相互リンク先の更新情報!

【学校】学校でストッキング盗む【告白体験談】

僕は、女子のストッキングに興味がありました

どのような臭いがするのか、どんな肌触りなのかなど気になっていました

ある日移動教室があったので僕は、チャンスだッって思い誰もいない教室へいきました

すると好きなこのカバンがありました

僕は周りを確認してカバンの中に手を入れて柔らかい感触の物があったので取りました

そこには黒いストッキングがありました

僕はズボンの中に入れて急いで教室に戻りました

その時間も終わりトイレへ行き早速臭いを嗅ぎました

するとあの可愛い顔からは想像出来ないようなくっさい臭いがプーんとしました

僕は興奮してしゃぶりつきました

甘かったです

そして射精してトイレを出ると可愛いにストッキングを持ったまま見つかってしまいました

僕はヤバいと思いそのまま好きな子をトイレへ連れ込みました

シーンという音が聞こえるのではないかというぐらい静かになりました。

僕は事情を説明したらその子はひいてトイレから出ようとしました僕は急いで止めてその子の靴をとり靴下も脱がせて靴下を息子に被せさすりました。靴下はすごく温かく酸っぱい臭いがしました。そのまま靴下に出しその子に履かせて息子を口にくわえさせて二回も出しました。


告白体験談関連タグ

||||||||

2014年8月16日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【友達】内緒話【告白体験談】

朝から真夏日でした。

夏休みの真ん中です。

仕事は1週間の夏休みをとってぶらぶらしていました。

いろいろと予定を立てましたが何もする気になれませんでした。

つまらない休暇も、千恵ちゃんのおかげで楽しく過ごせたのです。

前夜から千恵ちゃんのことを考えてもんもんとしていました。

千恵ちゃんも昨日のことを考えているはずです。

約束はしなかったけれど千恵ちゃんは絶対来るはずです。

朝から早くこないかなぁと待ちくたびれていました。

わざと窓を開けっ放しにしておいて大きな音をたてていました。

やはり千恵ちゃんは朝から遊びにきました。

家の人が出かけるのを待っていたみたいです。

ばたばたと子供の走る音がしました。

ばたんと音を立てて千恵ちゃんが飛び込んできました。

ビーチサンダルをそこに乱暴に脱ぎ捨てて飛び込んで来ました。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年8月15日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【学校】7/2【告白体験談】

この間ずっとお腹が痛いとできるだけ前かがみにして動いていたw

そして何とか帰りの会を終え保健室に行こうとする途中でAちゃんと会った。

「今から洗うからちょっと待ってね」と言ってまたトイレに入ったが一つしかない個室に誰か入っていた。

これじゃ洗っても着替えさせられない。だけどまだ人が残ってる校舎のトイレに二人で入るのも危険。

(俺含め放課後残って喋ってたりする奴が多い)

どうせならと思い、外のトイレでいい?と聞くと頷いてくれたので校庭に向かったが、

下校の時間なので目立つ。でも校内にも中途半端に人が残っているので、歩いて10分程の公園のトイレへ歩いた。

そして人がいないのを確認して二人でトイレに入り、水道で洗った。

で、授業中(後で昼休み以上にHなことをしよう)と考えてたので、まず奥の個室に入った。

そしてパンツを洋式のタンクの上に載せ、「乾くまで待ってようね」と言うと「分かった!」と返してきた。

可愛かったのでそのまま抱いて頭を撫でながら「いい子だね」と言うと無邪気にえへへっと笑った。

そして「じゃあ服脱いじゃおっか」と言うとすんなり「いいよ!」と言ったので

またこの子の裸が見れるんだと興奮していた。

告白体験談関連タグ

||||

2014年8月15日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【学校】私の体験【告白体験談】

実体験談です。

私は以前からクラスでもそんなに目立つタイプではありませんでした。小学校、中学、高校、現在に至るまで男の人とお付き合いしたこともありませんでした。そんな私ですが一つだけ誰にも言えない秘密がありました。小学校のころ、1時間目の授業が体育の水泳だったことから家から水着を着ていきました。ですがうっかり下着を持っていくのを忘れてしまい困ったことがありました。5年生の時でした。胸も洗濯板なみでブラもしていませんでしたので・・・このころは男子とは別の更衣室で着替えていましたが、その日に限って日直が男の子2人の時で、後片付けにやって来ました。私は目立たないだけでなく気も小さく全裸にタオル一枚で困っていました。服くらい着ておけばよかったのですが。外で声がしました。

A君「じゃあ俺戻るから、それだけ頼むな!」

B君「わかった、おれもこれだけだからすぐ行く。」

ほっとしました。震えながらも服を着て私は外の様子をうかがいながら更衣室を出ました。そこで思いっきり転んでしまし、ワンピースだった私の下半身は丸見え・・・調度備品室からB君が出てくる気配がしてあわてて起き上がり、事なきをえました。そのときは何ともありませんでしたが、帰り道にアクシデントが。B君と出会ってしましました。足早に立ち去りたい私は小走りに通り過ぎようとしました。通り過ぎた時、呼び止められました。

