相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】彼女の本性【告白体験談】

付き合って3年の彼女、私と同じ専門学校の同級生でした。彼女には、当時他に彼氏がいたのを知った上で、一緒に飲みに行ったりドライブしたりと仲良くなり、結果私が彼女を奪った形になりました。それから卒業して月日が経つと、彼女にいささか飽きがきていました。そんなある日、昔からの友人Aと2人で飲みながらふと「俺の彼女とセックスしてみないか?」とAに言うと、最初は冗談と思い笑っていましたが、本気と分かり、「別にいいけど」と計画開始。Aも彼女とは顔見知りなので、私の家に2人を呼び出し、私が急用でいなくなりAと彼女を2人きりにさせて、Aが上手く口説き、その時に彼女が拒否したら止めるというルールを作って週末に実行しました。私の両親が親戚の結婚式で遠方に泊まりがけで家を空けるから絶好のチャンスです。夕方に彼女が家に来て、軽く食事しながらお酒も、その1時間後に偶然Aが来た風に。3人でワイワイしてましたが携帯が鳴ります(アラームをセット)従兄弟が事故で病院に運ばれたから出てくる(当然嘘)と家を出ますが、すぐ勝手口から戻りました。リビングで会話してる2人を尻目に2階の私の部屋のクローゼットに隠れる。タイミングを計り、私の部屋に移動するAと彼女。クローゼットからは2人がルーバーの間から丸見え。彼女の手に肩にさり気なく触れる手慣れたAは何やら彼女の耳元で囁く。内心私は彼女は拒否するはずだと勝手な思い込みあり、心臓の音が聞こえるんじゃないかと心配するくらい興奮状態でした。「あ…」と彼女。Aが耳たぶを甘噛みしていた。そのまま右手が彼女のCカップの胸を揉みだす。「やめ…て」裏腹に無抵抗な彼女に嫉妬とも欲情とも分からぬ極度の興奮で自分のチ●ポは痛いくらい硬くなり先からは我慢汁が大量に。濃厚なキスをされながらAは遠慮なくスカートの中へ手を滑らせ、パンツの脇から指を入れた。しばらくしてAはキトキトに愛液滴る中指をクローゼットの方に見せてくれた。彼女は「絶対に彼には言わないでね」と念を押して、Aのファスナーを自分から下げ、そそり立つチ●ポに細く白い指が3本からまる。赤黒いチ●ポと白い指のコントラストがひどく淫靡だった。いつも私にするようにゆっくりと指を上下させて、チ●ポの先から出る我慢汁を確認すると指を根元側に下げ、チ●ポの皮が張った状態にして彼女は左手の細い人差し指で我慢汁を円を描きながら伸ばし、ピンと張った裏スジに絡めて刺激する。Aはそれが凄くいいらしく喘ぎ声が漏れた。「しゃぶろうか?」やけに積極的な彼女に怒りを覚えたが私のチ●ポはギンギンで情けない。いつもはスッポリくわえて上下させるフェラも、Aが相手なら、やらしく尖らせた舌先を出してチ●ポの根元からチロチロと尿道までを何往復も、カリの周りも丹念に舐めながら、左手は同時に袋を器用に揉みほぐしている。先程からイニシアチブをとられたAが「ズッポリくわえて」と促すと、瞬く間にチ●ポを飲む込み口内では舌が絡んでいるのか、Aが「ああ…そう、上手」と本気喘ぎを。私に見られてるという背徳の快楽も併せて、彼も興奮のるつぼなんだろう。と思いながら私も無意識にしごいていました。Aはたまらず彼女をテーブルに押し倒し、スカートをめくりパンツをズラして濡れ過ぎたアソコを私に見えるようにして、挿入が分かるようにゆっくりと入れました。彼女の遠慮ない「ああ…すごい、すごいイイ」という喘ぎ声が室内に響き渡った。Aはゆっくり腰を使い、出し入れの感触を楽しむようにつかんだ細い彼女の腰を眺めていた。私は射精寸前で何度もこらえ、何故かAと同時にイキたいと考えました。しばらくしてAも限界が来て、徐々に動きが早くなり「アァ!!」と射精の瞬間に抜き、上手く外出し成功。大量の精液が彼女の尻を汚し、最後の射出は彼女の肩まで飛んでいた。私もほぼ同時に腰が抜けるかと思う程の射精を左手の中にして溢れていました。しばらく頭が真っ白でしたが、この3人の関係はもうやめれないなと覚悟を決めた夜でした。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年4月24日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】寝取られ男【告白体験談】

