相互リンク先の更新情報!

【初体験】【童貞】オフ会で知り合った女子高生との思い出【男の見栄】【告白体験談】

<>24 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 00:25:59 ID:uJQzbyfU0 [1/11]<>

大学入学当時DTだった俺は、その当時毎日のようにアクセスしていた携帯チャットサイトの友達である美紀と、他数名のチャット友達とで大阪OFF会をした。美紀は俺より一つ年下の高3。とても背が高く凛とした顔立ちの美少女だった。当然、血気盛んな俺は鼻息を荒くしていた。一目惚れだった。その晩、みんなで酒を飲んでから解散ということになっていたのだが、俺はカッコつけて酒をガバガバ飲んで、ダウンしてしまった。あまり記憶に残っていないが、なんとか電車に乗せてもらったらしく、途中まで路線が同じだった彼女が介抱してくれたのだそうだ。その詫びをしたいということもあって、後にメールアドレスを交換し、何度か会うようになって、初夏に俺たちは付き合うことになった。



<>25 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 00:43:39 ID:uJQzbyfU0 [2/11]<>





<>26 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/04/16(木) 00:53:23 ID:RjL2twzy0<>

再開



<>27 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 02:02:18 ID:uJQzbyfU0 [3/11]<>

でも俺は、自分がDTだと言うのが恥ずかしくて美紀には百戦錬磨ぶっていた(イタいね)。彼女とは付き合うようになる少し前から、カラオケボックスでたびたびエッチなことをしていたから、本番もなんとかなると思っていたんだ。そして、夏の暑い日にとうとうラブホに入った。カラオケボックスで予習したのはキスと胸、マンコの愛撫まで。マンコも、指こそ入れは下が未だにナマでは見たことがないというありさま。手が震えそうになるのを必死にこらえながら、すげードキドキしつつ彼女をベッドに押し倒した。ついにセックスができるという喜びよりも、いかにDTであることを悟られずに済ませるか…その気持ちの方がはるかに強かった。



<>28 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 02:11:10 ID:uJQzbyfU0 [4/11]<>

ぎこちないディープキスしながら、なかなか外れないブラのホックにイライラ。彼女は「もう、雰囲気台無しやんw」と笑いながら、ホックを外すのを手伝ってくれた。それによって立場が悪くなったと感じた俺は、軽くパニックになって乳を揉むのも忘れて彼女のパンツを引っ剥がす。照明の落とされた薄暗い室内でさえ、初めて見る生マンに圧倒される。できおるだけ心を落ち着けて、カラオケボックスでやったようにしてやる(彼女はクリ派)。次第にしっとりと濡れ始め、彼女が甘い声を漏らし始めた。少し安堵。こっちも緊張はしていたが、体は正直で幸い勃起していた。俺も心に余裕が出来てきたので、気持ちよくなりたくて、彼女の体に股間を押しつけていると、それを察してズボンの上から手で刺激してくれた。今まではこちらが触る一方で、触ってもらったことはなかったから、思わずのけぞった。




告白体験談関連タグ

|||||||

2014年2月19日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【フェラチオ】【セックス】チンポの味見はすぐにOK 歪んだ貞操観念【危機一髪】【告白体験談】

<>64 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/11/25(日) 22:48:58 ID:gP0BrtP30 [1/5]<>

飲み会で知り合った人と二人でカラオケへ。歌っているうちに、男が首筋辺りにキスをしてきた。で、そのままディープキスされて、乳をもまれた。ストッキングの上から、アソコを触ってきたので「ストッキングはいてるから無理だよ」と言うと、ストッキングの中に手を突っ込んできた。彼は、迷わず、クリをクチャクチャいじり始めた。私はカラオケを歌いながら、彼は私の中に指を突っ込んだまま。もちろん、彼の指の動きによって、カラオケの音程もどんどんおかしくなる・・・。カラオケが歌えないほどになり、そのまま、またディープキス。



<>65 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/11/25(日) 22:49:47 ID:gP0BrtP30 [2/5]<>

やがて、彼が自分のベルトを外す音が聞こえた。私の手を掴んだ彼は、自分のペニスの上に私の手を置いた。気が付くと、彼のズボンから、ペニスだけが顔を出してた。「味見して」と言われ、そのまま私はペニスにしゃぶりついた。ストッキングとパンツを脱がされた私にアソコに、再び指を突っ込まれ、中をかき回される。思わず、あえいでしまう。



<>66 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/11/25(日) 22:50:48 ID:gP0BrtP30 [3/5]<>

