相互リンク先の更新情報!

【友達】妻帯者のある男性と過ごしたゴールデンウイーク【告白体験談】

彼は単身赴任をしている43歳です。私は独身で24歳。5日の夕方家族と別れて赴任先に帰ると言って夕方彼と待ち合わせをして3か月ぶりに彼とホテルで過ごしました。3日から5日まで自宅に帰っていましたからそれを思うととても寂しくて、会うなり「奥さんと仲良くしたでしょう?」と意地悪な質問をすると彼は「仕方ないよ。妻だって俺とは3か月振りだから、3日の夜だけエッチした」と。ホテルに入るなり、一緒にシャワーを浴び、お互いの身体を洗いあいました。彼も我慢できなかったみたいで、お風呂の洗い場でエッチしてしまいました。

彼「1回目は口の中に射精したいから飲んでくれる?」と言われ、沢山の白濁液を飲みました。お風呂から上がると彼からのプレゼントが、包装紙を開けるとそこには、五色で赤、黄、緑、黒、パープルのビキニの透け透けパンティーが、そのうち黒はTバックでした。黒のTバックを穿いてみてくれと言われ、穿くと隠れるところはほとんどありません。本当に線だけのよう。陰毛もまる見えでしたし、それを彼は前も後ろも腰の方に引っ張り上げるとあそこに食い込んでしまいました。彼一度射精したのにもうピンピンに勃起して上下に動いてお腹につきそうでした。彼の要求でそのTバックを穿いたまま四つんばにさされ、うしろから挿入されました。

その晩は朝までお互い全裸のままうとうとしたり、目が覚めたらまた愛し合いました。朝になって少し熱めのお風呂に入っていると「幅2cm位でまるで縦筋かと思う位のみ陰毛を残して剃られてしまいました。彼はその陰毛を大事にティッシュに包んで「俺の宝物にすると。それだけではありませんでした。一人住まいですから仕方がないのかも判りませんが、私の全裸写真を写させてくれ。それを見ながらスルからと哀願されてしまいました。都合前からの全身姿、後ろからの全身姿、あおむけに寝て両足をM字に開いた股間の部分、よつんばになったお尻の全身、と4枚撮られました。撮った後二人で見ました。すごく恥ずかしいんですが彼とても喜んでいました。代わりにと私が手でしごいて勃起したあそこの写真を撮り単身赴任先からメールで私のPCに送ってくれるので、PCの背景にしてくれと言われました。正直、彼とお付き合いをするようになって、彼のことを思いながらオナニーをする頻度も多くなっています。彼とは結婚など出来ませんが、家族の人には悪いと思っていますが、

これから先もこの関係を続けて行きたいと思っています。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月3日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】私の妻【告白体験談】

私たち夫婦(私36妻35子供あり 夏休みなので実家へお泊り)と私の会社の同僚夫婦(夫39妻35仮名「けいこ」子供あり)で今年の夏に海にキャンプに行った時の体験談です。

同僚の小型ボートで孤島へ向かいバーベキューをしたりシュノーケリングをしたりその他・・・色々楽しんできました。

私の妻は少しポッチャリ体系で巨乳。オレンジのビキニを着ています。

見た目は年相好でおばちゃんですが、あどけなさが残っていて大ハシャギで遊んでいます。

同僚の妻は身長は普通ですが、細身で髪が長く胸は少し小さめと言った感じ。

花柄のビキニで妻と同じくハシャイでいます。

お昼も過ぎたとこでバーベキューが始まり、マッタリとジーマとカクテルチューハイで乾杯です。

天候もよく昼からアルコールを入れればよい気分になること間違いなしです。

四人とも気分良く酔い始め話も盛り上がり宴会気分です。

この日は一泊二日のキャンプなので気兼ねなく飲めます。

テーブルを四人で囲み飲んでいたのですが、ふと同僚の妻「けいこさん」の胸元を見てみると、ビキニの胸元が少し浮き上がり少し小さめの胸が丸見えになっています。しかも至近距離なので、乳首もハッキリ見えます。色は小豆色で乳首は寒さのせいか尖がっています。みんなには気づかれないようにチラ見していましたが、良く見ると乳輪の毛穴のブツブツも少し浮いてよく見えます。

