相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】愛する妻への告白【告白体験談】

私の妻は、私と付き合う前に3人の男性と付き合っています。最初の2人とはキスもしていません。

 3人目の男性と付き合い始めて1週間で初体験をし、その後1年10ヶ月の間付き合ったそうです。妻に聞いた話によると次のような性生活だったようです。順調に付き合っていた頃は週末毎に会っていた。金曜の夜に2回、土曜の朝に1回、土曜の夜に1回、日曜の朝に1回、日曜の夜に1回、合計6回というパターンのセックスです。最初の半年は、なぜか月に1度しか会えず、すると6ヶ月で36回程度のセックス回数でしょう。たぶんこの期間中、前彼は、二股で、遠距離恋愛でもしていた恋人と別れる段取りでもしていたのではないでしょうか。その後、約9ヶ月は、週末毎に会い、生理期間や用事を除くと月に20回程度、9ヶ月×1ヶ月あたり20回、合計180回程度のセックスをしています。別れる間際の最後の5ヶ月は月に4回程度だったらしいので、5ヶ月×4回、合計20回、合わせて36回+180回+20回=236回程度のセックスを前の彼氏としてきたと計算できます。妻にこの計算結果についての意見を求めると、多い時や週の途中で会うこともあったり、逆に喧嘩して会わない時や相手が出かける時もあるので、プラスマイナス20回程度の精度で240回前後だと思うと言ってます。

 セックスの内容ですが、だいたい、前彼が無言で服を脱ぎ、それに応じてフェラを10分程度、その後5分程度の愛撫があって、挿入して10分程度、射精後にまったり5分程度の後戯だそうです。1回のセックスがだいたい30分となります。愛撫中は、ともかく胸を舐められたと妻は話します。妻は、当時、仲間内でも噂されるほどの巨乳だったためでしょう。私も初めて妻の裸を見たとき、胸の大きさとその色形の美しさに「ほんとに良いものを手に入れた」と感嘆したものです。顔は若い頃の永作博美似ですが、体は宮沢リエの体つきです。ともかく、胸から腰にかけてが細身なのにむっちりと脂肪がついて、いやらしい。残念ながら足は美しいとは言い難い。変わったセックスをしたことはないのかと尋ねると、倉庫で1回したという話を聞きました。それ以外にかわったセックスはと聞いても、お風呂で2,3回したことがあるという程度でした。ラブホテルも1回行ったきりだそうです。前彼のことは私もまぁまぁ知っているのですが、強がったところはあるものの、根はスポーツマンとしの真面目さのある人物、なおかつ秀才タイプ+穏やかな信仰者なので、変態的なセックスはしそうにない。この彼氏が、妻の最初の相手で、妻のセックスとはこんなものという経験を形作ってくれた教師だったわけです。

 私は、妻が二人目の彼女でした。前彼女と比較すると、ともかくフェラチオに癖がある。私は風俗もそこそこ行った経験があるのですが、プロに比べても咥えこむ動作が変わっています。まず、ペニスを咥え込み、亀頭部分を妻自身の上口蓋や上の前歯裏あたりで左右にこする様に刺激しつづける癖があります。どうしてそのように動かすのと尋ねると、だって気持ちいいでしょうと言われます。それ以外にも、勃起したペニスを足の方向に軽く引っ張り倒し、陰茎の根本のスジを伸ばし、その筋を甘噛みしたり、堅くした舌を押しつけたりします。そういう動作を割に嬉々として繰り返し、フェラチオに没頭しています。特に私が声を出すとうれしいそうです。前彼が声をまったく出さない人だったので、素直でやりがいがあるとも言われました。いつも妻なりに男がよろこぶと考えていることをやってくれます。ただし、その男がよろこぶだろうというのは、前彼の反応から学んだり、身につけたものでしょう。正直なところ、こする動作や陰茎の根本の甘噛みは気持ちよくはあるが、クリティカルヒットというほどでもない。それよりは、裏スジを舌で舐めあげられたり、亀頭エラ部分を跳ね上げるように舌先で擦られるように舐められる方が好きです。あと、最後に射精させようと咥えて唇を上下させるピッチと強度が私に合わない。たぶんこれまた前彼のリズムだったんだと思う。私なりのリズムを伝えるのだが、覚えが悪いというか、なかなか直らないというか。

