相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優1/8【告白体験談】

僕は33才のサラリーマンです。

結婚はしていますが子供はいません。

妻は中学からの同級生で、学生時代から7年ほど付き合って27才の時に結婚しました。



僕は昔から勉強が出来たので一流と呼ばれる大学に行き、今は某大手商社に勤務しています。

妻も同じ大学に行き、昔は大手の自動車メーカーに勤めていて、結婚を機に退職しました。



僕は勉強ばかりしていたのでそれほどモテるタイプではありませんでした。

妻も同じように学生時代は地味で大人しく、男子から声がかかる存在ではありませんでした。

そんな二人だったので、大学で上京した時にはさみしい東京生活のせいか、地味同士すぐに仲良くなりました。

大学の途中で交際がはじまりましたが、お互いに初めての交際だったので、童貞と処女同士でした。



そんな純愛とも呼べる二人だったので、最初から結婚を意識していました。

僕は元々性欲も少なくて、女遊びなんかには興味がありませんでした。

体も細くてスポーツなんかしないので、体力が無いのもあり、他の男子のようにオナニーをする回数も少ないと思います。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】半熟成卵巣シリーズ(6)【告白体験談】

『 第六章 華麗なレオタード 』



ひまわりと小麦色肌の少女達が合う季節になった

ワンピースから覗かせる焼けた肌と素肌の境目はスクール水着の跡が残る

夏休みも後わずか宿題の追われる毎日を送る少女達 そして俺のマンションの

少女達の溜まり場 1室から聞こえる宿題に追われる絶頂の叫び声

「もおっ 夏休みの宿題が終わらないよぉ ねぇ 真弓ちゃん見せてよ」

「えっ 裕子ちゃん 自分の事は自分で遣りなさい」

「だって 分からないだもん ねぇ 8月2日は晴れだったかな雨だったかな」

優等生の真弓に見放された裕子が俺の部屋に来た

「おじさん うふっ♪ 宿題教えてよぉ・・・・ねえったら・・」

「おっ何だぁ 裕子ちゃんも腹巻のような洋服を着るのか」

「腹巻・・・ぷっふふっ これはねチューブトップと言うの 腹巻だってふふっ」

「その 何だぁ チューブトップと言う腹巻は動いていて落ちないのか」

裕子は上半身を左右に振ったり上下に飛んだりしながら


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月8日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】半熟成卵巣シリーズ(5)【告白体験談】

『 第五章 優等生の絶望 』



コンビニを溜まり場にしていた少年少女達が中学1年生の裕子(仮名)につれられ

俺のマンションに来るようになった

夏休みになるとマンションの1室は少年少女達のラブホテルみたいになり

毎晩ように「ねぇ・・・そこ あふん もっと あっそこよ あっああっ」と

甘声が響き渡る

俺はお金のない中高生はセックスする場に困っているだろうと思いつつ

マンション1室を与えた続けていた

少女達のリーダー高校3年生の祥子(仮名)は来る度に違う男性を部屋に連れ込み

セックスをしていた 俺は覗きたいなといつも思っていた

「そうだぁ 隠しカメラを部屋に設置すれば少女達のセックスが見れるぞ」

俺は直ぐに行動し有名電気街に行き店員に「すいません 防犯カメラありますか」

店員は幾つかのカメラを並べた「はい これはどうでしょう」

「うむっ・・・もっと小型で最低50画素くらいのがいいですけど」と言うと


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月7日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】少女の花びら ⑨【告白体験談】

