相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】妻がレイプされた【告白体験談】

先日家族にて温泉旅行に行った時のことです、一泊だったので子供達は大はしゃぎで喜び、その夜は遊びつかれて九時半には眠ってしまいました。

久々に夫婦二人でゆっくり出来ると思いまして、

温泉ホテルの中に隣接する居酒屋バーで「少し飲んで風呂にでも入ろうか」となり

二人で居酒屋に入りました。

中はちょうど賑わった状態で、合い席しかなく仕方なく店員に連れられていくと、

奥のお座敷で三人の40代後半くらいの男性たちの所へ。

はじめは躊躇しましたが、その男性たちのひょうきんな感じから妻も「まぁいいんじゃない、、」と・・・・

始めこそ男性たちは語りかけていましたが、次第に私達夫婦は別の話題をしていましたので男性たちと会話はありませんでした。

しばらくして私達はお酒が回ったのか横で話している男性たちの馬鹿話に笑い出し

それからはもう男性たちと一緒にくだらない話で盛り上がりました。

妻も普段そんなに飲まないのですが、カクテルや果物で割った飲みやすい焼酎を

勧められてかなり泥酔していました。

妻のカッコはこの後温泉に入る予定だったので、ノーブラの浴衣姿でしたので、

酔った妻の胸元を見て私は「後でたっぷり可愛がって・・・」なんて考えておりました。

妻はかなり泥酔はしていましたが、他人の前という事で気丈にしていましたが、


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月3日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】思い続けた幼馴染みがチャラい先輩と完 【告白体験談】

うるさいくらいにセミが鳴いている。空には怖いくらいの大きな入道雲が浮かんでいて、真っ青な青空がまぶしい。

じりじりと肌を焼くような日差しの中、虫取り網を持ち、虫取りかごを肩から斜めがけにした麦わら帽子の少女を、後ろから追いかけている僕。

帽子からのぞく髪は短く、半袖のシャツから突き出ている腕も、短パンから伸びている長い足も、真っ黒に日焼けしている。



追いかけながら、僕はどこに行くんだろう? なにをしているんだろう? と、一瞬パニックになった。

でも、あの後ろ姿は間違いなく幼馴染みのみなみだ。

あぁ、今日は夏休みで、また一緒に河原に虫を取りに行くんだなぁ……と、思うと同時に目が覚めた。



『おはようw なんか、笑ってたよw』

目を開けると、みなみが優しい笑みを浮かべて、僕に話しかけてきた。あれ? 虫取りは? と、一瞬パニクったが、目の前にいるみなみは大人だった。そこで、自分が夢を見て寝ぼけていたことを理解した。



みなみとは、幼稚園の頃からの筋金入りの幼馴染みだった。なかなか気持ちを打ち明けられない僕だったけど、あるきっかけがあって、思い切ることが出来た。

そして、結婚し、子供も出来た……幸せな日々が永遠に続くものだと思っていた……。






告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月31日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】 婚約者を御曹司に肉体改造された 【告白体験談】

僕は背も低く、男なのに女顔をしているので、昔からよくイジメのターゲットになっていた。と言っても、殴られたりといった暴力的なヤツではなく、性的なイジメの対象になることが多かった。



中学時代は、ヤンキーみたいな奴らのボス的なヤツに、目を付けられるというか気に入られてしまって、無理矢理口でさせられたり、逆に口でされたりした。

ホモじゃない僕は、ただただ気持ち悪くて吐きそうな日々だったけど、他の奴らからは一切イジメを受けなくなったので、だんだんとその環境に慣れてしまった。



それからは、開き直って早くイカせるために、テクニックを研究したり、視覚的に喜ばせて早くイカせようと、女性の下着を身につけてあげたりした。



男物の学生服がはだけて、ピンクのブラが見えたりするとたまらないようで、すぐにイッてくれて楽だった。でも、そいつもやり方がわからないのか、お尻に入れようとはしてこなかった。それだけは本当にありがたかった。



毎日のようにそいつとキスをしたり、口でしたりされたりしていたので、逆に女の子への憧れというか、彼女が欲しいという気持ちがすごく強くなった。





性のはけ口にされた3年間が終わり、高校に入ると、念願の彼女が出来た。可愛くもないし、スタイルがよいわけでもないけど、嬉しくて仕方なかった。



3ヶ月くらいでキスをして、やっとセックスが体験できると思っていた矢先に、中学の時のアイツが現われた。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年8月16日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】プライドの高い女。【告白体験談】