 ある時、前彼はどうやってフェラチオをさせていたのか尋ねたところ、

 ・初体験の時に、最初のキスの後に、いきなり顔を両手でつかまれて、

  むりやりに咥えさせられた。この時まだ処女。

 ・そのときに、奥まで入れられて、えづいた。

 ・それ以後、フェラチオでは、たいてい元彼の手が頭にかかり、

  強弱やリズムを指示された。

 ・最初はペニスの根本を舐めるように指で指示され、次に亀頭を刺激し、

  最後に咥えて、彼がリズムを指示し、「強く吸って」と言われる。

 ・それが数分続くと、フェラチオをやめさせれて、胸を刺激され、正常位で

  挿入ということが多かったらしい。

 ・フェラチオの際に喉奥までペニスを入られれる時があり、えづくからすごく


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年9月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【学校】Hな友だち【告白体験談】

小6の時クラスの中でけっこうエロイ咲(仮名)と、隣の席になりました。そいつは積極的で休み時間で友だちがいるとこでも、ちんこをさわってくるんです。ある日咲がさわってきたので、僕も咲の胸を授業中だったけど、さわりました。すると、咲は、「あっ乳首にあたった」とか言いながら喜んでました。この時初めて同級生のをさわりました。(笑 そして、給食の時席が向かい合うのでその時は他の人にばれないように、咲のマンコを足でつっついてました。

告白体験談関連タグ

|||||

2014年8月18日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【学校】SATO 美和子物語 私の好きな方法【告白体験談】

美和子のベッドでのお話です。

夫との数年間、竹下さんとの14年間、そして今は吉井さんとの新しい生活を始めています。

先日、妊娠中絶の手術を受け、術後に医師の先生から30日間は夫婦生活を慎む様に指示されています。

それでも、夜になって一人でベッドに入りますとモヤモヤした気持ちになります。その気持ちを抑えるには自分でアクションを起こさなければなりません。

最初にオナニーを覚えたのは生理が始まった時です。中学一年でした。性器の汚れをきれいにした後でクリを触った時に初めて快い気持ちになりました。

それ以来、ベッドへ入りますと殆ど毎日、オナニーをしていました。最初は自分で乳房を揉んだり押さえたりでした。

やがて、性器を包むようにして押さえます。人差し指でクリを圧迫したりクリを剥き出したりです。

やがてエスカレーションして膣の内部に指を入れます。

自分の中指を男性器に見立てて上から押しつけていました。乳液を塗れば潤滑油になることを発見しました。

この状態で高校卒業までを過ごしていました。

大学は女子大でしたから東京からの友達と仲良くなり彼女のアパートに出かけました。

ある日、二人でワインを飲んでから狭いベッドで横たわりました。

二人は睡魔に襲われて暫くの間眠りました。

二人はブラウスを脱いでブラとショーツだけでした。

友達の美智子さんが美和子の胸に触れました。そして、クリにも触れてきました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【学校】友達の胸【告白体験談】

大学の研究室での出来事です。僕は大学の3年生。医学部の臨床検査を専攻しています。医者ではなくて、いわゆる保健学科というやつです。僕の学年は1学年40人で、男子8人、女子32人の学年でした。3年生になると研究室配属というものがあります。これは2人ペアになって研究室に配属されて半年間その研究室で勉強するというものです。

 僕は愛ちゃんという女の子とペアで生理機能検査室という研究室に配属されました。

 愛ちゃんはクラスの比較的おとなしいけど、気のあう女の子でした。身長は160センチ、体重は…わかりません(笑)けっこう細めの女の子で、胸はあまりないと思いました。顔もかわいい方なのですが、そんなに目立ってかわいいという感じではなく、純情そうなかんじの子です。とてもガードが堅いことで有名で、3年間一緒にいながらいつも露出の少ない格好をして、肌をあまり見せない子でした。僕はクラスの女の子のパンチラや胸などよく注目して見てしまう人だったのですが、愛ちゃんには全くそんなチャンスはあいませんでした。



 この研究室ではエコーという検査を行っていました。エコーというのは超音波をあてて体の中を見る機会です。この研究室では心臓や腹部にエコーをあてる実習などをやらせてもらいました。このような実習は1人ではできないので、愛ちゃんとペアだ…つまり愛ちゃんの裸が見れる…と期待していましたが、そんな良い思いができるはずもなく、大学院生の男の先輩とペアをくんでの実習を行うことになりました。



 こんなかんじで半年の実習もあと1ヶ月ほどとなったころ、研究室に乳腺エコーつまり、胸のエコーの有名な先生がくるから、講演を聴きにいくことになりました。あんまり興味もなく、3時間の講演を聴いて終了!!と思ったら研究室の助教授から、○○先生今から研究室であはなしするから一緒に2人もきなさいといわれ、愛ちゃんと2人で研究室へいきました。