昼間から酒で気持ちが良いのと、けいこさんの胸も拝ませてもらって最高でした。

俺からしばらく飲み続け、最後に海に入ろうと妻を誘って浅瀬でチャプチャプしていると、妻が「さっきあなたけいこちゃんの胸元ばっかり見てたでしょう」と指摘をうけました。

私は「実はビキニが浮いてて乳首が見えてたんよ」と話すと「ヤラシイわね」

「実は今も思い出すと起ってくるよ」と妻に言うと軽く触って確認してきます。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年8月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】マッサージ師【告白体験談】

ここに来る皆さんはH画像を見た事があると思います。そういった中でもいろいろな体位で挿入している画像もあったと思います。バックや騎乗位などの中で私は正常位が一番興奮します。男が女の両足の間に入り、その男の腰が女の恥ずかしい部分に密着し、女のふとももが男をはさんであえいでいるのを見るのが好きです。一種のフェチなんでしょうか。特にあえいでいる女性を妻に置き換えてみて想像するのがもっとも興奮しています。しかし、過去に私も一度、妻とのSEXの最中にカメラを使おうとして強烈に拒絶され、それ以来もんもんと過ごし、オナニーで静める毎日が続いていました。

どうしても、妻のSEXしている姿を見てみたい。それも正常位であえいでいる姿を撮影したい。その欲望は日に日に高まるばかりでした。そんな欲求が高まるにつれ、SEXしている相手は自分でなくてもよくなってきてしまいました。そんなもんもんとした日常を過ごしている中で、ある事を思いつきました。それはインターネットで女性専用性感マッサージのサイトを見たのが始まりでした。

妻にそれをやらせてみたい、そして、SEXまでもと、そういった思いが日に日に募っていきました。しかし、妻にどうやって、本当の事を言うと 絶対拒否するだろう、そこで妻には悪いがだましてやって見ようと思い、それを実際に実行した経験です。

幸い地方都市に住んでいるので、妻に、たまには都会のホテルに行って旅行でもしないかと前々から吹き込んでいきました。実際、妻が行く気になってきたところで、子供を祖父母たちに預け、自分達だけで旅行の計画を立てました。前もってマッサージ師の方には連絡をとっておき、妻が不感症でと告げ、この事、性感マッサージである事は知らない事も告げました。マッサージ師の方は全て了解してもらい、妻には、有名ホテルを予約しておくよと言い安心させて置きましたが、実際は、予約などしなかったのです。そして、旅行の日がきて、私達夫婦は旅立ちました。見た事も無いビルと人込みの中を観光し、妻は疲れていきました。そしてホテルへと向かう段階で、妻に予約していなかったと告げました。妻は怒っていましたが、もう帰るには遅い時間のため、急遽泊まる所を捜さなければならないと言いました。そして、あらかじめ目星を付けておいたシティーホテル(ラブホテルの上級版)にチェックインしました。

実際、シティーホテルはこぎれいで、そんなにギラギラした感じがなく、妻もいい感じねとまんざらでも無い様子でした。ホテルから食事も取れる様で、そんな所も気に入った様子でした。しかし、やることはやるホテルなので、そういった装備はちゃんとあっておもちゃの自動販売機などがおいてあるところが普通のホテルと違うところなんです。

