相互リンク先の更新情報!

【オナニー】ネットカフェなう。【告白体験談】

ネットカフェなう。

個室ばかり並んでいた!

入口が150センチ程度なので、中が

しっかりと見える。2人に1人は、

なんとオナニーをしていた。

細い奴、太いけど包茎、太く長い奴。

いろんな奴がいた。

なんと一番奥には、なんと、

女がいた。

全裸で、まんこびしょびしょ。100

センチはあろう巨乳。最高だった。

見つめていたら分かってしまい、、

ベット付き部屋に。

やりたいだけやってしまった。

でも、女は、まだまだと、二回戦。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月29日 | 告白体験談カテゴリー:オナニー告白体験談

【友達】未亡人の愛欲【告白体験談】

隣室からの話し声に突然目が覚めて、母の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。

「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」

母はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。

浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。

恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようとしたのですが、男性に腕を掴まれて引き寄せられると、布団のうえに再度押し倒されました。

「イヤ、イヤ、だめ、お願い許して」

男性は母の身体を押さえ付け、下半身に残されたショーツに手を掛けて剥ぎ取ると、一糸まとわぬ全裸姿にしてしまいました。

私は思わず「お願いやめて下さい」と言い出そうとしましたが、驚きのあまり声を出せず、自分の口を塞いでしまいました。

母の身体はふっくらと盛り上った乳房、くびれたウエスト、やや濃い目の陰毛に被われた性器をあらわにされて、必死に恥ずかしさに耐えている母の全裸姿を見つめていました。

39歳になる母ですが5年前に父を亡くして、娘の私から見ても女盛りの魅力ある女性で、男性は父の実兄にあたる人です。

50歳位になる伯父は未だ独身だそうで、父が亡くなってからはしばしば母に言い寄っては、その都度母を誘惑していました。

私は今年19歳を迎える母の一人娘です。キスの経験は数回ありますが、セックスの経験は未だありません。

「ダメッ、となりに娘が寝ているから、イヤッ、お願いだからやめて」

伯父は母の身体に覆い被さり抱きしめると、男と女すなわち伯父と母が性の快楽を求め合うセックスが始まりました。

初めて見る生々しい光景に、私は興奮を押さえられず必死に息を殺して、セックスの一部始終を覗き見ることになりました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年1月21日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【職場】写真あり。夜の職場でぽっちゃなOLさんを電マ責め!【告白体験談】

 久しぶりにMから電話。今日は残業で遅くなるが、鍵を預かった事務所を閉めれば二人きりになれるから遊びに来てよ、とのこと。いろいろ道具を持って、神楽坂の雑居ビルにあるその事務所へ。ホコリくさいエレベーターをで上がると、もうだいぶ遅い時間なのかどの部屋も真っ暗でしんとしている。教えてもらった部屋番号のチャイムを鳴らすと、Mが出てきた。興奮しているのか、恥ずかしいのか、ちょっと赤くなった顔で黙ったままオレを案内する。そんなMの後ろ姿を両手で抱きしめて、強引にキスした。激しく舌を絡ませてくるM。そのまま床に転がし、一気にスカートをはぎ取ると、もう下着にはシミができている。



「なんだ、このいやらしいシミは。おしっこでもらしたのか?」

Mは黙っている。 

「自分の職場でM字開脚しておまんこぬらすなんて、Mはどすけべだな。」

 そのまま持ってきた紐で両足を縛りつけて転がすと、電マで服の上や下着の上から責めてやった。だんだん大きくなるMの喘ぎ声。それにも飽きてきたので、下着の中に電マを突っ込み、そのまま放置してやることに。

「じゃあ、オレ、チューハイでも買ってくるわ」

そういってコンビニへ。戻ってくるとMは耐えきれなかったのか床一面に・・・・・



続きと写真はこっちで・・・



http://s11.smhp.jp/69jj/blog/?_cus=m76dv0&cn=9



調教部屋


http://s11.smhp.jp/69jj/?_cus=lh5kjk&cn=9

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年1月17日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【職場】ポルノ映画館の暗闇で・・・(最後に写真リンクあり!!)【告白体験談】