以前妻の浮気話しを聞かされてから私は普通のセックスでは物足りません。ここ何年間は興奮するようなセックスが出来なくて欲求不満ぎみ。妻に「興奮させるような話しないの?」と聞いても「もうないよ」と言われ・・・あの時、暴露された時みたいな興奮が忘れられなくて。年に何回か高校の同級生と飲みに行ってくれる時、妻が帰って来るまでの間が何とも言えないムラムラ感がたまりません。浮気して来てくれるかな?と思えば思うほど興奮します。結局何もなく帰宅する妻なんだけど。家で待っている時に妻の淫らな写メなんかが送られて来たら最高に興奮するのにな。皆さんは俺が興奮するような体験ありますか?あったら聞かせて下さい。

告白体験談関連タグ

|||

2014年4月24日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】ママの男に犯されて【告白体験談】

こんにちは、私はまだ10代の女子学生です。

詳しい年は言えませんが、私のママはまだ30代で凄く綺麗です。

パパとは、私が12才の時に離婚したから、ママは今フリーで遊んでいるみたいです。

ママはスナックで働いています。

そこのお客さんで、ママを気に入ってる人がいて、お金をいっぱい貰えるみたいです。

だから、私も良い生活が出来ます。

でも、お金を沢山くれるお客さんとは結婚しないみたいで、家に違う男の人が来る事があります。

その男の人は、ママより若くて、たぶん30才位で、ホストみたいな服を着ていました。

ママは夜から仕事だから、たまに早く学校から帰ると、その男の人とママがエッチをしています。

私はなるべく家に遅く帰るようにしているんですけど、着替えたい時とかはしょうがなく家に戻ります。

ママはいつも獣みたいな声を出していて、いつものママとは別人で、すごい嫌な気分になります。

私は彼氏がいるので、いつも彼氏の家か、友達の家に遊びにいっています。

でも、私もママの子供だと思う事があります・・・

初体験は12才で、部活の先輩でした。

それから、今の彼氏とは二人っきりになるといつもエッチしています。


告白体験談関連タグ

|||||

2014年4月24日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】気弱な彼女【告白体験談】

昔つきあってた彼女なんだが、当時20歳。黒髪のストレートで、ルックスは超カワイイわけではないが、だれもが準高得点をつけるタイプ。でもよー、すっごい気弱で、人にまともに対応できないんだよ。やさしいのはいいんだけど。それでいて胸は大きくてウエストはきゅっとくびれてるし、わりと無防備な格好の服ばっかきるからよく痴漢されてた。道じゃ抱きつかれておっぱい揉まれたり、電車ではお尻をなでられるのはあたりまえで、指いれまでされたことがあった。状況を聞いたら、尻なでは後ろから電車にのるときにスカートをまくられてその後はさわりまくられるらしい。

ある最悪な日は、電車で隣の駅に到着した時、ドア越しに獲物を狙うような目をしたコ汚いおやじ(通勤ラッシュじなのにスーツでもなければ手ぶら。確信犯だよな)と目があって、あ、逃げなきゃと思ったが、おやじの突撃であっという間に車両のはじにおいやられたらしい。さらに相手は二人いたらしく、おまけに近くにいた若めの男までどさくさで参加しやがって、合計3人から攻撃された。スカートはまくられ、パンティはずり下げられ、ブラウスのむねのあたりのボタンをはずされそこから手を入れられて揉まれるわ乳首をいじられるわ。あげくに指を前と後ろ両方にいれられた。若めの男はキスまでしてこようとしたらしい。

こっちはつきあってから、指どころかキスもしてなかったからすげえ怒り狂った。そこまでやられるとは不思議だが、3人に攻撃されると、手が6本もあるわけだから、こっちの手を押さえたらほかが伸びてくるので防ぎきれないし、太ももに力を入れて閉じて抵抗してたが、電車が揺れてバランスが崩れたときにまたの間に足を入れられあそこをたっぷりいじられたようだ。おまけに彼女は気が弱いから声はだせないしショックで気分がわるくなりふらふらだったようだ。涙を浮かべてはなす彼女になにもいえなくなった。そしてそのあと、決定的なできごとが大学のサークルでおこった。

電車内でのあそことお尻に指を入れられた事件から、おれも朝早くに彼女の最寄駅によって一緒に行ったりし始めたさなかに今度は大学内でおこった。俺も彼女も幾つかのサークルを掛け持っていて、そのうちの2つがたまたま一緒で知り合ってつきあいだしたんだが、そのうち一つはいまどきめずらしく、上下関係が厳しくて先輩には逆らえない雰囲気のところで、サークル内では2人の仲は秘密だった。