入れていい?」と言われるが、コンドームがないことを理由に拒否。だけど、なんとなく、彼の体勢がおかしい。たぶん、このまま入れられてしまうような感じがした。「コンドーム持ってないでしょ。やめて」「大丈夫。外で出すから」「ダメ。子供で来ても責任取れないでしょ」「大丈夫だって。ちゃんと外に出す」そんなやり取りが続く。



<>67 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/11/25(日) 22:52:03 ID:gP0BrtP30 [4/5]<>

「やがて、彼は、自分のペニスをしごき始める。「こうやって、やるんだよ」言われるままにペニスを握ってしごく私に、彼は「なんだよ、男も逝かすことが出来ねーのかよ」と。「ごめんなさい」そのままディープキスをしながら、彼のペニスをしごいた。彼は、うめき声をあげる。「味見、して」と、言われ、再びフェラ。「もっと、奥まで咥えろよ」と頭を抑えつけられる。



<>68 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/11/25(日) 22:54:10 ID:gP0BrtP30 [5/5]<>

必死に、彼のペニスにむしゃぶりつく。喉の奥に、ペニスが当たる。「いいか、きちんと受け止めろよ」そう言われ、数秒後、私の口の中には、ドビュッと生暖かいものが広がった。「うっ・・・・」気持ち悪くなって、ウーロン茶が入ってたコップに吐き出した。白い液だった。口の中に射精されたのだった。その後も「入れたい」という彼を「ゴムがないからダメ」と拒み続け、なんとかやられなくて済んだ・・・。




告白体験談関連タグ

||||

2014年2月5日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

【寝取られ】寝取り!高校生の時に彼氏持ちクラスメートに中出し御免【告白体験談】

<>154 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 00:23:52 ID:ziv18kFx0 [1/22]<>

高校の時に、同じクラスで羽川のいう女子がいた。羽川は、まあものすごい美人というわけでもないんだけど少し天然でありつつ、おしとやかではないもののそれに近い感じがする女子だった。最初の席が出席番号順で男子女子で隣の席だったのもあるし一年の時は秋に一回した席替えでも、羽川は前の席に一年中席が近かった。1年の夏前にはっきりとは口にしてなかったけどどうやら彼氏ができたみたいで俺は複雑な気持ちだった覚えがある。はっきりと羽川の口から聞いたのは、他の女友達が羽川に彼氏の事を聞いていて羽川が少し照れながら「そんな事ないって~」と彼氏の事で何か聞かれていて笑いながら否定していたのを聞いてその女友達から、羽川の彼氏どう思う?と聞かれた時だと思う。(どう思う?と言われても話を全部聞いてないから分からんかったけどさ)



<>155 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 00:31:06 ID:ziv18kFx0 [2/22]<>

夏休みを終わって二学期。教室にいって羽川を見ると、何か変わったなぁという雰囲気を受けた。いかにも女子高生みたいな感じとか、そういう感じではないけど夏休み前が中学生の延長なら、夏休み後は垢抜けて女子高生になった感じかな。膝上前後だったスカートは膝上15センチぐらいになり白のソックスだった靴下は、当時流行が終わったのか微妙だったけどウチの高校では主流だったルーズソックスになりブラウスも上2つボタンが空いて、ネックレスを着けていたし髪の毛も派手な茶色ではないものの、これくらいなら女子の中ではそんなに目立たないくらいの色にはなっていた。あと俺の主観だけど、胸が大きくなった感じで足が前よりいやらしくなった感じがした。



<>156 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 00:34:58 ID:ziv18kFx0 [3/22]<>

夏休みの間に彼氏としたんだよなと思いつつもあんまりそれを認めたくない俺がいた。それでも、羽川が相変わらず、少し天然でおしとやかに見える感じの女子だった。まあ、その頃になると、他の女子でも垢抜けた人がいたし夏休み前から抜けてる人もいたんだけど、休みあけからそれが加速した感があり友達の話で「○○、スカート短くなったよな?もうちょっとで見えそうだったのに!」というようなエロ会話も増えてきた。



<>157 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 00:39:20 ID:ziv18kFx0 [4/22]<>

女子の会話でも、彼氏がどうこうという内容はとぎれとぎれ聞こえるけど、さすがに男子の前でいう奴はいなかったので女子の中で終了して、たまに一部分が聞こえて、その女子があわてて制止する感じだった。こうして、一年の冬が終わり、もうすぐ一年が終わる時にふと羽川が彼氏と別れたという話を聞いた。女子数人に俺と友達で聞いていたのだけど羽川はけして彼氏が悪いと言わずに、「もう終わったことだしさ」といい自分の中だけで完結させているような口ぶりで真面目な羽川の性格が俺には逆に痛々しかった。