B君「なあ、わりいんだけど今日の宿題教えてくんね?」

えっ??なんだそれだけか、。安心した私がいました。B君とはご近所で少しは話したこともあるので不思議ではありませんでした。宿題もちょっと難しいだけで、量も大したことなかったので帰り道にある公園でやることにしました。20分くらいでしょうか?宿題も終わり帰ろうとしてカバンを背負うと後ろを向いて前かがみになったその時、スカートをバッとまくられました。もちろんB君の位置からは全部丸見え・・頭の中は真っ白、恥ずかしくて、怖くて・・・・

B君「なあ、今日あや(仮名)やっぱ履いてなかったんだ。」

見られていたようです。更衣室前で転んだ時に。何をされるのか怖くて怖くて声も出せずに泣いていると、B君が

B君「なあ、全部見せてよ・・・」

えっ?全部って・・・・・思った通りになってしまいました。私の性格では抵抗する気など少しも無く、自分から裸になってしましました。とにかく言うことを聞いて早く終わらせたい、そう思う私が一番強かったです。しばらくは何もされませんでした。多分、全身見られていたんだと思います。11歳の私には陰毛もありませんでしたし、本当に丸見えです。少したった後今度は触られました。胸も、乳首も、クリも、お尻も、全部です。彼にはお姉さんがいたので少しは性知識があったんだと思います。クリを執拗に責めてきました。私は性知識なんてほとんど無かったですから、だんだん変な気持になっていく自分が不安でした。濡れはしませんでしたが『ふっ、ふっ・・』と息を漏らしていたのを覚えています。そのあとはよく覚えていません。気付くとB君はいなくなっていて裸の私だけがいました。服を探して帰ろうとすると服がありませんでした。裸で帰るわけにもいかず、おずおずと探しているとありました。道の真ん中に。車の通る道ではありませんでしたが見晴らしの良い遮蔽物にない場所でした。B君がやったんでしょうか、でも誰かに見つかることは怖かったですが、一刻も早く立ち去りたかったので意を決して取りに行き、物陰に隠れ服を着ました。家に着くとがくがくと震えながら部屋にもどりました。。。

次の日から、B君の執拗な責めがはじまりました。今で言うならいじめだったとも思います。学校では何も仕掛けては来ませんでしたが、帰る時下駄箱の靴の中に紙が入っていました。字のようなものが見えたので開いてみると、B君からの呼び出しでした。『1年生校舎の男子トイレに来い。』私ですから抵抗できません。行ってみるとB君が待っていました。中へ連れて行かれ、個室へ連れていかれました。

B君「よく来れたな。昨日は・・・・」

半分は耳に入ってきませんでしたが、これだけは聞こえました。『ここで脱いでよ。』抵抗できませんでした。狭い個室の中で服を脱ぎました。下着も。するとすぐに下着をとりあげられました。驚いた顔をしている私にB君は、

B君「じゃあな」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月15日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【友達】洗脳16(約束の時)【告白体験談】

今夜は妹と二人になってしまった。妹とは30分ゲームをやってる最中、時間はとっくに過ぎていた。精子を口に入れ頬を腫らした妹の目線が怖かった。妹が俺の方に近寄ってくる。頬を指でプニプニやってる。俺は『あははっ、凄い偶然もあるんだね。口を少し開けて見せて。』口元から直ぐに泡が見える。俺は『約束の時、飲んでみて。』妹は強烈なごっくんを俺に見せてきた『ごきゅ、ごきゅ、ごっくん。んあぁ〜。』口の中を見せて、舌をレロレロやってる。妹は『お兄ちゃん、凄い量になってたよ。何度も出そうになった、今夜は二人だね…本当のセックスって、なぁ〜に?』俺は『うお、ちょい怖い。わかった!!コンビニに行ってゴム買うから、一緒に行こう。』妹は『ゴム?コンドーム?そのままでもいいよ。』処女が言うセリフじゃないと思う。その後、二人で晩御飯を食べて、部屋でのんびりしていた。妹『ねぇ。お兄ちゃん。初体験はいつ頃したの?』俺は『高校生の時だよ。』妹は『私は未経験…好き人は、お兄ちゃん。経験ないけど…エッチしたい。』俺は『俺がエッチ教えると、変態になるかも…。』妹『うん。変態でもいい…お風呂の続きやりたい。』俺のチンポを撫で始めた。

告白体験談関連タグ

|||||

2014年8月15日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】ゲームセンターで【告白体験談】

 俺、もう30歳。彼女もいない。全然モテナイ君(古)