その日は、おれはバイトに行っていた。ブサイクで嫌われている先輩が、同輩の一人に携帯をかけてきて、結構重要な練習をたまたま休んだ彼女に説明するから、同輩と彼女でとある飲み屋に来てくれと言ってきたので、二人で向かったらしかった。説明がおわり、あとはくつろいで世間話を始めてそれなりに飲んで、彼女が帰ろうとしたら、2次会をやるから、その時にその先輩の知り合いが偉いひとだけど来てくれて、為になるから来いといわれたらしい。ここでも彼女の気の弱さが出て、強く言われたので時間も遅いが行くことにしたようだった。同輩は興味本位で誘われるままに行くことにした。

来たのは単なるマッチョなおやじで、全然為にならなかったが、またもや先輩に強く言われて酒をめちゃくちゃのまされたようだった。彼女はベロベロに酔って眠ってしまい、同輩は調子に乗って飲んで泥酔状態になり、とりあえず家が近い同輩のアパートにおやじも含めた4人で休もう、と先輩が言い出し、4人でころがりこんだ。

同輩がしばらくうとうとしながらうすく目を覚ますと部屋の簡単な仕切りの向こう側で寝かされていたらしい。先輩とおやじが全員の荷物をまとめたり彼女を介抱していて、のんきな同輩はいいひとだな、と考えながらしばらく見ているとだんだんエスカレートしてきたようだった。気分を悪くしている彼女を楽にしなければとかやさしく言いながら、服のボタンをはずし、ベルトをとり、背中をさすってあげるとかいいながらだんだんおっぱいやあそこをさわりだし、服をどんどんぬがし、ブラジャーをはずして「すげえいやらしい体をしてやがる」とか二人で超興奮していて鼻息がすごかったらしい。

全裸にされた彼女はおもちゃにされた。一人当たり3発はやられたらしい。彼女はもうろうの意識の中で「やめて、やめて」とずっと同じ言葉をうなされるように言っていた。同輩は言葉だけで抵抗はしてないから感じてんだとかいっていた(ヴァカ!そこまで飲まされていて力が入るか!)。あとはおやじが彼女のあそこを大きくひん剥いてしつこく、すげー長い間なめてた、とか「口に突っ込んでも歯があたるだけで舌が動いてねえ、痛いな」という先輩の声をきいたとか、バックと正上位と一人が抱きかかえての騎乗位の3パターンでこれでもかとやられていて、力なくゆれる彼女の足が印象に残った、とか、抱きかかえられて服を脱がされていたが、ブラをはずした瞬間のはりが良くて乳りんの大きい巨乳が見えたときも興奮した、とか死ぬほどむかつく内容だった。後日、同輩からこの話をきいて仰天した。彼女にもといただしたら良く覚えていない。とはじめは言っていたが、泣きながらそうだ、と告白した。結局、訴えるとわめくおれに彼女はそれで皆にばれるなら死ぬ。といってきて、断念し、目の前が赤くなるような怒りは先輩を病院送りにしてさました。

そのとききたおやじは風俗店での顔見知りで素性はしらないとかわけのわかんないこと何度も痛めつけてもいうので、不明のまま。先輩は日ごろから気の弱く断れない性格の彼女ならうまく使えると目をつけていたらしい。同輩には決して口外しないように口止めした。先輩が長期入院するほどやられたのを知っていたので、同輩は必死で約束してあやまっていた。サークルは先輩が俺のバイト仲間にキスを強要してけんかになったということで口を合わせ、おれも先輩も除名。彼女とはしばらくいたが、結局ギクシャクしておわり。カウンセラーの所に通っていると人づてにきいた。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年4月24日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】妻を囲んで【告白体験談】

かなり無理なローンではあったが新婦と家を構えた俺を、悪友たちがお祝いしてく

れることになり、悪友たちが約束通りビールとスナックを抱えてやってきた。

連中は、持ってきたものを妻に手渡して、ソファに座り込むと 健二が俺に聞いてき

た。

「おい、いつのまにこんなかわいい奥さんをめっけたんだい?」と。

「俺のあそこがいいてっさ??」とニタニタして応える、、昔から酒に女に、、一緒に遊び回っていた悪友たちだ、、自然話は下の方へ行く、、

「それが本当なら、あっちのサンボンのモノになってるはずだぜ」とも言う。 俺は

笑って、

「それもそうだな」と言った。

 妻はよくわからずに恥ずかしそうに微笑んでいるだけだった。

妻はこれまで2、3回しか俺の友達に会っていなかった。 実際、誰も

知らないんじゃないかと思う。最初はちょっと恥ずかしそうな感じに

していたのだった。

だが、酒が進んでくるといつもの明るい妻に戻っていた。妻は自分から

進んでビールを注いでくれたり、チップスを用意したりしくれていた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年4月23日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】サッカー教室【告白体験談】