妻に、『今日はごめんね、予約されていなくて』とわびつつ『疲れたろうと足を揉み始めました。』そして、おもむろに『このホテルはマッサージのサービスがあるみたいだよ』なにげに言いました。『俺も疲れたし、呼んで見ようか』と言うと、『えーっ、高いんじゃないの』と言いますがダメとは言ってません。そこで、『じゃー呼んでみるね』と電話機をとり、フロントに電話しました。そこは、あらかじめマッサージ師の方が良く使うホテルなので全てわかっており、そのマッサージ師の方に連絡を取ってもらいました。妻には『ちょっとしたら来るそうだよ』と言い『先にシャワーでも浴びたら』と促してシャワーを浴びに行かせました。

しばらくするとそのマッサージ師がやってきました。扉をノックする音が聞こえ、私が対応に出ると中年の男の人が立っていました。柔らかな物腰で、私が今日の目的を告げました。性感マッサージをやるのですが、夫婦での利用もあるそうで、夫婦の刺激として奥さんをマッサージした後旦那さんがSEXに入るそうです。女性単独の場合は、性感マッサージで高めてから、バイブでいかせたりしているそうなのですが、私は、妻のSEXしている姿を見てみたいと言う欲望があったので、よければそのままやってしまってもかまいませんと告げました。

妻が、シャワーから出てくるとすでにマッサージ師の方が私を揉んでいる形にして、後は、妻と交代という手筈を付けました。そこでおもむろに妻に『気持ちいいからやってもらったら』と言いました。妻は疑いもせずにベットに横になりました。そして、自分はシャワーを浴びるねといい部屋から出ました。

シャワーを浴び、そして、シャワーを出したままにして、妻とマッサージ師と妻がいる部屋をそっと覗きに行きました。既に妻は、マッサージ師のテクにはまり、すでにうつ伏せの状態でパンティーだけになっていました。急いで、デジカメを取り出しストロボと音が出ない様にセットしました。クルッと仰向けにされた妻の顔は上気していて息が上がっているようです。マッサージ師は、妻の乳房を何か言いながらもみしだいていました。指を乳首に触れるかどうかという感じいじっています。『あっ、うっ』と妻はこらえきれない声を漏らしています。ふとももの方に移動すると足を広げさせ、つつっと内側を優しく触っています。妻は、足を閉じようとしていますが、間にマッサージ師がいて閉じる事が出来ません。再び、妻をうつ伏せにして、〔奥さん腰をもみますので〕といいパンティーに手をかけると、なんと妻は、自ら腰を浮かして、パンティーを脱がす手伝いをしました。

ぐっぐっと妻のお尻を揉んでいるとクチャクチャと言う音が聞こえます。足を広げさせてその間に入り、ふとももから撫ぜるようにアナル付近までいくと、妻は『ああっ』思わず声を上げました。妻に感づかれない様に後ろからそっと覗くと、マッサージ師の手は妻の陰毛をかき分けていて、もう一つの手は、アナルをいじっていました。そんな様子を見て、腰に巻いたバスタオルの下の物が勃起し始めました。

〔奥さん今度は前をやりますので〕といい、妻を仰向けにしました。そして脇においてあったローションを手に取り、妻の体に塗り付けて行きます。ローションが光を反射して、妻の体が嫌らしく光っています。ぬるぬると乳房を揉み、そのたびに妻は『うっうっ』とあえいでいます。マッサージ師の手が下に行くに従い、妻の足はひとりでに開いていきました。既にそこの部分はローションでは無い別の液体があふれているのが見えました。マッサージ師の方が〔暑いので私も脱いでいいですか〕と言うと、妻はウンとうなづき、再び目をつぶって余韻に浸っています。

シャツとズボンを脱いでトランクスだけになった後、私から見えなかったのですが妻の両足の間に入り、手をゴソゴソと動かしている様子が見えます。既にそこに指を挿入している様で、クチャクチャと音が聞こえます。腕が動くたびに妻が『あっあっ』とあえぎ、シーツをつかんでいます。妻の気分が高まったと思われる頃、〔奥さんどうしますか〕ささやきました。そして、妻の手を握ってトランクスに当てました。妻は、トランクスの上からマッサージ師の物を握り、さすり始めました。トランクスの脇から手を入れさせると宝物を見つけたかの様な激しい動きがトランクスの上からもわかりました。

