相互リンク先の更新情報!

【乱交・王様ゲーム】万引き女子大生の末路 【告白体験談】

この間の土曜、私が所属する社会人サークルであったおいしい体験の報告です。









このサークルのメンバーは30代〜50代の20人前後で、表向きはそこそこの規模の異業種交流会のようなものを催していますが、裏ではメンバー間のスワッピングや、SNSなどで知り合った人妻との乱交パーティーなどをしています。







最後の人妻相手の乱交から2ヶ月が経ち、そろそろ次がないかな、と思っていたところ、メンバーのKさんから嬉しいお誘いが。









Kさん「セフレの女子大生を複数プレイデビューさせたいんだけど、今度の土曜、都合つかない?」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年7月28日 | 告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談

【浮気・不倫】へっ? なんで…?? 【告白体験談】

『はい!』という声とともに、誰かが俺の背中をポンと叩いた。



ハッと我に返る。俺は自宅の居間でソファに腰掛けていた。

隣に座った奈津美が、つぶらな瞳で俺を見上げてる。



奈津美は高校の同級生。半年くらい前から付き合ってる。

かなり可愛くて、AKBの「たかみな」似…と俺は思ってるんだけどな。



『ほら、彼女もシタがってるよ。ヤッてあげな』



頭の中で誰かの声がする。抱き寄せたら、奈津美の方からキスしてきた。







2人とも性欲旺盛な16歳。まあ、人並みにやることはやってるわけで、


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2015年2月17日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【寝取られ】可愛い年下の彼女がおっさんに公開調教されてた 【告白体験談】

レナちゃんの家庭教師を始めてからというもの、安心してセックスが出来るようになった。



それまでは、漫画喫茶やビルの屋上なんかでこそこそやっていたが、今ではレナちゃんの部屋で愛し合えるようになっていた。

ただ、外でのセックス、、、それも、人が近くにいるような状況でのセックスに慣れてしまったレナちゃんには、普通に部屋で愛し合うのは刺激が足りない部分もあるようだ。





レナちゃんは、基本的にはまじめで一途な可愛い女の子なのだが、セックスに関しての好奇心が強すぎるところがある。

学校にノーパンで行ったり、ローターを入れたまま授業を受けたり、習い事のピアノの教室にもノーブラで乳首を浮かせて行ったりするようになっていた。

ピアノ教室は、男の先生だと聞いているので、やり過ぎだと注意はしているのだが、スリルがたまらないようだ、、、





今日も家庭教師の日なので、かなり早めにレナちゃんの家に行った。

いつものように、家にはレナちゃんしかいなく、ミニスカートで可愛らしいレナちゃんが出迎えてくれた。

「遅いよ!タッくん、もうレナのこと飽きたの?」

少しむくれて言うレナちゃん。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月25日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【レズ】「いいよ〜(めちゃあっさり)」 【告白体験談】

<>129:名無しさん@秘密の花園:2008/08/11(月)21:15:00ID:TRs96aTx<>



壮絶かどうかは解らないけど、私の体験談。





3つ年上のお友達の家に初めてお泊りに行った日の事。

その人の家で私が料理を作り、買ったお酒を飲みながら洋画を観てた。

お互い酒が入ると甘え癖がある二人で、その人は旦那の愚痴を、私は彼氏の愚痴を言ったり

しながら楽しくやってた。

で、なんか洋画がラブシーンになって(笑)

そしたらいきなりその人が私をぎゅっと抱き締めてキスをしてきた。

一瞬驚いたんだけど、私も女の人オッケーな部類だったのでそのまま甘え倒す方向に。

「…なんかさ、めっちゃ欲求不満なんだよね、最近」

「うん」

「イヤだったらイヤだって言ってくれて良いけど……もし良かったらエッチしても良い?」


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年9月13日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

【M男・痴女】昔付き合ったセーラー服が変態だった 続編 【告白体験談】

どうも。お待ちの方すみませんでした。



彼女とはたまたま浜松町の交差点で再会しました。会ったのは22の時が最後なので俺が34、向こうは33になっていましたが少し大人びた服装な位で何にも変わっていませんでした。

