相互リンク先の更新情報!

【おっぱい】慰安旅行先の40代半ばのコンパニオンの悲劇【告白体験談】

昨年の6月3~5日(月~水)で会社の研修(慰安)旅行がありました。

社長(68才)の意向で地方の温泉旅館に泊まり名所旧跡を巡るという若い者には退屈な旅行でした。

ところがその社長本人は急用とかで直前になって行けなくなってしまい、専務(社長の息子)が

「こんなことなら韓国かマカオにしとけば良かったのに!」

と初日からブツブツ・・・

専務は最初から韓国かマカオ、上海と言ってたようだったが、社長の鶴の一声で国内に決定したのだ。

そもそも専務は社員の前では偉そうに言ってるが社長の前では借りてきた猫みたいなものだ。それはともかく初日、二日目と名所旧跡や偉人の記念館とかを巡ったのだが、興味の無い専務を筆頭に添乗員を急かせて旅館に急行。

初日の旅館では専務が酔ってコンパニオンや仲居さんにお触りしたり追いかけたりして、コンパニオンには早々に逃げられるし旅館からは注意されるわ、大変でした。

社長が居ないのを良いことに好き放題したのです。二日目の旅館に到着する前に年配の役員さんから注意があったのと、少し格式が高そうな雰囲気もあり、専務も静かでした。

この旅館は本館と別館に分かれてて、本館は家族向けや少人数の客筋?

別館は各部屋の外に専用の露天風呂が付いていました。さて問題の宴会が始まるのですが、専務(33才)と取り巻きグループ(30~38才)が9名、年配の役員、管理職グループ(46~60才)が5名、そして俺たち若手グループ(23~28才)の8名に自然と分かれて座りました。

本当は若手は多いのですが、慰安旅行には理由を付けて出てきません。

新年会や忘年会には女子も入れて30人ぐらいは参加するのですが、慰安旅行には女子は全く参加する気配すら無かったです。午後6時からの宴会でしたが、早く旅館に到着したのもあり温泉に浸かりゆっくりしたにも関わらず無理を言って早く始めました。

しかし早く始めたのは良かったのですが、肝心のコンパニオンが10分余り遅刻してきたのです。

しかも20代は2人だけで、30代半ばが2人、もう1人は40代半ばの5名だったのです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

【出会い系】始めてやった出会い系で近所で見たことある人妻さんと・・・ 【告白体験談】

最近人妻さんや熟女さんにハマっている大学生の俺です。

今まで出会い系を使って人妻さんとは20人近く経験しました。



去年の夏休みのことですが、初めて出会い系をやりました。

俺の年齢は隠し、セフレキャンドルで人妻好きの大学生と書き込むと

1時間後には次々と返事が入ってきました。



まあ、さくらばっかかなと思いながら

何人か気になった人妻さんがいたので、何人かとメールでやり取りをしました。

みんな高校生興味があるようで

中でも近場の人妻さんに絞ってやり取りをし、何とか会う約束をしました。



人妻さんは40歳の色白で

人妻さんには、俺と同じ年齢の息子がいるらしく

最初は抵抗があったようですが


告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年12月22日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【浮気・不倫】嫁の出産月に嫁の母親とセックスして妊娠させた 【告白体験談】

嫁の知香が妊娠、予定日が近づいてきたら嫁の母親(お義母さん)がうちに泊まりにきてサポートしてくれるようになった。



知香はお義母さんが若いときに産んだ子で、お義母さん自身も若く(40歳代)て美人。

お義母さんがもし知香の年齢だったらきっと知香よりも美人でかわいいと思う。



お義母さんはよく「早く孫の顔が見たいわぁ」と言っていて、知香のお腹の中の子はもう男の子だと分かっているので尚うれしく思っている。



嫁の出産予定日の月になり、妊娠が分かって以来ずっと嫁とセックスしていない欲求不満の僕は、お義母さんとカラダの関係を持ってしまった。



お義母さんと言っても一人の女性。その女性と同じ家、鍵のしていない隣の部屋で夜は寝ている。



嫁が体調があまり良くないと早く寝てしまった夜に

お義母さんが寝ている部屋(寝室のとなりの部屋)で・・・



お義母さんはルームライトの豆球(オレンジ灯)を点けて寝ていて辺りはよく見えていた。


告白体験談関連タグ

|||||||

2015年5月31日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【人妻・熟女】合格パーティー【告白体験談】

