相互リンク先の更新情報!

【レイプ】女子トイレでの汚物箱オナニーの過ち【告白体験談】

私は女子トイレに入って汚物箱の中に捨ててある使用済み生理用品で私の童貞の汚いイチモツをシコシコオナニーを女子トイレ内で行っていました。ある日私は女子トイレに入って来た女性に気付かずにオナニーを激しくしてしまい逝き果てて我に返った時おもいっきりドアをノックされ結局私は男だとばれてしまいました。汚いイチモツ隠さずに多分私は声を発していたんだと思います。その女性は凄く睨んでいて、大声で叫ぼうとせずにいたので私は謝りながら童貞だと正直に言って、少しだけ興味があった女装と生理やおりものやおしっこを私の身体にぶっかけたりして私を汚便所の肉便器にして許して下さいと告げると女性は笑いながら女子になるなら処女のおまんこもそのいやらしい童貞の汚い物もダブル喪失してから、私の他の女性や時には男の汚いちんこも挿入して公衆トイレの汚便所の肉便器になり輪姦され私の女になりなさいと言われ許して頂けるのなら身体を売ります。

連絡先を言わされ女子トイレの個室で女性の生おまんこを舐め綺麗にして私のイチモツは弄ばれて我慢出来ずに射精し続けて裸にされビンタやヒールで踏まれイチモツに使用済み生理用品を自らシゴいて罵声を浴びながら逝ってしまいました。女性は鞄の中からポーチを取り出してポーチからピンク色のデカイバイブを取り出して私の口に入れスイッチを入れ口の中で激しく動き回り私は一瞬にして私のおまんこにこのデカイバイブが挿入され処女喪失する事が分かりました。私はもがいて口のバイブを出して許しをお願いしました。これは私が女になるなら初潮を迎えさせて欲しいとお願いしました。その女性が生理中に経血を取り貯めて私のおまんこに浣腸器等で経血をタップリ中出しして貰い初潮教育を受けたのちにその女性に立派なペニスバンドで私の処女のおまんこに挿入されレイプされて処女喪失したいですと、私の想像を言うと本当に女子になりたいんだと言われて許して貰い生理日がもう直ぐだと言われ私も承諾しその日は解放されました。そしてその女性から連絡が入り生理になったと言う事で私は過ちを悔やみながら女子トイレに向かい女性を待ちました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月1日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

【高校生】超天然で無防備な叔母【告白体験談】

今年は最悪の夏だと思っていた。 でも思わず自分にとっては、最高の夏休になった。 一応そのいきさつを、ヘタな文章で書いてみようと思う。自分は○川県に住む現在高校2年生の17歳です。 チビでちょいデブ、引っ込み思案でおとなしく、顔もたいしたことのない、情けない若者です。 男子高に通っており、彼女いない歴17年、もちろん今どきキスすらさえしたことのない、チョイ悲惨な人間。

 

 

性欲だけは人一倍ある。 唯一の趣味は、部屋でエロビデオを見ながら、ひたすら右手を使うこと。 オナニーを覚えたのがけっこう遅かったせいか、毎日3~4回はしてしまうサルのような人間です。そんな自分でも夏は楽しみだった。 夏休みが楽しみ。 一日中ゴロゴロしながら大好きなオナニーを、好きな時間にできるから。 それに、チョット告白するのは恥ずかしいのだが、人混みが多いイベントやプールがあるので、痴漢もできる。

もちろん、エロビデオにでてくるような、犯罪的な痴漢ではありません。 そんな度胸はないです。 あくまでも、軽く女性のお尻に手の甲を触れさる程度の痴漢。

全く女性と触れ合う縁のなかった自分には、それでも充分に興奮できる楽しみだった。しかし、そんなささやかな楽しみさえ、今年は奪われてしまうことになったのです。父親が早くに他界したことがあり、現在自分は、母親と二人きりの生活。 母親が、看護婦の仕事をして家の生計をたてていた。