仕事中で時間がなかったこともあり、メアド交換して夜に都内の居酒屋で会いました。個室の席に着くなり、

「いやあ懐かしいな。ちょっと太った?先輩君は結婚したんだっけ?」

「したよ。Sと」

「ああー、大学の子?へぇー」

「Uは結婚したの?」

彼女はUとします。前の報告時は名前だしてなかったかと。

「いやーしてないんだよね。出会いが少なくて」

と12年ぶりのお互いの報告をつらつらと始めました。その時は下心とかなんもなかったんですが、酒も進み、Uがこの12年なにしてたかの話で、社会人になって大手の会社を2年で辞めてブラジルに留学したり、ドイツに留学したりしてた話になりました。

「なんか色々やってんだな。活動的ですごいわ。そういやあの時の大学院生は?」

「あー社会人になってからすぐ別れちゃった。向こうがブスと浮気したから」

「へー。その後は?」

「なんかね、特定のはいなかったって言うか、長続きしないって言うか…」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年9月7日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

【学校】おっぱいよりも太もも派な俺が「太もも触らしてくんない?」って頼んだら素晴らしいことになった話【告白体験談】

<>1:名も無き被検体774号+:2013/11/21(木)00:53:27.67ID:TlPIweUk0<>

スペック



高3、童貞、フツメン、おっぱいよりも太もも派





同じクラス、背高め162,3くらい?、佐々木希の顔を薄くして縦に伸ばした感じ、以後佐々木



この前の週末が文化祭だったんだ

とにかく学校中の生徒がテンションあがってた

文化祭な終わっても冷めず

めっちゃ楽しかったからな

ちな共学



そんで俺はクラスで借りてたベニヤを返しに行くことになったんだけど


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【浮気・不倫】居酒屋でナンパした美巨乳新人OL菜摘と。朝っぱらから中に… 【告白体験談】

ケータイのバイブ音で目が覚めた。

一瞬でハッキリと頭が働くんだけど体がどうしても重たい。仰向けに寝ていた俺の左傍らで、背中を向けて身を屈めるようにして眠っている菜摘のキレイな髪の毛を見つめる。ええぇ、と。合計何回だっけ?頭のなかで昨夜の出来事を振り返る。

仕事上の飲みを早々に切り上げた後に居酒屋で菜摘に声をかけて連絡先を交換した。次に行ったダーツバーでマリエと知り合い、そのまま非常階段で1回、そうだ、マリエとは明日ランチ行く約束してたっけ。その後終電に乗り遅れた菜摘と落ちあい、一軒寄ったあとにうちに連れ込んで…、2回、バスルームでは口でイかされたなぁ…。

充電のケーブルに刺さった菜摘のスマホは未だ断続的な振動を送っているけど菜摘一向に起きる気配を見せない、小さな寝息とともに微かに肩が上下してるだけだ。



後ろから覆いかぶさるように菜摘を抱きしめる。

「菜摘ちゃん、おはよう。電話鳴ってるみたいだよ」大方鳴らし続ける人物は見当がつく

「うぅん、おはよう。今、何時ですか?」菜摘は殆ど動かないまま、こちらも見ずに尋ねた。

「えっとー、まだ八時だね」

「土曜の八時とか…きっと彼氏なんで、電話ほっといても大丈夫です」そうこう言ってる間にバイブがピタリと止んだ。

俺は菜摘の腰元に置かれた右手でゆっくりと菜摘の体のラインをなぞる、昨日夢中になった身体はやっぱり抜きん出てきれいな曲線となめらかな肌を持っている。そのままその豊かな胸に手を伸ばしその柔らかな弾力を楽しむ。起きた時からすでに膨張していた俺のその部分が菜摘の尻の割れ目に押し付けれるかたちになっている。

「あっ、はぁん、隆さん、朝から元気過ぎぃ」半分眠ったままのような声だ。

特に返答することもなく、うなじから肩甲骨のあたりに唇を這わすと左手も菜摘の体の下を潜して空いていたもう一方の乳房を鷲掴んだ。両手の指先で先端の敏感な部分を刺激する。

「あぁっ、んっ」切なそうな吐息に俺のそこも硬度を増す。半分寝息のようだったその声は次第にしっかりとした喘ぎに変わっていく。菜摘が当たっているモノから逃れるためか、もしくはより敏感な部分に触れさせるためか、腰をくねくねと揺すった。肉感豊かで大きめの尻に刺激されてほぼフルの状態まで目を覚ます俺のティン◯に菜摘は後ろ手に触れてくる。

