相互リンク先の更新情報!

【初体験】はじめてのB体験【告白体験談】

私が中学生だった時、初めて“B経験”をした時の話です。

当時の私には同級生の彼氏がいました。

名前はアキラ君、少し不良っぽい感じでクラスの中でも目立つ男の子でした。

私たちはいつも一緒に登下校するくらい仲の良いカップルでした。

私たちは時々、下校途中にアキラ君の友達の家に寄って遊んで帰ることがありました。

その友達の家は両親共働きだったので、昼間の間はちょっとした“不良の溜り場”みたいな感じになっていました。

みんな、その家の人がいなくても勝手に入りテレビゲームをしたりタバコを吸ったりしていました。

中にはエッチなことをする時にこの家を利用している子達もいるみたいでした。

私たちも他の人が誰もいない時などはこっそりと隠れるようにキスをしたりしていました。

そんな場所に出入りしている自分が同世代の他の女の子達よりも“ススンデル”気分がしてちょっとした優越感を感じていました。

その日もいつものようにアキラ君とその家に寄ってゲームをしたり漫画を読んだりしていました。

少しするとゲームをやめたアキラ君が私の隣に座ってきました。

その日は私達以外に誰もいなかったので寄り添ったままキスしたり抱き合ったりしました。

普段は素っ気無いアキラ君もこういう雰囲気の時は「オマエが好きだよ」と言ってくれたりするのでとてもドキドキしました。

その時、家の玄関が開く音がして人の入ってくる気配がしました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月16日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【浮気・不倫】奥さんにしてるように激しく…私じゃダメ? 【告白体験談】

嫁がお父さんの入院の関係で2週間実家へ帰っている最中、結ばれてしまった。



きっかけはこうだった。



仕事が終わり家に帰りスーツを脱いで着替えている時、チャイムが鳴りパンツ一丁で出ると、隣の奥さんだった。



俺『こんな格好ですみません。どうかしました?』



奥さん『夕食作ったんですけど、旦那が急遽出張になったので食べませんか。奥さんから実家に帰ると聞いていたので…不自由かと思い…』



俺『いいんですか?喜んで頂きます。』



奥さん『じゃあ着替えたら家に来てください』



何も考えず隣宅へ行った。すると奥さんはエプロン姿で用意をしていた。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年4月11日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【寝取られ】寝ている俺のすぐ横で後輩と妻が【告白体験談】

今から15年以上前だったか、当時バブルの絶頂期で大学卒業を

控えた俺はいくつかの企業に面接に行った。当時は今の就職難など

嘘のように俺のような2流大でも引く手あまただった。本命は某大手

企業だったのだが、何せ一応受けた中小企業の接待攻勢がすさまじく

当時まだ純情だった俺はあえなく陥落してしまった。



入ったのは中くらいの印刷会社。細かい仕事や職人技術に憧れていた

俺は儲けを度外視して面倒な仕事ばかり選んでは毎日深夜まで仕事をした

が、同僚達は殆ど仕事を丸投げして中間マージンをとるだけでボロ儲け

俺は上司からも要領が悪いと言われ少し落ち込んでいた

その俺が唯一楽しみにしていたのが写植屋のA子。元気で笑顔が

かわいいこだった。俺は毎日何かと理由をつけてはその写植屋にいって

彼女と話そうとした



が、仕事で自信を失いかけていた俺はなかなか彼女に告白できない


告白体験談関連タグ

||||

2014年4月10日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】ポニーテールの思い出【告白体験談】

<>492 名前:485[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 06:32:29.31 ID:UcHJ/fI80<>

稚拙で長くて修羅場?ってのも周りが騒いだだけかもしれません。

俺:普通、172cm、ややDQN

リエ:ちっちゃい、色々ちっちゃい、ポニーテール

タカシ:俺友、170cmくらい、基本的に言ったことをすぐ忘れる。

アミ:不思議な家出少女当時16歳、ショートカットの大人びた雰囲気

リエとの出会いは高校だった。

どういうきっかけなのかは忘れてしまったけど、いつの間にか彼女と話すようになっていた。

どうやらリエは虐めにあっていたらしい。

俺と彼女が話していると、後輩が俺にニヤニヤしながら近づいてきた。

後輩「俺さんこんなのと話してて気持ち悪くないっすかww」

俺「え?どういうこと?」

後輩「だってこいつ気持ち悪いっしょww」

俺「どこらへんが?」

後輩「どこらへんがって・・その・・」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】中華料理店【告白体験談】