その母親が、8月1日から1ヶ月間、癌化学療法師?とかいう資格を取得するために、東京へ研修に行くことになったのである。自分は当初、心の中で物凄く喜んだ。 なぜなら、小言ばかり言う母親が、貴重な夏休みの間だけいないから。 もう17歳だから、お金さえあれば何の問題もない。 (やったー 自由だ!)と思った。しかし、それは非常に甘かったのである。 なんと母親が、研修の間だけ自分を、叔父の家に預けると言いだしたのです。自分はもちろん断固反対した。 貴重な夏休みの自由を奪われるなんて、信じられないことです。 人権の侵害?だとも思った。しかし、しょせんそこは養われの身。 そんなにも強くは抵抗し続けられなかった。 それに日頃のおこないも悪かった。 ほっとけば本当に一日中ゴロゴロしているだらしない性格。 しかも、最近ではたくさんのエロビデオを隠し持っていることがばれ、非常に呆れ果てられていた。自分は泣く泣く承諾したのだった。

8月1日 月曜日 叔母との初対面その日は叔父に車でむかえに来てもらい、とうとう行きたくもない叔父の家に向かった。

叔父は母よりけっこう年下で35才です。 ラフな格好に髭をはやしており、見た目の通りすごいアウトドア的な人。 自然がものすごーく好きで、わざわざ田舎の家を買いとって住んでいると前から聞いていた。 隣りの○山県の○○村っていうとこです。「 なんも無いけどなぁ 自然がきれいで空気がすっごいおいしいぞー のんちゃん ハハハッー 」

「・・・はぁ 」アホちゃうか?と思った。 ちなみに のんちゃんは自分の名前。叔父は5年前に結婚して、現在4才の男の子と奥さん(叔母さん)と、3人で暮らしているらしい。

叔父とは年に一回ぐらい会う機会があったが、叔母さんやその息子には今まで会った記憶がなかった。叔父の家は隣県とはいえ遠かった。 砺○市とかいうところをぬけて、更に道路を山側に向って進んだ。 最初はまだ道沿いにショッピングセンターがあったが、そのうち辺りが田んぼばかりの景色になり、非常に不安になった。道はそのうち完全に山道になった。

( 大丈夫! あの山を越えたらたぶん町があるんだ )

修学旅行のことを思い出し、ひたすら車の中で自分を励ましていたと思う。「 おっ ほら ここが○○村だよ 」しかしそのうち、叔父の呼びかけに車の外を見てみると、愕然としてしまった。見わたすかぎりに広がる田んぼと山、その間に家的なものがポツリポツリ。散居村? 屋根がワラ的な感じ? ツ○ヤない ゲ○もない す○家もない!本当にビックリした。 コンビニさえなかった。 大好きなツ○ヤとか、本屋的なものがない生活など考えられない自分には、本当に信じられなかった。

ここで1ヶ月も暮らすなど信じたくはなかった。更に叔父の家は、思いっきり村の外れの山沿いです。 完全な木造の古い住宅。叔父の家に着くと 、玄関から小さな男の子が出てきた。 どうやら息子さんらしい。

僕は叔父に言われるまま、重たい荷物を持ちその玄関に向った。「 ・・・だれぇ 」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | 告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談

【看護婦】俺の妹は看護師 妹に介抱された俺【告白体験談】

俺30歳、妹27歳。

ともに独身。カレシ、カノジョなし。

俺が先々月入院したときの話だ。

よりによって通勤途中にバイク事故で妹がいる病院にかつぎこまれた。

両手骨折。で、整形外科病棟に入院した。

労災なので、全部医療費は会社もちとなった。「兄ちゃん、なにやってんのよぉ!恥ずかしいなあ!」

「ええ!お前の病院かよお・・・ここ。」

手術が終わって、麻酔が切れて目が覚めたときのことだ。

主治医や婦長さんと主任さんもいた。

こっちが恥ずかしい。

そして、3週間の入院となった。

入院して5日目のこと。体を拭いてくれるってことで看護師(24歳)の子が来てくれた。

両手が使えないから、パジャマ、パンツを脱がせてくれて、せっせと拭いてくれた。

風呂に入れないのもあったから、嬉しかった。さっぱりした。

個室だったから、周りの目を気にすることなく拭いて綺麗にしてもらった。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2017年12月21日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

【看護婦】学校での体験談 【告白体験談】

在庫情報随時更新!

◆お客さんたちも大好評です:

◆新品種類がそろっています。

◆S/SS/N/品質シリアル付きも有り 付属品完備!

◆品質がよい、価格が低い、実物写真!




