相互リンク先の更新情報!

【マニアック】変わり果てた妻【告白体験談】

数年前の話になります。

妻(友紀/35歳)と結婚し10年を迎えた頃です。

社内恋愛の末、妻(友紀)と結婚し幸せな生活を送っていました。

5歳年上の私は一生懸命働き、妻を養う事が出来る収入を得ていたんです。

唯一2人に足りなかったのは子供でしょうか?

5年を過ぎた頃には、お互い諦めムードで子供の話はしなくなっていました。

それでもお互い満足した夫婦生活を送り、夜の営みも普通以上に盛り上がっていたんです。友紀は会社内に男のファンが多く居た程、綺麗系の女性です。

小顔で白い肌が目立つ友紀は、肉付きも良く腰のクビレも中々のスタイル抜群女性でした。

そんな友紀と結婚し分かった事は、顔からは想像も付かない程、エッチな女性で夜の喘ぎ声は

何とも言えません。

正常位・バックと体制は何でも対応してくれるし、フェラ・口内射精まで受け止めます。

アナル体験はありませんが、お尻の穴を舐めてあげると、中々いい声を出します。

クリトリスと乳首が感じるらしく、弄りながら挿入すると間もなく逝きまくるんです。

カーSEXや山中での青姦も試した事が何度もあり、彼女も非常に興奮する様です。

青姦は妻同様に、見られるかも知れない緊張感に異常に興奮してしまいます。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2018年1月19日 | 告白体験談カテゴリー:マニアックな告白体験談

【マニアック】なおぼんは見た 前編【告白体験談】

私は、双葉(ふたば)家政婦協会に所属する家政婦です。

家政婦などというものは、お金持ちの奥様などがお雇いになるというのが相場でございます。

決してお安い利用料ではないからです。家政婦というお仕事をしておりますと、ついつい、その御宅の秘密などを目にするものでございます。

まあ、秘密のない御宅など探すほうが難儀(なんぎ)ではございますが。つい先だっても、ある御宅にご縁があって、お世話をさせていただくことになりました。

その時の奇妙なことと言ったら・・・私は都心から小一時間はかかる、高級住宅街の会社役員をされていた御宅に向かいました。

協会から渡された地図を頼りに、坂を上り、また下り、またまた上って小高い丘の上の一軒家にたどり着いたのです。

たいそう古い洋館建てのお家で、高い屏で囲まれ、頑丈な鉄扉(てっぴ)が備えられた、まったく外からは中が窺(うかが)えない御宅でした。表札に「京極(きょうごく)」とありましたので、間違いございません。

私は呼び鈴を押しました。

インターホンというものはなく、昔ながらの呼び鈴だったのです。

このような古い御宅では珍しくございません。中から、五十絡みの品のよいブラウス姿の奥様らしき女性が出ていらっしゃいました。

「私、双葉家政婦協会から参りました、横山と申します」

鉄扉の上の隙間から目だけを出して、そう伝えたのです。

「ようこそ、いらっしゃいました」

そう言って、女性は鉄の重そうな扉を開き、私を招き入れてくれました。彼女はやはり、この家の奥様で、京極妙子(たえこ)と言い、ご主人はあの有名な京極興産会長の京極為次(ためつぐ)です。応接間に通され、私にしばらく掛けて待つようにと奥様が申されました。

アールデコ調の上品な調度品で飾られたお部屋は、趣味のよいものでした。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2018年1月15日 | 告白体験談カテゴリー:マニアックな告白体験談

【乱交・王様ゲーム】資産家夫婦との関係【告白体験談】

俺32歳、嫁27歳で元モー娘の辻ちゃんを巨乳にした感じ

結婚5年目になるが今でも本当に大好きだ(Hは週2回位)

