相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】元妻が奴隷状態にされています 【告白体験談】

別れた妻の現状です。



広めの和室?布団の上で横臥位で後ろから出し入れされてる

ガキはひょろいがアレはかなりデカい

ミキは乳またデカくなってる

垂れてなくパンパンに張り詰めて母乳噴き出してる

腹は妊娠5?6ヶ月くらい?

腹、乳、尻以外引き締まってる

筋肉みえるから摂生と運動してんだな

肌ツヤツヤの真っ白

髪は黒

わきの下舐められて絶叫しながら悶絶してる

顔は日本手拭いで隠してる

ガキ「ミキは俺のちんぽ好きなんだよな?」

ミキ「いぐぅから舐めないでわきやだあいぐぅいったから溶けてるからやめて」泣きじゃくりながら悶絶


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年9月5日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】二番でも良いと言って結婚した嫁と5 【告白体験談】

大学生の頃、他の男のことが好きだった麻衣に、しつこくアタックし続けて、なんとか付き合い始める事が出来た。

ただ、麻衣はその時僕に、”ずっと元カレの事が忘れられない。あっくんはずっと二番だけど良いの?”というような事を言ってきた。

必死だった僕はOKして、絶対にいつか一番になってみせると宣言した。



そして結婚して、最近ではそろそろ子供でも……そう思っていた。麻衣も元カレの先輩の事はすっかり忘れたようで、僕も気にしなくなっていた。



幸せな生活……これがずっと続くものだと思っていた矢先、先輩に偶然再会してしまった。





そして、あっという間に巻き戻されてしまった麻衣の気持ち……やっぱり消えていなかった先輩への想い……。

でも、絶望的な状況だと思っていたが、麻衣の僕への愛は、僕が想像していたよりも大きかった。







目の前にある、とろけた麻衣の顔。目はトロンとして、口はだらしなく半開きになっている。そして、僕に抱きつき、


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月5日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【浮気・不倫】エロい体の人妻ゲット 【告白体験談】

32才人妻と土曜日に会った。写メは交換済みなのでルックス・体型は問題無さそうなのだが



昨日のメールで私のアソコ、ビラビラが大きいんだけど大丈夫?



と聞いてきた・・大丈夫だと返信したが、どんだけ大きいのだろうか。



見た目は清楚そうなんだけどな・・待ち合わせ場所へ車で向かうと、



ジーパンにダウンジャケの女。顔を確認すると写メ通りだったので声をかけた。



 実物は色白の清楚そうな感じでイメージ通り。例えると、永作博美みたいな感じか・・



しばらく車内で話をしていたが、「子供がいるからあまり時間がないの」という事で早速ラブホへ。



着くなりベロチューをしてきたのでフル勃起した俺はそのまま押し倒し服を脱がせた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年9月4日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【友達】藍子【告白体験談】

憧れの藍子20歳が家に遊びに来た。ドアを開けるといつも通り可愛く、お洒落だった。フリフリのミニと綺麗な生脚にドキッとした。DVD見たり夕飯作って食べたりした後、飲みながらマッタリしてた。不意に藍子が後ろにあるバッグを取ろうとお尻を突き出した状態になった時、ミニスカから赤いショーツが見えた。そのことを言うと笑いながら俺を叩いてきた。ふざけて俺もスカートをめくったり抱き着いたりした。酔いもあり段々我慢できなくなり藍子にキスをした。びっくりしてるみたいだったが、俺は更に胸を揉み始める。柔らかい!抵抗されないので、直に触りたくなりシャツを脱がす。赤いレースのブラをずらすと、揉みがいのある白い乳房とピンク色の乳首があらわになる。乳房を両手で揉みつつ下で乳首を舐めると、藍子の口から息が漏れる。上半身を丹念に愛撫する。一応、藍子に断りを入れるが、藍子もその気になってるみたいだ。綺麗な脚を舐めつつ丸見えになった赤いショーツのもとへ。既にマンコの部分はショーツの上からも濡れてるのが分かる。指でクリを撫でると、喘ぎ声が出始める。直にクリを撫でてると、藍子が「イキそう…」と囁いたので、乳首を舐めつつクリを撫で回した。藍子は「イ…イク…」としがみついてきた。ここで俺はオモチャを使っていいか聞くと、「痛くしないでね」と言うので電マを取り出した。振動を弱めにしてクリにあてると、大きな喘ぎ声をあげながら震え出す。それを見て振動を強くすると藍子は「いっちゃうよ〜いく、いく〜」と絶頂に達した。濡れまくったマンコをクンニし、指で膣を刺激する。感じる所を探り当てて攻めまくると「なんか出ちゃうよ…あっ出る、出ちゃう〜」 と腰を振りながら床に液を出しまくる。興奮した俺のチンコは既にガチガチに勃起していた。それを見た藍子は、俺のチンコを握りながら舐め始めた。憧れの藍子が自分のをしゃぶってるだけでイキそうになる。リクエストして胸で挟んでもらう。柔らかくて堪らない。我慢できなくなり、いよいよ念願の挿入。喘いだ顔も堪らなく可愛い。正常位で徐々にスピードをあげる。次に騎乗位へ移行。自分の感じる所を探り懸命に腰を振り、胸を揺らす姿が愛おしく感じた。自然と下から高速で突き上げてた。「あ〜いくっいくっ!」藍子は抱き着いてきた。更に背中を舐めながらバックから突きまくった。限界を感じ始めたことを告げると、「出していいよ」と笑顔で言われた。正常位で突いてると、先に藍子が「また…いっちゃう…いくっ!」といってしまった。その瞬間マンコの中の収縮が半端なく俺もいきかけたが、この快楽をずっと味わっていたいと思い我慢した。そうはいっても限度があるので、ピストンを速めた。いくことを告げると藍子の「出して〜!あ〜」の絶叫の中、マンコの中で果てた。ゴムには大量の精子がたまってた。藍子は精子まみれのチンコを丹念に舐めてくれた。憧れの藍子とのセックスは今までに味わったことがないぐらい満たされてた。その後も朝まで求めあった。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年8月31日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【看護婦】人妻ナースがエロ過ぎてヤバかったw 【告白体験談】

