相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】出会い【告白体験談】

私は、45歳の公務員、妻は2歳年下の43歳、サキ(仮名)、子供は22歳の社会人と20歳の大学生がいる。子供は、都内の会社と大学に各々がアパートを借りて住んでいる。私は、昨年夏から8年ぶりの単身赴任。自宅には、妻のサキが一人で暮らしている状況だ。私の住まいに月1回、妻は訪れ洗濯や掃除をしてくれている。私も2ヶ月に1回は、自宅に帰るようにしているが、日常の疲労から夜の仕事は、半年に一回程度になってしまっていいた。妻のスペックは、バストがHからIカップの間を行ったり来たりで、ヒップは、メーター越えのデカ尻、ウエストもそれなりにあり、ややもすれば、只のデブだが、すれ違った男達が振り向く位、エロ漫画にでてくる豊満熟女のようなムチムチっぷりだ。結婚前から胸は大きく、妻の同級生たちから『ボインちゃん』と呼ばれていたようだが、子供を産むたびに、安産型と言うか、尻もムチムチと大きくなって行った。私は、8年前に倦怠期を打開しようと思い、妻のヌードを何枚か撮影して投稿したこともあったが、私の仕事の関係で万が一バレたら、えらい事になってしまうので数週間で辞めた経緯がある。なぜかと言うと、所属の課に熟女好きな部下がいて、妻の左顎にあるホクロと妻のムチムチした体に興味があり、家に誘って呑んだ時も妻をエロい目でみていたからだ。そいつは、事あるごとに妻を褒め、酔っ払った勢いで妻の胸に顔を埋めたこともあった程だからだ。その時は、妻もかわいい子供をあやし付けているようだったが、熟女サイトを漁り、万が一見つかっては と投稿を辞めたのだった。

 妻の友人で由美子(妻の高校の時からの同級生)が、一人暮らしになってしまった妻を気遣い、ショッピングや夕飯に誘ってくれ、妻も寂しさを紛らせていたようだった。由美子は、細身のセレブ系。旦那も私と同じ年だが、大手企業の部長補佐、高級住宅と呼ばれる家に済み、収入は、私の軽く1.5倍はあるだろう。しかし、この家には、子供がいない。二人っきりの生活だったので、妻と比べて由美子は良い服やバックを身につけ、アクセサリーも妻の着けている物とは違い、華やかであり、しがない公務員とは、大違いの生活をしていた。そんなある日、週1回夕食に招かれていた妻に異変が起こったのだ。妻の証言と由美子の話をまとめてみた。

 この日の夕食は、ローストビーフと洒落たおつまみ。高級ワインを呑みながら談笑しているとお客が現れた。ピンポーン

由美子『はい。どなた』

男『木村さんの部下の吉本です。』

木村(由美子の旦那)『おう。俺が呼んだんだ。入れてやれ』

由美子『はい。どうぞ~』招かれたのは、木村の部下である吉本。

吉本『補佐のご好意で来てしまいました。』と日本酒を片手にやって来た。

木村『吉本さん。気を使わないで』吉本は、昨年秋から木村の部署に赴任してきた56歳の男だった。

由美子『わ~珍しいお酒。遠慮なしに頂いておきます。』

木村『さ~。吉本さん座って下さい』と吉本を招き入れた。

由美子『はじめまして。木村の家内の由美子です。隣に居るのが、友人のサキです。』

妻『サキです。宜しくお願いします。』

吉本『吉本です。宜しくお願い致します。』

木村『さ~。呑みましょう。』暫く歓談が続き、他愛もない話に花が咲いたようだった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月23日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】お前すごいな【告白体験談】

<>330 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/09/29 19:15 ID:LkOJPU7q<>

一度ひと気の無いところでめちゃめちゃフラフラの女に遭遇したことがある。

マジでひと気が無い場所なのでおいらも怖くて急いでいたところ、

目の前に千鳥足の女性がいたのよ。歳は20代後半ってところか?

当時その場所が怖くて嫌いだったため

そんな女には目もくれず通り過ぎようとしたら突然「よっ!」

って言って絡んで来やがった。

不意をつかれたため「びくっ!」としたらその女「ごめんっ!!」だって。

今考えればホテルに連れ込むことも、その場でやることも出来たかも・・・。

もったいないことしたぜ。せめておっぱいだけでも揉んでおけばよかったなぁ・・・。

長文すまそ。



<>331 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/09/29 21:54 ID:uTKy9vl1<>

お前すごいな。

今までのヘタレ自慢のなかじゃ一番だ! カコイイ!

