相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】脇腹くすぐり経験談 【告白体験談】

うっきー


告白体験談関連タグ

|

2015年7月15日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

【学校】自分とKさんの授業中の戦い(オシッコ的な意味で) 【告白体験談】

あれは高校1年の冬の日。

5時間目の数学の授業が始まって10分後、自分は後悔していた。

トイレに行きたくなってしまったからだ。

どうして休み時間に済ませておかなかったのか。

高校生にもなって「先生、トイレ!」は恥ずかしい。

しかも数学の先生は、厳しいことで有名だ。

なんとか我慢するしかない。

そう心に決め、自分と膀胱との戦いが始まった。



授業開始から20分。

尿意はだんだんと強まっていく。

このまま最後まで頑張り通せるのか。

不安と恐怖が心に広がっていく。

と、その時だった。

隣の席に座るKさんが、自分にノートの切れ端を渡してきたのだ。


告白体験談関連タグ

|||

2015年3月29日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【近親相姦】見かけによらずドMでインランな姉 【告白体験談】

姉の立場から書いてもいいスレなの?



弟に酔っ払ってちょっかい出したら、反撃にあってコチョコチョされまくって失禁してしまったバカな姉がワタクシ…

それ以来、弟からちょっと体に触れられただけでキュンとなってしまうようになり…なんか不思議な感情が芽生えたのが1年位前です。



見た目はスゴく生意気な感じだ、そして実際生意気だ。

でも失禁しちゃうあたり、萌えでしょ?(笑)



弟は6つ年下で今年高校を卒業したものの大学受験に失敗

予備校に通いながらフリーターしております。

ヒッキーでもニートでもないけど、2ちゃんは良く見てる(私も)



姉から見ても、なかなかの男前で将来有望、童貞ではない。

しかもちんちんデカいらしい(笑)

なぜそれを知っているのかは書いてからのお楽しみ。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年10月12日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 一話【告白体験談】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。

 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。

 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」

 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。

 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。

「ええと、どこかで会ったっけ?」

 晃が問うと、女主人は目を丸くした。

「何言うんだい、お前さん」

 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。

「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」

「おそらくは」

 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。

「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」

 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。

 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】初オナニーとその後【告白体験談】

はじめてのオナニーは小6の夏休みでした。2こ違いの姉貴と、留守番のときプロレスのわざをかけたりくすぐりっこして、取っ組み合いしてたときでした。

 ぼくが姉をうしろから抱きしめるようにして大きい胸をもんでいると(こんなの普通でした)何を思ったか、姉がいきなりTシャツをまくり「吸ってみて」とぼくに言ったのです。

 姉のオッパイを見たのは何度もあったし、慣れてたけど、好奇心で吸ってみました。

 小さいうす茶色の乳首が、吸ったら尖ってきて、姉は感じるのか、息が荒くなって、目がすごくキラキラ輝いていました。

 たぶん興奮していたんでしょうが、いまだに忘れられません。

 姉は、「こっちも吸って!」とか「もんで」とか言って、ぼくも言われるままにしました。もちろん、ぼくも興奮していました。

「暑いからはだかになろ」と姉が言うので、二人ともすっぱだかになり、照れ隠しでまた取っ組み合いをしました。姉のやわらかい体がすごく気持ちよく、ぼくはこれ以上ないくらいオチンチンが固く大きくなりました。

 姉もちらちら見て、くすぐりながら手があたったりしましたが、そのうち、手でにぎってきました。

「すごいねえ、これ」といって、興味しんしんのように夢中でもんだり、なでたりするので、ぼくは気持ちよくなり、そのうち、ぴゅっと畳の上に飛ばしてしまいました。

 オナニーというより初めて射精したのがそのときです。



 姉は知識では知ってたようですが本物をみて、びっくりしていました。

 そのときは、すぐに小さくなってしまって、それでおしまいで、夏休みのあいだ、何回か、そんなのをしましたが、おたがい罪悪感みたいなのを感じて、2学期からはたしかしませんでした。

 でも1年後、ぼくが中学に上がった夏休み、突然復活しました。

 海にいったとき、休憩と着替え用に借りた民宿の部屋で、海からあがったあと昼寝(夕寝?)したんですが、その前に着替えをかねてお風呂に入ったとき、ぼくがあがって体をふいてるとこに姉が戸をあけて入ってきたんです。