当時33歳でキャリアウーマン、プライドは人一倍高く、プライドが邪魔し

男性経験もほぼ無い、限りなく処女に近い女。

身長は167、体重50キロ スレンダーでバストこそAカップの貧乳だが

ウエストからヒップにかけては中々のライン。

数年間の付き合いの中での変貌・・・

多分フェラチオの経験も無いと思わせるぐらいのぎこちないフェラから

10分で私を逝かせるまでに・・・

騎上位、バック、立ちバック、車中でのフェラ、カーセックス・・・

映画館では自分からペニスを取り出し・・・

家に居る時は寝起きのフェラから始まるセックス・・・

直ぐに2回目を求めてき・・・

当初はアッ、アッ、いぃ、としか位だったのが

もっと突っ込んで、あぁ~ジンジンする もっともっと突っ込んで・・・と

騎上位にすると必ず自分から両膝を立て、ペニスを突きたてられている

自分の性器を覗き込み・・・


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年8月5日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】ベランダから【告白体験談】

<>982名前:えっちな21禁さん投稿日:2005/07/29(金)00:54ID:7VwlAh420<>



26日はオレの誕生日だったんだ。

んで彼女の美和が、メールにて「お祝いするから泊まりにおいで」と。

ついこの前までは半同棲みたいになってたんだけど美和が始めた、

お水のバイトがオレは気に入らなくて最近は口喧嘩ばっかで

ちょっと疎遠になりかかってたんだよ。

台風来るからお店もたぶん早く仕舞うだろうと思ったんだってさ。

ところがなんだか爽やかな風が吹いちゃったりしてお店は大繁盛。

ごめんねとか、もうちょっと待っててとか、んなメールばっか届いて

テレビ見て待ってたんだけどアホらしくなって1時くらいに寝ちゃったんだ。





<>983名前:えっちな21禁さん投稿日:2005/07/29(金)00:54ID:7VwlAh420<>

エアコンが寒くて目が覚めたのが3時ちょい過ぎくらいだったかな。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年8月1日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】兄弟【告白体験談】

今年の春から上京して、大学生活を満喫していた。一緒に上京したヤリチンのマーを捜しにかすみから連絡があった。

高校のクラブの後輩だ。マーは卒業のとき、かすみをヤリ逃げした。マーいわく、処女と生姦したかっただけ!それ依頼、音信不通。

ゴールデンウイークにかすみが来た。俺はかすみを食っちゃうつもりで呼んだ。男の一人暮らしの家に泊まるんだから今更何言ってんの!とかなり強引にヤッタ。

途中諦めたのか、おとなしくなったかすみの身体を明るい部屋で写メ撮りながら、まだ一度しか使われてない穴をいたぶり愛撫した。

小さい身体で貧乳、毛も薄く、ついでに剃ってツルマンにして舐めまわした。涙ためながらも下は濡れてきた。

マーにもなめられたんでしょ、とかマーは中に出したんだよねとか、言いながら生姦。シマリ良い!肉襞をおしわけるような感触、丸見えの縦筋にズブット入った。

さくら色の陥没乳首が立ってきた。妊娠されても困るから抜いてからかすみの陰部にかけた。

ビラビラも小さく淡く、赤く腫れたとこに真っ白い液が・アップで写メ撮った。

卑猥な絵だ。洋服を前に抱え込み隠すように後ろを向いたかすみ、俺は後ろから抱き抱え。

まだヤルよと言いながら顔を覗きこんだかすみの唇をすいながらバックから挿入。さっきより簡単に入った。

小さな尻を抱えながらパンパンと打ち付ける。今度は顔に出した。唇になすり付けた。かすみは嫌そうな顔をした、

指ですくい無理矢理口の中へ。生意気に嫌とか言ったから力任せにかすみの尻穴に挿入した。こっちは中に遠慮なく射精した。

そのままイマラチオ!泣き疲れて寝てしまったかすみだった。翌日、約束どうりマーを呼んでかすみに逢わせた。

修羅場にはならなかった。マーは俺が撮ったかすみとのハメ撮り見て、やっぱもえない、貧弱な身体なんだもん・と。

かすみが何か言いかけたけど。処女とヤリたかっただけだし、俺彼女いるって言ったよな!遊びでいいといったのはお前だぞ。と。


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年7月27日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】俺の彼女が出会い系してた【告白体験談】

最近2年付き合ってる彼女があんまり構ってくれなくて

携帯をいじってばかり



浮気を疑って、夜中にこっそり携帯のロックはずして見てみたら





メール履歴が出会い系で真っ黒だった。





彼女のスペック



AKBの篠田を少し小さくした感じ。

貧乳ガリだけど、顔はかわいい。






告白体験談関連タグ

||

2014年7月5日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした5【告白体験談】

この前、ケイスケさん夫婦の家で王様ゲームをしたことで、嫁のユキの下着姿をケイスケさんに見られてしまい、おまけにユキとケイスケさんがキスまでしてしまった、、、



その後セックスまでは行かなかったですが、ユキがケイスケさんの乳首を舐めながら、手コキでイカせる姿を見て、信じられないくらいのショックと興奮を味わいました、、、





ただ、それが刺激になって、僕との夫婦生活はより良いものにりました。

ユキは、僕がマコさんとキスをしたり、フェラでイカせてもらったことが本当にショックだったようで、僕をマコさんに取られないかと真剣に心配して、健気に色々としてくれます。