告白体験談関連タグ

|

2014年6月23日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】2人だけの2次会【告白体験談】

<>678名前:_[sage]投稿日:04/11/14(日)21:42:12ID:GsakJ3VM<>

677

ありがとうございます。

では、もうすぐ帰宅するので少しだけ



あれは俺が大学2年生の2月のことでした。

入っていたサークルの追いコンがありました。

1年生から大学院生まで総勢100名ほどの大規模の飲み会でした。

1年を通して一番激しい飲み会なので当然酒の入り様も半端じゃなかったです。





<>679名前:_[sage]投稿日:04/11/14(日)21:47:12ID:GsakJ3VM<>

当然、卒業される先輩達は後輩を飲ませまくり、ビール大ビン2本イッキとか無茶なことが

あちらこちらで行なわれていました。

俺は酒が弱く、あまり飲まされませんでしたが、それでもいつも以上に酔っていました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】従姉の姉ちゃん5【告白体験談】

久しぶりに投稿します。

午前中だけですで5回もセックスして、それでもやり足りなくて、もう1回もちろん生でやっちゃいました。

ついに射精6回(内訳、ゴム4回、生2回、口0回)しました。

また、昼飯もすっぱだかのまま、うどんを姉ちゃんが作ってくれて、作っている間もおっぱいを後ろから揉んだり、マンコを触ったりとちょっかい出しました。「やーん、直樹感じちゃうでしょ。作れないよ。」と言うので、ちょっかいを一休みして、出来上がったら、一緒に食べました。もちろん、すっぱだかのままです。

食べ終わったら、お互いに待ちきれないようにディープキスです。もう姉ちゃんは濡れていて、スタンバイOK

俺も勃起しているので、生で挿入です。気持ちよくて、ガンガン姉ちゃんを正常位で突きまくりました。

姉ちゃんは俺の腰に足を巻きつけ、「あー、気持ちいい、いく・・・」と大声を出していました。

初めて自分のアソコでいかせました。姉ちゃんもセックスでは初めていったそうです。

自分も姉ちゃんのいく姿に興奮して、7回目の発射でした。

ここで、ふたりともぐったりで俺もアソコはまだ元気でしたが、ガンガンついていたので、少し疲れました。

姉ちゃんがここで、「勉強しよう。」とすっぱだかのまま、家庭教師をしてくれました。

約2時間、一緒に勉強して、3時前くらいになり、どちらからともなくディープキッスをしました。

告白体験談関連タグ

|||

2014年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】会社が倒産した途端に【告白体験談】

254:名無しさん@お腹いっぱい。 :sage:2012/03/29(木) 19:27:27.54

会社が倒産した途端に元嫁が出て行った。

種なしの上に職なしとかあり得ないって。

元嫁務め先の部下(男)を引き連れて 荷物を一切合財運んで行った

微々たる額ではあったが 貯金も全額持っていかれた

冷蔵庫も洗濯機もない生活を送りながらハロワで就職探ししたが見つからず

給付金が切れるころに 元嫁が荷物を取りに来た部下と入籍したことを聞いた

結婚前から二股かけられていた事を知った。離婚した時に妊娠4カ月くらいだったらしい。

認知の事とかで多少もめたりした。種なしだって診断書もらって弁護士たてたり

正直情けなくて折れそうになった。

もう駄目だと終わりにしようと思った時に今の嫁と出会った。

ずっと工場勤めでスーツとか持ってなくて 買う金もなかった俺に

スーツ買ってくれて「これで面接いけ」とか就職するための秘訣とか伝授してくれて

言うとおりにしたら 就職できた。前の会社より待遇も給料も良いところだった。

付き合いだして1年くらいたったころ 


告白体験談関連タグ

||||||

2014年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【学校】人間の体について【告白体験談】

<>114名前:コピペ厨投稿日:01/12/2605:54ID:3kofVo+M<>



僕が小学校の4年か5年の理科の時間のことです。

内容は「人間の体について」で、人体模型を使って先生(女35歳くらい)

が一通り説明をしました。そして、「それでは、本物の人間はどうなって

いるか、実際に見てみましょう」と言って、男女ひとりづつ前に出ることに

なりました。

男子は痩せているので筋肉の動きがわかりやすいという理由で、ヒデアキが

先生に指名されました。女子はモトミが指名されました。

モトミは色白で美形で僕のあこがれの子でした。

二人とも前に出て、「上着を脱いで」という先生の声で、上着を脱ぎました。

モトミはまだブラジャーをしていませんでした。

先生はさらに「上半身を全部脱いで」と言い、ヒデアキはさっさと上半身裸

になりましたが、モトミは少し躊躇していたけど、思いきって上半身裸になり

ました。


告白体験談関連タグ

|||

2014年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【友達】会社辞めた【告白体験談】

<>70 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/04/12(火) 00:20:34.11 ID:W0T0RnfH<>