『 第九章 無孔処女膜の美少女 』



舞子悪戯計画の土曜日 ♪〜カランコロンと下校のチャイムが鳴り響く

「お〜す 先生ぇ〜居るか」と元気な声でパソコン室に入ってくる裕子と舞子

舞子は俺と視線を合わさず恥ずかしそうに”モジモジ”している

純白シャツにスカートから伸びる長い肩掛け紐が印象的な小学生専用の制服だ

ロリファンは喉から手が出るくらい欲しい小学専用制服だが自由服に押されて

徐々に無くなる制服でもある

俺は裕子と舞子の背中を押しながら「じゃあ 先生のマンションに行こうか」

裕子は腹を押さえて「先生ぇ お腹減ったよ おごって おごって」

俺は微笑み返しながら「じゃあ 帰り道にバーガー屋に寄るか」

裕子と舞子は「やったぁ」と先を争うようにバーガー屋に入って行った

テーブルを囲むように座ると発達途中の裕子と舞子はハンバーガーを良く食べる

食べ終わると我がマンションに向かった 俺と裕子は並んで歩くが舞子は今から

始まる初体験に不安なのか一歩引いて下を向いたままで付いて来る


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月7日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】レイナ2 【告白体験談】

俺の家は、そこから自転車で五分もかからない。

本当に近所だ。

自転車を置いて玄関に入ると

彼女は俺を招き入れてリビングで飲み物を出してくれた。

その日は三十分くらいで帰ってしまったけど、

それがきっかけで時々一緒に帰るようになったり

彼女の家に上がって短い時間だけど話すようになった。



そんな日々が続いて夏休み前の期末テスト期間中の事。

テスト期間中は校内に残っている事が出来ないから、

ほぼ強制的に生徒全員が帰宅させられた。

部活も出来ないし、

どこかで遊んでいるのを教師に見付かると

怒られるのもあるから素直に帰る人が多かった。




告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】妻と息子の友人【告白体験談】

私は43歳、妻は40歳、二人とも真面目な性格で、妻は今時珍しいぐらい超がつくほど真面目、曲がったことが嫌いな性格です。その影響か、今年高校2年になる息子も妻に似たのか、高校に入学するまで私達の言葉を文句言わず従ってきたのでした。



それが、高校に進学した頃から息子の様子がどこか変なのを私達は、去年の夏休みに気がついたのでした。確かに、勉強も昔以上にするし、夜遊びもしない、親に反抗しない子供です。



ただ問題なのは息子の友人K君です。いつも成績は学年の5番以上に位置している秀才で、この地方では有名な市会議員の息子さんと聞けば響きはいいが、彼の振る舞いは妻も私も気に入らなかったのです。顔はハンサムなのだが、とにかく行儀が悪いのです。目上の者にも馴れ馴れしく話しかけるし、靴を脱いだら脱ぎっぱなし、本を読んだらかたずけもしない、お菓子を食べて、ぽろぽろこぼしても気にしない、校則違反ぎりぎりのぱさぱさの薄い茶髪。女の子との付き合いも派手で、良くないうわさもたまに耳にしたものです。



私と妻は、何度か付き合うのは止めるように注意しました。息子は正直に頷いて「わかった」と言ってくれたのでひとまず安心しました。

しかし、息子はどうやら私が仕事に出かけている時に、K君を家に招いているらしいのです。妻も何度もそれとはなしにK君に注意したらしいが、はぐらかされて聞き入れてくれないらしいのです。



ちょうどその頃は、会社も忙しく夜遅くなるのが当たり前だったので、昼間の様子を把握する事が難しかった状態でした。そして、3ヶ月ほどたったころです。日曜日に外出することが徐々に多くなっていった妻が、去年のクリスマス・イヴに珍しく外泊したのです。

すぐに帰ってくるからと言って。だが、妻は夜中の12時頃帰ってきたのです。いつもなら家族三人で祝うのが当たり前となっていた。時計を見ながら注意すると、妻はどこか慌てた様子だが、どこか嬉しそうな潤んだ瞳であることに気がついたのです。しかも、その手には綺麗に包装された小さな箱を握り締めていました。

妻に問いただすと、昼間友人と買い物をして、友人の家に買った物を取りに言ったらしい。ついつい話こんでしまって遅くなった事を謝った。私も仕方がないのでその場は許しました。