<>158 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 00:42:25 ID:ziv18kFx0 [5/22]<>

終業式の日に男女7人で羽川の事と、一年が終わったという事でN駅で降りて、ボーリングしてカラオケをした。それが終わり、電車に乗り、俺と羽川は方向が一緒で液が一つ違いだったので、一緒に乗り、一つ前の駅で羽川は下りた。別れる前に「今日はありがとう」といったのは羽川らしいと思った。




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月31日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】飲み会後のカラオケがセクキャバ状態な件【告白体験談】

398 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 14:15:46 ID:ih90dftc0 [1/3]

昔、屋台村みたいな鉄板焼き屋や洋風居酒屋の集合したお店が、アパートの目の前にあったので仕事帰りに週2くらいそこで飲んでたある夜、いつものようにそこに行くと初めて見る子が2人飲んでた1つ席を空けて座って飲み物を注文すると、25歳と20歳の看護婦さんで時々飲みに来てくれるとマスターが紹介してくれた。疲れてたので、こんばんはと愛想笑顔で挨拶だけしてすませて軽く食べたら帰ろうと思っていたら20歳の子が隣の空けた席に移動してきて裕子(仮名)です、おにいさんかっこいいね、うちら夜勤明けで明日も休みじゃけぇ飲みに来たんよと声をかけてきた。疲れて声をかけられたくなかったし、面白いことも思い浮かばなかったので裕子ちゃんもかわいいねとだけ応えて出された飲み物に口をつけて目線を切った。けれど、何を話したかあまり覚えてないけど、彼女いるんですか?とか延々と話しかけられた早く帰りたかったけど話しかけられて長くなって1時間半くらいたった頃、裕子ちゃんがうちばっかり話しかけてテンション上がって馬鹿みたいと拗ね始めた。バツが悪くて帰ろうとマスターに声をかけたら、じゅんちゃん(俺)ちょっと待てや、今日もうお客さん来そうもないけえカラオケ行こうや、ほれ、裕子ちゃんも行くでと声をかけて4人でカラオケに行くことになった。



399 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 14:45:54 ID:ih90dftc0 [2/3]

カラオケで飲みながら適当に他の3人が歌うのを聞いてたらマスターが1時間程で帰って行った。俺も帰りたかったけど、なんとなく帰れる雰囲気じゃなくなって、付き合うハメになって最初に予約してた2時間が過ぎ終了時間を知らせるコールが鳴った時、裕子ちゃんが3時間延長した。それとターキーのロックを4つ頼んだ。25歳の仁美(仮名)ちゃんもえーーー3時間も!!と言いながらテンション高くて楽しそうだった。注文してたロックが来たら、裕子ちゃんが乾杯しなおし、一気ねと言いながら俺に1つ、残り2つを1つにまとめたのに自分のも半分くらい足してグラスいっぱいになったのを仁美ちゃんに渡して乾杯をした。仁美ちゃんは人の良さそうなブサで律義にそれを一気した。その後もストレートやロックで何杯か注文して飲んでるうちにまず、仁美ちゃんが潰れて椅子に頭をもたれかけて寝始めた。俺も朦朧として意識がどのくらいなかったのかわからないけど、なんか下半身に違和感を感じて薄目で下を見ると裕子ちゃんが俺のをフェラしてた。裕子ちゃんは俺の意識が若干戻ったのに気づいて唾でヌルヌルになった俺のを手で扱きながら凄く硬いよ、本当はうちとエッチしたかったんでしょと耳元で囁いた。



400 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 15:26:42 ID:ih90dftc0 [3/3]