ユキが、マコさんと一緒に買い物に行き購入したエロい下着は、スケスケだったり、布が極端に小さかったりするので、はみ出したらみっともないからと下の毛を剃ってしまいました。



22歳で童顔なユキが下の毛を剃っていると、かなりロリな感じになって、セックスしているといけない事をしているような気持ちになります。





今日も、食事をして、先に僕が風呂に入って寝室で待っていると、風呂上がりのユキが入って来ました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年7月4日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした4【告白体験談】

前回、ケイスケさんの家に遊びに行ったときに、嫁のユキがマコさんと一緒に、おそろいのスケスケのランジェリー姿で僕とケイスケさんの前に姿を現し、ケイスケさんにユキのおっぱいやヘアを見られてしまいました。





だけど、怒りや嫉妬ではなく、興奮したのは紛れもない事実で、ユキを自慢したいという気持ちだけではなく、ユキが汚されるのを見たいと言う、ちょっと歪んだ願望が僕にはあるのかも知れないと思いました。





あの日から、毎日ユキはあのスケスケのランジェリーを着て、僕を喜ばせてくれます。

我慢できずに抱きついて、キスをしてセックスを始めると、

「浩くん、、 この格好で、ケイスケさんに見られちゃってごめんなさい、、、」

などと、わざわざ見られてしまったことを強調する言い方をして、僕を嫉妬させます。

「浩くんだけのおっぱいなのに、全部見られてごめんなさい、、、」

「アソコも見られちゃって、ごめんなさい、、 汚れた女でごめんなさい、、」

こんな事を言われると、嫉妬と怒りと興奮で、わけがわからなくなります。






告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年6月23日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】女子寮のお風呂【告白体験談】

友達の学校の女子寮に泊まらせてもらったことがあります。普通に男子禁制だったのですが、みんなけっこう男を連れこんでいて、男を連れ込むことが一種のステータスみたいになっていたのです。ほんと女って見栄っ張りだなと思っていましたが、しかし、そんなことはどうでも良いです。

もちろん、みんながみんな、男を連れ込んでいるんではなく、やはりそんな女子を横目で見てる人もいました。だから、そういう人には見つからないように、でも、やっぱ他の人にも見てほしい見ないな複雑な心境みたいでした。 

 



神聖な寮に入ると、意外にも中は古かったです。友達の部屋に入ると、2人部屋で結構広いのですが、トイレとお風呂は共同だったのです。

その部屋は友達とその友達のEさんの部屋でした。Eさんは結構かわいくて、一緒にとまりに来た男友達が彼女のことを狙っていましたが、ずっと前告白したときは、「お友達のままでいたい、恋愛対象にはしたくない」とフラれたようでした。

でも彼は諦めきれないようでした。僕は彼女達はただの遊び友達で、彼女達の紹介でかわいい子をゲットできればいいなと考えていました。

トイレは部屋の近くだったので、見つからないように行くことが出来ました。共同のお風呂はこの部屋の真下ということでした。

僕が窓を開けると、下の窓から湯煙が上がっていて、お湯の匂いがしました。窓の向こうは山です。僕は冗談で、「ここから下に降りたらお風呂覗けるね」というと、「え、ふつうに正面から歩いていけるから、降りなくてもいいんじゃない?」とEさんに笑いながら突っ込まれました。

僕と友達は「そうなんだ」と笑っていましたが、頭の中では今度、覗きに来ようと真面目に考えていました。僕は「一緒にお風呂はいることあるの?」と聞くと、二人は顔を合わせて、「たまに一緒に入るよね」と答えました。「じゃあ、お互いの裸見てるの?」「えー、みてないよ、興味ないしー」と笑っていました。

その日は深夜まで一緒に盛り上がりました。

 数週間後、友達と二人で遊んでいた時のことです。女子寮の話題になりました。「そういえば、あそこ、風呂のぞけるよね。」「そうそう」「今度マジ行こうよ」「うん」

僕は冗談半分でしたが、本気も半分でした。友達はあまり乗り気ではないようでした。僕は友達を乗せようと思い、「お前の好きなEちゃんの入浴も見れるかもしれないよ。Eちゃんのおっぱい、きれいなんだろうな」と言うと、友達は少し乗ってきました。

「Eちゃんの裸か、みたいな~」「いこうよ」「え、まじ?まじでいくの?」「うん、絶対見つからないよ」「まあね」「見つかっても逃げれば良いんだし」「だね、いこうか?」

という話になりました。時間は夕方の7時で土砂降りの雨の日でした。ちょうど良い時間でした。しかも大雨だったの好都合でした。僕の部屋は女子寮まで歩いて20分くらいです。自転車で行くと足がつく可能性があるので、歩いていきました。


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月12日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