相互リンク先の更新情報!

【学校】CFNM体験~水泳の補習授業で女子が見ているのにフルチンで体操をさせられた 【告白体験談】

私が高校1年生のときに体験した話です。





勉強があまり得意ではなかった私は、偏差値の低い田舎の高校に通っていました。

入学前は、不良しかいない学校だと周りから聞かされていたので、まともな高校生活を送れるか不安でした。

しかし、私が入学する数年前から、入学試験に面接を取り入れて不良の入学を防いだり、校則の強化や厳しい指導により、不良が自主退学するなどして、校内風紀が改善されたようで、むしろ中学時代よりも平和だと思うくらいでした。





夏になり、体育の授業で水泳が始まりました。

1学年が2クラスの小規模な高校なので、水泳は男女混合、2クラス合同で行います。

中学時代、水泳は男女別で女子のスクール水着姿をほとんど見られなかったこともあり、最初の授業の前日は、やっと女子の水着姿が見られると思うと興奮してなかなか寝付けませんでした。





しかし、いざ授業が始まってみると、グラウンド横の屋外プールに、男子のほとんど全員が水着を着て整列する中、なんと水着を着た女子の姿は7、8名で、残りは制服を着たまま見学していたのです。

1クラスに40名、その約半数が女子なので、約8割の女子が授業を休んだことになります。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年12月14日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【寝取られ】社長が嫁との子供が欲しいらしい 2 【告白体験談】

前コピペの続き













678:25◆W5wNclw7ro:2012/09/30(日)16:17:15.34

気持ちを落ち着けさせようと大変でした。

社長から話を聞いた後も1人で1時間ほどマックで想像を繰り返してましたし。







金曜に社長の会社に訪問に行きました。その場では嫁のことが話題に出ることもなく。

仕事をしている時はお互い真剣で。。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月6日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【露出】経験浅いヌードモデル 【告白体験談】

私にはコンプレックスがある。

それは物凄く絵が下手だということだ。



そのことを知っている知人(断じて友人ではない)が

銀座にある某アートスクールに「一緒に通わないか」と薦めてきた。



彼女の頭の中を分析すると

『●●にはIQでも美貌でも敵わない。けど、絵だけは楽勝!散々小馬鹿にしてやれるわw』

恐らくこんな感じだったはずだ。



無論、お断りするという選択肢もあった。

しかし、たかが絵を描くくらいのことで、逃げたと思われるのは癪だ。

たまには彼女に良い目を見せてあげるのも、また一興、

そう考えて笑顔でOKした。




告白体験談関連タグ

|||

2014年11月3日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

【人妻・熟女】俺の誕生日に妻を剃毛【告白体験談】

俺が25歳妻28歳で結婚した。結婚して半年ほどして俺の26歳の誕生日、その日は平日で会社から帰るといつもになく夕食が豪華だった。ところが俺はその日が自分の誕生日であることをすっかり忘れていた。妻もなにも言わない。夕食を済ませ、風呂に入っていると妻が入って来た。新婚とは言え、一緒に風呂に入るのは初めてだった。俺はいつもになく興奮した。身体は正直で俺のペニスはあっというまに勃起した。妻は身体を洗ってあげると背中から洗い始め、終わるとこっちを向いてと対面状態になった。妻は俺の前にしゃがむと片手でペニスを握り一杯のソープをつけ洗ってくれた。終わると「サービスしてあげる」と俺のペニスを咥えてくれた。俺は黙って上から妻のフェラを気持ちよくなりながら見ていた。そして、彼女は「して・・」と言って

壁に両手を付け、お尻を突きだした。いきり立っていた俺はペニスをあてがうとずぶりと根元まで挿入した。そして射精。

先にお風呂から上がった俺は居間でビールを飲んでいた。なんと妻は全裸のまま居間に入って来て、「今日は貴方の誕生日よ。

お祝いに私の身体を好きなようにして・・・」と言って俺の穿いているパジャマの上からペニスを握った。俺はその場で全裸になって、妻を長椅子に寝かせまんぐり返しにして妻のあそこを舐めた。いつも思っていたことだけどあそこを舐める時妻の陰毛が口に入り邪魔になっていることを思い、「よし、今日はお前の陰毛をきれいに剃ってあげる」と言って、風呂場に行き、T字剃刀とお湯と、シェービングクリームを持って来て妻を仰向けに寝かせた。妻は黙って脚を開き、上に持ち上げた。かなり時間はかかったけどツルツルに剃りあがった。其の後濡れたタオルで拭いた後、再度そこを長い時間かけてなめてやった。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年10月5日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 3 【告白体験談】