夫婦2人で飲食店を経営していて結構繁盛している

可愛い元気な嫁と話をするのを楽しみに来る常連客も沢山いた

その中にY氏夫婦という地元では有名な資産家夫婦がいた

Y氏は75歳で小柄な紳士で妻、瞳さんはスレンダーな美人の43歳

暇な時間帯などは俺と瞳さんは互いにバスケをやっていた事もありスポーツ系の話で盛り上がり、Y氏と嫁は俺のよく解らない絵画やクラシックの話をよくしていた

そんな時、嫁の好きな絵画がY氏宅にあるらしく、嫁が見たいと言いだし次の定休日に招待していただける事になった

当日はきちんとした服を着て緊張しながらY氏宅に向かった

大きな門のチャイムを鳴らすと瞳さんがスリットの入ったドレスで迎え入れてくれた

玄関までの間、瞳さんの長く美しい足に見とれていると隣で嫁が頬を膨らませ拗ねた顔をしていた

玄関ではY氏がよく来てくれたと歓迎してくれた

特に嫁には服や髪型など全てを褒めまくっていた

応接間に案内され俺と瞳さんはビール、アルコールの飲めないY氏と嫁は紅茶を瞳さん自ら入れてくれた

どうやら家政婦さんは今日は、


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談

【教師・先生】家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった3 【告白体験談】

前回↓







16話



千佳 「ふぅ……さっぱりした。」





お風呂から上がった千佳は、濡れた髪の毛をタオルで拭きながらベッドの上に腰を下ろした。



ここは千佳が大学に入って一人暮らしを始めてから3年以上住んでいるアパート。



部屋の中は決して広くはないものの、女の子らしく綺麗に整頓されている。




告白体験談関連タグ

|||||||||

2015年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:教師・先生との告白体験談

【教師・先生】家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった2 【告白体験談】

前回↓









11





千佳はその後順調に家庭教師のアルバイトを続けていた。



このアルバイトを紹介してくれた友人の尚子の話通り、富田家が康介の家庭教師に払ってくれる給料は大学生のアルバイトとしてはかなり高額。

それに見合った成果を出すべく、千佳は康介のスキルアップのために一生懸命頑張った。



康介も要領が良いというか、きっと元々勉強はできるのだろう、千佳が教えた事をスムーズに吸収していってくれた。




告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年12月15日 | 告白体験談カテゴリー:教師・先生との告白体験談

【寝取られ】それでも別れたくないんです。 【告白体験談】

41歳の自営業です。結婚17年目で一つ年下40歳の妻がいます。

若い時は抜群のプロポーションで外を歩けば振り返る男が多数いる事が鼻高々でした。

笑顔が柔らかくいつもニコニコしているのがとても愛らしい妻です。

今では出産も経験し、少しぽっちゃりとなりましたが、それでも私の中では最高の女だと自負しています。

見た目は小島聖さんに雰囲気が似ていると思っています。





私達夫婦は私が以前務めていた職場で知り合い、仕事仲間として仲を深めて行きました。

そこから徐々にプライベートでも仲良くなり自然と男女の関係に至りました。

付き合ってからプロポーズまで時間は掛かりませんでした。

その頃、独立しようと考えており、それも含めて自分について来てくれると返事を貰えた時には人生最高に幸せだと思える瞬間でした。

脱サラして自営業で食べれるようになるまで妻には迷惑と心配を掛けっぱなしでたくさん苦労を掛けてきました。

それでも愛想を尽かさずにいつもニコニコして私について来てくれた妻には本当に感謝してもしきれません。

これまで子宝にも恵まれ四苦八苦しながら仕事に家庭に奮起して仲良く乗り切ってきました。

やがて子どもも大きくなり手がかからなくなる頃には2人の時間も増えて昔を取り戻すかのように愛し合う頻度も増し、今までよりさらに生活にハリが出て来ていました。


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年7月28日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】事故を起こした妻と、その代償【告白体験談】

数か月前、妻が車で事故を起こした。

停止した車に突っ込んだのだ。よそ見をしていたらしく、完全に妻の過失だった。

相手は40代の男性で、右足骨折と手首に捻挫を追う怪我だった。妻は怪我全く無し。

保険屋に入ってもらい、事故の処理は全て行なってもらった。

事故から、数日して私達の生活も元に戻った頃、妻が相手の入院している病院に見舞いに行く

と言い出した。私は仕事だったので、妻1人で行ってもらった。

その日の夜、相手の様子を伺うとベットから動けないから、不自由している。仕事も出来ないと言われたらしい。

相手は、独身で一人暮らしだった。退院しても家の事出来ないよ!お前のせいだ!!!って・・・・

数日して、彼は退院した。嫁も、その日病院に行った。そして、退院の手伝いをした。

帰って来るなり、当分、彼の家に手伝いに行きます。私のせいで、彼の生活を変えてしまって、申し訳ないから。

俺「保険で支払われたんだし、もう、良いんじゃないか?考え過ぎだ!」

妻「お金の問題じゃないでしょ!家政婦雇うわけでもないし」

俺「だからって、お前が独身の家に行くなんて」

妻「怪我してるのよ。大丈夫」

俺「心配だが、しょうがない」


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月17日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【学校】妄想の果てに-を読んで【告白体験談】