その様子をデジカメで撮影しながら、そっと妻に近づいてキスをしました。妻はすぐに吸いついてきて、目を開けました。目の前に私がいるのをみて、手を離そうとしたのを私が押しとどめ、『気持ちよかったんだろ』と言うとウンとうなづいています。『このまま続けてもらおうか』というと恥ずかしいそうに目をつぶりました。私が、『お願いします』と言うとマッサージ師の方は妻のあそこのひだをかき分けクリをむきました。『ひぃー』と言う絶叫が聞こえ、腰を突き出しました。あそこはすでに大洪水で、シーツはベトベトになっています。妻に『どうする、欲しいのか』というとウンというので、『じゃー入れてもらいなさい、その前に脱いでもらうから手伝って上げなさい』と言い妻を起こしました。マッサージ師の物はトランクス中で勃起していて、それを妻が急いで脱がしていますが、引っかかってなかなか脱げ無かったのですが、どうにか脱がすとそこにはいきり立った物が明るい所に露出されました。再び妻は仰向けになると足をくの字に曲げ開脚しました。

〔よろしいんですか、ご主人〕というので、うんとうなづきました。ゴムを装着すると妻のふとももの間にはいり、いきり立った物を陰毛になすり付けています。妻はたまらなくなったのか、手でその物を握って、自分のあそこの穴に導き入れてしまいました。ぐぐっとマッサージ師の体が妻の上に覆いかぶさると『あっあぁー』となんとも言えないかわいい声が出ました。すかさず私はそのシーンをデジカメに激写しました。ぐっぐっと抽送を繰り返すとそのたびにグチュグチュと言う音と、妻のあえぎ声が聞こえます。大きな男の体に押しつぶされそうになりながら、妻の長い足は、マッサージ師の腰をがっちりと押さえ込んでいます。妻の乳房は、その男の胸に揉まれ、乳首どおしがこすれあっているのが見えました。相変わらずデジカメで撮影していたのですが、そんな様子を見て、たまらなくなり、腰に巻いていたバスタオルをとり、勃起した自分のものを激しくこすってオナニーをしてしまいました。前から見ると男の陰毛と妻の陰毛が絡み合っていて、その奥は見えません。

しかし、確実に妻のあそこに、男の物が刺さっています。後ろに廻ると妻の愛液でベトベトの男の物が妻の穴に出たり入ったりしています。片手で撮影しつつ、もう一方の手でオナニーをしました。妻が男の背中に手を回しキスをねだってくると、私の事など気にならないかのようにジュバジュバと音を立ててデープキスを始めました。そういうシーンも撮影しながらオナニーをしていると限界が近づいてきました。しごきながらキスをしている妻の顔に自分の物を近づけていくとマッサージ師の方は妻の顔から離れました。妻は私の物を口に含んで吸い立ててきます。マッサージ師は腰に廻っている妻の足を持ち、高くかかげ、抱え込んで激しく腰を打ち込んできます。パンパンという音が聞こえ、そのたびに妻は、私の物を含みながら『うっうっ』と言っています。あっと言う感じで妻の口に大量の精液を放出してしまいました。男の抽送に合わせて揺さぶられている妻は私の物を飲んでいます。激しく男に突かれながら、私の物を飲んでくれる妻がいとおしく思えてきました。しばらくするとそちらの方も限界が近づいてきたようで、抱え込んでいる足を再び広げると腰をいっそう奥に差し込んできました。妻は、その男の腰に再び足を巻き付けて腰を引かせないようにしています。その時、男が奥に突きたてると〔うっ〕といい、逝ったのがわかりました。妻は、その男の腰をふとももで何度かはさむ様にしています。まるで精液を搾り取っているようです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年8月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【浮気・不倫】美人なエロい人妻を寝取った 【告白体験談】