21



「じゃあ果歩、バイト頑張ってね。」



「うん、じゃねぇ知子ちゃん。」



大学を終えた果歩は知子と別れて、アルバイト先のトミタスポーツへ向かった。



トミタスポーツの仕事にも慣れてきた今日この頃。



いや、慣れるというか、トミタスポーツでの仕事は今のところ受付だけで、高い時給のわりに楽な仕事。



高い時給はもちろん嬉しかった果歩だが、遣り甲斐(やりがい)という面では若干物足りなさを感じていた。






告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年10月3日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】売られていた妻【告白体験談】

売られていた妻

40歳になる妻の話です。

私は単身赴任中の43歳会社員です。妻とは同じ大学の部活で知合ったことがきっかけで卒業後も交際し結婚にいたりました。

私は、勤務地から自宅までそんなに遠くないこともあって、仕事が比較的暇な週末を利用して月に1~2度家に帰るといった生活がもう2年くらい続いています。夫婦生活のほうもうまくいっています。ただ、一年くらい前妻が私に内緒で借金をしていた時期がありました。そのことに気付いた私が他の預金を切り崩しなんとか返済しましたが、妻の話によると最初は生活費の不足分を少しずつ借りているうちに金額が大きくなってしまい、言い出せなかったと・・

妻はまじめな女で私の知る限りでは、私以外には男性を知らないはずです、見た目は比較的男好きするタイプだと思います。

本題に入ります。半年程前、私にとって衝撃の出来事がありました。

ネットで風俗店のサイトを見ていたところ私たちが住む隣の県のデリヘル風俗嬢を紹介するページを眺めていたのですが、その中に顔を右手で隠しブラとパンティーだけでソファーに座る女性を見つけました。

顔にはかなりきついモザイクがかけてあり識別はできません、ただその風俗嬢は体型以外に雰囲気というか感じがとても妻に似た女性だったのです。見れば見るほど髪型にしても腕の日焼け具合を見る限りは妻のようにも思えるのです。じっと画像の嬢だけを眺めていました。

この嬢が妻だとしたら・・・あってはならないことだし、妻を疑うことも・・・ましてやそんな妄想をしてしまう自分自身を不思議に感じました。

それでも色々なことが頭を過ぎります。

以前の借金の時に・・・実は返済は済んでいなかったのか・・・だから私にも言えず・・・知られずにお金を稼ぐことを考えて・・・風俗に・・・いや、私は写真の風俗嬢が着けている下着に見覚えなんかないし・・・でもぼんやり見える髪型が以前の妻と似ているような・・最近髪型を変えた理由はこの画像のため・・・でも紹介欄の年齢は30歳になっている、いくら風俗でも10歳以上も偽らないだろう・・・デリヘルなら隣の県へのデリバリーなんて非効率なことはしないだろう・・・妻が人前で下着姿の写真なんか撮らせるはずがない・・まして、初対面の男に体を使ったサービスなんて・・・そんなことができるはずがない・・・そんなことを考えながら、少し興奮している自分に驚きました。

完全に風俗嬢として働く妻を想像してしまっていたのです。こんなシーンです。お客からお金をもらう妻、お客に抱き寄せられる妻、お客と唇を重ね乳房を鷲摑みされる妻、お客の股間を愛おしそうに洗う妻、股間に顔をうずめる妻、股を広げられ指で掻き回される妻、お客の愛撫で声をあげる妻、口いっぱいに射精を受ける妻、お客にお礼を言って次の指名をねだる妻、そしてまた違うお客の元に運ばれる妻、60分12,000円で買われる妻・・・

この風俗嬢が妻じゃないほうがいいに決まっている。

しかし、この嬢は妻かもしれない・・・私自身勃起していたのです。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】真夏の夜【告白体験談】

