相互リンク先の更新情報!

【友達】勿体無いほど美形の人妻⑥【告白体験談】

剃毛とアナルプラグを命令した3日後、いつものようにS子と密会しました。S子と初めて会ったのは9月。季節は過ぎすでに1月になり寒い時期になっています。駅で待っていたS子はロングのコートを羽織っていました。

コートの下はガーターとストッキングにブラのみ。勿論ショーツなどは穿かせていません。車に乗り込んだS子は少し上気し顔を赤らめていました。

コートの下の自分の格好を想像していたのだと思います。“寒くなかったか?”と聞くと“寒くは無いですけど・・・少しスースーする感じです。”私は車を人通りの少ない場所に移動させ、S子にコートの前を肌蹴るように命令しました。言った通りの格好で来たのかチェックする為です。S子はコートの前ボタンを外し、コートを少し広げます。ルージュのブラが覗き、その下には同色のガーター。きれいに剃りあげた下腹部、黒の網パンスト・・・命令通りの格好です。そのままラブホへ直行することにしました。

“シャワーは浴びてきました・・・”部屋の暖房を最強にして入れます。

しばらくは寒いのでTVを点けアダルト番組を見ます。10分ほどで部屋が温まってきました。

Sにを部屋の鏡の前に立たせコートを脱ぐように命令しました。

何度も書きますが、可愛く美しくスレンダーながら胸はD~E。目の前に現れたのは、男のチンポに虜にされた淫乱堕天使そのものです。

“きれいだよ・・・”私は心からそう思いました。恥丘はきれいに剃りあげられ、割れ目の上部が丸見えです。

鏡に手を付き足を広げてお尻を突き出すように命令しました。

“あああ・・・恥ずかしい・・・”そう言いながらもS子は言われた通りのポーズを・・・アナルにはプラグが突き刺さり、指で広げさせたオマンコはヌラヌラと光っています。“なんだ、もう濡らしているのか?困った淫乱だな・・・”“アン・・・恥ずかしいから言わないで下さい・・・”そう言いながらも何かを催促するみたいにS子の腰が前後に揺れます。

私がS子を気に入った理由は、チャンネルの切り替えが見事な事です。スイッチが入るまでは可愛い女。

火が付くと止めどもなく淫乱な女に変身する。男にとって女が馴れ馴れしくなると興醒めして来ます。

私はバッグの中からワセリンを取り出し、S子のアナルからプラグを抜き取りました。

肛門にたっぷり塗り、人差し指でアナル内部まで塗り込めて行きます。“ああっ・・・・アン・・・”緊張と恥ずかしさで喘ぐS子。

オマンコからは糸を引く涎が止めどなく流れ出しています。ゆっくりとアナルをマッサージしながら、S子にオナニーを命じました。S子は自分の右中指に自らの愛液を掬い取り、左指でクリを剥き出しにするとオナニーを始めました。“痛くないか?”“痛くは有りませんが、少し変な感じです・・・”いやらしい下着を身にまとい、鏡に顔を押し付けアナルを指で刺激されながらのオナニー・・・“はあぁ・・・堪んない・・・いやらしい女・・・お尻掘られてオナニーして・・・ああん・・・”腰を前後に蠢かすS子。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年7月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】コズエです【告白体験談】

はじめまして。春から中学三年生のコズエです。よろしくお願いします。最近は暖かくなってきて、いろいろえろえろな事がしやすくなってきました。2月は寒くて、スパッツをスカートの中に穿いていました。制服のスカートは長くて可愛くありません。放課後になるとスカートはたくし上げるけど、スパッツがスカートの中から出てダサイです。ブルマならもっといいのに、体育の時にはブルマを穿かなくなってしまいました。わたしには2コ上のお姉ちゃんがいて、お姉ちゃんが中学の頃にはブルマだったんですが、わたしが入学する前に今のスパッツに変わってしまいました。そのうち先生を誘惑して戻してもらうように言いたいと思ってます。

わたしにブルマについて教えてくれたのはお姉ちゃんじゃなく、近所のお兄ちゃんです。4コ上で、中学がブルマだった頃のことも良く知ってます。いつもわたしにパソコンの事とか勉強を教えてくれるけど、いつの間にか、エッチなことも教えてくるようになりました。教えてもらうばっかりじゃ悪いなって思ってた事も在って、何かしてあげたいって思ったら、ちょっとエッチなことになりました。