告白体験談関連タグ



2015年5月14日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

【看護婦】看護婦はやっぱりエロい女の集まりだったw 【告白体験談】

先日、出会い系サイトで知り合った38歳の男性に会いました。

別に金銭目的でも、欲求不満だったからでもありません。

本当に何となくなんです。

そう、暇潰しです。

仲のいい同僚がみんな結婚退職して、会社帰りに遊んでくれる子がいなくなったからです。





トモのスペック:29歳看護師、身長155cmくらい。



誰に似てるとかないな…顔は普通、タレ目が可愛かった。



肌が真っ白で、ショートの明るめの髪によく似合ってた。



この人はなかなか会ってくれなかった。




告白体験談関連タグ

|||||

2014年9月21日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

【友達】水着を試着【告白体験談】

・・・目、目のやり場にコマッティ・・・

雨宿り代わりに入ったデパートの水着売り場。由紀(俺の彼女・本名)は女だから別にいいが。

俺は付き添いなんだから、っっって、俺から離れンなよ、勝手に。

こんなとこに一人でいたら、怪しまれんだろが。恥ずかしいんだよ、マジで。

俺が白い水着に見とれている間に、隣の列へ行ってやがる・・・。

そのとき俺の鼻の下は20センチくらいはあったかと思う。

下を向けていたチンコもジーパンの中でもがき始めていた。出せー・・・出してクレーって。

「どういうのがいいかなぁ・・・」

真剣に俺に聞くなよ。まだ6月上旬だぞ。季節は夏へ急いでるけど、これから梅雨だぞ・・・。

この雨だって・・・・。梅雨入りなんじゃねぇの?

「大人びているのがいいかな・・・」

俺は鼻の穴をふくらませながら言ったけど、チンコもふくらませてしまった。

実に由紀は俺よりも5歳年上、26歳。ちょっとした旅行で知り合って、何となく付き合っている。

まっ、一応交際しているということでお互い納得している。

デパート店員に由紀にとって、他のデパートを見るのは面白いらしい。参考になると言っていた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月8日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【看護婦】人妻ナースがエロ過ぎてヤバかったw 【告白体験談】

出会い系にて、人妻38歳、看護婦、2人の子持ち、身長171cm、スレンダー、めちゃくちゃ美人。



無職の旦那に嫌気がさして本気で不倫相手を探していたらしい。



旦那とは離婚したいけど子供がいるから無理らしい。





相手は警戒心が強く、下ネタはダメ、本気で恋愛したいんだアピールが凄くてちょっと疲弊したけど、



半年近く気長にメールでやり取りして信頼を勝ち取りやっと初デート。



写真は貰っていたから顔は知っていたけど、実際に会ってみたらえらい美人でびっくりした。





初デートで付き合おうって話になったけど、俺は身体目的。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月24日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

【友達】知ってしまった【告白体験談】

はじめまして、35歳の私に22歳の妻の夫婦です。実は妻の話題ではなく妻の母親、即ち義理の母のことなんです。

私達夫婦は結婚して2年になりますが子供は居りません。妻は一人娘で妻の父親は50歳で会社を経営する社長です。義理の母は43歳で会社の事務職を2人の事務員の女の子と3人で勤めています。従業員は事務員の女の子を含めて30人ほど居ります。私はこの義父の従業員ではなく、別の仕事をしています。(いずれは会社を継がなければならないと思います。)妻は専業主婦で仕事には無関係です。

お話はこの43歳の義理の母のことです。

結婚して2年の間、私は義理の母を見て清楚で綺麗な40代の女性だと感じておりました。その上、真面目で義父とも夫婦仲がよく問題のない印象でした。その家に私は婿に入り、現在は4人家族で平穏な毎日でした。

ある土曜日の夜のことです。この日、朝から義父は泊りがけの接待ゴルフで日曜日の夜まで帰宅しないとのことでした。

私達夫婦も妻の友人夫婦2組と一泊旅行に出かけたのです。

しかし、家を出て間もなく私の同僚から携帯に電話が入りました。内容は私達の上司が交通事故で重体だと云うのです。

私は、無視することも出来ず自分だけはその病院に向かうことにしたのです。仕方なく、予定した旅行は妻と妻の友人夫婦2組の合計5人で行ってもらいました。

病院に着くと既に何人かの同僚達が駆けつけていました。でも、上司の病室は手術を終えたばかりらしく面会謝絶の状態でした。半日くらいは病院に居りましたが、この日の面会は不可能ということを看護婦から告げられたので皆、解散することにしました。

