相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】妻の告白【告白体験談】

妻が自分から過去の男性の事を話してくれたのは、結婚して子供も大学に進学し、二人きりの生活になってからでした。

ある夏の初めの日曜日、俺は一人でビデオを見ていると妻が俺の部屋に入って来て、「エッチビデオ、一緒に見よう」と。

私がそれを持っていることは知っていましたが、一度誘ったことがあるんですが、「そんなものみたくない」の一言でした。

見初めて30分位したころ、俺の股間に手を置いて「しようよ」と誘って来ました。俺は意地悪して「なにを?」と聞くと「これを入れて・・・」と言うので「なら、ここで、全裸になってくれよ」と言うと、以外にも素直に立ちあがり、スカートを下し、シャツを脱ぎ、ブラとパンティーだけになりました。俺は「全部脱いで、祐子(妻)のあそこを見せてくれよ」と言うと「だったら貴方も全部脱いで」と。俺は全裸になるともうすでに勃起していました。妻は俺に仰向けになるように言って、俺の上に乗り、勃起したペニスを握るとそれを妻のあそこにあてがうとゆっくり腰を下しました。ずぶりと入ると初めて妻は自分から腰を動かし始めました。俺は「初めてのわりにはうまいじゃないか」というと俺の目を見て「結婚前付き合っていた男性としたことあるから」と。それからいろいろ聞いていると「私ん字とって初めての男性で2年間近く付き合っている間に、コレを口に含むことや、四つんばになってのセックスや、男性がオナニーをする行為も見せてくれた」とのことでした。俺はチャンスだと思い「その他に何人の男性とセックスしたの?」と聞くと「他に2人だけだよ」と。都合俺以外の男性とは3人経験があるわけだと初めて知った。「どの男性が一番よかった?」と聞くと「よく判らないけど、一人の男性は挿入だけでなく、私の身体中を愛撫してくれたの。すごく恥ずかしかったけど、愛してくれているんだと思うとすごくうれしかった。」と。ついでに「結婚してからもオナニーはしているの?」と聞くと、「あまりしないよ。だってコレがあるから・・・」と握って来た。俺は「でもすることはあるんだろう?」とたたみかけると「月に2~3度」って言うから「どこでしているの?」と聞くと「居間のソファーに座って・・・」と。「昼間にか?」と問うと「なんだかむずむずしてきて、貴方が帰って来るまではまだしばらく時間があるし、

まちどうしかったから、少し触ったの」と言うので、「女性のオナニーってどうしてするの?一度見せてよ」と言うと妻は

「じゃあ、貴方がしているのも見せてくれる?」と言って来た。以来、布団を二つ並べて寝ているけど俺は自分でしたくなったら隣で妻が寝ていようと目がさめていようとしている。妻も2度ばかり俺が寝入っていると思ったかどうかわからないけど、

想像で、布団に入る前にパジャマのズボンとパンティーを脱ぎ、仰向けになって手を股間にはわし、エッチしているのを薄眼を開けてみたことがある。最後は枕元に置いてあるティッシュで拭いていた。朝目を合わせても知らん顔だった。

その後妻の整理たんすからパンティーを出して、妻が布団に入る前に顔にかぶりオナニーをしてその後、布団の下に隠しておいた、翌晩みるとそこにはパンティーはなかった。後日代わりのパンティーが置いてあった。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年9月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻の変化【告白体験談】