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年8月18日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】祭りで【告白体験談】

こんにちは。『Yu男』という者です。

一夫一妻制は、つい最近出来上がった夫婦の形で、昔は契りあうのは必ずしも生涯1人と言う事は無く、いろいろな夫婦の形があったようです。そんな男女の出会いの場と農村の楽しみの一つとして、祭りが有り、その時は無礼講となって未婚・既婚に関わらず性欲が欲するままに活動をしていました。

そんな訳で古来祭礼には、性的な部分が含まれ、明治時代に入っても一部の地域では、性的祭礼が行われていたようです。

そうは言っても昔は子供の生存率が極端に低くて、生む事が大切だった事もあるのかもしれませんね。ここも、近年まで、そんな慣習がまだ残っていました。

去年の夏、私達夫婦がはまってしまった・・はめられた・・そんな祭りでの話です。私の祖父の田舎から少し離れたある地域では、毎年、夏祭が行われます。神輿を担いだり、露天が出ていたり、一見普通のどこにでもあるような祭りです。

その祭りは、私が学生の頃、たまたま祖父の家に行った時、その地区の遠縁の親戚に臨時で神輿の担ぎ手をしてくれないかと、頼まれた事が始まりでした。実はこの祭りこそ、私が童貞を卒業した思い出がある物でした。この地区の祭り衣装は、キリリと締め込んだ褌姿と決まっていました。私も当然のことですが、褌にさせられました。

都会育ちの私の事、長くて白い布を渡され、どうするのか判らず、年配者から褌を締める指導を受けて自分も全裸になってから褌を締めましたのですがその時は、ユルフンだったようで、揉み合っている最中に褌が解けてしまい、全裸になってしまった経験があります。

お尻は丸見えですし、前袋もかろうじて局部を覆うだけで、毛深くない私の陰毛もはみ出し、全裸に近い状態で、恥ずかしかったのですが今は、幅を半分にしてよじる様に巻いていくと褌の出来上がり、この姿が一番格良く見えると思ってます。ハレの舞台・・神様の前では、何も着けない姿での奉仕が必要でした。昔は男も女もそうだったのでしょう。

だからこの日だけは特別。普通だったら猥褻物陳列罪なんて罰則があるのでしょうが、こんな姿で町中のうろうろしていてもOKなのです。暑い盛り、裸のほうがとても気持ちよく、また肛門にくい込む締め込んだ褌が男の機能を高めている様にも思います。

祭りの興奮も重なり、力水をかけられ、濡れて透けた褌の布越しに勃起しているのが丸分かり状態となっていました。

この祭りでは、そんな男衆が名物なのか、町内以外の人達も見に来ていて、女性達も男のそんな姿形を見るのが楽しみのようでした。

そんな訳かどうか、この祭りは女に許された男のストリップと言ってもいいのかも知れません。そんな状況なので、いったん外に出てから帰るまで褌姿です。2回目か3回目かの祭りの時、御神酒の酔いも手伝い、町中を抜けておじさんの家に帰ろうと歩いていたときでした。「あっ、Yu男ちゃん・・よね〜」と言う女の声でした。

年齢が近く、おじさんの家で遊んだ記憶がある女の子がいました。その声は、すっかり大きくなったその子でした。

大人の女に変身し、浴衣姿の彼女は、ほんのりと石鹸の良い香りがしています。その時も濡れた褌に亀頭の形を浮かび上がらせている状態でした。そんな私の股間をちらちら見ながら

「帰るの〜」と言う彼女に「うん」と頷く私でした。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年8月16日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】大学からの友人を寝取った【告白体験談】

大学生のとき、結構プライベートでも遊ぶ友達以上彼女未満みたいなさやか(仮)って子がいたんだよ。

だけど別にセックスする感じでもないし、(あっちが割と男勝りなところがあってってのと、154cmくらい?だったから妹みたいになってたんだな)まあ酔った勢いでキスまではあるけど、お互いそこは一線を引いてたところがあって。