外に出た私達は昼食を済ませて帰宅することにしました。

私も旅行先に出た妻達と合流することも出来ないため家に帰ることにしたのです。

妻も義父も不在で義母だけだということは勿論、理解していました。時間は午後3時頃でした。玄関には鍵がかけられていたので私は自分の持っている鍵で開けようとしたのですが二重ロックでチェーンまでかけられていたのです。

私は、訳の判らないまま裏口に廻りました。今度は裏口の鍵で中に入ろうとした時に、なぜか不吉な予感がしたのでそっと静かにドアを開けて音を立てないように中に入りました。

静かに中に入ると浴室から義母の声が聞こえました。しかも義母だけでなく、男性の声も同時に聞こえました。

耳を済ませてみると聞き覚えのある声でした。そうです。義父の会社の営業をしている田中君(仮名)の声だと直ぐに分かりました。まさか・・・と思いましたが確かに二人は浴室の中で会話をしていました。田中君は私より少しだけ年下の33歳の未婚者です。営業をしているだけあって普段は私に対しても人当たりがよく明るい人でした。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月19日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】母が病院で受けたこと【告白体験談】

昨日の朝、母が、トイレから出てきたら、「少し出血した。」と言いました。自分は、「痛みは、病院へ行ったほうが良いのでは。」と言って連れて行くことにしました。

 母が、排便時に、強い痛みがあって、肛門が切れたみたいなんです。

母が、病院で受付を済ませ、自分も一緒に診察室へ入りました。診察してくれた先生は、女医でした。母は、先生に、症状をいいました

 先生も、母に、いろいろ聞いたのです。「痛みの強さとかどんな時。残便感。便のかたさ。ガスが出ているか。便秘は何日か。」

母 「排便時にかなりの痛みがあって、かたい便が少し出ただけです。5日です。」

先生 「便少しだけ、お腹見るからスカ−ト脱いでベット寝て。」

母 「はい。」

母の、パンテイは熟女系の赤の花柄でした。陰毛もはみだして少し濡れているのです。

先生 「お腹張ってますね。お尻も見ますから、パンテイ脱いでください。」

母は、お尻丸出しです。肛門もよく見えました。出血していたのが解ります。

先生 「お母さん、切れてるわ。痛いでしょう。局部麻酔の注射するね。痛いけど我慢してね。」

先生が、母の肛門を、消毒した時、痛みがあったみたいです。そして、注射の針が肛門に、これも痛いのです。母が、泣きたいくらいです。

暫くして。

先生「お母さん、痛みとれました。肛門に指入れてもいいかな。」

母 「え、はい。」


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月11日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【学校】モアレ検査【告白体験談】

小5のとき学校でモアレ検査があった。

当日欠席者のために翌日も実施されたが俺は両方とも忌引きで欠席した。

で、俺と女子のクラスメイトのKさんと二人だけで指定された小児科医院に行かされた。

今から考えれば校医の医院で、学校からすぐ近くとはいえ、先生から「(医院に)伝えてあるから二人で行って来い」は乱暴な話だ。しかしそういう時代だった。

モアレ検査は当時学校では別な名称だったと思うがおぼえていない。

二人とも初めての経験なので不安だった。

歩きながら「どんな検査なんだろう?、痛いのかな?」などと話していた。

検査室の横にカーテンで仕切られたようなスペースがあった。

看護婦さんからここで着替えてパンツ一枚になって待つように言われた。

え、二人で?(今なら聞いてないよー!だろう)。

小学生が看護婦さんの指示に逆らえるはずがない。

(子供の人権や配慮を無視した小児科医院の実態などを知ったのはずっと後のことだ)

ゆっくり脱いでいられる雰囲気でないことは子供心にもわかった。

二人とも急いで脱いで上半身裸になった。

俺はいつも身体検査でパンイチは慣れていたから平気だったけど、Kさんは恥ずかしそうだった。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年8月3日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談
1 / 5312345...102030...最後 »

このページの先頭へ