お兄ちゃんの提案で、お姉ちゃんのブルマをこっそり持ってきた日のことです。勉強がひととおり終わると、体操服に着替えさせられました。制服セーラー服を脱いで体操服に着替え、お尻を向けたままスカートを脱いでブルマに穿き替えると、「ブルマのシンズイを教えてあげるよ。」と言いました。まずベッドに両手をつかされました。次に両足を突っ張るように言われました。お兄ちゃんにお尻を差し出すことになり、恥ずかしくなりました。次にお兄ちゃんはブルマの端っこのお尻をつついてきました。わたしは顔を向けられません。次に股間に変な感触があって、脚の力が抜けてきました。それでも、動かない!と言われます。そのままのポーズで固まってると、デジカメの音がしました。2回目にはフラッシュも光りました。その画像を見ると、パンツがお尻から少しだけ食み出していました。これがわたしたちの世代の知らない“ハミパン”です。しかも、青いブルマに白いパンツが目立って、すごく恥ずかしかったです。それから、お兄ちゃんは中学の頃にやりたかった事を、今のわたしにしてきます。(お兄ちゃんはお姉ちゃんの事が好きだったのかな。)何度もお兄ちゃんにブルマ姿を見てもらってます。こういうのを「調教」って言うのかな。

お姉ちゃんはブルマを今でも穿いています。高校の体育の時じゃなくて、制服ミニの中に。高校に入学した頃に痴漢に遭って、それからずっとパンチラ・防寒・痴漢対策で穿いてます。(でも、ハミパンしてることも多いから、意味がありません。)「そんなに穿いてゴワゴワしない?」ってきいても答えてくれません。お姉ちゃんはわたしとは違って可愛いし胸もあるから憧れています。でも露出趣味じゃ無い割には、人前でスカートの中に手を入れて食い込んだパンツを直したりしています。鈍感なのかな。休みの日には、お揃いのスカート(股下5センチのチェックのスカート)で出かけたりします。恥ずかしがるお姉ちゃんの手を引いて、デパートの階段を行ったり来たりします。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年7月8日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【学校】ウニの肛門【告白体験談】

高校生のときに、教育実習で来てた「生物」の先生が授業をしてたことがあった。

ある日「ウニの肛門」についての授業があったのだけど、その先生は急に

「みなさんは痴漢されたことありますか?もうみんなも高校生だしたぶん経験がある人もいるのでしょうね。

痴漢って本当むかつきますよね。

で、生物の授業なのになんでこんな痴漢の話をしてるのかって言うと、じつは私、高校生のとき電車通学だったのですが、毎日痴漢されてました。しかもその犯人がケツ穴フェチというか肛門フェチで、毎日指を中まで入れられてほじくられていました。

その肛門について今日は勉強します」と。。先生は言ったのでした。

当時の僕、そして同級生の男子にとっては刺激的な発言でボッキものでした。

しかもよーく考えると、肛門は自らが筋肉をゆるめないと、指が入らないぞって思い、、つまりこの先生は肛門をいじってほしくて痴漢されていたことになると

結論が出て、「変態先生」だってことになったのでした。

その後も、「じつは先生、大学では生物の専攻だったのだけど、調査が大変で、いっつも教授にあそこに行けこっちに行って調査しろって指示されたました。

でもある日、沼に調査に行ったときに、携帯電話を沼に落としてしまい、それを拾おうとしたら、沼に沈んでしまって、全身真っ茶色に泥まみれになってしまい

ました。

でも、電車で泥まみれのまま帰りました。そんな恥ずかしさいっぱいの大学生活でした。興味がある人は来てみれば」と先生はまた、授業中に変なことを

言いました。

つまり、全身泥だらけで電車で帰った話が、肛門に指入れられて痴漢されてた話と重なって、


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月7日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【友達】半熟成卵巣シリーズ(第三)【告白体験談】

『 第三章 アイドル希望の幼稚園児性調教 』



或スーパーへ買い物に行った 地下は食品売り場から屋上の小さい遊園地の

6階建てビル式スーパーだ

俺は屋上からコンクリートジャングルの大都会風景を缶コーヒーを飲みながら

「はぁ あの頃は 社長として飛び回っていたなぁ はぁ」とため息をついていた

その時 「♪〜只今より 屋上遊園地で イン・○○・アイドルスクールによる

発表会があります♪」とアナウンスが流れた

俺が舞台の方へ行くと大勢の人達が舞台を囲むように見ていた 音楽に合わせて

ダンスを踊ったり歌ったりしていた 5〜7歳くらいだろうか小柄の小さい体を

ゆかちゃん人形のように踊る 踊り終わると「ママぁ ママぁ」と直ぐに

親の元に行くのが可愛くいじらしい

俺の後ろにも可愛い少女が踊り終わり「ママ 真美(仮名)はうまく踊れたぁ」と

お母さんに抱きつく その人妻が薄笑いしながら俺に話しかけてきた

「こんにちは 久しぶりですね・・・・社長さん♪」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月7日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】妻と息子の友人【告白体験談】