で、社会人一年目になって、あっちからDVD観よってメールが来たんだよ。

まあこれはいつもの感じで、「あーどうせストレス溜まってるから愚痴りたいんだろうな」って。電車で二駅だから行ったわけよ、夜の9時くらいかな。



家に入ったら相変わらず露出の多い格好で寝転んでいるさやか。

メディキュットとショートパンツの寝間着、あとタンクトップ。



「久しぶり」

「もうちょっと着ろよ」

「良いんだよ暑いんだから」

「で?」

「早く観よ」

「どうしたの、今日は」


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】プールでツルリン事故【告白体験談】

<>539えっちな21禁さんsageNew!04/07/0815:15ID:oOS69GUh<>

つまんなかったらやめるけど、こんな事しましたって話。



数年前、同級生と砂浜でバーべQしたときにね、ムードメーカーのノリの

いい男の子が酔っ払って服脱いで夕暮れの海に飛び込んでいったの。

でそれに続けと言わんばかりに残りの男子がスッポンポンで海に突入。

私たち達は結構そういう展開に慣れてたから笑って見てたの。

でもね、そこからがいつもと違ってたの。股間に海草つけた男子が

「海底人だぁ〜地上の女をさらいに来たぞぉ〜」って女子を海に

無理やり引きずり込んだの。私たちもお酒入ってたし、そういうノリが

好きな子ばかりだったのでもう何とでもなれって、しばらく海の中で

裸の男子とじゃれてたの。



<>540えっちな21禁さんsageNew!04/07/0815:27ID:oOS69GUh<>

海に引きずり込まれて、抱きかかえられた時腰辺りに男子のアレが


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年7月13日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】とまってしまったえれべーたー【告白体験談】

とまってしまったえれべーたー



 学校が休みの土曜日、リュウくんとマミちゃんは、カゼをひいてねこんでしまったタッくんのうちにお見まいに行きました。

 タッくんの家は、十かい建てのマンションのいちばんてっぺんにあります。

 タッくんの家には、ふだん、せんぎょう主ふのお母さんや、短大生のお姉さんがいるのですが、今日は、たまたま二人とも用事があって家にいないのです。いるのは、タッくんのちっちゃな妹だけでした。

 それで、リュウくんとマミちゃんは、タッくんにお昼ご飯をつくってあげました。と言っても、つくったのはおかゆで、しかも実際に料理したのはリュウくんだけだったのですが。

 そして、お昼ちょっとすぎに、タッくんのガールフレンドのノンちゃんがやってきたとき、二人は“おじゃま”にならないようにたいさんしました。

「もっといればいいのに」

 タッくんのおでこにしぼったぬれタオルを当ててあげながら、ノンちゃんが言いました。

「そんなこと言って、ノンも、タッくんと二人っきりの方がいいでしょ♪」

 マミちゃんがそう言ってからかうと、ノンちゃんは、ねつを出してるタッくんよりも真っ赤になってしまいました。



「んふふー、あたしたちが帰ったあと、あの二人、どうするだろうなァ~」

 マンションの外ろうかを歩きながら、マミちゃんがそんなことを言いました。

「どうするって……タッくんカゼひいてるんだし、ミカちゃんもいるし……」


告白体験談関連タグ

||||||||

2014年6月25日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】バイト先の女が突然【告白体験談】

かなり昔の事なんだが、俺が学生だった頃の話だ。

バイト先で結構仲がいい友達Fがいた。たまにふざけあってくすぐったりする様な感じだった。

ある夜、アパートに一人でいる時にふと窓の外から駐車場を見るとFの車が止まってた。

そういえば、上の階にFの友達が住んでるんだったっけ。(俺は1Fに住んでいた)

まあ、気にもせずゲームでもして遊んでいると窓を叩く音がした。

窓を開けるとFが立ってた。

F「なにやってんの?」

俺「ん? あ〜、M(俺の彼女)が今日居ないんでたまにはゲームやってるだけ」

F「ふ〜ん。 面白い?」

俺「まあ、別に 何なら 一緒に遊ぶ?」

F「行く。」

ということでFがうちにあがってきた。





対戦型のゲームをしばらくやったかな。まあ当然だが負けることは無かったんだがw


告白体験談関連タグ

|||||

2014年6月25日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 2112345...1020...最後 »

このページの先頭へ