そこから話は思わぬ方向へ進んでいきました



 せっかくだから、Nさん(←愛ちゃんのこと)エコーをあててみてもらいなさい。うちでは乳腺エコーの実習をする機会がないから学んできなさい。と教授がいいました。最初、愛ちゃんまた帰るの遅くなってドンマイだなーと思っていると。愛ちゃんが、「うち一人でいくんですよね?」と聞くと、教授は「せっかくだからTくん(←僕のこと)一緒に勉強してきなさい」といいました。愛ちゃんは、そんなの恥ずかしいし無理ですと必死に反対していましたが、教授はせっかく遠くからきていただいてるんだからやってきなさい!とききません。愛ちゃんも仕方なく納得した様子でした。

 研究室の廊下を歩いてエコー室にいくまでの間、愛ちゃんは顔色一つかえずに平然としていました。僕は、愛ちゃんってガードは堅いけど、意外とこうゆうの平気なんだなと思っていました。

 エコー室へつくと先生はカーテンを閉めて、じゃあNさん、申し訳ないけど上だけ服ぬいでくれる?といいました愛ちゃんはもう一度「やっぱり男の子いると恥ずかしいんででてもらったらだめですか?」といいました。ちらっとみると愛ちゃんの顔は見たことないくらい真っ赤でした。多分緊張しすぎてなのか、あきらめてなのか若干笑っているともひきつっているとも思える顔です。先生は「患者さんもやられるときははずかしいんだから君と一緒だよ」といいました。しばらく沈黙が続き、愛ちゃんが、「はい」というと上着のジャケットを脱ぎました。ジャッケットの下には白と黒のボーダーのTシャツを着ています。さらにTシャツ手を掛け、一呼吸おくとピンクのキャミソール。肩の所からうすい黄色のブラのヒモがちらついています。愛ちゃんは真っ赤な顔で

僕のほうをちらっとみて、勢いよくキャミソールを脱ぎました。

 愛ちゃんの黄色の下着姿とそのときの愛ちゃんの顔を僕は忘れません。愛ちゃんは手で胸のところに手をあてて僕から隠しています。顔はひくつっているのが明らかに分かりました。恥ずかしそうな真っ赤な顔で…。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月12日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【学校】里子の場合【告白体験談】

里子とは同級生、ガキの頃からの付き合いだ。

何年も会っていなかったが、お互い専門学校に通いだしてから時たま会うようになった。

五年ぶりくらいに会う様になった里子は学生時代より大人っぽくなっていた。

着ている洋服はトレーナーやジーンズ、正直“カワイイ”とは言いがたいが年相応に大きく突き出した胸はなかなか大きかった。

特に「彼女のことが好き」というわけではなかったが、お互いに付き合っている相手もいないので軽いデートのような感覚で遊んでいた。

彼女が誕生日、俺たちはクルマでドライブデートをした。

この頃になると“彼女は俺に気がある”のがなんとなくわかるようになっていた。

クルマを人気の無い路肩に止めて話をする、お互いの学校や友達のことが話題になった。

その日、里子は「学校の実習で男の人に裸の胸を見られた」と言っていた。

医療系の学校に通う彼女はレントゲンの実習中に教員のオジサン見ている前で胸を隠しているタオルが取れてしまったのだと言った。

「今まで彼氏が出来たことがない」と言っていた里子、誰も触れたことのない処女乳房を見ず知らずのオッサンに見られたのかと思うととても興奮してきた。

俺が彼女に誕生日プレゼントの花を渡すととても喜んだ。

「私もお返しになにかしたいナ」と里子が言ってきたので、俺は冗談で「キスをさせてくれ」と言った。

すると、少しモジモジした後に「いいよ」と言ってきた。

俺が顔を近づけると彼女は目を閉じた、そっと押し付けた唇は柔らかかったがシッカリと閉じられていた。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月7日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【寝取られ】他の男のモノを受け入れる彼女②【告白体験談】