半年ぐらい前に、ある掲示板で知り合った人妻に出会いました。



年齢が28歳とか書いてあって、人妻とは書いてありませんでした。



だからメールしたのに、途中で・・・



「実は35歳で既婚者です」



とか言い出しました。



でもその前に送られてきた写メがマジで美人だったんで、別にイイよって流したんです。

今まで5年ぐらい掲示板使ってますが、この写メはTOP5に入るぐらいの美人さん。



これは確実にモノにしないと!と、マメにメールしてご機嫌取りに励みました。




告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月1日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【友達】暑いですね。【告白体験談】

この間の連休の出来事

マンションの管理人でもないのに、駐車場の草むしりしてるおばちゃんがいたので、

あやしんで、「暑いですね。」と声をかけると下の階の住人でした。

普段顔を合わしたことのない人だったので、面識がなく挨拶して初めて互いに住人同士だと気が付いた。

「大丈夫ですか?日差しも強いですし・・・」

『うち、二階なんで蚊が飛んでくるんですよ~ ここボサボサでしょう?』

とか話してるとを手を止めて「あ~~あつい・・・今日はもう無理ね」と鎌と草の入ったバケツを片付け始めたので、捨てるの手伝いますよと一緒にゴミ集積所へ向かった。

これがきっかけで今まで顔を合わせなかったのに、ちょくちょく挨拶をするようになった。

先日の連休中のこと、妻は帰省しててブラブラとコンビニへいった帰りにエントランスでおばちゃんにあった。

「こんにちは、どうしたんですか?」

『鍵をどこかへ置いてきたみたいで・・・どうしましょう』

聞けば、家族の誰かが帰ってこないとうちへ入れないということで困っていた。

携帯で連絡してが、すぐには家へ入れなさそうだ。

「あの~ よかったらうちでしばらくお茶でもしませんか?今、誰もいませんし・・・」

そう声をかけると、少し迷ってたので、「ここ暑いですし、誰か帰って来るまで涼んでいってくださいよ」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月1日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】絵里と千春【告白体験談】

<>613:ゆうじ◆z8el8ktDqJu4:2012/10/10(水)20:29:52.81ID:i1rLd6In0<>

彼女・妻を他の男に抱かせて、雑談・議論隔離スレから来ました。

投稿は初めてなのでお手柔らかに。 まとめ下手だから無駄に文章

長いのも許して欲しい。





<>614:ゆうじ◆z8el8ktDqJu4:2012/10/10(水)20:31:02.65ID:i1rLd6In0<>

最初はやっぱりスペックから?





俺 ゆうじ 当時25歳 166センチ中肉中背。ちょっと背が低い。

大きな特徴なし。眼鏡かけてるせいか、のび太君とたまに言われる。

バイク好き。



絵里 当時22歳 160センチくらい。ちっぱいでややお尻がでかい。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年7月31日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【浮気・不倫】掲示板で都内住すみのエロい人妻見つけたw 【告白体験談】

まいは、都内に住む人妻。といっても、まだ22歳。若妻だった。

高校を卒業してスグ、18歳で結婚。すぐに子供が生まれ、保育園に預けながら

某洋服販売店でバイトしていたらしい。



18歳で結婚したけど、決してすれてるわけではなく、それと正反対のマジメな純

朴な子。街中でキャッチセールスに捕まると、延々と話を聞いてしまうのだそうで、

他人を疑うことを知らないらしい。



目鼻立ちははっきりしていて、美少女という印象で、はじめて見たときはラッキー

と思った。10代に見えるから、この美少女という表現が一番しっくりくる。



まいは、チャットはおろか、こういう出会い系自体はじめての体験だったそうだ。

確かに純情そうだし、世間知らずな印象だ。彼女はチャットで会う約束をして

落ちてから、“会う”ということがどういう意味か考えて愕然としたそうだ。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月31日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【近親相姦】夏は妹も大胆にする! 【告白体験談】