そうしてまだ朦朧としてる俺の上に跨ってスカートの中に手を入れて下着をずらして自分の中に俺を導くと、ヌルヌルっと生温かいのを感じながら俺のナニが滑り込んでいくのを感じた。なんだかよくわからんが、俺の上では裕子ちゃんが自分で動いている。向かいの椅子には仁美ちゃんが酔いつぶれて寝ている。そんな状況が頭の中でグルグルしているうちに俺の頭は快楽だけになった。抜かずに裕子ちゃんを下にすると俺は正常位で無心で腰を振り続けた。段々裕子ちゃんの呼吸が荒くなって声が漏れ始めたので脱いだスーツの上着の肩口を口に噛ませてギュッと抱きしめて腰を振り続けると、普段は酔うとなかなかイケないのに10分くらいでイッて裕子ちゃんの中にぶちまけた。それでも興奮が収まらず、勃起したままだったのでそのまま30〜40分は突き続けた。結局時間終了のコールでノーフィニッシュ。仁美ちゃんをタクシーで送り届けて仁美ちゃんの家で寝てる横でもう1回、俺のアパートに帰って昼まで寝て夕方までに2回中出しセックスした。それから俺が勤めてた会社を退職するまで半年くらいセフレの関係が続いた。あれから9年、俺も結婚して1児の父、何人かと付き合ったけど、未だにカラオケでの1回目の射精を超える射精感を味わったことがない。



401 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2010/04/27(火) 00:30:05 ID:GEfa/Hqy0

いい女にめぐり合ったもんだね。ところでどんな射精感なのだ?



402 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2010/04/27(火) 19:01:33 ID:KfAf46Ur0

>>401射精した瞬間、閉じてた尿道が一気に緩んでビュッって瞬間的にじゃなくドクドクドクッっといつもより継続的に出た感じがして溜まってたものが全部出たような錯覚にとらわれた。うーん、ドバァーーーーーってほうがあってるかな?時々、沢山出たなと思うことはあってもビュッ、ビュビュビュッって感じで断続的なんだがその時は体の力がスコーンと抜けてるにもかかわらず自然と出た気がする。イク前に入ってた力が抜けて射精と同時に体がゾクゾクッとして軽く痙攣した。実際その頃サルで1日7回打ったこともあったけど、その時は4回目で空打ちになってナニがかなり痛かった。射精感って説明するの難しいね




告白体験談関連タグ

|||||||

2014年1月25日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【マニアック】【泥酔】男と女のラブソング カラオケで酔わせてセクハラ始動【爆睡】【告白体験談】

89 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 10:56:37 ID:wMHXf7cy0 [1/6]

酔っ払ってるときに女の子が近くに来ると、すーごい性欲高まるんだけど、女もそうなんかな。お持ち帰れてないんだけど、なんとなく泥酔っ子とむにゃむにゃした話。去年、寒くなったばっかりのころ、半年くらい通ってるキャバの女の子と、最近カラオケ行ってない、みたいな話になって、じゃあ、店終わったら行こう、となった。その時点で、彼女は相当飲んでるはず。もともとざるなので、席毎に飲みかけのワイングラスがあって、総量はちょっと分からないんだが、9時からの出勤で、深夜2時までずっとワイン飲んでたらしい。当然カラオケに入ったときにはもうすでにろれつが回ってない感じで、俺が歌っている間も、起きてるんだか寝てるんだか分からない状態。自分の曲が掛かると、むくっと起き上がるので、爆睡中ってわけではなさそうだったが、それでも何回か繰り返してるうちに、反応しなくなった。





90 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 10:56:58 ID:wMHXf7cy0 [2/6]

シートの上で斜めに座って、完全にしなだれ状態。いっそ横になってしまえばいいのに、と思い、すぐ隣に座って、大丈夫かー?寝ちゃっていいぞー?とか言いながら、肩に手を掛けて顔を覗き込んでたが、しばらくすると、「もう無理」とかなんとかいいながら、ずりずりとにじり寄ってきて、そのまま俺にしなだれかかって来た。「いや、何々、どした。気分悪いか?」とか返しながらも、ちょっとどきどき。多少太めのむっちり巨乳ちゃん(店でのあだ名がドラミ)だったので、のしかかれると、かなり重いが、でもその重さがまた、なかなかいい感じ。10近く年の離れた女の子の体温と、髪の毛のいいにおいに、おじさんすでに半ボッキwwww「お前、ぽっちゃりだから、重いよ」とか言いながら、ちょっと体勢を入れ替え。「ぽっちゃりじゃねーし・・・」と半分寝言で反論しているその子の身体を支えなおす。しなだれ掛かって来る彼女の上半身を膝の上で抱きかかえるようにして、頭を右腕で支えならが、右手は彼女の胸元近くに伸ばしてみる。左手は腰を抱くような感じで、おなかの方にそっと添えてる感じ。



91 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 10:57:23 ID:wMHXf7cy0 [3/6]