 大分前だけど、その頃はよく遊んでたるいと念願だった映画館へ行った。それも普通の映画館じゃなくて、裏路地のさびれた場所にある、小汚くて、一晩中エロ映画をやっているようなトコ・・・・ 普段はガラガラであまり人もいない場所。着いたのはもう深夜1時を過ぎた時間。中に入ってみるといやらしいあえぎ声と、男女が絡み合う姿がどーんと大きくスクリーンに映っている。客は10人くらいだろうか?よくみると、こっそり動き回ったり、絡み合っている客も。しかし、ほとんどはゲイの方たちでオレはそっちは興味は無いからあまり見ないように。異様な雰囲気にるいはちょっと緊張してる。そのままイスに座って、そっと太ももをなでたり、耳に息を吹きかけたり、いちゃいちゃする。



すると・・・・



 寄ってくる、寄ってくる。おっさんや怪しい若いにいちゃんがぞろぞろ近くにやってきてじーっと、数メートル離れたところから、こっちを見ている。るいはますます感じ出したのか、感じるポイントに手がそっと触れると、ビクっと、震えている。やがてそのままオレの手はスカートに入って下着へ。表面を触ると、ぬるっと、もう、びちゃびっちゃになった液体が・・・・ そのまま横から指をいれ、クリの皮をむくように転がし始めると、るいはたまらなくなってあえぎながら身をくねらす。そのまま首筋にキスして、いやらしい言葉をいっぱい耳元でつぶやいてあげる。



そろそろいいかな?



 少し抵抗したが、もう、面倒なのでそのまま下半身を裸にし、足を開いてピンクのアソコをぱっくり開いて、野生動物みたいになかなか近寄ってこないみなさんに御開帳。ここまでくると安心したのか30センチくらいのとこまで来て、じっくり観察する人も。そのうち場内の半分くらいの人がやってきて、じっくりるいのおまんこを見ている。



いやああ、、、みないで・・・・



小さく叫ぶるい。でも、アソコは大洪水で、指を二本入れられ、くちゅくちゅいやらしい音がしている。そしてついに。。。。。



ぷしゅーっと潮吹き。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年1月15日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【職場】小泉今日子似の美人と・・【告白体験談】