私もこのサイトで刺激を受けた40歳のサラリーマンです。妻は37歳になりますけど私とは違って淡白で清楚な女です。

私の友人達からも一応はモテるルックスなのですが、しもネタは禁句といったイメージを持たせる女です。

そんなある晩に妻を抱きながら「お前、俺以外の男に抱かれるのなら誰がいい?」と質問をしてみました。

妻は「バカなこと言わないでよ!」の返答でした。

そこで私は「何か刺激が欲しいから誰でもいいから俺以外の男のことを想像してオナってくれないか?」と続けました。

妻は淡白とはいっても私の前でオナニーした経験は何度かありましたから玩具を手にとっていつものように一人でやり始めました。

そこで私は、「他の男の誰かを思い浮かべてしてくれ!」と、お願いしました。

すると妻は「怒らない?だったら、貴方の言うとおりにするわ。」と、その気になりました。

「いいとも!誰だろうと、これは架空のことだからね。」と、妻の気持ちを楽にさせてあげました。

その後、妻は「貴方、ごめんなさい。私は会社のW君が気になっているの。W君に抱かれることを想像させて・・・」

と、お酒の酔いも助けて本音らしいことを言ったのです。

私は「いいよ。W君なら俺も良く知っているから安心だよ。」と、妻をリラックスさせて上げました。

妻は、そこから集中して「W君・・・アァー!・・・

気持ちいい!」などと絶頂に達するかの勢いでした。

私は、そこでこっそりビデオカメラを手にして撮影しました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年9月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻の隠し物【告白体験談】

俺が30歳、妻が29歳の時結婚。妻は4大を出て大手金融機関に勤めています。俺は地元の工務店。

結婚して7か月位経ったある日、仕事から帰った俺は探し物をしていた。整理タンスのを探していると奥の隅に小さな袋に入ったものがあった。気になった俺がそれを開けるとそこにはなんとピンク色のローターとバイブが入っていた。本当にびっくりしてしまった。俺と妻はお見合い結婚です。お付き合いをしている間の二人はキス以上の関係は持てなかった。最初に妻とキスをした時も妻はきっと初めての経験ではと思った位、うぶで恥ずかしさを満面に浮かべていた。新婚初夜の時、はっきりとそれはわかった。妻が言うのには中学、高校と女子校で、それも進学校だったので勉強だけで、男子生徒と交わる機会もほとんどなかったとのこと。

そんな妻も年頃になれば、異性に興味をもち、いつから始めたのかオナニーをしてもおかしくはない。まして29歳まで男経験もないなかで、妄想と本能から来る性的欲求を手だけでは物足りズ、どこで知ったのかローターとバイブで慰めていたことだろう。確かに妻が結婚するとき持参した妻の下着も決して派手なものなど一つもなかった。白とベージュのブラ、パンティーもビキニでなくオーソドックスないわばおばさんが穿く様なもので色も白とベージュだった。フェラをしてくれるようになったのも結婚して半年位経って、俺の要求に対して、決して上手ではなくただ口に含むだけのものだった。セックスするときも仰向けになってわずかばかり両足を開く程度だから。じっと眼を閉じて口を結んでいるだけ。俺は今でも妻がそれをいつ使っているのかも知らない。

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月24日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】愛妻を淫乱な女に・・・智子編【告白体験談】

私達夫婦(智・33歳、愛・36歳)  私の願いから妻・愛を清楚な女から淫乱な女に変えていった現実の話を聞いていただきました。今回は友達夫婦(直樹・33歳、智子31歳)の話しをさせて下さい。

直樹は私以外の男を知らなかった妻を罠に嵌めた協力者です。

直樹と智ちゃん夫婦には子供がいません。

子供が出来ないのを理由にレス状態になっていました。

しかし、愛が間に入って二人で話し合った結果、子作りに努力していましたが1年経った時点でも妊娠の兆候はありませんでした。

直樹は変わっていく妻のように智ちゃんも一緒にセックスを楽しんで欲しいと洩らしていました。

直樹は智ちゃんとのセックスのたびに『他の男とセックスしてみないか?』とか、『誰か他の男と3Pしよう?』などと言ったりバイブやローターを智ちゃんに使ったりするようになったらしいのです。

心配になった智ちゃんは、普段から姉と慕っている愛に相談してきました。

「愛さん・・・相談したい事があって・・・」

「いいわよ。どうしたの?」

「電話では話しにくい事なんです。週末、直樹さんは出張でいませんのでお邪魔してもいいですか?」

「あら、いいわよ。うちの人も土曜日はゴルフだし、そのまま飲みに行くって言ってたからお泊りにくる?一緒にご飯を食べてお酒でも飲みながらゆっくりと話しを聞いてあげるわよ」

「じゃあ、5時頃にお邪魔します」

「ええ、いらっしゃい。待ってるわ」

電話を切った愛は私と直樹に連絡してきました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年8月19日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【学校】私の体験【告白体験談】

