は、台所でまるで女子高生のように楽しそうにチョコレ-トを作っている妻を見て、自分に贈るものだと思い、見てみぬ振りをしていました。しかし、予想に反して妻から貰ったのはいつものス-パ-で売っている安いチョコだったのです。

いやな予感がしました。そしてその時、私は確信しました。妻は浮気をしていると・・・・もしや・・・ 私は会社を早退し、家の近くにある空き地に身を潜めて、何日か監視した。すると、もう家に来ないはずのK君が、堂々とした態度で、玄関の呼び鈴を鳴らしたのです。どうやらまた学校をサボったのだろうと思いました。だが、それより驚いたのは妻の態度だったのです。ドアを開けると、嬉しそうにK君の手を引き、ドアを締めるとき彼に抱きつき、辺りを気にすることなくキスをしたようなのです。


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】長期停電で妻が隣の旦那に【告白体験談】

これは数年前に起きた話です。

我が家は、街からちょっと離れた所で、山間に出来た住宅地にあります。

週末の午後7時位に、仕事を終え自宅に向かっていると、いつもは家の明かりがいっぱい点いている筈

なんですが、何処の家も暗く不気味な雰囲気を醸し出していました。

我が家も例外では無く、明かりは点いていません。

車を止め、玄関を開けようとしても鍵が掛っていました。

その時です。隣の家から妻が出て来たんです。

「貴方、お帰りなさい!」

「どうしたんだ?」

「停電なの!」

妻に呼ばれお隣さんへ向かうと、隣の武田さん夫婦と子供達(お互いの子供が同級生)それに妻が

リビングでロウソクの明かりの中、時間を過ごして居た様だった。

話を聞けば、夕方4時位に近くの山が崩れ送電線が何本も切れたらしく、復旧には時間がかかると言うのだ。

しかも、我が家はオール電化で、停電では何も出来ない状態。そんな時、お隣さんが声を掛けてくれて

一緒に夕食を済ませたと言う(お隣さんはガスも使っていて、食事の準備は出来るらしく、しかも小さいながらも


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