で、パートを始めて3週間。母親は46才だけど背が低く、貧乳だけど尻と太ももには張りがあるからか皆に若く見られてます。

パート始めて三日目に父と一緒に店に行って食べてきました。その時の母の姿は真っ赤なチャイナドレスで合うのがなかったみたいでサイズが大きくてスリットも気にならなかったけど、脇から貧乳を抑えている白いブラジャーが丸見えでした。

その事を帰宅した母に伝えると、父には内緒にしてねと口止めされてから、ブラジャーは見えないものにするか着けないでと初日に店主から言われてたそうで、実は僕らが行く前までは着けないでいたそうです。

僕らが行くことを知っていたので、その時だけ着けていたそうです。

店は元々暇で客も疎らなので客足を見てもう一人いるパートを帰すことが多く、母は遅いシフトで最後までというパターンが始めから定着していました。

あの服でノーブラでいたら、完璧にテーブルに水や食べ物を置いていく度に脇から乳首まで見えてしまうことを母はきづいていないみたいでした。

母が働きだして一週間が過ぎたあたりに、もう一人のパートが辞めて母は店主と二人でいることが多くなったとぼやいていました。

もう一人が辞めた後すぐに店主は母が使ってるチャイナドレスを仕立てなおしにだして、戻ってきたのを着るように言われて着てみたら、スリットが腰近くまで上がっていて腰まわりはフィットしてるのに脇は開いたままだったそうで、あんなの着てられないから辞めると言っていたのに、今では家でぼやいてるのを聞いてません。

そればかりか、さきほど店を外から見ていたら、店には二人きりでいて笑顔で何か会話をしてて、厨房から店主がでてきて、フロアにいた母を呼び厨房の入口で母を抱き寄せて脇から手を入れながら中に入っていくのをみました。

告白体験談関連タグ

|||

2014年4月8日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【外国人】ロシアの天使が空から落ちてきた 【告白体験談】

僕は、23歳の大学生で、休学していたのでまだ2年生です。

昔から、英語が好きで、休学していたのもアメリカを放浪していたからです。



そのおかげもあって、映画はしゃべるのも含めて、問題ないレベルです。

とは言っても、英語が出来るくらいで就職が有利になる時代でもないので、すでに就職に関しては色々と調べて動いていました。



僕は、自分ではそこそこ整った顔だと思っていますが、いわゆる草食系なので、彼女もこの歳まで作ることが出来ませんでした。とは言っても、それほど強く欲しいと思っているわけではないので、毎日趣味などで楽しく過ごしていました。

趣味と言っても、アニメを見たり、フィギュアスケートを見たりするくらいですが、それで毎日充分楽しいです。





そんなある日、秋葉に買い物に行って、ちょっと外れの方にあるショップに向かう途中、いきなり英語で声をかけられました。

『あなたは、英語しゃべれるのかしら? 本当に、誰もしゃべれないって、信じられない!』

と、かなりイライラした感じで言われました。

振り返ると、ちょっと大きめのコロ付きのバッグを持った、小柄な金髪の白人さんがいました。

どう見てもまだ子供なんですが、恐ろしいほどの美しさで、射抜くような青い目で僕をじっと見つめていました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年4月5日 | 告白体験談カテゴリー:外国人との告白体験談

【浮気・不倫】人妻とやった時のこと(改)【告白体験談】

昔、大学生の頃の話なんだけどバイト先にめちゃめちゃ美人の人妻がいた。

歳は30歳で子持ちなんだけど、顔はガッキーにそっくりで、見る人によっては、美人つうよりかはカワイイって感じるかも。オッパイは貧乳っぽかったけど、スタイルはいいし、何といっても顔が最高!!年齢を感じさせない超美人って感じ?