友人のAから聞いた話。

話はうまいが妄想癖と虚言癖がひどい奴だから、

ネタというか創作として聞くのが適当かと。今年の春休み、Aが主宰する塾の打ち上げがあって、

名門私立中に無事合格した教え子と保護者が呼ばれたんだ。

塾つっても学生がやってる小さい所で、打ち上げもAのマンション自室。

もっとも塾経営で羽振りが良いのか(一応、学生なんだけどな)、

郊外だけど結構高級な物件ではある。

俺もよく行くんだが、リビングはちょっとしたパーティーができそうな広さで、

いっちょ前にソファーセットも何組かあった。打ち上げに来たのは、小学校を卒業したばかりの男子5人と保護者。

平日の昼間だから全員母親だった。名門私学を狙うくらいだから、

餓鬼はみんなボンボンだし、ママも上流夫人…とまでは言わんが

上品な有閑マダムって感じ。かなり気合を入れた服装と化粧だが、

テンション高めで喜びを隠し切れない様子だ。

息子の合格が決まったばかりだから仕方ないが。取り寄せのランチを食べながら、みんなでカラオケ大会。

騒音の苦情は来なかったのか?調子が乗ってきたところでゲーム大会に続く。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月4日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】私が高校の夏休み頃の話です・・・ 【告白体験談】

私が高校の夏休み頃の話です・・・

法事で実家に帰っていた親父ですが、親戚の子供と遊んで居て夢中になり、

木登りしていて落ち、田舎の従兄が送ってくれたものの、足を骨折して帰って来ました・・・



病院に連れて行ったら、父は全治一ヶ月、

入院して3日後に手術する事になってしまいました。

母は、何しに行ったんだかとブツブツ文句を言いながらも、

仕事帰りには毎日父の入院している病院に顔を出していました。

当時の母は40過ぎ、肉付きの良い少しぽっちゃりとした巨乳、巨尻の持ち主で、

私が子供の頃、母の尻をサンドバック代わりにして、よく怒られたものでした・・・



その病院は、それほど大きくなく、病室も二人部屋でした。

父と同室だったのは、父と同年代ぐらいの、少し毛の薄いふくよかなおじさんで、

私が父のお見舞いに行った時も、気さくに会話してくる優しそうな人でした。




告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月28日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【浮気・不倫】人妻とは20人以上経験しました【告白体験談】

人妻や熟女にはまっている23歳です。

友達のおばさんや近所のおばさんたなど、人妻とは20人近く経験しました。



去年のことですが、初めて出会い系をやりました。

俺の年齢は隠し、人妻好きと書き込むと

1時間後には次々と返事が入ってきました。

まあ、さくらばっかかなと思いながら

何人か気になった人妻がいたので、何人かとメールでやり取りをしました。

みんな高校生興味があるようで

中でも近場の理絵さんに絞ってやり取りをし、何とか会う約束をしました。



理絵さんは39歳の色白で

スリーサイズは88・59・92かなりの淫乱で

高校生と激しいHがしてみたいとのことでした。




告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月10日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】彼女の友達【告白体験談】

僕の彼女・里香の友達に裕子(27歳)ちゃんがいる。

 身長は150cmくらいだが胸は大きく、お尻もデカくて巨尻だ。顔は眉がくっきり、きりっとしてて卓球の愛ちゃんみたいな顔をしている。

 彼女の里香の部屋で3人で飲んで、僕の車を置いたまま寝ることに・・・。裕子ちゃんは里香の車にのせてもらっている。

 里香と僕はベット(ローファーベット)に、(生倉)裕子ちゃんは来客用の布団で寝ることに・・・。

 結構3人とも飲んでいて、里香は途中で体調が悪くなって寝てしまった。じゃあ、お開きということで眠りについた。

 夜中、裕子ちゃんがトイレから出てきた。

 僕もあまり眠れず、裕子ちゃんに「慣れない枕だと寝れんでしょ。」というと「そうだね、最近(保母さんの)仕事で疲れて寝れなくて・・・。ストレス溜まってるし・・・。彼氏も忙しくてできんし・・・。さびしいよ・・・。」

「ふーん。保母さんの仕事ってやっぱり大変なんだねー」

「まっくん(牧野だからまっくんと呼ばれている)さぁ、わたしのストレス解消してくれんかなぁー」

「えっ、どうやって?」

「ふふっ」

 いきなり里香と僕のベットの布団に手を入れてきて、アソコを触り始めました。

「だめだよ。里香いるし・・・。」

「しーっ! 里香ちゃん向こう向いてるから・・・。こっち(の布団)来て。」

 ローファーベットなので高さがほとんどなく、1メーター以上離れているが高さ的には、真横に里香がいる感じ。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年5月19日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_終【告白体験談】