この時点で、俺的にはそれまでの彼女とのやり取りの中で、最密着状態。いままで二の腕や太もも、腰くらいをさわさわしたことはあったが、こんなにガッツり抱きかかえるみたいな状況は、当然店ではありえない。ほんとだいじょぶかよ、めずらしいね、お前がそんな酔っ払うの、とか声を掛けると、「だって○×がむにゃらってぬくし・・・」と意味不明な愚痴ともなんとも判別できない返事。聞き取りにくいのを口実に、身体を前に倒して、彼女の身体を包み込むようにしながら、彼女の耳元にささやくようにして会話。ちょっと視線をおろすと、馬鹿でかいおっぱい♥とおいしそうな二の腕。彼女の左手が、俺の内腿に掛かっているが、その手がいやに熱い。ジーンズの上からでも、その手の感触が気持ちいい。なんか彼女が指を丸めたり、すりすりしたりするたびに、ぞくぞくとした感覚が上がってくる。



92 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 10:58:27 ID:wMHXf7cy0 [4/6]

我慢できなくなって、思わず、髪の毛にキス&髪の毛に顔を押し付けて、クンクン。「んにゃだー・・・」と暴れる彼女。が、ちょっと身もだえする程度だったので、そこまで嫌がってないと判断。「ね。ためしにおっぱい触ってみてもいい?」もう、ほんと耳元ぎりぎりくらいのところで囁くように、提案。「やだ。」「なんで。いいじゃん。」「や、だ。」「まじで?」「まじ。」とか会話しながら、すでに、右手の指先で、かるく彼女のおっぱいをこちょこちょ。「ね。一瞬だから。いい?」こちょこちょ。「んー、にゃ。」とかいいつつも、無抵抗。いけると判断。腰に回していた左手で、彼女の左の乳房を、かるく握ってみた。薄いキャミみたいなの&カーディガンのしたに、ブラのちょっと凸凹した感触。「おっぱい触られたら、きぶんよくなるんじゃね。」「うける。ならねーし。」「だっておもそうじゃん、これ。持ち上げといてやるよ。」



93 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 10:58:52 ID:wMHXf7cy0 [5/6]

「つかもー、さわってるし。」「さわってないない。」「さわってるよー。」げほっと咳き込んでから「まあ、いいけど」いいのかよ、と内心突っ込みながらも、おっぱいもみもみ。正直ブラの上からだとあんまり感触は良くわからないんだが、でもキャバの女の子を抱きかかえておっぱいもみもみなシチュエーションにいたく興奮wwwしばらくして、結局あんまりおっぱいは触っても気持ちよくないことに気がついて、左手をおなかのほうに移動。裾から服の下に手を入れて、生おなかゲット。あったかくてスベスベの肌を堪能したり、おへそにいたずらで、指入れてみたり、触りたい放題。おしりもなでなで。スカートの下に手を入れて、おしりの肉と肉のあわせ目をパンツの上から、指先でくすぐるようになでなで。ここまでくると、お互いに会話はなし。黙って触られている彼女。たまにもじもじするので寝ているわけではないが、「くすぐったい?」と聞いても返事なし。


告白体験談関連タグ

||||||||

2013年7月25日 | 告白体験談カテゴリー:マニアックな告白体験談

【フェラチオ】【セックス】チンポの味見はすぐにOK 歪んだ貞操観念【危機一髪】【告白体験談】

64 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/11/25(日) 22:48:58 ID:gP0BrtP30 [1/5]

飲み会で知り合った人と二人でカラオケへ。歌っているうちに、男が首筋辺りにキスをしてきた。で、そのままディープキスされて、乳をもまれた。ストッキングの上から、アソコを触ってきたので「ストッキングはいてるから無理だよ」と言うと、ストッキングの中に手を突っ込んできた。彼は、迷わず、クリをクチャクチャいじり始めた。私はカラオケを歌いながら、彼は私の中に指を突っ込んだまま。もちろん、彼の指の動きによって、カラオケの音程もどんどんおかしくなる・・・。カラオケが歌えないほどになり、そのまま、またディープキス。





65 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/11/25(日) 22:49:47 ID:gP0BrtP30 [2/5]

やがて、彼が自分のベルトを外す音が聞こえた。私の手を掴んだ彼は、自分のペニスの上に私の手を置いた。気が付くと、彼のズボンから、ペニスだけが顔を出してた。「味見して」と言われ、そのまま私はペニスにしゃぶりついた。ストッキングとパンツを脱がされた私にアソコに、再び指を突っ込まれ、中をかき回される。思わず、あえいでしまう。



66 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/11/25(日) 22:50:48 ID:gP0BrtP30 [3/5]