出会い系にて、人妻38歳、看護婦、2人の子持ち、身長171cm、スレンダー、めちゃくちゃ美人。



無職の旦那に嫌気がさして本気で不倫相手を探していたらしい。



旦那とは離婚したいけど子供がいるから無理らしい。





相手は警戒心が強く、下ネタはダメ、本気で恋愛したいんだアピールが凄くてちょっと疲弊したけど、



半年近く気長にメールでやり取りして信頼を勝ち取りやっと初デート。



写真は貰っていたから顔は知っていたけど、実際に会ってみたらえらい美人でびっくりした。





初デートで付き合おうって話になったけど、俺は身体目的。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月24日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

【寝取られ】大事なものは大事にしろ 2【告白体験談】

「そんなことになったら、嫉妬と後悔で倦怠期なんて一発で吹っ飛びますよ。

もう絶対に相手を離さない、もう絶対に相手以外には触らせない。余計に夫婦仲が固まりますよ」「で、でも、私、ユウくん以外の赤ちゃんなんて、産みたくないよ……」

「避妊なら大丈夫ですよ。アフターピルを持ってますから、後でお渡しします。

僕はそういう方面にもコネがあって、それだから、あんなに高い信頼度をつけて貰ってるんです」

 智香は少し考え込む様子を見せたが、入口に押し当てられている逞しいものを物欲しそうに眺めた後、

意を決したように友一に視線を寄越した。

「あのね、ユウくん……私、ユウくんがいいなら、いいよ」

 決断は友一に委ねられた。サトウも智香も、期待するように、圧力をかけるように、友一を注視している。

 駄目押しにサトウが言った。

「どうせやるなら、徹底的にやりましょうよ。

中途半端じゃ、中途半端なことにしかならなくて、却ってギクシャクしちゃいますよ」

 その言葉が決定打となったわけではない。ただ、結論自体はその論法と酷く似ていた。

 ゴムをつけた上での挿入も、中出し前提の生挿入も、挿入という点、一線を超えたという意味では変わらない。

ならば、どうせならば行き着くところまで行った方が、せめて性的興奮くらいは満たせるだろう。これが結論だった。

 友一は無言で頷いた。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月24日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】人生初デりヘル大成功したったwwwww【告白体験談】

<>1 忍法帖【Lv=14,xxxPT】  投稿日:2012/08/04(土) 03:10:30.02 ID:v6R7daoY0<>

初めて呼んだったwwwwwとりあえずスペック俺 25歳

彼女なし 童貞

身長173cm

体重80kg

フリーターデリ嬢 自称20歳 見た目18くらい

身長155cmくらい

ムチムチ巨乳

ギャル系

性格超明るい やや天然?