その日を境に、妻の口からK君の話も出なくなり、息子に関してはひとまず安心しました。だが、今年のバレンタイン・デ-に私は、台所でまるで女子高生のように楽しそうにチョコレ-トを作っている妻を見て、自分に贈るものだと思い、見てみぬ振りをしていました。しかし、予想に反して妻から貰ったのはいつものス-パ-で売っている安いチョコだったのです。

いやな予感がしました。そしてその時、私は確信しました。妻は浮気をしていると・・・・もしや・・・ 私は会社を早退し、家の近くにある空き地に身を潜めて、何日か監視した。すると、もう家に来ないはずのK君が、堂々とした態度で、玄関の呼び鈴を鳴らしたのです。どうやらまた学校をサボったのだろうと思いました。だが、それより驚いたのは妻の態度だったのです。ドアを開けると、嬉しそうにK君の手を引き、ドアを締めるとき彼に抱きつき、辺りを気にすることなくキスをしたようなのです。


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【学校】ちょっと似てるよね【告白体験談】

俺の中二の夏の話。ちょうどオナニーを覚えたてだった頃に体育の

プールシーズンが重なり大変な事に・・・。

まぁ端的に言うと女子のスクール水着姿見るとどうしても勃起しちゃうわけで・・・

しかもうちの学校のスクール女子用水着は誰が考案したのか斜めに白いラインが

あるの。それが丁度乳首のところに重なるんだけど薄っすら乳首が透けて

見えるんだよね。俺の発育が早かっただけなのかもしれんが、どうして

他の男子は起たないのか不思議だった。まぁでもみんな「透けてるよな」

とかコソコソ言ってたけどね。もう中二だと発育早い子は巨乳ちゃんとか

いてもうこれがたまらないわけ。ここで活字にしちゃうと笑い話なんだけど

実際には水泳の時間に俺の海パンだけ前が膨らんでたら相当やばい。特に中二って

性的目覚めてる奴と目覚めてない奴の分岐点的成長期だから微妙で

少しでも前がモッコリしてると目ざとく「お前何立ってんだよ」とかからかわれてしまう。

とりあえず俺はトイレにいくふりして勃起が治まるのを待った。

が、治まっても結局女子見ちゃうとまた起ってしまう・・・。

結局性的に初めて目覚めた記念すべき最初の水泳の授業は殆どトイレで過ごす事に…orz


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【友達】母ちゃんと職人【告白体験談】

私が未だ小学3年生ぐらいの時、家に帰ると母親の姿がなかった。居ない事に特に何も思わずランドセルを置くと友達と遊ぶべく家を出ようとした。

仕事場の脇を通り抜けようとした時に、何となく人の気配に気づき足を止め、そっちの方を見てみた、物に見え隠れするのは母親だった。

こんな所で何をしてるんだろう?

私は不思議に思い、母ちゃん!と声を掛けそうになった時に、姿は見えないが男の人の声が聞こえた。

出そうになった声を押し戻し、息を飲んだ。「厭らしい子だねぇ、早く出しちゃいなさい」

母親の声、私は何を言ってるのか理解が出来ないまま、声もかけられず立ち尽くした。

「女将さん!」

「駄目よ!これで終わりなさい」

状況が分からず私は無意識に母親の様子を見ようと場所を替えた。色んな物が立て掛けてある隙間から覗くと母親の行為が最初は理解出来なかったが、次第に状況が私にも呑み込めて来た。

母親の片手は若い職人のズボンから飛び出している性器を握り、しきりに握った手を動かしている、職人は苦し気な表情を浮かべ母親の方に腕を伸ばして来るが母親は、その手を押し返し、ひたすら握った手を動かし続ける。