もと:=



去年は梅雨明けが早くて夏休み前なのに気分はスッカリ夏休みだった妹…高校2年の17歳は、この夏こそは彼氏作るぞっ!と、意気込んでいた。

なのに夏休み最初の週末、俺に海へ連れて行けと駄々をこるね…

余りにもうるさいから連れて行った。ま、俺も彼女居ないからやれそうな娘が居たらって軽い気持ちで出掛けた…

が、見事にカラ振り…(苦笑)

妹も一日粘ったが誰にも誘われなかったと悔しがっていた…(笑)

車で出掛けた俺達は帰りの渋滞にハマり腹も減ったので通り掛かったファミレスに入ろうとしたが、ここも混雑…

仕方ないのでコンビニで適当に食糧を買って車の中で渋滞が解消するまで待とうと思ったのだが、妹が「あ〜早くシャワー浴びたいよ〜」「ベッドで手足おもいっきり伸ばしたいよ〜」etc...

と、うるさいので「我慢しろ!」と一喝したが「出来ないっ!」とキッパリ…

「じゃあどうすれば良いんだよっ!?」と聞くと「確かもう少し行った所にホテル有ったじゃん?」と言うので「ん?ホテルって…ラブホじゃね?」と言うと「そうだよ」「まさかそこに行こうって言うのか?」と少し驚いて聞くと「うんっ!♪」と何の迷いも無い良い返事をして下さる…(苦笑)

「ねぇーねぇー、行こうよ〜行こうよ〜シャワー浴びたいよぉ〜」とマジうるさいから行く事にした。

渋滞の列に再び合流して、15分程…何軒か並ぶホテルの中から適当に選んで空いているのを確認して入った。

「へぇ〜中々綺麗で広いホテルだね」と、初めて来た風な発言じゃ無かったので「マナ(真奈美)初めてじゃ無いのか?」と聞くと「そりゃ〜私だって未経験じゃないですから(笑)」と…

まぁ高校2年にもなれば経験済みでもおかしく無いなとは思うが、何でかスッキリしない気持ちは嫉妬心なのだろうか?


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月30日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

【学校】タオルバリアー【告白体験談】

うちの小学校も、水泳の授業で男女一緒に着替えてたなあ。

ただ、女子はちょっと変わったやり方だったけど。



男子は普通に着替える。さすが高学年になると、たいてい腰にタオル巻くけど。

もっとも、中には水泳の着替えになるとテンションが上がるらしく、

全裸になって「フルフルチンチン♪フルチンチン♪」とか歌いながら

教室内を走り回るアホもいた。当然、女子は「きゃあああ!」「ヘンタ〜イ!」。

ま、悲鳴を上げながら、しっかり観察してやがったりするんだけどな。







その女子だが、俺たちが「タオルバリアー」と呼んでた方法を愛用してた。



水泳のときって、体を拭くための大きなタオルを持ってくるよな。

着替えになると、女子の仲良しグループ5〜6人が教室の隅に集まり、


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月30日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【友達】歌舞伎町での青春時代⑦【告白体験談】

歌舞伎町での青春時代⑦

長編の息抜きにちょっと書かせてもらいます

大学3年生のころ

E先輩も卒業してしまった大学で

寂しさ全開だった僕は

同級生に告白して手痛く振られました

まぁ正直、そんなに好きなわけでもなく

単純にE先輩の代わりを探していたのかも知れない

それでもフラれた事には多少傷つき

少しの間、落ち込んでいた

落ち込んでいても歌舞伎町でのアルバイトは欠かさなかった

バイト中はお客さんの雰囲気を壊さぬよう

明るくするように努めていましたが

いつも一緒にいる人達なのですぐに気づいたようです

まぁふとした時に(‘A)こんな顔してたから


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月30日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