その日は土曜日で私は家に居た。

妻は午後から子供のサッカー教室の手伝いで子供達と学校に出掛け

て行った。

私は一人で家に居るのも暇なので、散歩がてら子供のサッカーでも

見に行こうかと家を出た。

学校に着くと、子供達はグランド一杯に広がってボールを蹴ってい

た。私はブラブラと奥さん達の集まっている方に行ったが、そこに

妻の姿は無かった。

「あの、ウチの女房来てませんか?」

「あらっ、さっきまで一緒に居たのに。ねえっ?」一人の奥さんが

隣に居た奥さんに聞いた。

すると隣の奥さんは顔をしかめ、しいっ、と口に指を当てて、ダメ

という風に顔を横に振った。

すると最初の奥さんもしまった、という顔をして、急にオドオドし

た様子になった。


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年4月23日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】心はイケメン優しい彼氏、体はバイトの先輩。。。【告白体験談】

<>698 :名無しさん@ピンキー[sage]:2008/10/02(木) 16:50:27 ID:eMBL7PTy<>

先週の話だけどバイト先の先輩にほぼ無理やりやられた。

店長とかに危ないから送ってもらえとか言われたのと

その人には今までも何回か遅くなった時に送ってもらってた(その時は他の子もいた)

から大丈夫だと思っちゃってた。

身体大きくてごつい先輩だったし、私がかなりチビの上細いから殆ど抵抗できなかった。

車の中で脱がされて入れられるまで絶対訴えてやると思ってたけど

入れられたら目茶目茶気持ちよくて声でちゃってそれで駄目になっちゃった。

彼氏が年下で細身だからってのもあるのかもしれないけど凄かった。

抱っこされて「○○腰振れよ。」とか言われて言われるがまま腰振っちゃったり

後部座席で69されたり。

一回終った後「ホテルいくか?」って言われて頷いちゃって結局ホテルに連れてかれて。

5回もした上に私も結局何回もイッた。

罪悪感で遠距離の彼氏に電話できない。

今週末も夜番の時送ってやろうかって言われてて断ってるんだけど結局押し切られそうで怖い。


告白体験談関連タグ

||||||||

2014年4月23日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】温泉宿での【告白体験談】

 俺達夫婦は、同級生で40歳。22歳で結婚して早や18年を迎えた。子供も二人授かり、幸せな家庭であった。俺の仕事は、小さな町工場の工場長でそこそこ収入もあったが、妻の働きたいとの希望で昼のみ、スーパーのパートに行かせていた。子供達も高校生と中学生の男の子でグレることもなく、スポーツに明け暮れる日々を送り全てが順風満帆であった。しかし、妻の友達の一本の電話から少しずつ歯車が狂い始めてしまった。友達のヒロコから金曜日の夜、電話があった

ヒロコ 『ミナコ(妻の名前)御免、明日の夜2時間だけ仕事手伝って!お願い』ミナコの仕事は、町から20分ほど離れた、古い温泉宿(5、6軒)を対象にしたコンパニオン派遣の仕事をしていた。

妻 『嫌よ。酔っているお客さんにお酒注いだり、体とか触られるんでしょう?それにおばさんだし』

ヒロコ 『大丈夫よ。変なお客じゃないし、ミナコなら20代に見えるから。お願い助けて』

妻 『でも~。夫に聞いてみるけど、多分駄目って言うから』と受話器放して俺に、内容を話した。

俺 『いいんじゃないか。困っているんだろう、2時間位なら良い社会勉強になるだろう』と答えてしまった。今思えば、絶対に反対すべきだった。

妻 『ヒロ。旦那がいいって、でも2時間だけだからね』

ヒロコ 『ありがとう。これから衣装もって行くね』と電話を切りヒロコは俺の家に向かった。

妻 『あなた。大丈夫かしら?変なことされない?』 俺もコンパニオンと呑んだ経験はあるが、大体体を触られ、酔ってくるとキスまでする奴もいるから心配ではあったが

俺 『俺達はコンパニオンと呑むだけで何もしないから、大丈夫だろう』と安易な答えをした。

妻 『うん、わかった。触ってきたらぶっ飛ばしてやる』と拳を強く握りしめていた。そうこうしているうちにヒロコがやって来て衣装をくれた。上下赤のジャケットとスカートそしてシルクの肌色のキャミソールを持ってきた。服に着替えた妻は