昨日は九時で仕事終えて

そのあと職場の先輩二人と俺の三人で仙台の町に飲みに出た。

先輩が気になると言ってたキャバクラで飲んで、次におっパブ、

シメにデリヘルと、フルコースの遊びをしようという話になった。仙台についたのがなんだかんだで10時過ぎ、

キャバクラで女の子にちょっかいだしたりして楽しんでた。キャバクラでちょっと飲んで、12時近く。ほろ酔い気分で


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月23日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】ヘタレ童貞野郎の俺 【告白体験談】

数年前のハタチ、大学生の頃。

彼女いない歴=年齢の童貞だった時のお話。



大学で知り合った連れ(以下A)。そのAには彼女がいましてた。

そして遊んで行く内に色々と出会いの場がありまして、

気づいたら俺はAの彼女の友達の事が好きになっていました。





Aの彼女=B

好きになった子=C

としておきます。







好きになったからと言って童貞の俺にはどうする事も出来ませんでした。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年8月22日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】元気!【告白体験談】

37歳男の私と18歳の女の子奈津美との初対面の夜の出来事です。

 一旦帰宅し、着替えとシャワーを済ませ、エッチの森の掲示板に書き込んだ後、再び奈津美と会った。奈津美は昼とは違いTシャツにジーンズ姿。ラフな姿がかわいい。

 夜遅いので、コンビニで買い物を済ませてから早速ホテルに入る。チョット奮発して露天風呂まで付いているかなり広い部屋に入った。(って言うかそこしか空いていなかっただけだが)

 奈津美はVery喜んでました。嬉しそうな表情が良かったです。

 それにしても今日の昼が初対面。とは言えアダルトサイトの撮影目的でいきなりお互い裸になりエッチを済ませた2人は恋人同士ではないのに親密な関係という不思議な状態でした。

 でもこれから朝まで奈津美と2人きりで抱き合える。そう考えると思わず興奮してきました。奈津美はどうなんだろうとも考えた。

 ホテルに入り、まずは適当にジュース飲みながらいろいろ話していて、その間私は既に興奮しっ放し。彼女の表情を伺うと、なんかとろけるような表情だった。

 私はベッドに横になるとすかさず奈津美も私のすぐ隣で横たわった。そして少し沈黙があり、私は奈津美を軽く抱きキスをした。最初は軽く、そして少しずつ舌を絡めると奈津美も舌を絡めてきた。お互いの唾液が交じり合う程ディープで長いキスだった。

 お互い自宅でシャワーを済ませているので私は奈津美のTシャツを脱がし、ブラを外す。型のいい豊満な胸。その胸を指でさすったり舐めたり、吸ったりもした。その後は首筋、耳と攻めて最後はキスをした。

 奈津美はすでに興奮状態だった。ジーンズを脱がすと白いパンティの前の方がかなり濡れていた。私はパンティの上から触るとかなり湿っていた。今度はパンティの中に手を入れる。指をアソコにも入れたが既にグショグショでした。

 パンティを脱がし奈津美は全裸になった。私はグショグショになった奈津美のアソコを舐めまわす。奈津美は感じまくりで喘ぎ声が大きくなってきた。彼女のアソコから出る愛液を味わい指入れでイカせた。

 今度は私が攻められる番。奈津美に服を脱がせて貰らう。全裸になり、彼女から熱いキスを頂く。キスとともに奈津美の唾液も飲ませてもらった。よく分からん味(?)だが、「かわいい18歳娘の唾液」なので何でも美味しく感じたかもしれん。

 その後、奈津美の手と舌で何箇所か攻められ、ついにフェラチオ。私のチンポを一生懸命舐めたり、銜えたりする全裸姿の奈津美を見ると興奮が一層高まった。

 そしてお互いハイテンションのまま私は奈津美の中に入った。

 正上位にてゆっくり腰を動かすと、目の前には気持ちよさそうな奈津美の表情が。もうたまらなかった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月22日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】同級生M美(マナミ)続編。【告白体験談】

同級生M美。→



こんばんは。ぼちぼちと報告させてもらいます。



土曜、18時過ぎにマナミ宅へお迎えに。(M実のことです)

急遽俺が休日出勤になってしまったため、予定より1時間ほど遅れた。もちろん遅れることは知らせておいた。

ダウンジャケットにパーカー、デニムのミニスカート(タイツ着用)モコモコブーツといった格好。

ドアを開けたマナミは「おっすーw」と、いつも通りの上機嫌だった。

俺「悪かったね。」

マナミ「いーえ、失礼しま〜すw」なんて感じで助手席にマナミを乗せ出発した。隣の市まで車を走らせた。

マナミ「ヒロちゃんは明日何時に帰ってくるの?」

俺「昼の2時くらいだったかな」

マナミ「ふ〜ん、昨日は晩御飯何食べたの?」

ひっきりなしに話しかけてくる。マナミはとにかくよく喋る。

目的の店まで40分ほどだったが、マナミのおかげ(?)であっという間に着いた気がした。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月21日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