俺は32歳でアパートの一人暮らしです

去年の夏ぐらいに隣にすごく美人な人が引越ししてきたんです

美人すぎて一人暮らしするには、おかしいなと思いつつ暮らしていたんですが。

でもすぐに男性と歩いてるのを何度もみかけるようになり、一緒に部屋に入るのも何度もみかけました

夜になると横の部屋からエッチな声が聞こえてくるようになって、盗み聞きするのが

日課でした。

そんなことが3ヶ月余りつづいて、あるときから聞こえなくなりました。

そんな美人が俺を相手してくれるはずもなく、挨拶を交わすだけの関係がつづいたんですけど

半年ぐらいから少し話しするようになって、パソコンは詳しい?っ聞かれて、

インターネットがつながらなくなった・・ということなんですけど、

見てみないとわからないよって答えたら部屋に上げてくれたんです。

LANケーブルが抜けかかってただけですぐわかったんだけど、

今まで疑問におもってたこと、聞いてみたんです

「そんな美人な人がこんなところにいるのは、おかしい」って聞いたら

旦那さんと別居中で、少し前見かけた人は彼氏でもう別れたと。。。


告白体験談関連タグ

|||

2014年1月14日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【妹】妹の尻叩き役【告白体験談】

実家にいた頃の話だが

昔の俺はなぜか、学年の離れた妹の尻叩き役を任されてた



慣用句的な意味じゃなくて実際の話な

妹が悪い事して親に怒られると、最後に折檻する役目が俺に回ってくるの



もちろん最初は普通に親が一通りやってた

ただ妹が怒られても怒られても逃げて、すぐ俺にべったり張りつくもんだから

「そんなに好きならお兄ちゃんに怒ってもらいなさい!」って急に押し付けられた

仕方ないから何回か妹の尻叩くと、泣きはしたがやはり俺から離れようとしなかった

それが保育園通ってたあたりな

似たような事が何度か続くと、妹は自分から俺のところへ来て「はい」と尻を向けるようになった

「また何かしたのか?」と聞くと「お母さんには言わないで」と懇願してくる

そんな場合とりあえず尻への折檻だけ済ませて、問題が大きい場合はあとから母親に報告した

大抵は俺の判断でいいと言われたが


告白体験談関連タグ

||||||

2014年1月13日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【人妻・熟女】愛妻を淫乱な女に・・・7【告白体験談】

火曜日の昼休みに直樹から電話がありました。

「愛さん、大変だったな。智子から聞いたよ。無事でなによりだ」

「ああ、心配かけたな。智ちゃんにも宜しく言っといてくれ。」

「ところで、29日って愛さんの誕生日だろ。そこで、岡本と相談して愛さんの誕生日をお祝いしようって思ってな」

「愛の誕生会?それだけじゃないだろう?愛も喜ぶと思うよ。今回は趣向をかえてラブホのパティールームに行かないか?」

「いいね。俺が予約を入れておくから・・・金曜でいいよな?」

「ああ、愛に早く家を出れるように言っておくよ。」

久し振りに妻の複数プレイが見れると金曜の夜が楽しみでした。金曜の夜、早く家を出た私達は9時前に直樹と岡本君と合流してラブホに向かいました。パティールームは思っていたより広く大きなソファーとテーブル、二つのダブルベットがあり、部屋からバスルームが見える造りです。『わぁーひろ~い』とはしゃいでる妻をソファーに着かせ、まずはビールで乾杯です。

「愛さん、お誕生日おめでとう」

「愛さん、おめでとう。俺と岡本からのプレゼント」

「ありがとう。あなた、頂いちゃった」

「直樹、岡本君わるいな」

「あなた、開けてもいい?」

妻は嬉しそうに包みを開けています。包みは真っ赤なベビードールでした。

「凄~い。似合うかなぁ?シャワーの後に着てみるね」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年1月13日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】女性向き風俗【告白体験談】

俺は、風俗嬢ならぬ風俗坊だった。切っ掛けは、SMバーのM男だったんだけど、オーナーが新しいスタイルを考えた。

M男ショーの客層は、年輩の女性とゲイのおっさんで、女王様ならぬ、お姫さまプレーの風俗だ。客層は、述べた通り、年輩の女性で、個室に入り、客が満足するまで、犬の様にアソコを舐める。本番はせずに、バイブとローターと指と主に舌を使う。40オーバーの客層のアソコは、加齢臭にもにた、香りを放つ、俺たちに選択権は、無いから、美味しくいただくふりをする。たまに、30代の客も当たるけど、ブスかデブが関の山だ。大抵の客は、本番を要求するけど、絶対しない。だって客は、プレーで、興奮してるけど、俺は、勃起しないよ。金のためってね。

でも皆、基本は、M男だから、命令口調と、情けない姿の自分をって、考えたら、ある程度は勃起する。いわゆる半立だね。他の面子は、結局チップ貰えれば、本番するらしい。自分は、性感帯の殆どがアナルだから、客がフェラチオして、勃起させられても、断ってる。一様、店の禁止行為だしね。

だから、客からクレームがくる。

オーナーは、禁止ってのは、建前だって、事情を話すと、ならって、違う客層を斡旋してきた、そう・・・ゲイの客だ。

オーナーとの約束で、俺からのフェラチオは、無しでって事で、了承した、しかしね。

それが、たまんないんだよな。

アナル好きなら、失神する程の気持ち良さなんだよ。

今、俺のアナルは、ゲイの893親分さん専用で、月に小遣い100万円と、マンションを、買ってもらったよ。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年1月13日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【姉】座りたがる姉【告白体験談】