実体験談です。

私は以前からクラスでもそんなに目立つタイプではありませんでした。小学校、中学、高校、現在に至るまで男の人とお付き合いしたこともありませんでした。そんな私ですが一つだけ誰にも言えない秘密がありました。小学校のころ、1時間目の授業が体育の水泳だったことから家から水着を着ていきました。ですがうっかり下着を持っていくのを忘れてしまい困ったことがありました。5年生の時でした。胸も洗濯板なみでブラもしていませんでしたので・・・このころは男子とは別の更衣室で着替えていましたが、その日に限って日直が男の子2人の時で、後片付けにやって来ました。私は目立たないだけでなく気も小さく全裸にタオル一枚で困っていました。服くらい着ておけばよかったのですが。外で声がしました。

A君「じゃあ俺戻るから、それだけ頼むな!」

B君「わかった、おれもこれだけだからすぐ行く。」

ほっとしました。震えながらも服を着て私は外の様子をうかがいながら更衣室を出ました。そこで思いっきり転んでしまし、ワンピースだった私の下半身は丸見え・・・調度備品室からB君が出てくる気配がしてあわてて起き上がり、事なきをえました。そのときは何ともありませんでしたが、帰り道にアクシデントが。B君と出会ってしましました。足早に立ち去りたい私は小走りに通り過ぎようとしました。通り過ぎた時、呼び止められました。

B君「なあ、わりいんだけど今日の宿題教えてくんね?」

えっ??なんだそれだけか、。安心した私がいました。B君とはご近所で少しは話したこともあるので不思議ではありませんでした。宿題もちょっと難しいだけで、量も大したことなかったので帰り道にある公園でやることにしました。20分くらいでしょうか?宿題も終わり帰ろうとしてカバンを背負うと後ろを向いて前かがみになったその時、スカートをバッとまくられました。もちろんB君の位置からは全部丸見え・・頭の中は真っ白、恥ずかしくて、怖くて・・・・

B君「なあ、今日あや(仮名)やっぱ履いてなかったんだ。」

見られていたようです。更衣室前で転んだ時に。何をされるのか怖くて怖くて声も出せずに泣いていると、B君が

B君「なあ、全部見せてよ・・・」

えっ?全部って・・・・・思った通りになってしまいました。私の性格では抵抗する気など少しも無く、自分から裸になってしましました。とにかく言うことを聞いて早く終わらせたい、そう思う私が一番強かったです。しばらくは何もされませんでした。多分、全身見られていたんだと思います。11歳の私には陰毛もありませんでしたし、本当に丸見えです。少したった後今度は触られました。胸も、乳首も、クリも、お尻も、全部です。彼にはお姉さんがいたので少しは性知識があったんだと思います。クリを執拗に責めてきました。私は性知識なんてほとんど無かったですから、だんだん変な気持になっていく自分が不安でした。濡れはしませんでしたが『ふっ、ふっ・・』と息を漏らしていたのを覚えています。そのあとはよく覚えていません。気付くとB君はいなくなっていて裸の私だけがいました。服を探して帰ろうとすると服がありませんでした。裸で帰るわけにもいかず、おずおずと探しているとありました。道の真ん中に。車の通る道ではありませんでしたが見晴らしの良い遮蔽物にない場所でした。B君がやったんでしょうか、でも誰かに見つかることは怖かったですが、一刻も早く立ち去りたかったので意を決して取りに行き、物陰に隠れ服を着ました。家に着くとがくがくと震えながら部屋にもどりました。。。

次の日から、B君の執拗な責めがはじまりました。今で言うならいじめだったとも思います。学校では何も仕掛けては来ませんでしたが、帰る時下駄箱の靴の中に紙が入っていました。字のようなものが見えたので開いてみると、B君からの呼び出しでした。『1年生校舎の男子トイレに来い。』私ですから抵抗できません。行ってみるとB君が待っていました。中へ連れて行かれ、個室へ連れていかれました。