「昨日3回も出したのに、もうこんなになっちゃってるんですね」昨日と同じ、少しイタズラっぽい声のトーンだ。後ろでとは言え菜摘の手指の使い方は巧みだ。肩と首を回してこちらを見る菜摘。新社会人らしいナチュラルなメイクはすでに落とされていたけど、そのしっかりとした目鼻立ちは昨夜と何ら劣るところはない。


告白体験談関連タグ

||||||||

2014年8月7日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】先輩の彼女と【告白体験談】

<>945えっちな21禁さんsageNew!03/10/0813:56ID:ZwtE4hJF<>

大学3年の冬、サークルの仲間とスキーに行った時の話。

彼女が風邪をひいてしまった俺は単独で参加した。

一緒に行った先輩(4年)の彼女(1年)はお嬢様学校出身の色白小柄な子で説明会の日から先輩が目をつけていて半年かかって口説き落とした自慢の彼女だった。

日も暮れてきてそろそろ帰ろうかと話していた矢先に先輩が骨折してしまった。

救急車で運ばれ入院することになり先輩の彼女は自宅の一番近い俺が車で送ることになった。

「絶対手をだすなよ!」と先輩は笑いながら念を押し、彼女も「いやあね、変な想像しないで。」と笑っていた。

門限も厳しくて外泊禁止なのでHのチャンスが少なく、クリスマスも家族で過ごすからとおあずけをくらって飲み仲間を探していた先輩を思い出した。

病院に行ったり荷物をまとめたりしていたので帰る頃には真っ暗だった。

高速はすごい渋滞で全然先に進まなかった。

彼女と下らない話をしながら1時間もすると仲間の車も見失い、時計を見ると8時過ぎで、晩飯も食べてないことに気付いた。

SAはまだまだ先、それより彼女もトイレを我慢してるんじゃないか。





<>946えっちな21禁さんsageNew!03/10/0813:57ID:ZwtE4hJF<>


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月25日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【学校】先生【告白体験談】

中学の三年間、僕はイジメにあっていました。

小さい頃から引っ込み思案で、友達も少なく、そういうところに原因があったんだと思います。

イジメといっても、僕の場合は主にハブ・シカトという形で、カツアゲやリンチなど、幸い暴力的なものはありませんでした。

囲まれたりこづかれたりすることはあったけど、世の中には僕より辛い思いをしてる人がたくさんいるはずで、

そういう人達のことを想えば、僕の受けた仕打ちなんて大したことではありませんでした。

そんなみじめな学校生活を送っていた中三の春、若い女の英語の先生が副担任として赴任してきました。

芸能人みたいに綺麗な人で、少し勝ち気なところもあるけど性格も良くて、すぐに皆の人気者になりました。

そんな先生は、イジメられている僕を守ってくれました。

僕が囲まれてガンつけられてたりすると、そこに割り込んで助けてくれました。

学校の中で唯一、先生だけが僕に話し掛けてくれました。

その年の夏も終わりに近づいたある日、次の日のPTA集会の準備をうちのクラスがすることになりました。

放課後、清掃の時間が終わったら、各々が講堂に行き、約200人分のパイプ椅子を並べることになっていました。

僕が掃除が終わって講堂に行くと、初めは皆で準備してたのに、

だんだん僕の周りから人が離れていって、最終的に講堂の中には僕一人だけがぽつんと残されてしまいました。

しょうがないので、あとは僕一人で準備をすることにしました。


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月23日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【学校】教育実習生のお姉さん【告白体験談】

知り合いのお姉さんが教育実習生として、俺の中学校にやってくる

話なんです。俺にとってはものすごくエッチな思い出です。



アレは、中1か中2だったと思うんですが。

小さい頃にいつも遊んでくれた近所のお姉さんが、教育実習生と

なって俺の通う中学校に来たんんです。

最初は誰なのかわかんなかったんだけど、放課後に

「○○○おっきくなったねー」

なんて言われてようやく誰なのか気付きました。



小学校〜当時まで鍵っこだった俺は、公営住宅みたいなとこに住んでて、

そのお姉さんは近所というか、正面の部屋に住んでいたのです。

夜9時くらいまで帰ってこない共働きの両親を待つ間、俺は毎日のように

お姉さんのお家に遊びに行っていました。

遊びっていうか、その家庭に俺は預かってもらってたのかな?


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月18日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談
1 / 1712345...10...最後 »

このページの先頭へ