相互リンク先の更新情報!

【友達】誘拐ごっこ【告白体験談】

土曜の午後の野原に康文が寝転がっていた。

「暇な時は寝るのが一番だ、・・・・、なんか騒がしいな」

声のする方向からチェクのスカートをはいた瓜二つの双子が近寄ってきた。

「お兄ちゃん何しているの、何で寝ているの、・・・」

二人の少女は次々と質問をしてくる。

「君たち可愛いね、お兄ちゃんと一緒に遊ぼうか」

二人の少女は頷くと二人の手を引いて無人の小屋に入った。

「お兄ちゃん何して遊ぶの、何して遊ぶの」

「誘拐ゴッコをしようか、君たちは捕まったお嬢様でお兄ちゃんが誘拐犯」

「うっん、いいよ誘拐ごっこしよう、しようしよう」

二人を後ろ手に縛ると床に寝かせた。

「俺の顔を見られたから人に言えないことをしてやるぜ」

「たすけて、私たちを助けて誘拐犯のお兄さん」

「駄目だ、かわいいお前たちはこうしてやるよ」

スカートをめくり上げると同じ柄のサクランボのパンツが見える。


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月13日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った2【告白体験談】

嫁の由紀恵と松田との温泉旅行の録音を聞いて、まだ宿にさえ着いていない序盤だけでもう後悔していた。



運転する松田のペニスをフェラしながら、我慢できなくなった由紀恵は、サービスエリアでカーセックスをした。

それだけでもとんでもなく凹む内容だったのに、二人が話す内容がきつかった。

由紀恵は、先日の自宅でした松田とのプレイの最中に、中高とヤリ部屋に通って大学生に廻される日々だったという話をした。



それは、私を興奮させるためのウソだったと、由紀恵は後で私に説明したが、ドライブ中に松田と話す内容は、それが本当だったと物語っていた。

どちらが本当か、もう聞くまでもないと思っていた、、、





ただ、この状況ですら、興奮しすぎてイキそうな私がいる。



多少心が落ち着いたので、続きを再生した。






告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年6月12日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】罪な悪趣味教員【告白体験談】

某中学校の教頭でほどなく校長になる教員です。

これまでの悪行を考慮すると教師とは言い難い悪教員でした。

赴任した中学校の母親や同僚教員との淫行は日常茶飯事でした。

いい思いもしましたが世の中に生まれず闇に葬った子供は数人います。

生徒の母親、同僚、同僚の奥さんとの淫靡な思い出回想です。中学生の父兄は子供のより良い進学を望み教員にいろいろな接触をしてきます。

贈り物や飲食会を開催し教員との接触を図ってきました。

美味しそうな母親は成績の手心や内申書のことを話すとほとんど股を広げ生膣深く私の

精液を受け入れてくれました。

男子生徒の母親で30代半ばの良美がいました。

父親は近くの大手工場勤務のブルーカラーでした。

美味しそうな色気のある肢体で美人な母親なのでいつものように子供の成績を話題に良美に

近づきました。

隣町のカラオケで良美に成績や内申書は教師しだいと話すと少し考えて

「分かりました」と私の陰茎を引き出し即フェラを始めてくれた。

良美の下着を剥ぎ取り生膣を舐め回すと艶声を出し始めたので


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月12日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻が教え子に犯された ②【告白体験談】

妻はとうとう僕の目の前で、木島に「イカせて下さい!」と言って、激しく潮を噴いてイってしまいました。



僕はショックで何も言えなかったが、段々妻に対する怒りが湧いてきてしまい、自分の不甲斐なさを棚に上げて怒鳴ってしまった。

「どうして君からイキたいなんて言うんだ!僕がここにいるんだぞ!恥ずかしいと思わないのか!無理矢理されてるんじゃないのか!」と怒鳴り付けると、妻は泣き出してしまい「ごめんなさい、ごめんなさい」と言っていました。



すると木島が妻の頭を優しく撫でて、「ゆかりは悪くねーよ!当たり前の事しただけだよ!悪りーのは武田だろ?自分の女も守れないくせに、ゆかりに怒鳴り付けやがって!ゆかりが可哀相だろ!」とゆかりをかばうように優しくしています。

そして周りの奴ら全員で「ゆかりは悪くねーよ、武田がダメなんだよ!」と言い出すと、ゆかりはもっと泣いてしまいました。

でも、この涙は明らかに、自分を守ってくれてる不良達に対する嬉し涙です・・・



僕は一人だけ悪者になって、妻さえも敵にしてしまった空気になってしまいました・・・



そして木島は妻のアソコに指を入れた・・・

「おい武田!今度は中のイジり方教えてやるよ、こやって入れたら、指を手前にグッと曲げて、ここで押し上げるんだよ!そうすとほらぁ!!!」と木島が言うと「グチュグチュブチュウウウウウ」と大きな音が響いて、同時に妻が「ああああ、それダメ、ああああ、いやあああああ、また、あああああ」と声をあげた。

そしてすぐに、「ビチュッビュッ」と水鉄砲みたいな潮が、僕の顔面に降り注いだ・・・




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】友達の嫁のキョウコちゃんと、ヘルス嬢の天使マミさん6【告白体験談】

元ナンバーワンヘルス嬢のマミさんと、同棲して事実婚状態で過ごしていた。

お互いの両親に挨拶も終えて、ついに結婚した。

マミさんは、二度目で連れ子もいると言うこともあって、親族とごく親しい友人だけを招いて、結婚式を挙げた。





俺の両親は、年上でバツイチ子持ちのマミさんに、紹介したときは戸惑っている感じもあったのだが、何度か食事をしたりする中で、マミさんの事を気に入ってくれた。

そして、良いムードで結婚式を終えることが出来た。





それからは、完全に一緒に暮らし始めた。

結局、マミさんの家に一緒に住むことになったが、ほぼマミさんの家で同棲していたので、何も変わらない感じだった。





結婚式の夜、家に帰って彩花ちゃんを寝かしつけると、マミがウエディングドレスを着てくれた。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年6月10日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った【告白体験談】