入れていい?」と言われるが、コンドームがないことを理由に拒否。だけど、なんとなく、彼の体勢がおかしい。たぶん、このまま入れられてしまうような感じがした。「コンドーム持ってないでしょ。やめて」「大丈夫。外で出すから」「ダメ。子供で来ても責任取れないでしょ」「大丈夫だって。ちゃんと外に出す」そんなやり取りが続く。



67 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/11/25(日) 22:52:03 ID:gP0BrtP30 [4/5]

「やがて、彼は、自分のペニスをしごき始める。「こうやって、やるんだよ」言われるままにペニスを握ってしごく私に、彼は「なんだよ、男も逝かすことが出来ねーのかよ」と。「ごめんなさい」そのままディープキスをしながら、彼のペニスをしごいた。彼は、うめき声をあげる。「味見、して」と、言われ、再びフェラ。「もっと、奥まで咥えろよ」と頭を抑えつけられる。



68 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/11/25(日) 22:54:10 ID:gP0BrtP30 [5/5]

必死に、彼のペニスにむしゃぶりつく。喉の奥に、ペニスが当たる。「いいか、きちんと受け止めろよ」そう言われ、数秒後、私の口の中には、ドビュッと生暖かいものが広がった。「うっ・・・・」気持ち悪くなって、ウーロン茶が入ってたコップに吐き出した。白い液だった。口の中に射精されたのだった。その後も「入れたい」という彼を「ゴムがないからダメ」と拒み続け、なんとかやられなくて済んだ・・・。


告白体験談関連タグ

||||

2013年6月18日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

【初体験】【童貞】オフ会で知り合った女子高生との思い出【男の見栄】【告白体験談】

24 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 00:25:59 ID:uJQzbyfU0 [1/11]

大学入学当時DTだった俺は、その当時毎日のようにアクセスしていた携帯チャットサイトの友達である美紀と、他数名のチャット友達とで大阪OFF会をした。美紀は俺より一つ年下の高3。とても背が高く凛とした顔立ちの美少女だった。当然、血気盛んな俺は鼻息を荒くしていた。一目惚れだった。その晩、みんなで酒を飲んでから解散ということになっていたのだが、俺はカッコつけて酒をガバガバ飲んで、ダウンしてしまった。あまり記憶に残っていないが、なんとか電車に乗せてもらったらしく、途中まで路線が同じだった彼女が介抱してくれたのだそうだ。その詫びをしたいということもあって、後にメールアドレスを交換し、何度か会うようになって、初夏に俺たちは付き合うことになった。





25 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 00:43:39 ID:uJQzbyfU0 [2/11]





26 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/04/16(木) 00:53:23 ID:RjL2twzy0

再開



27 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 02:02:18 ID:uJQzbyfU0 [3/11]

でも俺は、自分がDTだと言うのが恥ずかしくて美紀には百戦錬磨ぶっていた(イタいね)。彼女とは付き合うようになる少し前から、カラオケボックスでたびたびエッチなことをしていたから、本番もなんとかなると思っていたんだ。そして、夏の暑い日にとうとうラブホに入った。カラオケボックスで予習したのはキスと胸、マンコの愛撫まで。マンコも、指こそ入れは下が未だにナマでは見たことがないというありさま。手が震えそうになるのを必死にこらえながら、すげードキドキしつつ彼女をベッドに押し倒した。ついにセックスができるという喜びよりも、いかにDTであることを悟られずに済ませるか…その気持ちの方がはるかに強かった。



28 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 02:11:10 ID:uJQzbyfU0 [4/11]

ぎこちないディープキスしながら、なかなか外れないブラのホックにイライラ。彼女は「もう、雰囲気台無しやんw」と笑いながら、ホックを外すのを手伝ってくれた。それによって立場が悪くなったと感じた俺は、軽くパニックになって乳を揉むのも忘れて彼女のパンツを引っ剥がす。照明の落とされた薄暗い室内でさえ、初めて見る生マンに圧倒される。できおるだけ心を落ち着けて、カラオケボックスでやったようにしてやる(彼女はクリ派)。次第にしっとりと濡れ始め、彼女が甘い声を漏らし始めた。少し安堵。こっちも緊張はしていたが、体は正直で幸い勃起していた。俺も心に余裕が出来てきたので、気持ちよくなりたくて、彼女の体に股間を押しつけていると、それを察してズボンの上から手で刺激してくれた。今まではこちらが触る一方で、触ってもらったことはなかったから、思わずのけぞった。