もう十数年前の話。

会社の先輩二人と飲みに行ったんだが、この人達酒癖が物凄く悪かった。

散々絡まれて苛々しながらも、なんとか堪え切りお開きとなった。

んで三人とも社員寮なんで一緒のバスに乗って帰ったんだが、周り気にせずを奇声をあげたり笑ったりやりたい放題。

俺は必死に止めに入るも、後輩なのに生意気だとか言われ殴られる。

それでもなんとか我慢してたんだが、この酔っ払い共ついには前の席の女性にまでちっょかいを出し始めた。

ここで流石に我慢しきれなくなった俺は運転手さんに、「すいませんがバス止めてもらえませんか!」と叫んだ。

そしてバスが止まると先輩二人の襟首をつかんで、「酔って人に迷惑かける奴が一番嫌いなんじゃ!」と言い外に放り出してやった。

その後、車内の人に謝罪して俺も降りようとしたら乗客のおじいさんが、「あんたは降りんでええよ」と言ってくれたのでそのままバス乗ったら、なぜか乗客の皆さんから拍手を貰った。

降りるまで顔真っ赤だったに違いないw

<>77 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/04/12(火) 18:12:12.02 ID:uhPfYzJz<>

>>71

寮が島にあったからフェリーとバス乗り継がないと帰れなかったんだ。

>>76


告白体験談関連タグ

|

2014年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【浮気・不倫】おいしい家庭教師【告白体験談】

現在、某国立大学の博士課程1年です。



私の大学は、一応世間的には一流と言われているので、家庭教師の口も多く、その対価もなかなかいいものがあるのですが、それ意外にもオイシイことが多く、これまでに教え子である女子高生を2人ばかり、イタダキマスしてしまいました。



しかし、今回の3人目の娘は、目茶苦茶可愛いのです。



皆さんの体験記に刺激され、私も彼女とのH体験を書いてみたので投稿します。



冒頭に書いたように、私が通う大学は優秀な大学と思われているので、家庭教師の口が多く、しかも、その大学に通っている学生ということで、妙に信用があるのか、女の娘の親御さんからの依頼も多いのです。



優秀な大学であろうがなかろうが、男の下半身…節操には大きな差はないと思うのですが…(笑)。



最初にイタダキマスしてしまった娘は一番最初に教えた娘で、中学3年の時から教えて第一志望に合格した後、高校に入ってからでした。



彼女が入った女子校は、お嬢さん学校で有名だったのですが、彼女自身の性的好奇心は非常に強かったようで、高校入学後に度々電話が来て、何度かデートをした後に彼女の初めての相手になりました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月20日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【寝取られ】ネットカフェ【告白体験談】

おいら28、嫁「美貴子」22歳。結婚4年目。

高卒で設計アシスタントとしておいらの部下になり、半年後に結婚した。

早めに会社辞めさせたのはうちの会社男女関係が結構荒れてて他の男どもも口説

いて来始めたから。おいらも含めみなも部下についた子は喰ってたし、今も派遣

で来てる電話番の女の子を彼女にしてるw。

美貴子は背が低いのがコンプレックスらしくておいらと会うまで男と付き合った

こともなく、スレてなくておとなしい子だった。

もちろん処女でキスもしたこともなかった。

そんな女だったんで彼女にしてからいろんなことを教え込んだ。

フェラはするのは当然で、最低でも30分はしないと男の人はHできないとか

のどの奥まで入れないと気持ちよくないとか。危険日以外は絶対妊娠しないとか。

おいらに都合のいいことばかり。

結婚してからも屋外や道具使ったり頑張って教え込みました。

弱点は小さい胸ですかね。




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年6月19日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【学校】操り人形【告白体験談】

操り人形〜1章〜 投稿者:砕虎 投稿日:2月16日(土)16時04分13秒削除



某大学院で人間心理学を専攻している26歳の院生です。私が学生の頃から参加し

ている、サークルで催眠術研究会がある。かなりマイナーな、サークルでメンバー

も院生の私(OB扱い)以外には男子学生が5人と少なく、顧問として心理学科の

松谷教授を含め7人しかいない。しかし松谷教授の催眠術には一見の価値が有るほ

どの技術が有り、我々から尊敬されていた。

松谷教授は50歳を越える為、穏和だが神秘的な雰囲気のする人で本人曰く、

「心理学の研究の一環だよ。まあ、趣味と実益を兼ねたものかな。」というが、そ

んなレベルでは無いと私は以前から思っていた。

そんな教授が少し変わってきたのが5月下旬頃。4月、大学に新入生が入学し、我

がマイナーサークルになんと、女子学生が2人参加し始めた。1人は貴代と言い、

ごく普通の女子学生だが、もう1人その友達の祐子と言う子は、誰が見ても可愛ら

しいと思うであろう美貌の持ち主だった。

色白で、瞳はかなり大きく整えた細い眉。栗色の長い髪と細身の華奢な体、身長は


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年6月19日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