かなり幼い頃だったと思う

横になっていた俺に姉がいきなりのしかかってきて、軽いケンカになった

親に叱られた事まで覚えているが、その時は一応円満に解決した

今度は俺が小学生ぐらいになって

寝転んでゲームしたりマンガ読んだりしてると、姉が背中(腰のあたり)に座ってくるようになった

最初は本当にイヤで「やめろよ」「いいでしょ」と繰り返しやってたが

あまりにも頻繁に座ろうとしてくるから対応するのも面倒になって文句言うのやめた

そしたら俺も慣れてきて上に姉が座ってる方がしっくりくるなと思い始め

仰向けに寝てる時でも、姉の気配がするとわざわざ寝返りをうったりして座らせようとした

そんな生活が何年も続くとやっぱり意識する時期がでてきて

中学の時に何回か、風呂上がりの姉に下着姿で乗られた事があるんだがアレは正直やばかった

高校大学までいくと俺も耐性ついて姉が乗ろうが座ろうが気にならなくなったけど

まぁそれでも勃つ事はあるわな、男だし

たださすがに娘連れてきた日に座ろうとするのはやめてほしいわ

将来真似したらどうすんだ

告白体験談関連タグ

|||||

2014年1月13日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

【浮気・不倫】上司の奥さん【告白体験談】

 人妻K子(45歳)は、ここ何カ月は旦那と別居生活をしており、当然セックスもご無沙汰であった。そんなK子をドライブに誘いセフレにするのはいとも簡単であった。

 何の抵抗もなくモーテルの部屋に連れ込み、軽くキスをしてやると、むさぼるように応えてきた。素っ裸にして雌犬のようにチンポをしゃぶらせると、もうそれだけでオ○コは愛液でベトベトになっていた。そのオ○コをいたぶりながら、長い間チンポをしゃぶらせ、我慢汁を吸わせた。

 オメコのいたぶりをやめるとK子は催促をするので、「もっといじって欲しかったら、一生懸命にチン○をしゃぶれ!」と言うと、K子はいつまでも必死でペニスにしゃぶりついていた。これは良い牝奴隷に調教できる思った。

十分にしゃぶらせ大きく怒張したチン○を、雌犬スタイルでオメコに突き刺してやった。歓喜の声を上げながらケツを振っている。ちょっとピストンしてからチン○を抜いて、オ○コの愛液が付いたチン○をK子の顔の前へ突き出すと、そのチン○を美味しそうにしゃぶりだした。自分のオ○コに入っていたチン○と分かっていても喜んで吸っている。これから淫乱な性処理奴隷としてこの人妻をどのように飼育しようかといろいろ考えるだけでイキそうになってしまう。

セックスでイカせた後で、本来の目的である牝犬調教をするため、天井から釣り垂らした皮の手錠のあるSM部屋へ連れて行った。最初はちょっと形だけの抵抗したが、久しぶりのセッ

クスで興奮している体はこの状況を持続させたいのか素直に皮手錠を嵌めさせた。両手を天井からたれている革手錠で固定し、乳房から始まりK子の体の感じる箇所をまさぐるように愛撫してやった。オ○コからは愛液を垂らし続けていた。

散々いたぶった後、そのままのスタイルでチン○を突き刺し、激しくイカせた。気持も体も失神したようにぐったりとしていた。

 月に2回程度調教してやっているが、会えないときでもいつもK子をどのように調教しようかと考えている。

 K子の豊満な肉体がとてもエロくていい。熟女の豊満な肉体は、淫乱である方がよく、想像するだけでチンポが威きり立ってくる。

 K子をTバックだけの四つんばいにして、思いっきりチンポをしゃぶらせたい。チンポを根元までしゃぶらせながら、Tバックをはいた大きな尻の性処理奴隷を見ていると、そりだけで直ぐにイッてしまいそうになる。そのわけは、K子が私の上司の奥さんだから一層興奮するのです。

 これからも上司の妻を性処理奴隷として飼っていくつもりです。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年1月11日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
10 / 20« 先頭...89101112...20...最後 »

このページの先頭へ