ベッドを見やった朱美は小さく叫んで、肩をすくませた。雄太たちがベッドに座り、にやにや笑ってこちらを見ていたのだ。遅れて振り向いた邦夫もぎくりとする。

「い、いつから見てたんだよ!」

「舌を入れるぞってところから、えへへ」

「あ、この、笑ったな!」

 邦夫は弾かれたように朱美から離れ、動揺を鎮めるためか、部屋中を歩き回り始めた。五周目でやっと立ち止まり、照明を元の明るさに戻す。

「よ、よし。なら話ははやいな。さっそく始めるぞ」

「え? なにを?」

 朱美の白い裸体に見とれていた雄太たちが、すがめた目を邦夫に向けた。あの3Pが4Pに向けた練習だったことを、すっかり忘れているようだ。

「よ、4Pに決まってんだろ!」

「あ、そ、そうだよね」

 慌てて相槌を打ったものの、その表情はさえない。結局のところ、三人同時の絶頂すら成功していなかったのだ。

「で、でも、難しいよね……

「わかってるよ。だから、朱美が知恵を貸してくれたんじゃないか」

「あっ! そういうことか!」

 察しのいい雄太は気づいたようだ。


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年4月14日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_8【告白体験談】

「せっかくだから、サラダも持って行きなさい」

 雄太の母が盛りつけているのは、具がたっぷりのチキンカレーだ。

「本当はご飯どころじゃないんだよ。お腹が空いたら勝手に冷蔵庫をあさるからさ、心配しないで」

「もう、だから言ったじゃないの。お盆前に終わらせなさいって」

「ぼくはやったよ。でも、ほら、あの二人がね」

 意味深に笑って、雄太はキッチンを後にした。手にしたトレイにはカレーライスが三皿とコップとスプーンが三つずつ。小脇にミネラルウォーターのペットボトルを抱え、軽い足取りで階段を上がってゆく。

 足音に気づいたのか、中から邦夫がドアを開けてくれた。Tシャツ、ハーフパンツ姿の雄太に比べて、邦夫は全裸だ。

「おまたせ。あ、家に電話した?」

「ああ、きちんとお礼しとけって言われた」

「康二くんも?」

 同じく全裸の康二は、床に散らばったティッシュを摘まみ拾いしていた。半端じゃない量のティッシュがくずかごに山を作っている。

「おれも言われたぜ。お礼しとけって」

「あはは、どこの親も言うことは同じだね」

 三人はトレイを囲んで車座になった。コップにミネラルウォーターを注いで、いざ乾杯となったとき、ふと雄太がベッドの方を見た。

「朱美さんもお腹空いたでしょ?」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月12日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】続・私が高校の夏休み頃の話です・・・ 【告白体験談】

その日は母と一緒に帰り、後日病院に来た時、松葉杖を突いて休憩所に居るおじさんを見付け、この間の事を聞いてみると、



「ああ、もう興奮が収まらなくてなぁ・・・奥さんに話し掛け、近づいて来た所で尻を撫でて見たんだ。奥さんは「キャッ」と言いながら、冗談は止めてって言ってたんだけど、奥さんに勃起したチンポ見せたら、無言で顔を背けただけだったから、試しに握らせたら、さすがに怒っちゃってねぇ・・・足が痛いから正座は出来ないが、必死に頭を下げ、どうか一度だけでもってお願いしたら、絶対ダメって言われて・・・」



「断られたんですか?」



「うん・・・それでもしつこく何度も何度も頼んだら、こんなおばさんに・・・服の上から触るだけならって言ってくれて」



 おじさんの話によれば、その後カーテンを閉め、母の胸を服の上から揉みながら、おじさんは自慰をしたそうでした。いきそうになったおじさんは、慌ててティシュでチンポをくるみ、ティシュからはおじさんの精液が滲み、ティシュを貫いたチンポを見た母は、無言でティシュを手に持つと、後処理を手伝ってくれたそうだった。



「これからも触るのは良いかなぁ?って聞いてみたら、服の上からだけよって、主人や子供には絶対内緒ねって、クスって笑ってたっけ」



「それで、この前母の尻を・・・」



「ああ、何か君の親父さんから寝取った気分になって、親父さんの目の前で触ってやろうとね」


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年4月5日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