中出しOKのかわいい彼女とのSEXも、

それが当たり前のようになると少し飽きてくるらしい。

レイトショーが始まった直後の、映画館の男子トイレの個室。

今日の美奈は、黒の皮ジャケットにボーダーのインナー、

ジーンズ生地のミニスカに黒いニーソックスという格好で、

個室の壁に手を付き、尻を突き出しオレに背中を向けている。

オレはというと、スカートを美奈の腰まで捲りあげてピンクのヒモパンをほどき、美奈の背中に置いた。

それから、勃起したアソコの先をマンコの割れ目に沿って上下に擦りつけている。

美奈の白いお尻は小ぶりで、揉んだり叩いたりするとすぐ赤くなった。

   白い肌と黒いニーソックスを履いた足がスラっと伸び、きれいだ。

美奈「ねぇ、そろそろ映画始ったでしょ?早く入れて?」

オレ「静かにしなよ。人が来るかもしれないだろ?」

美奈「やだぁ、もうずっと待ってたのに!早くタカアキ(オレの名前)のちょうだい!?」

   そう言って、美奈はお尻をさらに突き出し、オレの亀頭を割れ目にめり込んませた。

オレ「いつも濡れすぎなんだよ。そんなにSEXしたかったのか?」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年8月5日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【学校】部活動で乳首【告白体験談】

バスケで中3の時、千幸ちゃんという子がいました。かなり可愛くて、それなりに胸もありました。そのとき、彼女の乳首を見れるとは思っていませんでした。筋力トレーニングに手押し車というのが有ります。ウチはコレを坂道でします。いつも斜めうしろから女の子の胸を見るんですが、ある日、彼女が友達にブラのホックを外されたんです。

彼女の番がすぐ来て、怒られるので、外れたまま、手押し車をしました。僕は後ろからいつもの様に彼女の胸を覗きました。ホックが外れたブラは中に浮き、彼女の胸は丸見えでした。彼女の胸はゆさゆさと自由に動いてました。

クラブが終わってから、彼女が上半身裸でブラを丸出しにして着替えてたのは、興奮しました。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年8月4日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【人妻・熟女】炭焼き小屋で【告白体験談】

炭焼き窯のそばに有る作業場と休憩室での出来事。窯が開いた1日目は、パートのおばさんが何人も来て

作業場は賑やかになるが、2日目・3日目になると

パートのおばさんと俺だけの時も有り

作業場に有る休憩室は丁度いいデート室になる。仕事中にそれとなく話をしてOKの雰囲気なら

弁当を食べて、スグに抱きついていく。

抱きついて口を吸いながらシャツの上からオッパイを揉み

仰向けに寝かすと下半身を裸にして指先でクリちゃんに挨拶

膣の入り口からクリトリスの間を軽く撫でていると

感度のいいおばさん、スグにOKサインを出し求めてくる。口を吸い、オッパイを揉みながら、始めはゆっくり突くが

だんだん激しく突くと、おばさんも腰を突き上げてくる。

おばさんの息が荒くなり動きも早くなったと思ったら

俺にしがみ付き、膣を絞る様に締めつけながらイッタ。俺が射精し終わっても、おばさんは暫らく抱きついていて

時々、膣を キュッ と締め付けるのが気持ちいい。

俺も暫らく抱きついたまま、オッパイを揉んだり

抱きしめて口を吸い、二人で快感の余韻に浸る。おばさんが上体を起こした時に精液が溢れ出た。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年8月3日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【学校】中村(仮名)【告白体験談】

俺は中村真菜(仮名)のことが好きだ!!

実はクラスで1番おっぱいがでかい!!

おれの中学校は田舎だから体操服いれの中に

ブラジャーが入っている!!

休み時間になるといつも真菜のブラでオナニーを

していた!!それを森下ゆき(仮名)に見られていた!!

次の日、中村が呼び出してきた!!

「A君、私のブラジャーさわってオナニーしとったやろ!!」

「私のことすきなんやったら今日うちにきて!!

中村のいえにいくといきなりおっぱいを見せてきた!!

そしてオナニーを見せてきた!!

そしてSEXをさせらた!!気持ちよかった!!

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年8月2日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【学校】マジなのか…???【告白体験談】

それはまだ、俺が中学生だった頃の話しだ。

 昼休みを、図書室でマンガでも読んで過ごしてたんだ。5時間目は音楽だったから、教室にもどって、筆箱と教科書持って、音楽室に移動しようとして、机の中を見たのさ!

 なんと、同じクラスのJからのラブレターがあったから、俺はすぐ読んだんだ。『私、ずっとA(俺)君のことが好きだったの、だってS○Xできそうなんだもん J 』みたいに書いてあったんだよね

 まぁ、巨乳だけどちょっと顔は好みじゃなかったんだよね♪

 友達のイタズラだろう と色んな点から踏んだんだ

1.二人きり(俺とJ)になっても、何もいって来ない

2.Hで釣って来るようなひとには巨乳だが、見えない

 など、他にもあったが

だから、手紙は破いて、処分したのだった

 あの選択は、失敗だったのか?

(いまだに童貞)

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年8月1日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談
1 / 3612345...102030...最後 »

このページの先頭へ