似たような境遇だと思いますので投稿者の方の気持ちよくわかります。

私の方が10歳ほど若いと思いますが子供は男の子ばかり3人います。

3人目を出産してからは夜のほうも少なくなり今はもう数年ありません。

主人は私を「おい」と呼び家政婦さんとしか思っていません。

息子たちには「ばばぁ!」と呼ばれる毎日です。

早くに結婚し子育てに追われ友達たちが青春しているのを風の便りに聞き過ごしてきました。

私も同窓会で男性たちと意気投合して二次会、三次会と回りました。

同窓会の件は主人にも相談したのですが「勝手に行ったら」みたいな言い方をされ私のことはどうでもいいんやとあらためて実感しました。

誘ってくれた友人も不幸ごとがありドタキャンでしたが、おかげで男性たちと遅くまで遊べたのと際どい貴重な体験もできました。

家では家政婦でババァ扱いですが彼らは女性として見てくれました。

実際には性の対象としか思っていなかったのだと思いますが、その時は本当に酔った勢いもあり嬉しくて浮かれてしまいハメを外し過ぎました。

最初は服の上から胸を触る程度でしたが、だんだんエスカレートして強引にチュニックの胸元や下から数本の手が入りブラをずらせておっぱいを揉んだり乳首を引っ張ったりとむちゃくちゃされました。

「やめて!」と叫ぶと唇に吸い付いてきて舌まで入れられました。

半分は嫌でしたが本当は半分嬉しかった気がします。

さすがにジーンズを脱がせにきたときは必死に抵抗して防ぎました。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年7月9日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【寝取られ】会社が倒産した途端に【告白体験談】

254:名無しさん@お腹いっぱい。 :sage:2012/03/29(木) 19:27:27.54

会社が倒産した途端に元嫁が出て行った。

種なしの上に職なしとかあり得ないって。

元嫁務め先の部下(男)を引き連れて 荷物を一切合財運んで行った

微々たる額ではあったが 貯金も全額持っていかれた

冷蔵庫も洗濯機もない生活を送りながらハロワで就職探ししたが見つからず

給付金が切れるころに 元嫁が荷物を取りに来た部下と入籍したことを聞いた

結婚前から二股かけられていた事を知った。離婚した時に妊娠4カ月くらいだったらしい。

認知の事とかで多少もめたりした。種なしだって診断書もらって弁護士たてたり

正直情けなくて折れそうになった。

もう駄目だと終わりにしようと思った時に今の嫁と出会った。

ずっと工場勤めでスーツとか持ってなくて 買う金もなかった俺に

スーツ買ってくれて「これで面接いけ」とか就職するための秘訣とか伝授してくれて

言うとおりにしたら 就職できた。前の会社より待遇も給料も良いところだった。

付き合いだして1年くらいたったころ 


告白体験談関連タグ

||||||

2014年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】妻を育てる4/4【告白体験談】

スナックでの乱痴気騒ぎと、ラブホテルでの合宿型調教の一部始終を妻から聞き取った翌朝、リビングで向き合った妻に問いただしました。

「もし、Aさんから、またスナックへ誘われたら、出て行くのか?」と。

妻は、しばし沈黙しましたが、うつむいて答えました。

「もう、Aさんから誘われてるの」と。

「いくのか?」

「...........うん。いつもは行かないけど。」

妻の説明では、ホテルからの帰途に車の中でバイブ責めをされながら、何度もAさんに「また、(スナックへ)来るんだよな!」と尋ねられたそうです。

初めはためらっていた妻も、最後はBさん、青木さんにひとみさんまで加わって責められた挙句、涙を流しながら「いきますぅ!!!」と約束させられたそうです。

そんな約束なんか、どうでも良いのですが、やはり「妻の身体がそれを求めている」のでしょう。

後日、青木さんと連絡を取ると、妻を説得しているシーンをビデオに撮影していなかったのは、全員参加(笑)で妻を責めていたためにビデオの撮影係がいなかったためであり、他意は無いとのことでした。

逆に、Aさんからの私への伝言として、「新しいプレーをする時は私の意向を確認することや、妊娠には気をつけること、ビデオで報告すること等の、私が提示した約束は守る。スナックへ来るのは、手の空いた時だけで良い。手当てと帰りのタクシー代は払う。」等の条件を提示してきました。

私は、妻が私から遠ざかっていくような感覚に悩みましたが、私では導けない快感に犯されていく妻の姿を見ることの誘惑に負け、最終的には妻をスナックへ行かせることにしました。

妻が持ち帰るビデオテープがもたらす、エロビデオとは比較にならないエクスタシーと背徳感に捉えられていたのです。

それから、私の妻は、月に2度弱くらいの割合でスナックへ出かけるようになりました。

子供を持つ主婦としての役割もありますし、生理等の体調もあります。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月29日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談
1 / 41234

このページの先頭へ