私は43歳、妻は40歳、二人とも真面目な性格で、妻は今時珍しいぐらい超がつくほど真面目、曲がったことが嫌いな性格です。その影響か、今年高校2年になる息子も妻に似たのか、高校に入学するまで私達の言葉を文句言わず従ってきたのでした。



それが、高校に進学した頃から息子の様子がどこか変なのを私達は、去年の夏休みに気がついたのでした。確かに、勉強も昔以上にするし、夜遊びもしない、親に反抗しない子供です。



ただ問題なのは息子の友人K君です。いつも成績は学年の5番以上に位置している秀才で、この地方では有名な市会議員の息子さんと聞けば響きはいいが、彼の振る舞いは妻も私も気に入らなかったのです。顔はハンサムなのだが、とにかく行儀が悪いのです。目上の者にも馴れ馴れしく話しかけるし、靴を脱いだら脱ぎっぱなし、本を読んだらかたずけもしない、お菓子を食べて、ぽろぽろこぼしても気にしない、校則違反ぎりぎりのぱさぱさの薄い茶髪。女の子との付き合いも派手で、良くないうわさもたまに耳にしたものです。



私と妻は、何度か付き合うのは止めるように注意しました。息子は正直に頷いて「わかった」と言ってくれたのでひとまず安心しました。

しかし、息子はどうやら私が仕事に出かけている時に、K君を家に招いているらしいのです。妻も何度もそれとはなしにK君に注意したらしいが、はぐらかされて聞き入れてくれないらしいのです。



ちょうどその頃は、会社も忙しく夜遅くなるのが当たり前だったので、昼間の様子を把握する事が難しかった状態でした。そして、3ヶ月ほどたったころです。日曜日に外出することが徐々に多くなっていった妻が、去年のクリスマス・イヴに珍しく外泊したのです。

すぐに帰ってくるからと言って。だが、妻は夜中の12時頃帰ってきたのです。いつもなら家族三人で祝うのが当たり前となっていた。時計を見ながら注意すると、妻はどこか慌てた様子だが、どこか嬉しそうな潤んだ瞳であることに気がついたのです。しかも、その手には綺麗に包装された小さな箱を握り締めていました。

妻に問いただすと、昼間友人と買い物をして、友人の家に買った物を取りに言ったらしい。ついつい話こんでしまって遅くなった事を謝った。私も仕方がないのでその場は許しました。



その日を境に、妻の口からK君の話も出なくなり、息子に関してはひとまず安心しました。だが、今年のバレンタイン・デ-に私は、台所でまるで女子高生のように楽しそうにチョコレ-トを作っている妻を見て、自分に贈るものだと思い、見てみぬ振りをしていました。しかし、予想に反して妻から貰ったのはいつものス-パ-で売っている安いチョコだったのです。

いやな予感がしました。そしてその時、私は確信しました。妻は浮気をしていると・・・・もしや・・・ 私は会社を早退し、家の近くにある空き地に身を潜めて、何日か監視した。すると、もう家に来ないはずのK君が、堂々とした態度で、玄関の呼び鈴を鳴らしたのです。どうやらまた学校をサボったのだろうと思いました。だが、それより驚いたのは妻の態度だったのです。ドアを開けると、嬉しそうにK君の手を引き、ドアを締めるとき彼に抱きつき、辺りを気にすることなくキスをしたようなのです。


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】夫と私の秘め事【告白体験談】

私は、30歳になる専業主婦です。

夫とは、5年前にネットで知り合い半年程で結婚しました。

夫は10歳年上で40歳、小さいながらも会社を営んでいます。

私は、元々エッチで中学生の頃から野外オナニーやSM道具を使って家でオナニーをしていました。

夫もエッチ大好きで、特に野外露出やSMと言った事を好んで女性にする為、直ぐに別れられていた様です。

そんな時、私と出会い意気投合の末、結婚となりました。

もちろんお互い今の生活に満足している為、子供は作りませんでした。

休日は2人で、車を出し人気の無い山中で車を止めると、私は全裸になり夫は写真を撮影します。

数枚写真を撮ると、今度はロープで体を縛り散歩させられ、四つん這いのままポーズをとると、また写真を撮ります。

最後は、夫がバックから挿入し中にフィニッシュするんです。もちろん私も一緒に逝きます。

誰かに見られるんじゃないか、ハラハラしながらの野外露出は快感です。

夫は、山中に限らず、至る所でのエッチな行為もしてきます。たとえば、エレベーター内で、誰もいない時は必ず

私のスカートを捲りあげ、パンティを露わにしたり、映画館で映画を見ている時も、胸元を全開にして胸を曝け出したりします。

そんな夫が、最近他人に抱かれる私を見てみたいと言いだしたのです。しかも、大勢にSMチックに抱かれる所を見たいと

言うんです。私は流石に困りましたが、他人に抱かれるという事にも興味ありましたし、夫公認ならとOKしました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】ピアノ講師にネット公開調教をされた、俺の小さな嫁レナ3【告白体験談】