妻 『ヒロ~。キャミソールからブラとおっぱいがでちゃうよ~』とジャケットで隠しているが、あきらかに、胸の谷間とブラがでていた。妻の容姿は、身長158センチ、バストは120センチ(Kカップ)あり、洋ピンのクロー○のような体型で、いやらしい体付をしていた。

ヒロコ 『ミナコ、肩紐とれるブラ無いの?』

妻 『半カップの持っているけど、少し動くとおっぱい出ちゃうから嫌なの』

ヒロコ 『大丈夫、動かないように二人の女の子に言っておくから、それでお願い。』と手を合わせてお願いした。渋々妻も頷き前払い金として、1万円くれた。俺は、若干の不安はあったものの何かあったら、20分くらいで行けるから、すぐ電話しろ と言って安心させた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年4月22日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】悪魔の契約と妻の裏切り②【告白体験談】

約束の木曜日

幸いその日はバイトの居酒屋がすごく忙しく私は妻と先生の事を考える余裕がまったくなかったのですが、

お客さんの中に妻と同じ歳くらいの女性と歳の離れた男性を見た時に

我にかえりその日ばかりはポケットに忍ばせていた携帯(勤務中の携帯の所持は店長に禁止されている)の時計を見ると

22時を過ぎた所で、二人が食事を済ませ帰るだけならもう終わるはず

止めるなら今しかない!

そう思ったら私は仕事が手につかなくなりすぐさま店長に体調が悪いと嘘をついて帰らせてもらいました。

居酒屋を出たのが23時くらいで妻に電話をすると

拍子抜けする程明るい妻の声

『もしもーし!お疲れ~バイトどうしたの早いね?帰り?』

『いや、暇だから帰っていいって言われて』

『そっか~こっちは今までご飯食べててこれから近くの居酒屋に行こうって話してたんだよ~』

妻は少し酔っている様でした。

『そうか、何人くらい集まったの?』

『それが~先生ってば私しか誘わなかったんだって!これじゃあ新手のナンパだよね~ウフフ』


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年4月21日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】野球拳【告白体験談】

文章が下手で申し訳ありませんが、最近の体験談をお話します。

私たちは40台の夫婦です…今回、一人息子が野球部を卒業することになり、父兄会の役員で『1泊2日でお疲れ様会』を行った時の出来事をお話させて頂きます。

出席者は…会長ご夫婦、副会長ご夫婦と会計の私たち夫婦の3組6名と監督さんの計7名でした…。

会長夫婦(50台半ば)…会長は少し頭が少し薄いおじさん、奥様は酒井和歌子似の熟女美人。

副会長夫婦(40台前半)…副会長は普通の会社員、奥様は色白ポッチャリ系。

私たち(40台半ば)…自分で言うのも何ですが、妻は40半ばにしては綺麗な方かと思います。

監督…29歳独身

出来事は…食事が終わり…飲み会…泊まりでは無い副会長ご夫婦が帰られた後、泊まりの会長ご夫婦と私たち、監督の2組5人がまだ飲み足りないので2次会を…と会長ご夫婦の部屋で飲みなおすことになった時です…どれくらい時間が過ぎたでしょうか…

結構酔っ払った会長が…『さて、ここで野球部役員慰労会恒例の野球拳をしようではありませんか~』

と言い出したのです…私達は『え?…唖然…』

(会長ご夫婦は2年前の長男が野球部の時の役員だったため…2回目の役員慰労会)

会長曰く『野球部役員慰労会では恒例なんですよ~役員の妻同士が真剣勝負で野球拳をするんですよ…』って…^^;

私も妻も最初は冗談だと思い…たとえ本当でもいくら同じ役員を1年間してきたとは言え、他人の男性の前で…また独身の監督の前でなんて…と最初は拒んでいたのですが…。

会長さんの強引とも思える誘いや、『最後ですし…』の言葉で…お酒が入ってることもあり私達は『納得?』で野球拳を承諾しました。

(妻は戸惑いを隠しきれてない様子でしたが、正直…私は会長奥様の50台半ばには見えない…芸能人で例えるなら酒井和歌子似の奥様に以前から好意がありましたので…妻に心の中で『頑張れ!』と言いながら妻が負ける事など頭に無く承諾したと思います。)


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月20日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