当時の俺は、体育会系(マイナースポーツだけど)に所属してさわやかに振舞いつつ、陰では大学やバイトで知り合った女を適当に食い散らかしててたけど、まだ人妻と仲良くなった経験はなかった。若い女にばかり目がいってて(その当時の最高年齢は24歳の大学事務職員)、人妻ましてや子供を産んだ女に興味を持ったことなんてなかったけど、ガッキーちゃんは別。



バイトの時は、いつもさわやかに接しながら、『いつか、そのお顔をアヘらせてみてぇ』とか考えてたし、他の女とやってる時もガッキーちゃんのおっぱいはもっと小さいよなとか、満毛は薄いだろうなとか想像しちゃってた。ある意味、純情な恋心って感じ!?





で、その人妻ちゃんとやった時の事。





俺のアパートに遊びに来てもらった時に(普段さわやかに振舞っていたから、他の女と同じでここまでのハードルは低かった)、押し倒してやっちゃったんだが、1回戦目は完全にマグロだった。



でも、その時は、やれた事に感動して特に何にも思わなかった。




告白体験談関連タグ

||||

2014年4月1日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】ウエディングディレクターと【告白体験談】

ある結婚式場を回っていたときに出会ったのがウェディングディレクターの内田恵梨子(30歳)さん。

内田さんはベテランで普通は初め男性のスタッフがついて後から女性プランナーがお客につくそうですが、

内田さんは一番初めか仕事を任せられるくらい仕事ができる人みたいです。

僕はそんなことよりも、内田さんの胸とかお尻に目がいってしまって・・・。

貧乳好きなんですが、まさに微乳っぽい感じの女性でした。

ズボンを穿いていて、さりげなく内田さんのお尻を見るとなかなかお尻は大きいように見えました。

3回くらい説明を受けたのですが、条件が少し合わずに他の式場を回り始めました。

内田さんはすごく真面目で大人しい感じです。

携帯に連絡があって何とか条件を合わせるので来て下さい、と・・・。

「今日の夜、一緒にご飯行ってくれたらいいよ」と返事。

「本当ですか?分かりました。仕事終わったら連絡しますね」

「ガードの甘い女性だなー」と思いましたが、これが好都合。

いろいろと仕事の話を聞いて、いわゆる営業だから数字達成が厳しいのと

同業他社が多くてお客の取り合いになってると言っていました。

「じゃあ、内田さんの所にしようかな、考えるよ」と伝えました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年4月1日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【寝取られ】堕ちたエリート女史【告白体験談】

いい年をして恥ずかしい話だが、俺には長年思い続けている女がいた。

その女は俺が思いを打ち明けられないうちに、他人の女になり、他人の妻になった。

俺は、そんな女をいつまでも思い続けていた、とんだ純情物語だ。



その女、中澤麻里子に出会ったのは入社式だった。もう8年も前になるだろうか。

初めて中澤を目にした時、清楚な美しさが神々しくさえ感じて、思わず見惚れてしまった。

すれ違う度に、長い黒髪から漂うシャンプーの香りにドキドキさせられた。

気が付いた時には、惚れていた。中澤以外の世界中の女が全て陳腐に思えるほど惚れていた。



社内外を通じて中澤の人気は凄まじかった。上司にも人気があったので、出世も早かった。

2年目にして、会社から表彰され金一封を貰っていた。

8年目の現在は、同期の俺はまだ主任なのに、中澤は既に課長補佐だった。

「美人ってだけで出世しやがって」と、同期の間で影口を言う者もいた。俺も酒が入るとよく同調していたものだ。



そんな嫉妬や羨望を受けながらも、毅然と、そして颯爽と仕事をしていた中澤だったが、


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年3月27日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【出会い系】誰でもいいからしたい時 【告白体験談】

誰でもいいからしたい時、出会い系を使う方も多いかとは思いますが

愛活斡旋所で自分もかなりおいしい人妻を食べてこれたので報告します。

23歳若妻OL(子無し)、会う前のメールで何気なく家アポとりつけに成功。

特に若い人妻は落としやすいし誰にも会いたくないという事で家アポ楽勝です♪



俺「甘えるの好き?」

若妻「まあまあかな」

俺「じゃあ二人でまったりしたいね」

若妻「そうね(笑)」

俺「そしたら我慢できなくなるかもよ(笑)」

若妻「なにが?」

俺「いや・・・エッチなこと(笑)」

若妻「ははは・・・私が気に入ったら好きにしていいよ」



なんてきもい会話をして私が気に入ったら好きにしていいよ発言に興奮!


告白体験談関連タグ

||||

2014年3月23日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

このページの先頭へ