アメリカ旅行で知り合ったレナちゃんと、旅先で結ばれて、帰国後も付き合うことになった。

年の差や、レナちゃんの幼さなど、問題は多かったけど、ラブラブで良いカップルだと自負していた。





それが、ある動画サイトで、レナがピアノ講師のおっさんに公開調教されていることを知ってしまった。

初めは無理矢理だったのが、動画が新しくなるにつれて、レナも積極的に楽しんでいることまで知ってしまった、、、





おっさんへの復讐や制裁を考えているが、喧嘩すらしたことがないヘタレの俺に、何が出来るのだろう?





この前確認したアナルをやられた動画から、まだ何本かファイルがあるのだけど、もう我慢できずに震える手で一番新しい動画を再生した。








告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年7月5日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【浮気・不倫】義理の娘を・・・・の続き【告白体験談】

義理の娘を・・・の続き、みたいなものです。

娘が十三歳の時、ちょっと問題が起こりました。

娘の友達に私達の行為がバレました。

その日は妻も出張で家に居なかったのですが、娘の友達が泊まりに来ていました。その子はAちゃんとでも称しましょうか、小学生の頃からの友達で時折我が家によく遊びに来る子です。

この子の家は我が家の近所で両親は共働きしているみたいです。その為か娘を一人にするのは不安だということなのでよく我が家に泊まりに来ています。前に話したところ私は近所でも評判がいいとのことなので安心して預けられるとのこと。

そんなAちゃんの身長は小柄な娘よりも小さくクラスの中でも最前列にいるみたいです。礼儀正しく大人しいとてもいい子です。ですが娘の話によると実は彼氏がいるとかいないとか・・・・・最近の子は進んでいるのでおかしくは無いと思うのですがあのAちゃんが・・・・とちょっと驚きましたね。

そんな彼女が我が家に泊まりに来た日は私も腕を揮い、料理を作ってAちゃんを歓迎しました。

食べ終わった後は娘はAちゃんと自分の部屋に行き、私は下の娘をお風呂に入れることにしました。

下の娘にはまだ手を出すつもりは無いので普通に洗って父親らしく接します。妻よりも私といる時間の方が長いせいかこの子もかなりのお父さんっ子になってきました。

その姿に妻は少し悲しそうな顔をしながら私に嫉妬し、娘も私を取られたと嫉妬します。まあ娘は抱いてやれば機嫌は直るんですけど。

ですが下の娘もこのままファザコンでいてくれればいつか調教する時楽かもしれませんね。

下の娘を風呂から上げ、身体を拭き、パジャマを着せたら、寝かしつけます。今日はAちゃんが着たので興奮し疲れたのでグッスリでした。

いつもだったらこの時点で娘を抱いているのですが今日はAちゃんがいるので断念、明日に持ち越しとなってしまいました。

娘たちも寝て、深夜私はテレビでつまらない芸人の番組を見ていると誰かが階段を降りる音がしました。振り返るとそこには娘がいました。ですが目をトロンとさせ、パジャマのズボンに手を突っ込み自分で秘所を弄っていました。

「パパァ・・・・しよ」と完全に発情しておりハァハァと息を荒げていました。どうやらこの妻が二日間休暇でずっと家にいたので抱いてやれなかったせいか、遂に我慢できなくなってしまったようです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年7月3日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【寝取られ】25歳淫乱妻の告白【告白体験談】

25歳。

可愛い系。

体型普通。

Bカップ。

人妻。

子あり。

車なし。

ヒマな時間帯平日昼間。





これは今の旦那さまに内緒で書き込んでいます。



今の旦那さまと呼ぶ理由は、私は前の旦那から寝取られて離婚し、再婚したからです。



今回書き込んだのは、懺悔というか告白したかったからです。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月3日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【近親相姦】妻の連れ子と 【告白体験談】

<>514名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2008/11/16(日)07:20:45ID:Ok7WtKBm0[1/2]<>

ウチも女房の連れ子と二人暮し。

養女になったときは13歳だった。

ところが1年後に妻が事故で死亡。

実父のもとに帰るかとも尋ねたがNo

実父の酒乱で散々な目に遭ってたらしいし、しかも俺は酒飲まない。



それで基本的に養父と養女なんてのは最後にやっちゃうよ。

そういうのも、お互い好きなタイプだから。

俺から見れば、妻は理想の女性。

だから妻に似てる娘が可愛い。

娘から見ても、自分の実母が好きなタイプが俺。

だから何かのはずみで恋愛関係になる。

ウチの場合は事故の時に娘も足の骨折って

一人で入浴できなくて、俺が介助したのがきっかけ。


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年7月3日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