連休でやることなく、久々、ゲームセンターに行ってみた。

最近は、UFOキャッチャーや、プリクラの機械が何台も並んで

女の子も頻繁に出入りするようになっていた。

 UFOキャッチャーを物色していると、隅で女の子が一人、何かを

取ろうと頑張っていた。

 しかしなかなか取れないみたいで、困っているようだった。

俺は声をかけてみようか悩んだ。こんなモテナイ奴が、少女に声を

かけた処で、嫌がられるだけのような気がしたからだ。

 でも、元から炉利趣味の俺。その子のあまりのカワイさに近づいて

いった。どう観てもJSの5か、6ぐらいで白のカーディガンに白のヒラヒラ

のスカートを着ていた。

 俺は、「ん?取れないの?がんばれ」と言ってもうお金がなさそう

だったので、お金をスッと入れたあげ隣に並んだ。

 それでも取れなかったので、俺が代わり、取ってあげた。


告白体験談関連タグ

|||||

2014年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】隣の少女⑮【告白体験談】

 真実ちゃんのバージンをいただいて、上機嫌で帰宅した俺。

佳純ちゃんはまだ帰ってないみたい。

連日のハードスケジュール(笑)で、疲れたのですぐに寝た。

明日からはいつものシフトに戻るし。

夜中の2時頃、ふと目が覚めたので、ケータイをみてみると、佳純ちゃんと真実ちゃんからメールがきてた。佳純ちゃんは電話もきてた。

シンちゃん、ねたー?疲れたの?

はい、疲れました。

真実ちゃんからは、

エッチ痛かったけど、嬉しかったです。

だって!

ムフ。これから先も期待できそう。

真実ちゃんをエッチな小学生にしないとね!

月曜日。

バイトへ行く準備をしていると、学校へ行く前の佳純ちゃんが訪ねてきた。

「シンちゃん!おはようー」佳純ちゃんはニコニコで機嫌よさそう。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】妻の連れ子小5に海の中で…〃【告白体験談】

娘と近くの海に泳ぎに行きました。二人切りの車内で娘の服を脱がせパンティーを下げはじめてならツルマンの盛り上がったマンコが見えた時オシッコの香りがするマンコの匂いが鼻にプウ〜ンとした。後ろ向きにさせパンティーに微かに着いてる黄色い染みを見つけ鼻にして深い吸い込みで匂いを堪能しました。衣類をまとめて手をつなぎ海えと走り海水に浸かり娘の胸まで進んだ時怖くなったのか私の体にしがみついて来たのです。小さな両足を私の下半身に巻きつけパンダの様にしがみついて来たのです。娘の割れ目は私の肉棒に接して海のを歩く度に強弱を重ね当たります。肉棒の先は割れ目の中心を定め突き刺さってるが娘はハシャギながら寄せる波に夢中でした。寄せる波を避けるたびに体を上下に背伸びしてるうちビキニのパンティーがズレ娘の割れ目に肉棒の先が生で刺さり2‥3回突いたら肉棒の先が割れ目の中に入り込んでしまいました。それを感じた娘はビックリしたのか私の首に両手をまわし痛さと驚きを隠しきれず私の耳元で微かな声を出してました。それはパパ痛いょでした。罪悪感にかられ海から上がりシャワ-を浴びさせながら割れ目を手で洗った時中に出した精子が流れ手の平に流れ落ちてました。初潮が無い子でス

告白体験談関連タグ

||

2014年8月11日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【学校】封龍剣[超絶一門]【告白体験談】

先週あった話。

俺は小6で、好きな子がいた。

修学旅行で箱根に行ったんだけど、そいつと同じ班になった。

んで、石畳行ったとき、班長の奴(以下T)が、格好つけて走って進んだ。

ただでさえ急なのにその日は雨。

疲れてきて俺とその好きな(以下Y)は歩いて進んだ。

すると、Tが「早く来い」

イラっとしたが、何も言わず走り出す。途中でYが転けた。

俺は「チャンス!」とばかりに、

「大丈夫か?・・」と、手を差し伸べた。

「ありがと」と、Y。

これはチャンス!

「前から好きだったんだ、もしよければ付き合ってくれ」

「いいよ」

…よっしゃ!ウハ!ウハ!


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月11日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【学校】もれちゃう早くして?【告白体験談】

私は小学六年生、運動会の昼休みのときにおきたこと私がトイレに行くといつものように行列そこでクラスの違う朱理(仮)が走ってきた朱理はまだ転校してきたばかりの子まだ友達は少ない。朱理がいきなり私にほかのトイレある、と聞いてきた私はあるよといったすると朱理がそこに案内してと言うので案内しようとしたが朱理が下のお腹が痛いと言い出した。私は生理かもしれないから確認してみてといったすると初めての生理だった。朱理はナプキンを持ってなかったので私のを貸すことにした、なので教室にナプキンを取りに行ったそれからトイレに行こうとしただが朱理がもう限界と涙ながらに言った急いでトイレに向かったトイレについたでも数人並んでいた私たちはそこに並んだ五分ほど待ったあと一人で私たちの番だ。朱理はもう凄く内股で見ていてどれだけ漏れそうか分かった。そして私たちの番がきた。ここのトイレは一個しか使えないので二人で入った私はまだ我慢できたので最初は朱理がしようとしたがスカートのチャックがおりないすると朱理は泣き始めてしまった。私はどうしようも出来ない。でもチャックを下ろすのを手伝っただがおりないすると朱理はしゃがみこんで漏らしてしまった。そして個室か�

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年8月11日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