午後十時三分

七月二十五日土曜日 暑い一日だった。

それでも午後十時ともなると、田んぼに囲まれた田舎の家は、涼しい風が窓から部屋に舞い込んでくる。

寝室は、街灯で薄明かりとなっている。

その薄明かりの中に熟した女の色艶い三十八歳の肢体が浮ぶ。

薄く透けて見える夏の浴衣姿で横たわる妻の寝姿に、僕の欲情が芽生えた。

「ねぇ、したい…!」

「またぁ…?、今夜はおとなしく寝たら…」

「でも、おさまらないよ…」

「………」

さりげなく妻の躯により添うと、妻は抵抗もなくじっとしている。

今夜も受け入れる用意が出来ているようだ。

僕は、妻の浴衣の裾を拡げ、太腿を擦りながら、パンティの上から膨らみの丘を愛撫し続けた。妻は次第に腰を慎ましやかに捩ってくる。

妻が感じはじめたと知った僕は、パンティの中に手を忍び込ませた。

恥丘の上に手をのせ、揉みながら陰毛を手繰り分けて指を更に下げていくと、そこはもう、濡れていた。妻はもどかしさを感じたのか次第に太腿を絞り込み捩っている。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年9月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】美和子物語 竹下さんの自動車 二人の女性が競り合って・・・【告白体験談】

美和子物語 竹下さんの自動車 二人の女性が競り合って・・・

美和子の自宅は岡山駅の近くです。

自宅の隣接地に町内会が管理する駐車場が有ります。

自宅へは市道から共有地の私道を経て出入りします。数ヶ月前ですが所属するボランテア団体の事務局職員のお方から不名誉な噂話が耳に入りました。

隣家の老夫婦がニュースの発信元だと分かりました。美和子の家の裏庭では野菜畑や果樹が数本有ります。

父が健在時には手入れをしていましたが父母が亡くなってからは耕作しないで隣家のご夫婦にお貸ししていました。竹下さんは週末にお越しになっていましたから、事前に彼の自動車が駐車できるように共有の私道をあけて居ました。

そのときは、美和子の赤いHONNDAは町内会の駐車場へ移動していました。隣家の老人夫妻は竹下さんが来宅の事はご存じないと思っていましたら・・・。

週末に美和子さんのボーイフレンドが来られる時にはご自分の車を駐車場へ移動して来客用に私道をあけておられる・・・。

との事でした。週末にはボーイフレンドがお泊まりになっている。

早朝にお帰りになることも有るが、お昼頃までおられる事も多いと・・・。

玄関横の潜り戸を通れば畑へ行けるので隣人が自由に利用されていました。

常識的な老人夫妻でしたから他人の事を詮索されるなんて予想もしませんでした。

畑で野菜類が収穫出来れば半分は頂いて居ましたから・・

夜に仲良し会をして、朝からも交わるのが常でした。

美和子が騎乗位になって、激しく燃えているときには通路にお声が漏れていたみたいでした・・・。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻とKさん【告白体験談】

初めて投稿します。

長文ですが妻の性の変貌をお話します。

私夫38歳、妻35歳、子供一人。

妻とのSEXは月に1、2回程度です。

私の竿は一般男性に比較できない程短く、小学生位の長さです。

平常時で3、4cm、勃起時でも7、8cm程度と短く、細く太さも約3cm、しかも包茎です。

妻も、私の竿では満足できず、イッた事がありません。

妻に聞くと、正直入っているだけと言っていました。

結婚する前は5人程男性経験があるそうです。

いままで付き合ったい私以外の男性は、全てズル剥けで、大きかったと言っていました。

以前、私が職を失い、生活の費を稼ぐため妻が仕事に出ることになりました。

仕事は自治会の紹介で近所の老人(60歳~75歳位)の方の世話でした。

世話と言っても、雑談などですが・・・

仕事を初めて数日後、Kさん(65)さんに、お金が必要なのと言われたそうです。

Kさんは、以前土方をしており、身長180cmで体格もガッチリしている方です。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 一話【告白体験談】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。

 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。

 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」

 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。

 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。

「ええと、どこかで会ったっけ?」

 晃が問うと、女主人は目を丸くした。

「何言うんだい、お前さん」

 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。

「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」

「おそらくは」

 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。

「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」

 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。

 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