告白体験談関連タグ

|||||||

2013年5月30日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】【童貞】オフ会で知り合った女子高生との思い出【男の見栄】【告白体験談】

24 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 00:25:59 ID:uJQzbyfU0 [1/11]

大学入学当時DTだった俺は、その当時毎日のようにアクセスしていた携帯チャットサイトの友達である美紀と、他数名のチャット友達とで大阪OFF会をした。美紀は俺より一つ年下の高3。とても背が高く凛とした顔立ちの美少女だった。当然、血気盛んな俺は鼻息を荒くしていた。一目惚れだった。その晩、みんなで酒を飲んでから解散ということになっていたのだが、俺はカッコつけて酒をガバガバ飲んで、ダウンしてしまった。あまり記憶に残っていないが、なんとか電車に乗せてもらったらしく、途中まで路線が同じだった彼女が介抱してくれたのだそうだ。その詫びをしたいということもあって、後にメールアドレスを交換し、何度か会うようになって、初夏に俺たちは付き合うことになった。





25 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 00:43:39 ID:uJQzbyfU0 [2/11]





26 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/04/16(木) 00:53:23 ID:RjL2twzy0

再開



27 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 02:02:18 ID:uJQzbyfU0 [3/11]

でも俺は、自分がDTだと言うのが恥ずかしくて美紀には百戦錬磨ぶっていた(イタいね)。彼女とは付き合うようになる少し前から、カラオケボックスでたびたびエッチなことをしていたから、本番もなんとかなると思っていたんだ。そして、夏の暑い日にとうとうラブホに入った。カラオケボックスで予習したのはキスと胸、マンコの愛撫まで。マンコも、指こそ入れは下が未だにナマでは見たことがないというありさま。手が震えそうになるのを必死にこらえながら、すげードキドキしつつ彼女をベッドに押し倒した。ついにセックスができるという喜びよりも、いかにDTであることを悟られずに済ませるか…その気持ちの方がはるかに強かった。



28 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 02:11:10 ID:uJQzbyfU0 [4/11]

ぎこちないディープキスしながら、なかなか外れないブラのホックにイライラ。彼女は「もう、雰囲気台無しやんw」と笑いながら、ホックを外すのを手伝ってくれた。それによって立場が悪くなったと感じた俺は、軽くパニックになって乳を揉むのも忘れて彼女のパンツを引っ剥がす。照明の落とされた薄暗い室内でさえ、初めて見る生マンに圧倒される。できおるだけ心を落ち着けて、カラオケボックスでやったようにしてやる(彼女はクリ派)。次第にしっとりと濡れ始め、彼女が甘い声を漏らし始めた。少し安堵。こっちも緊張はしていたが、体は正直で幸い勃起していた。俺も心に余裕が出来てきたので、気持ちよくなりたくて、彼女の体に股間を押しつけていると、それを察してズボンの上から手で刺激してくれた。今まではこちらが触る一方で、触ってもらったことはなかったから、思わずのけぞった。


告白体験談関連タグ

|||||||

2013年5月30日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】【童貞】オフ会で知り合った女子高生との思い出【男の見栄】【告白体験談】

24 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 00:25:59 ID:uJQzbyfU0 [1/11]

大学入学当時DTだった俺は、その当時毎日のようにアクセスしていた携帯チャットサイトの友達である美紀と、他数名のチャット友達とで大阪OFF会をした。美紀は俺より一つ年下の高3。とても背が高く凛とした顔立ちの美少女だった。当然、血気盛んな俺は鼻息を荒くしていた。一目惚れだった。その晩、みんなで酒を飲んでから解散ということになっていたのだが、俺はカッコつけて酒をガバガバ飲んで、ダウンしてしまった。あまり記憶に残っていないが、なんとか電車に乗せてもらったらしく、途中まで路線が同じだった彼女が介抱してくれたのだそうだ。その詫びをしたいということもあって、後にメールアドレスを交換し、何度か会うようになって、初夏に俺たちは付き合うことになった。





25 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 00:43:39 ID:uJQzbyfU0 [2/11]





26 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/04/16(木) 00:53:23 ID:RjL2twzy0

再開



27 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 02:02:18 ID:uJQzbyfU0 [3/11]