B君「よく来れたな。昨日は・・・・」

半分は耳に入ってきませんでしたが、これだけは聞こえました。『ここで脱いでよ。』抵抗できませんでした。狭い個室の中で服を脱ぎました。下着も。するとすぐに下着をとりあげられました。驚いた顔をしている私にB君は、

B君「じゃあな」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月15日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【友達】欲求不満気味です。【告白体験談】

今、リビングでテレビ番組を見ながら投稿しています。

旦那は夜勤で子供は寝ています。

私がエッチに興味が有るのは去年の夏に主人に内緒でスワップ会に参加した事が有ります。

それはゴルフ場で開かれスワップです。

男性は4人で女子は私ひとりでした。

裸でラウンドさせられ4人の男性とセックスをしました。

主人はエッチでないのです。

私はエッチです。

エッチな事が大好き希望しております。

こんな投稿変ですか?

こんな女はどうですか?

変ですか?

今からオナします。

告白体験談関連タグ

||

2014年8月15日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【学校】SATO 美和子物語 私の好きな方法【告白体験談】

美和子のベッドでのお話です。

夫との数年間、竹下さんとの14年間、そして今は吉井さんとの新しい生活を始めています。

先日、妊娠中絶の手術を受け、術後に医師の先生から30日間は夫婦生活を慎む様に指示されています。

それでも、夜になって一人でベッドに入りますとモヤモヤした気持ちになります。その気持ちを抑えるには自分でアクションを起こさなければなりません。

最初にオナニーを覚えたのは生理が始まった時です。中学一年でした。性器の汚れをきれいにした後でクリを触った時に初めて快い気持ちになりました。

それ以来、ベッドへ入りますと殆ど毎日、オナニーをしていました。最初は自分で乳房を揉んだり押さえたりでした。

やがて、性器を包むようにして押さえます。人差し指でクリを圧迫したりクリを剥き出したりです。

やがてエスカレーションして膣の内部に指を入れます。

自分の中指を男性器に見立てて上から押しつけていました。乳液を塗れば潤滑油になることを発見しました。

この状態で高校卒業までを過ごしていました。

大学は女子大でしたから東京からの友達と仲良くなり彼女のアパートに出かけました。

ある日、二人でワインを飲んでから狭いベッドで横たわりました。

二人は睡魔に襲われて暫くの間眠りました。

二人はブラウスを脱いでブラとショーツだけでした。

友達の美智子さんが美和子の胸に触れました。そして、クリにも触れてきました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【人妻・熟女】美和子物語 竹下さんの浮気【告白体験談】

週末は竹下さんとのデイトで過ごすようになっています。

水曜日に電話が有って場所と時間を約束していました。

彼と落ち合って食事を済ませてから彼の住まいへ行きました。

美和子は濃厚なキスだけで朦朧としています。彼の包み込むような舌がにくい。

いつもはキスから始まって、69スタイルで相互愛撫を始めるのですが今日は違っています。

彼が私の上にかぶさって正常位から始まりました。私のベビーは彼のお口での愛撫を望んでいますのに・・・。

69スタイルをお願いしましたら、彼が正常位からずり下がってキスして呉れました。

私も彼のジュニアーをキスしたいと思いましたので69を試みますが彼が許してくれません。

『変だな』と、思って合体を中止し、彼にブランデーを飲ませてから質問しました。

疲れていらっしゃいますか?と言いましたら、仕事が多忙で疲れているとの説明でした。

何時もでしたらジュニーへの愛撫や合体して5分くらいで最初の射精が有ります。更に、4~5回の射精が有りましたのに・・・。

この日に限って射精の兆しが有りません。

女性の六感で、『浮気している』と悟りました。

酔っぱらった竹下さんをベッドに横たえましたら彼がすんなり従って呉れました。

暫くすると軽い寝息を立てています。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月13日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】オナニー【告白体験談】

私は35歳の主婦です、先月のとある土曜日高校の同窓会があり実家のある○○県に戻り、同窓会に出席しました、私は結婚して7年旦那、子供に恵まれ何の不満(夜の方も)も無く暮らしています、同窓会が終わり、仲良しだった女4で独身の子の家で飲みな直す事になり、彼女の家に行きました。