「あぁ女将さん!出てしまう!」

「厭らしい子!毎日、毎日こんなに硬くして」

手を動かす母親の表情も普段とは別人の様な表情を浮かべていた。「あぁ、女将さんの中で!」

「はぁ、無理よ今日は駄目、あぁ凄い!硬いわ‥」

職人が呻き声を上げるのに合わせるように母親は、もう一方の手を重ねて行った。


告白体験談関連タグ

||||

2014年7月5日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】妻と後輩【告白体験談】

まず私 信也(30)妻 理沙(29) 私たちは高校の時に出会い21歳で結婚し 5歳の娘がいます。

妻は私が初めてでして 私しか男は知りません!外見は友人から『理沙ちゃん可愛いいよなぁ』と言われるので普通より可愛い系だと思います。この歳まで私しか知らないと言うのは奇跡だと思います。

私の親が小さな建設業を経営してまして妻は事務をしています。従業員は5人と少ないですが、まずまず順調に仕事はあります。

そんな中 先月中頃に出張の話が決まりました。年に何回か出張はありますが日帰り程度の距離でしたが ゴールデンウィーク中に休み返上で東北地方へ1週間の泊まり込みの仕事です。

最初は戸惑いましたがおいしい仕事なんでOKを出し 行く事にしました。

子供は母に預けて 妻も食事を作る為に同行です!従業員は皆さん年配ですが、1人だけ 和樹(26)という若い従業員がいます。和樹は私の後輩で高校卒業後 うちに入社し妻とも友達の様に仲良しです。

そして東北へ出張です。宿泊先は人数が多いので、現場のスグ近くにある空き家の一軒家を借りる事になりました。かなり建物は古くお風呂は壊れて使えませんでした。

そこで毎晩近くの温泉に通っていました。車2台に別れて私たち夫婦と和樹、ともう1台です。私たちは遊ぶ所がないので毎晩風呂の後はゲーセンやらビリヤードやら遅くまで遊んでいました。もちろんみんなは先に帰って就寝です。

そんな生活が4日続いた夜、いつもの様に風呂の帰りカラオケに行く事になりました。私と和樹は酒を飲み妻は運転です。 二人でガンガン飲み 程よくなった頃に私が前からあった願望が頭をよぎりました…

妻はミニスカートを履いていて和樹が気にしているのが分かりました。和樹がトイレに行った隙に妻に

『なぁ和樹にパンツ見られたんじゃね?(笑)』

妻『え?んなわけないでしょ!飲み過ぎだよ!』

和樹が戻る前に荷物を移動し和樹が妻の前に座る様に仕向けました。和樹が戻り視線に困っていました。

片手で見えない様に隠していましたが 熱唱すると両手でマイクを持つためにパンツ丸見えでしょう!確認した時にピンクだったので薄暗くても見えたはずです。

それだけで今までにない興奮を覚えました!


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年7月4日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】半熟成卵巣シリーズ(第二) ①【告白体験談】

『第一章 美少女スクール水着・性的虐持』

-

俺のマンションの窓からは小学校のグランドが良く見え休み時間となれば

少女達のはしゃぐ声 笑い声がビルの谷間にこだまする

新築マンションに引越し当時は少女達の声に「うるさい所に引っ越したな」と

耳栓をしながら暮らした日もあった

しかし、数年が経ち少女達を見つづけた俺の身体に異変が現れた

少女達の身体を見ながら「おっあの子は両親に似て段々美少女になって来たな

乳房が少し膨らんで来ているぞ」と下半身の肉棒が膨張してロリ好きになった

マンションの6月定例会議があり 夏休み小学校プールの監視者(保護者)を

する日を決める事になり子供のいない俺には関係のない会議だった

会議が終わり部屋に帰りエッチHPからロリ画像をダウンロードをしていた

♪〜ピンポン♪ピンポン♪と玄関のチャイムが成り俺はお客が来たなと

玄関へ行った 大都会のマンションは近所付き合いがない 隣の住民の仕事内容も

知らないのが現実だ 玄関の扉を開けるとそこには親子三人の姿があった


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月4日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