でも俺は、自分がDTだと言うのが恥ずかしくて美紀には百戦錬磨ぶっていた(イタいね)。彼女とは付き合うようになる少し前から、カラオケボックスでたびたびエッチなことをしていたから、本番もなんとかなると思っていたんだ。そして、夏の暑い日にとうとうラブホに入った。カラオケボックスで予習したのはキスと胸、マンコの愛撫まで。マンコも、指こそ入れは下が未だにナマでは見たことがないというありさま。手が震えそうになるのを必死にこらえながら、すげードキドキしつつ彼女をベッドに押し倒した。ついにセックスができるという喜びよりも、いかにDTであることを悟られずに済ませるか…その気持ちの方がはるかに強かった。



28 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 02:11:10 ID:uJQzbyfU0 [4/11]

ぎこちないディープキスしながら、なかなか外れないブラのホックにイライラ。彼女は「もう、雰囲気台無しやんw」と笑いながら、ホックを外すのを手伝ってくれた。それによって立場が悪くなったと感じた俺は、軽くパニックになって乳を揉むのも忘れて彼女のパンツを引っ剥がす。照明の落とされた薄暗い室内でさえ、初めて見る生マンに圧倒される。できおるだけ心を落ち着けて、カラオケボックスでやったようにしてやる(彼女はクリ派)。次第にしっとりと濡れ始め、彼女が甘い声を漏らし始めた。少し安堵。こっちも緊張はしていたが、体は正直で幸い勃起していた。俺も心に余裕が出来てきたので、気持ちよくなりたくて、彼女の体に股間を押しつけていると、それを察してズボンの上から手で刺激してくれた。今まではこちらが触る一方で、触ってもらったことはなかったから、思わずのけぞった。


告白体験談関連タグ

|||||||

2013年5月30日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】【童貞】オフ会で知り合った女子高生との思い出【男の見栄】【告白体験談】

24 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 00:25:59 ID:uJQzbyfU0 [1/11]

大学入学当時DTだった俺は、その当時毎日のようにアクセスしていた携帯チャットサイトの友達である美紀と、他数名のチャット友達とで大阪OFF会をした。美紀は俺より一つ年下の高3。とても背が高く凛とした顔立ちの美少女だった。当然、血気盛んな俺は鼻息を荒くしていた。一目惚れだった。その晩、みんなで酒を飲んでから解散ということになっていたのだが、俺はカッコつけて酒をガバガバ飲んで、ダウンしてしまった。あまり記憶に残っていないが、なんとか電車に乗せてもらったらしく、途中まで路線が同じだった彼女が介抱してくれたのだそうだ。その詫びをしたいということもあって、後にメールアドレスを交換し、何度か会うようになって、初夏に俺たちは付き合うことになった。





25 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 00:43:39 ID:uJQzbyfU0 [2/11]





26 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/04/16(木) 00:53:23 ID:RjL2twzy0

再開



27 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 02:02:18 ID:uJQzbyfU0 [3/11]

でも俺は、自分がDTだと言うのが恥ずかしくて美紀には百戦錬磨ぶっていた(イタいね)。彼女とは付き合うようになる少し前から、カラオケボックスでたびたびエッチなことをしていたから、本番もなんとかなると思っていたんだ。そして、夏の暑い日にとうとうラブホに入った。カラオケボックスで予習したのはキスと胸、マンコの愛撫まで。マンコも、指こそ入れは下が未だにナマでは見たことがないというありさま。手が震えそうになるのを必死にこらえながら、すげードキドキしつつ彼女をベッドに押し倒した。ついにセックスができるという喜びよりも、いかにDTであることを悟られずに済ませるか…その気持ちの方がはるかに強かった。



28 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 02:11:10 ID:uJQzbyfU0 [4/11]

ぎこちないディープキスしながら、なかなか外れないブラのホックにイライラ。彼女は「もう、雰囲気台無しやんw」と笑いながら、ホックを外すのを手伝ってくれた。それによって立場が悪くなったと感じた俺は、軽くパニックになって乳を揉むのも忘れて彼女のパンツを引っ剥がす。照明の落とされた薄暗い室内でさえ、初めて見る生マンに圧倒される。できおるだけ心を落ち着けて、カラオケボックスでやったようにしてやる(彼女はクリ派)。次第にしっとりと濡れ始め、彼女が甘い声を漏らし始めた。少し安堵。こっちも緊張はしていたが、体は正直で幸い勃起していた。俺も心に余裕が出来てきたので、気持ちよくなりたくて、彼女の体に股間を押しつけていると、それを察してズボンの上から手で刺激してくれた。今まではこちらが触る一方で、触ってもらったことはなかったから、思わずのけぞった。


告白体験談関連タグ

|||||||

2013年5月30日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談
1 / 212

このページの先頭へ