彼女の家に着くと、1人の友達が「今日は家に子供1人なの呼んでもいいかしら」てことで、皆が面識のある彼女の14歳の子供も呼んで5人でお酒やらジュース(子供には)を飲んで日常の会話を楽しんでいました。

すると1人の友達が下ネタ話を切り出しついつい下ネタ話に花が咲きそれぞれが夜の報告となり、私は結婚7年目でも週に3回は夜の行為があることを報告すると、皆から「まゆは遅咲きね、高校時代一番奥手だったのに、今では一番活発ネ」て皆から冷やかし半分羨ましがられ別の友達が「まゆには卒業旅行の時に借りがあるんだよ」言い出しました、そう卒業旅行の時皆で悪ふざけして、1人づつ服を脱いで見せ合いっこしたんだけど、私は自分の番のなる前に少しのお酒で気分が悪くなり私だけ脱がずにお開きに、(1人の子供がいる為、卒業旅行での行為は誰も口にせず)何か私を脱がせようと皆が盛り上がり、この場を押さえることはもはや不可能な状態に、何度か抵抗はしたもののもう手に負える状態ではありません、仕方なくここで少し脱ぐハメになり、来ていたワンピースを脱ぎ下着だけに、私の下着は旦那好みの少しエッチポイのが多く今日の下着もピンクのエッチポイのです皆から「キャーエッチな下着」て冷やかされ、終わろうとしたんですが、何してるの下着も取らなきゃ・・て言われブラを外し高校のときは小さめだった胸も、今では大きな膨らみがあり皆から「旦那さんにかなり揉まれたのネ」て冷やかされつつ「パンツも当然取っ手ネ」て1人の子供が居たので躊躇したのですが、その子も全然平然としており、仕方なく全裸に、35歳にもなって人前で(それも仲良し友達)で脱ぐなんてかなり抵抗があり、でも体はお酒の勢いもありかなり火照って、乳首は少し立ち気味で恥ずかしい部分は少し湿り気があり、皆に気付かれ無い様にと願ってたんですが、この家の友達は気付いていたのか奥の部屋から箱に入ったある物をそれは、この世の物とは思えないほど太いバイブでした、

1人の子が「美智子こんなに太いの使ってるの」て言い出し

美智子が使う姿を不意に想像してしまった私は、乳首はピンピンに立ち恥ずかしい部分は皆が気付くほど湿ってきたんです、友達の子供がいたずらにも「まゆさんこれで今からオナニーするの?」て意外な声が、私はわれに返り冷静になったんですが体は聞いてはくれません、ますます湿り気は抑えることが出来ず、ついに皆の前でオナニーショーを披露してしまったんです、翌日家に帰りなんか落ち込んでいたら、友達から1通のメールが「昨日のまゆのオナニー思い出し今から1人で楽しみます・・・」てそれを想像しながら私もまたオナニーをしてしまいました。(その時は誰にも見られずに)

でも、見られる快感は今でも忘れません、私て遅咲きなのかな???

告白体験談関連タグ

||||||

2014年8月13日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】娘と・・・・【告白体験談】

俺には25歳の娘がいます。

娘はすでに結婚して大阪に住んでいます

この春、仕事で大阪に出張した時、娘に電話すると夕食を食べていってと言われたので俺はワインを2本かって娘のマンションに行きました。

娘に逢うのは孫が生まれてから、半年ぶりだったし孫の成長を楽しみにしていました。

娘のマンションに着いたのはたしか7時ごろだったと思います。

娘の旦那はその日は夜勤だったみたいで丁度出社するところでした。

タイミングが悪かったなぁと思いつつ、ワインを娘に手渡しました。

すると娘は

「ずっとお酒やめてたんだぁ」というので

「なんで?」と聞きなおすと

「母乳からアルコールがでちゃうかもとおもって」と答えました

ってたわいもない話をしているうちに嫁の旦那が仕事にでかけました

「ワイン飲む?」って娘に聞くと

「うん。飲みたいなぁ」っていうので

「じゃ先におっぱいあげたら?」というと


告白体験談関連タグ

|||||

2014年8月4日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 2512345...1020...最後 »

このページの先頭へ