妻の由紀恵を、他人に抱かせたいという妄想にとりつかれて以来、寝ても覚めてもそればかり考える毎日だった。



私が30歳の時に、まだ学生だった18歳の由紀恵を妊娠させて、できちゃった婚をして以来、自営の仕事も安定して、子供もさらに一人出来て、家族4人で楽しく過ごしていた。



美しく貞淑で、良き母であり、良き妻だった由紀恵。

なんの不満もなかった。



子供が二人とも家を出たのをきっかけに、昔のようにセックスも増えた。

だが、由紀恵を他人に抱かせたいという歪んだ願望が抑えきれなくなってしまった。





そして、私の会社の社員で、学校の後輩でもある松田に、こんなとんでもないお願いを聞いてもらった。





寝取られセックスは大成功で、結果的に嫁と私のセックスも今まで以上に充実したものになった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月10日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【浮気・不倫】人妻とは20人以上経験しました【告白体験談】

人妻や熟女にはまっている23歳です。

友達のおばさんや近所のおばさんたなど、人妻とは20人近く経験しました。



去年のことですが、初めて出会い系をやりました。

俺の年齢は隠し、人妻好きと書き込むと

1時間後には次々と返事が入ってきました。

まあ、さくらばっかかなと思いながら

何人か気になった人妻がいたので、何人かとメールでやり取りをしました。

みんな高校生興味があるようで

中でも近場の理絵さんに絞ってやり取りをし、何とか会う約束をしました。



理絵さんは39歳の色白で

スリーサイズは88・59・92かなりの淫乱で

高校生と激しいHがしてみたいとのことでした。




告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月10日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【友達】美味しい思いさせて頂いてます。【告白体験談】

先日留学生のお客さんが店にきました。(国名は控えさせて頂きます。)

その子は日本に来て1年ほどになるらしく、現在はお姉さんの所で一緒に住んでいるので

すが、

友達と一緒に住もうと言うことになって部屋を探しに来ました。

初日は友達と二人で来て、いろいろ条件の話をして該当物件が無いので帰らせました。

そして数日後に電話を掛け一つだけ良い物件があるので見ようと言うことで呼び出しまし

た。

留学生なので時間に限りがあるので、夜に見に行くことになりました。

その当日は一人だけで来ました。しかも可愛い方の子だけが!!

私は喜んで、部屋を見せに行きました。時間は夜の9時。

中にはいると、当然真っ暗です。

外からのライトが入りますが、ほとんど見えません。

二人でぶつかりながら、中を探索します。

ぶつかった時に彼女の胸を触りました。

その胸の大きいこと!!聞くとなんとFカップだそうです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年6月8日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】彼女が俺のためにビッチになる修行を始めた【告白体験談】

俺は27歳の社会人で、付き合って3年経つ彼女のココロに、最近結婚をちらつかされてうんざりしている。



ココロは、155cmの40kg台で小柄で少しロリっぽい。今時真っ黒なセミロングに、ちょっと野暮ったいメガネをした図書館の司書だ。

俺としか付き合ったことがなく、キスもデートも俺としかしたことがない。もちろんセックスも俺だけだ。



歳は26歳なので、結婚を焦る歳でもないと思うのだけど、最近突き上げがキツい。

セックスの時も、めちゃめちゃ恥ずかしがるくせに、生で中出しを求めてきたりする、、、

できちゃった結婚を狙っているのが丸わかりなので、必死で回避している感じだw





今日も、ココロの部屋でセックスをしてまったりとしていると、

『そういえば、9月に裕子結婚するんだって。彼氏と付き合ってまだ半年くらいなのに、びっくりしちゃった!』

俺は、あぁ、また始まった、、  そんな風に思いながら、生返事をしていた。



『私達、もう三年経つね、、 早いなぁ〜』


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年6月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】勿体無いほど美形の人妻⑤【告白体験談】

S子はその頃になると、旦那とのSEXは拒否していると言いました。“だってぇ・・・このチンポ食べてるとバカバカしいし・・・”

十分だな…そう判断しました。

“S子、俺の命令なら何でも聞くか?”

一瞬不安そうな顔色を浮かべ“なんですか”と聞くS子。

“先にハイと言いなさい、S子が困るような事は言わないから・・・”“ハイご主人様。”

私は自分の事を“ご主人様”と呼ばせていました。

“オマンコの毛が邪魔。全部きれいに剃りなさい。”

旦那とのSEXは無くても、小さな子供とお風呂には入ります。

“拒否するかな・・・”という私の不安は簡単に消えました。

“う~ン・・・旦那はいいけど子供とのお風呂が・・・隠してればいいか。”

私の懸念を自ら語り払拭するS子に呆れました。

“もう一つ、次からは淫乱変態になるためアナルを調教していくからな!”

アナルでイク変態女・・・しかも不倫相手に調教されて・・・。可愛い愛妻に拒否されて、自分が知らないうちにアナルを犯されアクメする淫乱変態にされている・・・クリには強力なローター、オマンコには極太バイブ、アナルはカリの張ったチンポをぶち込まれて・・・

このころのS子は潮を吹くようになっていました。

特に入口をカリで擦り、激しく出し入れすると次第に入口が締ってきます。潮を吹く直前になると本気汁が多量に出てきて・・・イクな・・・と思った瞬間にアクメ。“イクっ!”と叫びながらビュっと吹き出します。一度吹いたらなかなか止まりません。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年6月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